素晴らしきかな日本人 by 小早川俊一

御覧戴いてありがとうございます。2010年3月著名人・CM以外のブロガーを締め出した”イザ・ブログ”からあちこちテスト投稿後、過去のイザ・ブログ原稿と一緒にライブドア・ブログに移行しました。名も無きブロガーの悲哀ですね(笑)2013年は20年毎に行われる、お伊勢さまの第62回式年遷宮!これからの20年は弱者優先だった”米の座”から"働かない者食うべからず"の”金の座”に”ご遷移”されましたので[才覚次第で大金持ちになれる]チャンスに溢れる激動の弱肉強食の時代となる筈です! 人類史上[誰でも何でも平等]なんて国家が繁栄した事はなく、官庁.学校.企業も解雇も出来ず努力もしない低レベルの輩が大手を振ってのさばってる日本に明るい未来はあるのでしょうか?もっと競争原理を容認し”ジャパン・ドリーム”が実現する社会にしてほしいものです!

STAP

【STAP】みたいな(iMuSCs)論文が【サイエンティフィック・レポーツ】に掲載される!STAP現象の再現としてネット上は大騒ぎに!【デマ】?STAP細胞の再現に一条の光明!

STAP(stimulus-triggered acquisition of pluripotency=刺激惹起性多能性獲得細胞の再現!なんて【デマ】もどきの情報がネットに拡散!STAP否定派は【デマ】扱いしたり、論文不正の問題とは別として、小保方晴子氏を許そうとはしていないようです!
しかし、本来は発想が一番重要なので、私に言わせれば論文の不正なんて末梢の類だと思いますね!
完全に捏造された大発見として、マスコミから抹殺されようと・・・いや抹殺されたSTAPですが・・
【サイエンティフィック・レポーツ】に(iMuSCs)論文が載りました!
STAP現象の再現!?!
『Characterization of an Injury Induced Population of Muscle-Derived Stem Cell-Like Cells』
 (iMuSCs)損傷誘導性による筋肉由来の幹細胞様細胞
http://www.nature.com/articles/srep17355
完全初期化された訳じゃないので、小保方晴子女史が発見したストレスによる万能細胞化する【STAP】とは似て異なる研究発表のようですが、これで【STAP】なんて有り得ないといった固定概念に懲り固まった論理は、見直されるかもしれませんね!(笑)
衆人環視の中、現象再現に挑んだ小保方晴子女史でしたが・・・噂では【STAP現象は再現出来たけどSTAP細胞にまでは至らなかった】との情報が有るとか無いとか・・・・
STAP細胞=刺激惹起性多能性獲得細胞を再現するには、マウスの世界的大家である若山 照彦教授の協力が不可欠だったんでしょ?
そもそも、小保方晴子の論文がネーチャーで掲載されたのは、若山 照彦教授との共同発見もSTAP細胞の信憑性を高めたんだから!
後のキメラマウス検証では、最初に検証すべき段階での問題が見落とし?されていた事になってしまいましたが世界的権威が初歩的間違いなんてするかって!(苦笑)
最初の記者会見から、若山氏の態度にはノーベル賞候補大発見の共同発見者にしては、満面の笑みもなく【?マーク】が最初から点滅してましたが案の定・・・・・・・
STAP騒動には、今も深~い闇が有ると思っています!
前のブログに書いたように、大本営発表のマスコミは、論文の不適切な個所を指摘された事で、一転して否定派に転じ、万が一でも確率すればノーベル賞に輝ける可能性を消滅させちゃった!(大苦笑)
くだらない事で世紀の大発見を潰す日本のマスコミの姿勢には怖さすら感じましたよ!
