素晴らしきかな日本人 by 小早川俊一

御覧戴いてありがとうございます。2010年3月著名人・CM以外のブロガーを締め出した”イザ・ブログ”からあちこちテスト投稿後、過去のイザ・ブログ原稿と一緒にライブドア・ブログに移行しました。名も無きブロガーの悲哀ですね(笑)2013年は20年毎に行われる、お伊勢さまの第62回式年遷宮!これからの20年は弱者優先だった”米の座”から"働かない者食うべからず"の”金の座”に”ご遷移”されましたので[才覚次第で大金持ちになれる]チャンスに溢れる激動の弱肉強食の時代となる筈です! 人類史上[誰でも何でも平等]なんて国家が繁栄した事はなく、官庁.学校.企業も解雇も出来ず努力もしない低レベルの輩が大手を振ってのさばってる日本に明るい未来はあるのでしょうか?もっと競争原理を容認し”ジャパン・ドリーム”が実現する社会にしてほしいものです!

STR13

②トロロッソホンダ、アメリカGPでRA618H【スペック3.2】を投入!メキシコGPでハートレーが入賞すれば残留決定?

アメリカGPでRA618H【スペック3改】を投入したトロロッソ・ホンダですが、悪天候のFPで十分なセッテングが出来ず予選では片鱗を見せるも決勝ではタイアの劣化に苦しんで2台揃っての上位入賞は出来ませんでした!
ガスリーが言ってる様に開幕戦からさほど強化されていない様で・・・・・・
STR13じゃRA618H【スペック3改】のアップしたパワーを受け止められないのかも?

バロセロナのプレ・シーズンテスト時には潜在力を発揮したSTR13ですが、4月9日バーレンGPの4位入賞から何故かジェームスキーが迷走!
ジェームス・キー
アップデートしたくても、7月には肝心のジェームス・キーがマクラーレンの餌食になって辞めちゃったし・・・
あれほど初ワークスのチーフ・デレクターとしてやり甲斐があるって言ってたのに・・・
多分、スポンサーのお膝元バーレンGPでの成績が良過ぎたんで、このままトロロッソホンダに好成績を上げさせたら前年までのホンダPUの所為にしてたマクラーレンとしては面子丸潰れですからね~!
”STR13をマクラーレンのMLC33と同等以下にする条件”で無理やり引き抜いたのかもね!
交渉開始はバーレンGP直後から始まったんじゃないのかな~?
と、思わせるくらい一気に最高速はダウンしちゃうし、トラクションも・・・・・・・
噂では来年はレッドブルと共通パーツになるので自分の思い通りにはならないし、家族もイギリスだから移籍したって事になってるけど、逆に今年はワークスとして思いっ切り実力を発揮出来る環境だったので実績をあげれば評価も格段に高まる筈で、それを蹴ってまで移籍したのは移籍後のチーフ・ポストの約束と巨額の金が動いたんでしょう!
なにせ、アロンソとバンドーンを切れば4000万ドル浮くんだから!
STR13の迷走は、ジェームスキーの心の揺れを産んだマクラーレンの戦略の所為だったりして?
バーレーンGPで4位にならなかったら、STR13は正常進化してたし、ジェームスキーも辞めなかったかも?
私が観たってバーレーン後の中国・アゼルバイジャンは【?】のセッテングが多かったし・・・・・・
それはさておき・・・・
何回も書いてるけど、STR13のサスはバンビーな路面には追従出来ない失敗作だと思いますね!
バルセロナで良かったのも路面が新しかったからだし・・・・最初からブレーキの冷却は問題になってたし!


ポアなサスペンションで、中低速トルクも上がったらタイアに厳しいマシンとなった可能性が高いのかも!
サスペンションって硬くすれば跳ねちゃうし、柔ら過ぎても収まりが悪いし・・・・
ちょっとした接触で壊れるSTR13のフロントサスの硬性不足は致命的だしね!

パワーが劣っている内は、タイアに優しかったトロロッソ・ホンダですが、RA618H【スペック3】になった日本GP・アメリカGPとタイアに泣いてます!
ようやく、ホンダPUは目標のパワーアップを果たし、残りのレースで来年の耐久性を上げる為に、【スペック3】を限界までブン回し問題を出し尽く状況に!
新【ICE】のレスポンスが格段に向上して加速時にタイアが暴れて悲鳴を上げてたりして・・・・・!(笑)
こうなると、中途半端なSTR13がどこまで強力なRA618Hに対応出来るかです!
来年レッドブル並みにサスを強化したら、Q3常連になるのは間違いないでしょう!

26日(金曜日)のFP1・FP2の結果が楽しみでもあり、不安でもあり・・・・
毎回FPを順番で新パーツのテストを行ってるトロロッソ・ホンダですが、今回はハートレー!
自信が無いのでパッケージも1台分だけ!
うまく機能したら、ハートレーはガスリーを大きく引き離しちゃったりして・・・・・(笑)

ガスリーとハートレーの対戦成績 ポイントでは大差ですがアメリカGPでハートレーが勝ったので結構いい勝負になってきました!

