素晴らしきかな日本人 by 小早川俊一

御覧戴いてありがとうございます。2010年3月著名人・CM以外のブロガーを締め出した”イザ・ブログ”からあちこちテスト投稿後、過去のイザ・ブログ原稿と一緒にライブドア・ブログに移行しました。名も無きブロガーの悲哀ですね(笑)2013年は20年毎に行われる、お伊勢さまの第62回式年遷宮!これからの20年は弱者優先だった”米の座”から"働かない者食うべからず"の”金の座”に”ご遷移”されましたので[才覚次第で大金持ちになれる]チャンスに溢れる激動の弱肉強食の時代となる筈です! 人類史上[誰でも何でも平等]なんて国家が繁栄した事はなく、官庁.学校.企業も解雇も出来ず努力もしない低レベルの輩が大手を振ってのさばってる日本に明るい未来はあるのでしょうか?もっと競争原理を容認し”ジャパン・ドリーム”が実現する社会にしてほしいものです!

T5500

⑫いざ爆速マシーンへ!仮想メモリーの設定結論!、「hiberfil.sys」を削除、「pagefile.sys」はSSDに20GB&SSHDに100GBが一番安定して高速みたい・・・・

RAMデスクを作ったり、ページングファイルなしにしたりいろいろ試したけど結論は時間の無駄!

メモリー60GBも積んでればスワップなんてそうは起きませんから・・・・でも無停電装置は必要ですね!
アプリケーションが勝手にTEMPファイルを造る事を考えたら、SSD起動ドライブは512GBは最低必要かも!
32ビットのXPなら80GBのハードデスクでも十分なのにね~!
スリープからの復帰も瞬時じゃなくなっちゃし、デスプレイの電源ONが正常に動作しない事が度々発生したり・・・いじればいじるだけ動作が緩慢になっちゃった!
新規インストール時の速さはどこへやら!

馬鹿の一つ覚えしか出来ないWindoes7の仮想メモリーには何もしないのが一番なのかもよ!なんちゃって
でも仮想メモリー領域を固定化するのは効果あるかも!

そんな訳でCドライブ(SSD)にある隠しファイル「hiberfil.sys」を削除して休止状態はさせないことに・・
アクセサリー⇒コマンドプロンプトにマウスを持って行き⇒右クリックで管理者 として実行を選択クリック
立ち上がったら powercfg.exe /hibernate off
と打ち込んで再起動すると・・・Cドライブの「hiberfil.sys」が自動的に削除されます。これで休止状態にはなりません!
スリープもなしで、画面はセーバーを使う!帰りには毎日デスプレイの電源を落とす!本体の電源はワークステーションなので土日だけシャットダウンすればOKでしょう!

馬鹿の一つ覚えしか出来ないWindoes7の仮想メモリーには何もしないのが一番なのかもよ!なんちゃって
でも仮想メモリー領域を固定化するのは効果あるかも!
メモリーを60GB積んで93GBと巨大化した「pagefile.sys」(ページングファイル)
コンピューターを右クリック⇒プロパティ⇒システムの詳細設定⇒詳細設定⇒パフォーマンスの設定⇒詳細設定⇒仮想メモリの変更⇒Cドライブ(SSD)はカスタムサイズで最小最大を20GBに⇒別のSSHD(3.5インチなら1TB以上が普通なので)を選び同様にカスタムサイズを最大最小100GBにセット!
SSHDは8GBのキャッシュ持っているので、こっちだけでも良いのですが、Cドライブに20GB程「pagefile.sys」を残した方が快適ですね!
ネットではいろいろと書かれていますが、素人がトライするのは時間の無駄ですね!(大苦笑)

セキュリテイ・ソフトは怪しげなサイトやダウンロード中以外動作を停止!また常時使用するサイトは『スキャンから除外』対象に!
ダウンロードだけ対象に出来ればもっと速くなるんだけどね~!
250GBを超えていたSSDの空き容量が増えて、やっと元通りの速さに近くなりました!(大苦笑)