小沢一郎氏を社会的に誅殺したのと同じですからね!
そもそも、STAP細胞なんて、学会の常識外の大発見ですから、日本じゃ”こんな馬鹿な事が起きる筈が無い”と頑固に主張する大家がいて当然なんですね!今までも日本じゃ研究出来ないで海外で研究してる例があるんじゃないですか?
世紀の大発見になる筈の【STAP細胞】は、論文のコペや一部の間違い等の重箱の隅を突く騒動で関係無い所で完全に潰されちゃいましたが、ストレスで細胞が変化するなんてSFの世界じゃ”人間も、将来過度のストレスでミュータントが生まれる”のは古典的常識なんですから、私は少しも驚きませんでしたし、遅きにし過ぎる位だと思っていました!
STAP細胞の悲劇は、笹井副センター長が絡んでいたことで嫉妬と中傷と排除思惑の上で生まれたのでは・・・・
貧乏人根性の次元の低い・・・・輩の所為で・・・・・・(大苦笑)
STAP細胞が本当なら、理化学研究所の名声が高まり、予算も多くなり、海外にいる日本人研究者も理化学研究所で一旗上げたいと続々と日本に戻る可能性もあった!
小保方晴子女史が無名の研究家だった事も不運な事でした!
ES細胞がどの段階でマウスのリンパ球に混入したのか今も不明です。
ひょっとしたら最初から混入していた可能性だってある・・・・・・・・
今や、金の卵は医薬品!先行すれば莫大な富を手に出来る!世界中の研究所を震撼させたのに・・・・
まして、STAP細胞を助言してたのが次期理事長大本命の笹井副センター長ともなれば陰謀が画策されて当たり前の状況だった!
あと半年、いやあと3ヶ月でも、もっと入念に論文やデータを再チェックしていれば、面白半分に暴徒化したマスコミに追い詰められて笹井副センター長が命を落とす事もなかった・・・・
このSTAP騒動で、理化学研究所は自由な研究も出来にくくなったでしょうし、より成果主義が蔓延してしまったんじゃないかと危惧しています!
今、下町ロケットⅡをやってますよね!助教授の発明・発案を自分のアイデアとして発表し学会の第一人者として権力を振るう教授を世良公則が好演してます!
小泉幸太郎も、冷酷なインテリやくざ並みの役柄を怪演!実に似合ってますわな~!これって地かも!(爆笑)
それはさておき、
小説の中だけじゃないのとちゃう!自分の権威を守ろうとしてる人達が陰謀を回らすのは・・・・・
一部では【STAP細胞】再現は、デマ報道と決めつけてますが、全くのデマって訳じゃなく、”STAP細胞の再現”の後ろに”一条の光明が射した”って事なんでしょうね!
いずれにしても、STAP細胞の再現はまだまだ先!
人間も、ハルマゲドンを経て、新たな段階へと進化するのか・・・それとも古代マヤの言い伝えの様に又原始時代に戻って、やり直しを始めるんでしょうか?
コンピュータに依存し過ぎるのは危険過ぎます!今や辞書も売れず、百科事典も無用の長持つ!権利書や株券等の資産までコンピューターの中!年々極細化するCPUやGPUは超強力な電磁波に襲われたら一溜りも有りません!コンピュータを使って進化してもコンピュータが無くなった時の事も考え、スキルや記憶も書類として残すべきなのでは・・・・・
VHDのビデオデッキは無くなり、8mmビデオも無くなりつつありますが、レガシーの技術を直せる人が必要!
修理出来なくなったSONY!日本の電機メーカーがサムスンや中国の後塵を拝しているのは耐久性に差が無いことに尽きます!レガシー製品を簡単に捨て去ってはファンは造れない!
その点、STAP細胞はトライ&トライの結果生み出された謂わば人が携わるレガシーもののしかも偶然の産物だとも言えますね。
でも、意外と早い時期にSTAP細胞みたいなストレスで万能細胞を生み出す方法が発表される可能性は大いにあるかもね!(笑)