【ガスリー】    対ハートレーQ1勝敗  11勝5敗2引分    決勝勝敗 9勝7敗2引分
H①オーストラリアGP    予選最下位!縁石ヒットして13周でリタイア!
G②1)バーレンGP    〇予選Q3進出=6位 グリッド5位⇒4位入賞〇  2基目PU・交換       
H③(2)中国GP           ●予選17位⇒18位●
G④(3)アゼルバイジャンGP  予選17位⇒12位●
H⑤(4)スペインGP    ▲予選Q2=12位 グロージャンのスピンに巻き込まれオープニングラップでリタイア
G⑥(5)モナコGP      〇予選Q3進出10位 6位入賞〇
H⑦カナダGPスペック2】   予選16位 グリッド19位⇒11位3基目スペック2⇒旧PU⇒新PU4基目となり降格
G⑧2)フランスGP     予選14位Q2    オープニングラップでオコンと衝突しリタイア
H⑨(3)オーストリアGP   予選Q2=12位⇒11位
G⑩(4)イギリスGP      予選Q2=14位⇒13位(10位ペレスと接触で5秒ペナルティ3ポジション降格!
H⑪(1)ドイツGP       〇予選17位⇒14位●戦略的5基目PU交換で最後尾スタート
G⑫(2)ハンガリーGP    ● 予選Q3進出=6位 グリッド6位⇒6位入賞〇     
H⑬(3)ベルギーGP     ● 予選Q2=11位 グリッド10位⇒9位入賞〇
G⑭(4)イタリアGP       予選Q3進出=9位 14位
H⑮(5)シンガポールGP    予選Q2=15位 13位(14位) グロージャンのペナルティで1ランクアップ
G⑯ロシアGPスペック3】  予選Q2=13位 6基目投入ブレーキ故障でリタイア▲
H⑰日本GP           予選Q1=10Q2=9位Q3=7位 11位
G⑱アメリカGPスペック3改】予選Q1=14位Q2=アタックなし 12位●(14位)7基目オコン・マグネッセン失格で繰上げ
H⑲メキシコGP
G⑳(5)ブラジルGP
H最終戦(6)アブダビGP

【ハートレー】  対ガスリーQ1勝敗 5勝9敗2引き分け ()はガスリーとのタイム差
H①オーストラリアGP   予選Q1=16位(+2.473)⇒15位最下位完走
G②(1)バーレンGP     ●予選Q10.291)Q20.269)11位17位最下位完走 2基目投入
H③(2)中国GP        予選Q1(+0.088)Q2⇒15位 ガスリーと交錯して51周でリタイア(連絡ミス)
G④(3)アゼルバイジャンGP 予選19位(12.858)⇒10位入賞〇
H⑤(4)スペインGP     ▲P3でクラッシュ予選間に合わず最下位スタート 12位3基目PU・ギャボックス交換
G⑥(5)モナコGP         予選Q1(0.238)16位 15位スタート ルクレールに追突され70周でリタイア
H⑦カナダGP【スペック2】 〇予選(+0.460)12位Q2 4基目ストロールに追い出され1周目でリタイア
G⑧(1)フランスGP     ●予選Q1(0.578)17位⇒決勝14位
H⑨(1)オーストリアGP   予選Q1(0.311)19位 戦略的?5基目のPU全交換車体トラブルの為54周でリタイア
G⑩(0)イギリスGP      Fサス破損でクラッシュ・6基目全ユニット交換ピットスタートも配線ミスで走れず
H⑪(1)ドイツGP         予選Q1(0.304)18位⇒16位グリッド 10位入賞〇 PU実質1戦目
G⑫(2)ハンガリーGP     予選Q1(+0.148)Q2(1.704)Q3(0.537)8位⇒11位●
H⑬(3)ベルギーGP       予選Q1(+0.068)Q2(0.011)12位⇒14位●
G⑭(4)イタリアGP        予選18位Q1(0.100) 16位グリッド スタートでエリクソンに追突されリタイア!
H⑮(5)シンガポールGP     ●予選17位Q1(0.195) 17位⇒17位● 
G⑯ロシアGP【スペック3】     ●予選16位Q1(0.654) 20位グリッド 7基目ブレーキ故障でリタイア
H⑰(2)日本GP        ●予選Q1(0.111)Q2(0.038)Q3(+0.070)13位⇒13位●
G⑱(1)アメリカGP【スペック3改】予選15位Q1(0.444)Q2= 20位⇒9位〇(11位)8基目オコン・マグネッセン失格で 
H⑲(2)メキシコGP
G⑳(3)ブラジルGP
H最終戦(4)アブダビGP

⑤F1・トロロッソ・ホンダ始動!バルセロナ・プレシーズンテスト6日目!ハートレイはスロースタート!終了間際に大サプライズ!アロンソを抜いて1分19秒823の5位!