32ビットのXPなら、RAMデスクの効果は絶大ですが・・・・・・
中古のワークステーション買うなら、ECCメモリーが必要な機種を選びましょう!今、10600なら大量に安くオークションに出てますから・・最新型はもっと速いメモリーじゃないと本来の性能は発揮出来ませんからね!
4Kデスプレイを多数台使うなら最新型も必要ですが、一般人が使うにはT5500で十分!
ちなみに『T3500』じゃECCメモリーじゃ動きませんので・・・・XEONにはECCメモリーの方が適してる筈なのにね~(苦笑)
暫く、爆速化は休止します。なにせ『1/200戦艦大和』の製作が始るので・・・・・・・

⑦いざ爆速マシーンへ!Transcend製SSD370-512GB vs サムソン製840EVO-500GB!う~ん!情報とちゃうぜよ!(大苦笑)

ネット上の情報では、高評価なSamsunのSSD『840EVO-500GB』が届いたので
早速Transcend製SSD『370-512GB』と比較してみました!
購入した『840EVO-500GB』には、SATA⇒USB3.0ケーブルが付属で付いていたのでノートPCをSSDするには便利です!
が・手持ちのノートPCは皆USB2.0なんだわさ!(苦笑)


ベース基準は、メインボードのSATA2に装着するのが一番相対的性能が良かったKingtonV300-240GBのSATA2(3.0g)です。

KingstonV300-240GBSATA20gマザー

SATA3ボードはRocket640Lです。相性もあるのですが・・・・・・・

まずは、Transcend製SSD『370-512GB』を計測・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
TRS370Rocket640L高パフォーマンス2

次はいよいよSamsunのSSD『840EVO-500GB』・・・・・・・・・・・・・・・・・
samsung840EVO500
う~ん、読み込みが遅いな~『i7』じゃないと性能が発揮出来ないのかも?
4KQD32書込みじゃ大差が!しかもV300のSATA2以下!
Magician入れてないからかな~?
起動デスクにしてMagicianを入れ、4.5にバージョンアップ!再起動してと・・・・

さてさて劇的に良くなるのかと思ったら・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Rocket640l SAMSUN850EVOMagcian適用
あれれ、相対的に速度は低下してんじゃん!(苦笑)
Rocket640Lと相性が悪いんでしょうかね~?4KQD32はさらに低下!
メインボードのSATA2にして測ってみると

samsung840EVO500SATA2
Seq・512Kは書き込み速度じゃ確かに速いけど、4K32書き込みはV300以下!(苦笑)
まさか、Kingstonの様に初期ロットだけ高性能な部品使ってるんじゃないでしょうね!
これじゃ~わざわざ高い『Samsun840EVO』買うこともなかかね!(大苦笑)
Transcend製SSD『370-512GB』のSATA2(3.0g)測定値は・・・
SSDベンチマーク512GB
『T5500』のメインボードのSATA2じゃ、Transcend製SSD『370-512GB』が512K・4Kの読み込みが若干遅い以外全て速いじゃありませんか
ネットの情報より、私の勘の方があたってるわさ!(自画自賛!)
しかし、ネット上の情報と余りに違い過ぎ!Xeonとの相性もあるので850Proにすべきだったのかも!

こうなると何を信用して良いのやら!(大々苦笑)
嫌韓の私にしてみれば、Samusun製を買う必要が無くなったので大喜びですがね!

いろいろ試しましたが、散々苦情は述べましたが、SATA2(3.0g)のままのノートPC等に使うなら、『後期型KingtonV300-240GB』で十分ですね!
なにせコスト・パホーマンスに優れていますからね!(笑)
ただ書き込み速度がSATA(6.0g)スピードに追いつかない安い部品にしただけなんでしょう!
古いノートのSATA(3.0g)HDD置き換えじゃ劇的に早くなるから苦情はないわな!(笑)

そんな訳で、買ってしまった1万円の『KingstonV300-240GBはSATA2のノートPC用として、残りは『T5500』のデーターバックアップ用としてSATA2のまま使い、SATA3+USB3.0の拡張ボードの2種は捨てるのは勿体ないので、USB3.0ボードとして使うことにしました!