⑤STAP細胞より論文騒動に!笹井副センター長会見!STAP現象は起きた=細胞は出来る!しかし論文が不備なので・・・・

最後の最後で日刊スポーツの記者が馬鹿な質問したので、失笑で終わりましたね!
日刊スポーツと言った瞬間に質問の内容が判る程低次元の質問!
どうせ学術的話なんて理解も出来ないゴシップ記者なんて入れるな、入るな!頭の中は男と女の関係だけ!(大爆笑)

いや~笹井副センター長には、3時間半もの長きに渡り、頓珍漢な質問にも丁寧な受け答えご苦労様でした!
さすが世界のES細胞の権威ですね!よくま~メモも見ないで淀みなく答えられるもんですね!頭の構造が違い過ぎます!(賞賛)
笹井芳樹氏の正式肩書きは、理化学研究所発生・再生科学総合研究センター副センター長だって!長いですね~!
京都大学・山中教授研究室の前任者!三顧の礼で理研に迎えられたES細胞研究の世界的第一人者で超エリート!

最初に結論有りきの質問も多かったし、笹井君が話してるのにヒステリックかつしつこく自分の思い込みで話を遮断して突っ込みを入れ聞こうともしない奴もいましたね!(苦笑)
世界の権威に対して礼儀知らず過ぎます!何様のつもりなんでしょうね!なまじの知識しか持っていないのにね~!(大苦笑)
私なら切れてますよ!私と違って、超一流は冷静ですね~!
STAP現象は起きたと言っていましたね。STAP現象=STAP細胞だとも!
もっと言うなら、”STAP=刺激惹起性多能性獲得(Stimulus-Triggered Acquisition of Pluripotency"と考えないと説明が出来ない現象が起きた(=現在考えられる一番合理的ロジックの仮説)を論文にしたのに過ぎない!のであって、新たなアプローチで全く違う論文になる可能性も示唆していました!(流石に超一流ですな!)
STAP細胞がイモリの尻尾の様に、残った部分から再生出来る細胞として非常に高い可能性があるのだと説明されてましたが、まさに画期的な再生細胞を生み出す第一歩の段階なんですね!
STAP細胞自体は捏造じゃなく、取り違いとされた過去の博士論文からの写真転載も未発表であれば許されるとも・・・・・
しかし、小保方女史がハーバードからの客員研究員の資格で理研での研究を始めていて良かったよね!
じゃ無かったら、近視眼的に話題になれば良しとする日本のマスコミ達に生成プロセスの根幹部まで全て明らかにされちゃったでしょう!

これだけの人物が、馬鹿なマスコミによって日本から海外に流失なんて事になったらそれこそ日本の大損失だとは思わない単細胞が多過ぎた記者会見でした!
小保方・笹井両会見を見聞きして総合的に思うのは、若いマウスの細胞にストレスを与えるとSTAP現象は起きた(=STAP細胞が出来た)!しかし再現が困難で、しかもその細胞が大きく成長するかどうかはこれからの研究次第だって事ですかね!
そのSTAP現象を起こすには、様々な手法があり小保方女史の手法も未だ最適な手法とは言えない段階なんでだってのが良く理解出来た会見でした!
要は研究として始まったばかりだって事ですが、ネイチャーの論文は”2012年時点”でのもので2014年にはもっと進歩してるので発表したのでしょう!
もっと衝撃的な発表をする前にネイチャーの発表が早すぎて間に合わず、しかも横槍が入って研究がストップしてしまった様なニュアンスの発言も有りましたね!
分業なのでES細胞の混入や取り違いが起きる可能性については否定的でした!ES細胞の権威から言われたら愚の値も有りませんな!
若山教授が山梨大学に行く前には再現出来ていたとも・・・・・・
何回も書いてるけど、笹井副センター長に比べたら小保方女史は研究者としては月とスッポン!
でもスッポンだから故、誰も想像すら出来ない事を発見出来たとも言えるので、仔細な事で槍玉に上げ大騒ぎするのは日本のマスコミの最大の欠点だと思ってます!
国益を考えない報道を平気でやるんだから!安倍さんが、”熊本の鳥インフルエンザ発表後、イギリス大使とゴルフやったら危機意識が無い”なんて報道するくらいですから!取り巻きとゴルフやってた訳じゃないし、発生も熊本の養鶏場の一箇所だけだし状況を調べ上げてからで十分なんですがね!(笑)

2回の記者会見の質問を観て、良く勉強したな~と思う反面、通り一辺の自己判断で全くイマジネーションが無いんじゃないかとも思いましたね!
再現プロセスを詳細に聞いても、判る記者が何人居るんですかね!ただ報道してライバルに秘密を流すだけなのに・・・・

バカンティ米ハーバード大教授が論文撤回に反対なのは、結論的には間違っていないから!
途中の説明での間違いや引用問題なんて修正すれば善いんじゃないの?
ほとぼりが冷めるまで、”おいで”って言われてるハーバード大学のバカンティ研究室へ行っちゃえば!

とにかく小保方君の作り出した”夢のあるSTAP現象”が再現され、STAP細胞として利用出来る研究が隆盛になる事を期待しましょう!
と言う訳で、より説明しやすくした画像の修整が捏造扱いされたり、引用文の無断掲載を許されない行為だとして弾劾するのは本末転倒なんじゃない?
何回も書くけど、ネットに掲載したら無断転載禁止なんて言うなって!嫌だったら載せなきゃいいんだから・・・・・
一番言ってるのがマスコミ!自分達は絶対コペしてないとでも・・・・・

QRコード
QRコード
プロフィール

kobayakawashunichi

カテゴリー
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