前日5日目は、ブレーキの不具合で午後のセッションを棒に振ったトロロッソ・ホンダですが、対策も済んだ様で無事テストに入れました!
ハートレーは手慣らし運転から入ったようで・・10周終わって1分26秒台なのでボードにはBabyBull(生まれたての小牛)が書かれちゃった!(笑)
徐々にスピードアップして8位に上がって来ました!
1010トロロッソ・ホンダバルセロナ6日目1010
マクラーレンのアロンソがハイパータイヤ(ソフトタイヤより1秒以上速い)履いてトップに立ちましたが、メルセデスのハミルトンに追い越され・・・ソフトタイアのフォース・インデアのアコンにも追い抜かされ・・・・これはシケインをショートカットでもした筈!こんなタイム出っこありませんから何かの間違いなので実質6位!(爆笑)
1010トロロッソ・ホンダバルセロナ6日目1112
他のチームは18秒台に入ってるから目立ちませんが5日目のガスリーより速く走っってるんですね!
しかし、ハートレーがスピン!
ハートレースピン
トロロッソ・ホンダはピットへ!新しいパーツテストだったとハートレイは余裕のコメント!

上位スタートで快調に飛ばして大喜びしてたマクラレンのアロンソは11時4分に6日目と同じ様にコース上でストップ!又赤旗を振らせる大迷惑!
2日続けてじゃ、ホンダの時に熱対策したくても何も出来なかった事が証明されちゃいました!(大爆笑)
スリットやあの小さいエアインテークじゃいくら追加しても冷却なんて無理でしょ!

メルセデスのハミルトンはミデアムタイヤで19秒を切る1分18秒945のコースレコード!ワォ!
まだまだトロロッソ・ホンダとの差は有りますね!
1010トロロッソ・ホンダバルセロナ6日目12101
コースに復帰したトロロッソのハートレーは又もスピン!アロンソの撒いたオイルの所為?
3日目走れなかったので、まだハイテクマシンに慣れてないのかタイムは上がりません!

まだトロロッソSTR13をレースモードで自由に扱うのにはもっと走りこまないと無理みたいですね!
午前中は習熟に徹して、午後セッテングを換えてから本格的に走りだすのかも!

メルセデスのハミルトンはウルトラソフトに換えてコースレコードを更新!
レッドブルのリカルドも同様にタイヤを換えたら18秒台に突入してきました!
1010トロロッソ・ホンダバルセロナ6日目1304
ハートレイは流しながら午前中で53周まで伸ばしました!
午後タイヤ換えてどうなるか?ハートレーの才能が試されます!
レッドブルのリカルドは新しいハイパーソフトタイヤを履いたら1分18秒047のコースレコード!
この調子だと最終日にはレコードタイムが1分17秒台になっちゃうかも!
去年のプレシーシーズンテストの最速が1分19秒705、一昨年は1分22秒810ですから、2年間で5秒近くも速くなってる!これじゃホンダも追いつくのが大変!
1010トロロッソ・ホンダバルセロナ6日目1512

ハートレーの周回数は相変わらず伸びてませんね~!新しいパーツをテスト中?
それにしても各チーム去年より2秒も速くなってるんだよね~!
トロロッソも昨年はルノーエンジンで1分22秒956と1分23秒540だったんだから2秒も速くなって喜んでたんじゃ上にいけませんぜ!(苦笑)
メルセデスのボッタスがHSを履いたらいきなりの1分18秒658!やはりハイパータイヤは速い!
1010トロロッソ・ホンダバルセロナ6日目1611
ハートレーは全然走ってませんね!前日同様タイヤ換えてから不調みたい!ブレーキが完全じゃないのかな?
1010トロロッソ・ホンダバルセロナ6日目1635
ハートレーSS履いてもあったくせず!どんなコメントを発するやら?あと1時間!100周走行出来るのか?
残念ながらサプライズはなさそう!1分23秒台で淡々と走ってます!(苦笑)
トロロッソ・ホンダ・ハートレイ
ハートレー110周を走ってガレージに!
終わりかと思ったら最後に大サプライズが!
終了間際の15分、ウルトラソフトに履き替えたハートレーは1分20秒257で9位にジャンプアップ!
更にハイパータイヤに換えて・・・・
終了6分前に1回目のアッタクで1分19秒823を叩き出しアロンソを抜いて今日の5位!ワォ!
さあこれからというところで・・・・・・・赤旗中断!
ザウバーのコースアウトで赤旗が出なければ後あと1回はアッタクできたので、もう少し速いタイムを刻めたのに・・・・・
アロンソのタイムはアッタク2回目!一回目のアッタクでは1分20秒320だったので0.5秒も速かった!
しかもエンジンを積み直してやっと走り出したアロンソの目の前で!(大爆笑)
いや~実に痛快!痛快!明日のガスリーも期待しましょう!
1010トロロッソ・ホンダバルセロナ6日目1800