『T5500』爆速マシンのSSDは、バランスの良い
Transcend製SSD『370-512GB』に決定!
RAID用にもう一つ追加しました!

爆速化での購入失敗やグレードアップで必要なくなった部品の再利用で、他の購入した『T5500』の性能も少しずつ上がって行ってます!(苦笑)
無駄にはなってませんが、そこまでするつもりは無かったのに・・・・・・(大苦笑)
ブートしなければ、最新版の安いSATA3拡張ボードが以外に良かったりしてね・・・・・・・・・ 

①いざ爆速マシーンへ!SSD買った!使った!速かった!けど書込速度は、カタログ値の半分と遅かった!理由は・・・なんと詐欺まがいが横行中とは・・・・

高評価レビューをゲット後にSSDの部品を安物に変更する手口が暴かれる
http://gigazine.net/news/20140618-switch-cheaper-parts-after-good-review/

業務用には、未だ遅~いXP(32ビット)を使っているのですが、さくさくと動いたのはSP1まで!『Core 2 Duo』の機種でもSP3になって益々重くなってしまいました。
中小企業もコストカットの連続で人員削減!事務職も一人が多くの仕事を兼用する様になっちゃいました!1台のパソコンで同時平行的に仕事をするには32ビット版は、メモリーが3GBまでなので、メモリースワップが多発しハードデスクがよく壊れる!
XPのサポート切れがなくても、大量のメモリーを積める64ビットOSへ更新する時期に来ていました!
一気にWindows8機種に入れ替えようと1年間色々と試してみましたが、32ビット版のソフトが動きませんし、『Windows8のXPモード』はいちいち切り替える手間が必要なので使い勝手が悪く、とても業務用には使えませんし!
さてさて、どうしよう・・・・・・と思っていたら、アベノミックスのお陰で現在、大量の中古ワークステーションが激安でヤオフクに!
ワークステーションは大量のメモリーを積む様に出来ているので64ビットOSには最適ですが、一般のPCの倍以上も高価なので諦めてました!
当然、中古のワークステーション用ECCメモリーも仰山出てます!
一世代前の100万円クラスがなんと数万円で手に入るのは、証券会社やトレーダーが儲かって新型に入れ替えているお陰なのかも!
最新のXeonマシンは、CPUが最低12コア24スレッド&4K用ビデオボードですが当然馬鹿高いですし、一般業務じゃそこまでのスペックは要りません!
現在販売中のXeonは極細化でCPUクロックも落ちてしまったのをカバーする為3次キャッシュは増えたけどXeon高クロックCPU一世代前、2世代前のXeon!
一般企業の爆速マシン化には『x5570』以上の『T5500』クラスが最適!
(E3のXeonは最高4.0Ghzだけど8メガキャッシュで最大コア数は4個なので論外!)
しかも、DDR3のメモリーで大量にしかも安く出品されているのはクロック1333MHzの10600
そんな訳で、Windows7(64ビット)用は、激安のワークステーションの中古を使うことに!心配なのは電源ですが・・・・・・
数ある商品の中から選んだのは、クロック1333khzの10600が上限の初期『i7』と同じソケット『LGA1366』、追加で2CPU化も出来る『DELL社T5500』
DELL Precision T5500
頑丈な筐体とメンテのしやすさは秀逸のマシンです!
最大メモリー(Ecc&レジスター)8GBx6=48GB!2CPUなら72GBまでOK!
同じ筐体のT3500は、もっと安く手に入れられますが、使用メモリー4GBx6が最高でしかもレジスター付じゃ無いので、安くメモリーを確保が大変!
買うならECC・Rのメモリーを使う「T5500」クラスのワークステーションがお奨め!
機種が決まったので
、先に4GBメモリーを6枚、GB当たり千円以下・2万円で手に入れて・・・・・・・・24GBを確保
まずは『T5500』を1台、最低価格の2万円以下でゲット!安いだけにCPUはXeonの廉価版E5506でしたが・・・標準で2560x1440dpiデスプレイを2台接続出来るビデオカードが付いてこの値段!(爆笑)
dell T5500デスプレイ2
5~6年前、上の写真みたいなシステムを『メモリー24GB』+『高クロックCPU付』で組んだらデスプレイ無しで50万円は吹っ飛ぶもんね!
中古品のOSは当然Windows7ですが、最低でも無料のXPモードがダウンロード出来る『プロフェッショナル64ビット版』が入ってます!(笑)
次々と、最安値で落札!なにせ予算は1台2万円以下ですから、いかに安く落とすかが癖になっちゃった!(爆笑)
廉価版のXeon
では、メモリー速度もE5506じゃ800MHzに制限されちゃいますがx5560(2.8GHz)以上CPUに変えれば1333MHzに上がりますので、取り敢えず、性能の割に安いX55702.93GHz・QPIは2x6.4GT)を平行して2500円以下で落として、CPUを入れ替え!
組み上がった『T5500』で『Windows7のXPモードを試したたら、スムースにWindows7とXPモードの間を行ったり来たり出来るじゃ有りませんか!『灯台下(もと)暗し』でした!(大苦笑)
しかし、オークションで落としたCPUx5570の内、2個は型番を認識すず、2.93Ghzでもメモリークロックは1066MHzしか上がりません!
ノークレーム・ノーリターンなので、5千円余計な出費となりました!(涙)

