素晴らしきかな日本人 by 小早川俊一

御覧戴いてありがとうございます。2010年3月著名人・CM以外のブロガーを締め出した”イザ・ブログ”からあちこちテスト投稿後、過去のイザ・ブログ原稿と一緒にライブドア・ブログに移行しました。名も無きブロガーの悲哀ですね(笑)2013年は20年毎に行われる、お伊勢さまの第62回式年遷宮!これからの20年は弱者優先だった”米の座”から"働かない者食うべからず"の”金の座”に”ご遷移”されましたので[才覚次第で大金持ちになれる]チャンスに溢れる激動の弱肉強食の時代となる筈です! 人類史上[誰でも何でも平等]なんて国家が繁栄した事はなく、官庁.学校.企業も解雇も出来ず努力もしない低レベルの輩が大手を振ってのさばってる日本に明るい未来はあるのでしょうか?もっと競争原理を容認し”ジャパン・ドリーム”が実現する社会にしてほしいものです!

RA619H

シンガポールGP、ホンダRA619H【スペック4】思わぬ苦戦!こんな筈じゃ~(苦笑)なんとフェラーリが1・2フィニッシュ!

30kwのパワーアップで一気にフェラーリを抜きさり、メルセデスの牙城に迫るかと思われた【スペック4】でしたが・・・・フェラーリがPU・シャーシもアップデート大成功で又もレッドブルはギャップを埋められず・・・・
ルノーPUのパワーアップでトロロッソは大苦戦!

フェラーリはベルギーGP・イタリアGPを制しただけじゃなく、苦手とされたシンガポールGPでもルクレールが3戦連続ポールポジションの離れ業!レースもベッテルが今期初優勝し1-2フィニッシュ!
フェルスタッペンがハミルトンのアンダーカットに成功して3位にはなりましたが・・・・
今年のレッドブル年間5勝に赤信号が・・・・・


【スペック4】のケチの付き始めは、全開率の高いベルギーGPでアルボンに【スペック4】を投入しながらレースでは旧スペックに戻して走らせなかった事!(苦笑)
アルボンの旧PU搭載理由は未発表ですが【スペック4】のマッピングに問題があったのかも?
どうせロシアGPで【スペック5】を投入するならベルギーGPで使わないなんて有りえませんからね!
搭載見送りのフェルスタッペンはスタート直後の第1コーナーで接触しリタイア!
一人だけ【スペック4】で走ったクビアトもフリー走行・予選とも冴えませんでしたが7位入賞!

【スペック4】が4台揃ったイタリアGPでは、フェルスタッペンにQ1をギリギリでアタックさせるるも・・
一発に賭けたフェルスタッペンが攻め過ぎて縁石に乗り上げタイアが空転してオーバーレブ発生!
予選Q1未計測で最後尾スタートに!予選モードのデーターも未計測となってしまいました!(大苦笑)
ホンダPUにオーバーレブを回避する自動システムが組み込まれていたことが露呈!
この自動パワーカットがFIAの禁止するトラクション・コントロールと認識され・・・・FIAのトラクション検地システムを動作させ一定時間パワーダウンするんだとさ!
最後尾のグリッド降格が決まっていたのでペナルテイは受けませんでしたが・・・・・
ホンダSAKURAはパニックになってるのとちゃう?

対策が出来るまで、高出力モードは封印したんじゃないの?
フェルスタッペンはペレスを追い抜けませんでしたから・・・・・

メルセデスも度々縁石越えでホイールの空転してますが・・・他のPUはどうやって回避してるんでしょうね!
空転時に回転を維持する方法なんでしょうか?
アルボンも予選Q1でルノー勢の後塵を拝する7位の体たらく!ガスリー9位と健闘・クビアトは15位と低迷!
と言ってもQ1は1秒以内に16台がひしめく大混戦!0.1秒違いで2~3位も順位が動くとは!

予選ではクビアト13位、ガスリー15位と【スペック3】以下!PUのパワーアップを証明出来ず!
レースではアルボンが6位、でもレース中リタイアしたトロロッソのクビアトの後ろ走ってる始末!
ルノー・リカルドが4位!ヒュルケンベルク5位とルノー新PUもパワーアップを立証されるし・・・・・
最後尾19位スタートのフェルスタッペンがスタートで追突しフロントウィングを損傷!交換後追い上げるも8位!
クビアトは6位走行中に、オイル漏れで不運のリタイア!17位スタートのガスリーは11位に終わる!


毎年レッドブルが得意とするシンガポールGPでは、フェラーリが土曜日から大変身!
ルクレールがなんと2戦連続のポールポジション!