アロンソは何て言うんですかね!来年のトロロッソは遅いって扱き下ろしていたけど!
DXrrMZxWkAAocBh
全力で走ってエンジンブローさせ天を仰いでたアロンソですが、まさかF1新人のハートレーがドライブする【トロロッソ・ホンダ】に負けるとは夢にも思わなかったでしょうね!ハ!ハ!ハ!
(アロンソとハートレーじゃ1秒近く違うと言われている!)

何がマシンが最高だよ!マクラーレンが駄目だったんじゃね~か!
しかしアロンソがトロロッソ・ホンダをドライブしてたら18秒台も出せたかもしれないのに!
ホンダを馬鹿にした天罰じゃ~!
ま~アロンソもマクラーレンに洗脳されたんでしょうね!俺たちのマシンは凄いって!
確かに熱を逃がさない!(大爆笑)
マクラーレンくそみそ排熱
排熱に関しては小手先だけの弩素人!もっともっとエアインテークが増えるんじゃない?(大々爆笑)

②F1・トロロッソ・ホンダ始動!STR13公開!自由度が増した今年は期待出来そう!

ロン・デニスがCEOに復帰して始まったマクラーレン・ホンダの復活でしたが・・・・・マクラーレンホンダ2017MCL32-2
3年間鳴かず飛ばずだったマクラーレンホンダ!
ホンダもロン・デニスの構想に従って新しいコンセプトエンジンを開発しようとしたんだけど、斬新さもアイデア倒れ!開発陣が余りにも若過ぎて経験不足だった!
もっとも最初からロンデニスも織り込み済みだったのに、不振の責任を押し付けられら格好で2016年に所有する全株式を売却してマクラーレンと決別!(大苦笑)
今やスーパーカーのメーカーとなったマクラーレンにF1の好成績は必需品だからと新経営陣が・・・・
マクラーレンホンダ2017MCL32
ロン・デニスとしてはホンダから開発費をふんだくって経営にゆとりを齎した筈なのに切られちゃった!
以後、”マシンは最高だけど悪いのは全てホンダエンジン”と言わざるを得ない事になる訳で!(苦笑)
ロンデニムがいなくなった2017年からはエンジン搭載時にトラブル等コミュニケーション不足というより完全にホンダとの協力姿勢無し!
更に悪い事に、新コンセプトエンジンがトラブル続きでまともに走れない!
新しい首脳陣が2年間の余りの成績不振にホンダとの長期契約をチャンセルして今年からルノーエンジンにチェンジしたのもロンデニムを追い出した時点で規定路線だったのかもね!(苦笑)
2017年からは何でもホンダエンジンの所為にしてたマクラーレンだけど、設計ミスだった1年目は別にしても
私は排気の取り回しに苦労するサイズゼロコンセプトとマクラーレン製のギャボックスとの相性が悪すぎて軽量化して強度が低下したホンダエンジンの性能を発揮出来なかった事が不振の原因では?と思ってます

なにせリィアウイングを立ててダウンホースを稼がないと名手アロンソでさえまともに走れなかったマクラーレン!コンセプトとは裏腹に昔のホンダエンジンの圧倒的パワーを念頭に作られていたんでしょうね!
ロンデニムとしては大いなる誤算だった!圧倒的成績で引退の花道を飾れなかったんだから・・・・
2018年から新しいパートナーとなったトロロッソは全く逆です!ワークスエンジンより1スペック落ちのエンジンで戦っていた訳で・・・・いかにして非力なエンジンでよい成績を上げるかを考えていたんだから・・・・・そこそこのエンジンならそれなりの成績を残せる!(笑)

STR13

STR13-4
2月26日 Toro Rosso HOND 2018 (Toro Rosso STR13 + HONDA RA618H)が公開されました!

詳細はこちら↓

マクラーレンMLC32のよりSTR13は最高速を20km以上伸ばしちゃうかもよ!(笑)
エンジン周りの自由度はマクラーレンの比じゃなしベンチレーションでエンジン周辺の冷却も十分だし、相性の悪かったマクラーレン製ギャボックスからレッドブル製に近いトロロッソ自家製になるので、振動も抑えられエンジン・トラブルは激減する筈です!
改良されたRA618Hと相性バッチリとなれば今年嘘みたい成績になると期待して良いと思いますね!(爆笑)
マクラーレンと決別して本当に良かった!(大爆笑)

QRコード
QRコード
プロフィール

kobayakawashunichi

Amazonライブリンク
カテゴリー
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