しかし、
部品取りでもと買った起動しない激安のジャンク品が正常に動き出すなんて嬉しい誤算もあってトータルでは予算以下に!(笑)
4コア8スレッドの私の使っていた
『i7・860』より速いマシンに大変身!
ここまで
1台当たり24GBのメモリー込みで5万円も掛かっていません!(爆笑)
なぜ中古の『ワークステーション』にしたかって・・・・その理由は単純!
新しい「i7」でも、CPUは4コア8スレッド!メモリも1333MHzだし、L3キャッシュも8MB!x5560以上の「Xeon」と同じです!
一方の「Xeon」の新型「E7」は、15コア30スレッドメモリーは1600MHzx4L3キャッシュはなんと37.5MBの怪物に!ワオ!価格も凄いけど!
『Xeon』は劇的に進化してるけど「i7」はそんなに進化してないんで、なにも新型「i7」PCを買わなくても性能的には『Xeon』の中古で十分だと気が付いたんですわ!(笑)
「i7」はグラフィックボードとCPUが直接結ぶDMI,XeonはメモリーとCPUを直接結ぶQPI!x5570のQPIは2x6.4GT/s「i7」のDMIは5.0GT/s!「i7」はグラフィックが速く、Xeonは処理能力が「i7」の倍以上速いと考えて良いと思いますよ!
新型の「i7」より中古の「Xeon」x5570の方が処理能力じゃ上なので2,500円なら絶対お得だと思ってます!ゲームには向きませんが・・・・・・
閑話休題
次はOSの入っているハードデスクを激速のSSDに換えます!
120GBじゃ心細いので最低256GBにがほしいと思って何にしようかと思案してた矢先の昨年末に、アキバでkingstonV300ー240GBが1万円以下で大安売り!
kingstoneV300 240Gb
あまりの安さに2個衝動買い!(一人2個までだった)
早速装着して起動したら、もうHDDには戻れない速さ!
なんと、6万円以下激速マシンの誕生です!
有頂天になって、ネットでkingstonV300ー240GBを6個も追加注文しちゃうは・・・・SSD分だけ『T5500』も落札!なんと激安で『Ultimate版』も手に入った!(笑)
ここまでは、順風慢帆に思えたのですが・・・・・・・
しかし・・・・・一応HDDと比較する為に転送スピードを測ってみると・・・・・え!
カタログ値の半分しか出てない!書き込み値は更に遅い・・・・・・ゲ!
no title
で、ネットで情報を漁ってみたら、上記の記事が・・・・・・顔面蒼白!
でも、万が一にと一緒に買ったTranscend製SSD370(512GBも計ってみたら・・・・
SSDベンチマーク512GB
ありゃ同じ様にカタログ値の半分じゃん!他社製も同じって事は・・・・・・
アホやね~、T5500の
SATAバスがSATA2(3.0G)なのでスピードも半分って事を忘れてたんだわさ~!(一安心・大苦笑)
で、メインボードがSATA3(6.0G)のPCで計測したら・・・・読み込みは確かに約2倍(1.9倍)になりカタログ値を簡単にクリアしたけど、あらら・・・・・・・書込速度が1.5倍でTranscend製SSD370SATA2にも達しません!ゲ!(泣)
kingstonV300-240GB
書込みスピードが、カタログ値の半分て事は記事の内容も半分は当たってるのかも?
ま~データーはどうせサーバーのSSHDに書き込む予定だったので、V300でも読み込みスピードが速いのが救いです!(大々苦笑)
SSDを使うならSATA3の拡張ボードは必須アイテムなんですね~!
勘違いが、思いもよらぬ情報を得るキッカケになりましたが、やはり、衝動買いは良い結果を招かないようです!
しかし、初期ロットだけ早くして、人気が出たら安い部品使うってのは・・・・・・詐欺行為に限りなく近いぜよ!
Kingston製SSDでスペック通りの性能を期待するなら、倍近い価格のKCタイプをかわなきゃならないらしい!
それなら若干高いですが、ほぼスペック通りの Transcend製SSD370がお勧め!(苦笑)
爆速マシーン
前の激速化には、合計
7万円の出費で収まりました!
落とした激安の『T5500』は、ほとんどが1GBメモリーを2~3枚しか積んでいませんので、先に買ったメモリーが無駄には成りませんでしたけど余る余る・・・・(大苦笑)
業務用仕様 
    OS   windows7 
Professional