土曜日P3でクビアトが2戦連続エンジンスモーク!PUとシャーシの接合部からオイル漏れって?
トロロッソにスパイもどきの誰かいたずらする奴が潜りこんでたりして?
クビアトは旧PU換装で予選16位!シンガポールGPでは【スペック2】で走らせるんでしょうか?

予選では、いままで差の無かった【スペック4】搭載のガスリーより1秒近くも遅いって事は【スペック4のパワーは出てる証拠ですが・・・・それでもガスリーは11位がやっと!

フェルスタッペンが3位表彰台を獲得出来たのはメルセデスの戦略ミスと多分オーバーヒートの所為でしょう!
アルボン6位死守!ガスリーはハードタイア戦略が嵌って8位!
クビアトは旧スペックの上、2ストップ作戦とライコネンとの接触もあって15位!
【スペック4】でも、フェラーリ・メルセデスには勝てないって証明しちゃった!
実力を発揮出来ないなんて言っても、要するにパワーアップが中途半端な失敗作だったって事です!
今後【スペック4】は金曜日用になるんだろうけど・・・・
ロシアGPで【スペック5】を投入するなら、せめてクビアト・ガスリーのトロロッソ勢にはレースでも走らせてほしいですね!
セッテングが【スペック4】みたいに上手く出来なかったら日本GPでの優勝は又もお預けだぜ!

アンビリーバブル!アルボンは”スペック2”だった!フェルスタッペンのスタート失敗もその所為か?”スペック4”を温存した訳は?(大苦笑)

なんとフェルスタッペンもアルボンも”スペック2”だったんだとさ!アンビリーバブル!
アルボンが燃料満タン時になかなかオーバーテイク出来なかった理由がまさかこんな事の所為とは!
”スペック3”が金曜日にパワーダウン!急遽”スペック2”に!アルボンも何故か一緒に”スペック2”に換装!
ハンガリーGPでポールポジション取ったフェルスタッペンがベルギーGP予選で遅過ぎた理由にも納得!
フェルスタッペンの”スペック2”はクラッシュした時の物でしょ!そりゃ失望するよね!
スタート失敗は傷めた”スペック2”を使わせた所為じゃないの?モチベーションも下がってただろうし!
ホンダに好意的だったフェルスタッペンも一変!批判めいた発言に!

しかし”スペック3”が5戦使用したからってお釈迦とは?
”スペック4”が間に合ったのに投入出来なかったのは、ベルギGPには2基しか間に合わなかったって事?

 RA619hは耐久性が上がったとはいえ、金曜日は旧スペックでマイレージ稼いでる訳で・・・
ハイパワーモードの使用はかなり耐久性を下げちゃったんでしょうね!
まだ7戦フルに走った実績が有りません!”スペック4”が7戦持つという補償も無い!
後半戦は9戦!最低2~3戦は新PUで走らなければなりません!

各人に2基づつ投入すればグリッド降格も1回で済むのに・・・・・・
しかし、レッドブル・ホンダの決定は、どうやら”スペック4”には未だ不安要素が残ってるんでしょうか?
2基投入は見送り!

しかも、”スペック2”を使った事で、新PUの投入は来年という事になったみたい・・・(大苦笑)
いか推論・・・・・・
ホンダもレッドブルも、1レース増える来年を3基で戦いたい筈なので、ホンダとしては今年中に最低7戦使える事を是が非でも証明する必要がある!

となると、スパでの”スペック2”使用の必然性は今後”スペック3”をレッドブルが勝てるサーキットで使用する為としか考えられません!
レッドブルが旧スペックでも勝てるGPは、シンガポールGP・メキシコGP・ブラジルGPの3戦!
しかも、日本GPでは出来るだけ新しいPUで優勝を狙いたいなんて”二兎を追うもの一兎も得ず”作戦!
ベルギーGPで”スペック4”を使うと5戦目になっちゃうもんね!(大苦笑)
どうせ勝てないからって・・・
で、ベルギーGPではレッドブルへの”スペック4”搭載見送りって事なんでしょ!
”スッペク3”は5戦しか持たなかったので、”スペック4”を残り9戦2基では不安だったのかな~?