    CPU  Xeon x5570(2.93Ghz
    メモリー DDR3 24GB(10600)
    HD    SSD  240GB(3.0G

今までの業務は、中古のワークステーションに入れ替えて『windows7のXPモード』に3GB割り付けて順次稼動させていますが、XPのソフトは軽いのでバーチャル環境でも、Xeonの高速処理とSSDのお陰で、速い!速い!嘘みたいに速い!ワオ!(爆笑)
XPサポート切れで慌てて1年前に入れ替えていたら、とてもこんな性能のマシンがこんな金額じゃ収まらなかったぜよ!
SSDは安くなったし、中古マシーンはOS付で捨て値だし、『果報は寝て待て』は大正解!(爆笑)
今後はSSHDですから、予備に買ってあったSATAのハードデスク1TB(3.0g)も各ワークステーションにバックアップ用として装着!
私のマシンには、Transcend製SSD370(512GB)を使うことに!
サーバーとしてデーターを入れるハードデスクの選択はシーゲート社のSSHD2TB(6.0g)を新規購入しました!
ここまでで・・・約9万5千円!10万円以内で何とか速いマシンに!
仕様 OS   windows7 
Ultimate
    CPU  Xeon x5570(2.93Ghz
    メモリー DDR3 24GB(10600)
    HD    SSD  512GB
          SSHD 2TB
いや~SATA2(3.0G)でも快適!快適!
大口径のファン、SSDと相まって音も静か~!ECC・Rなのでフレーズも殆どしない!ワオ!
これじゃ普通のパソコンには戻れなくなっちゃった!
 しかし、考える事は皆同じ!近頃は安い『T5500』は品薄になっちゃいました!(爆笑)
いや~運が良かった!
取り敢えず激速マシンになったので、これから金も余りかけずに更なる爆速マシン化にチャレンジして行きます!
SATA3カードをボードに差せば、あっと言う間に転送速度は倍だしね!(爆笑)
出も、爆速化の為にやることは未だ一杯!、USB3.0も追加しなきゃなりませんし・・・・フルHDのモニターも暗くなってきたので入替しなきゃなりませんし・・・・CPUも3GHz以上に換えて・・・・・・
しかし、ここから奮闘が続く事になろうとは・・・・・ ②いざ爆速マシーンへ続く!
QRコード
QRコード
プロフィール

kobayakawashunichi

カテゴリー
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