レッドブルの予備のPUは”スペック1”と”スペック2”しかありません!
故にイタリアGP投入へ準備してた”スペック4”が届いてないとしたら、スペック2”しか選択肢がなかった!
トロロッソは、”スペック1”+”スペック2”+”スペック3”と予備PUが未だ十分に有ります!
アルボンは遅れて投入したので、ガスリーは”スペック3”でクラッシュしても大丈夫!
そんな訳で・・・・・・


フランスGPから投入した”スペック3”が5戦目で寿命を迎えたとすればホンダとしては誤算だったのかも!
しかしアルボンまでスペック2に戻したのは解せませんね!初レースだから?
1戦でも早くフェラーリ・メルセデスと丁々発矢の戦いを見たいんだぜ!それを捨てレースに!(嘲笑)

折角SAKURAが必死の思いで間に合わせたのにそりゃ無いぜ!
レッドブルは、グリッド降格も厭わないと言っていながら・・・・言行不一致!(大失望)
金・土・日の3日間”スペック4”を使ったのはクビアトだけ?
安定した走りのクビアトが”スペック4”の先行テスト&7戦使用テストには最適と判断されたのでしょう!
策士策に溺れなければ良いけれど・・・・

後半戦は期待していただけに、高速サーキットでの”スペック2”使用は晴天の霹靂(へきれき)!
万が一を考えて新PUをケチらず、前もって準備し、フェルスタッペンにも”スペック4”で走らせて華麗なオーバーテイクショーをファンの前で披露すべきだった!
レッドブルが【捨てレース】したなんてがっかり!SAKURAが一番がっくり来てるんじゃない?
飽くなき勝利へ挑戦するメルセデスとは姿勢が違い過ぎでしょ! 残念!
勝ちゃー善いってもんじゃねーぜ!田辺ちゃんはSAKURAになんて説明したんでしょうね~?
レッドブルとホンダには呆れるやらガッカリするやら・・
こんなんじゃ~【うさぎとカメ】の話じゃないけど、1戦1戦必死に頑張る【カメのウィリアムズ】の方を応援したくなっちゃいました!(大爆笑)
イタリアGPで、漸くレッドブル・トロロッソ全車にスペック4を投入が決定!
ホンダの投入って、必ずしもレースで使う訳じゃないけどね!(苦笑)
レースでも使うなら・・・・ロシアGPで”スペック4鈴鹿スペシャル”を投入するかも!

RA619Hスペック4、デビュー戦でアルボン5位!クビアト7位!ガスリー9位もフェルスタッペン&ノリスのリタイアが無かったら・・・・

スペック4のパフォーマンスは前評判程ではない様ですね~!(苦笑)
グリッド降格が決まっているのでフリー走行では燃料積んでロングラン専門だったし・・・・
予選もおざなり!
結果は17位スタートのアルボンが5位!19位スタートのグビアトが7位と大健闘と言いたいのですが・・・
フェルスタッペンがライコネンと接触して1周目でリタイアしちゃうし、衝突したライコネンも完走がやっと!
後続に大差の5番手を走っていたルノーPUのノリスが最終ラップでリタイアしなかったらもっと順位は下位だった!
アルボンも燃料が少なくなるまでDRS使ってもオーバーテイクも簡単に出来なかったので・・・
4位フェラーリ・ベッテルとの差は40秒もあった!
”スペック4”は未だトルク不足で、燃料満タンの重い車の時は残念ながらオーバーテイクは難しい用です!

13番手スタートのガスリーは9位!果敢にオーバーテイクを試みていましたが・・運も味方しての入賞!
来週のイタリアGPでは最後尾スタートですが、今回のクビアトみたいな上位進出は無理でしょう!

前座のF2レースで大クラッシュが発生!

アンソニー・ユベールがジュリアーノ・アレジのスピンに巻き込まれ側面にぶつかってコースに戻される時に
後続のファン・マヌエル・コレアが200km以上で突っ込み真っ二つになる大クラッシュ!
真横に超高速で激突されたんじゃ助かりませんよね! ご冥福を祈ります!

RA619H”スペック4”、ベルギーGPとイタリアGPで投入決定!トロロッソで最終戦まで7戦使用か?レッドブルには2基投入し日本GPで新PUに換装と思ってたら・・・中間策だった!

やっと、本格的にパワーアップしたRA619Hが投入される事になりました!
どんな魔法を使ったのやら・・・25KwUP?

本来ならもっと早く投入したかったんでしょうけど・・・スペック1”が意外と脆かったので遅れたんじゃない?
開発に1年近く掛かるなんて耐久性を上げるのに相当苦労してたんでしょうね!
RA619H”スペック1”は、RA618Hでのオシレーション対策を施した耐久性向上版だったけど3戦使用でお払い箱!
”スペック2”は”スペック1”のバク取り版だろうし、スペック3から航空機部門が協力した新しいターボを搭載!

扱いやすくなって、おっかなビックリパワーアップモードを試したら優勝しちゃった!
ダメージも想定してたより少なかったんでしょうね!

F1では、10kwUPで約0.2秒速くなると云われているので、25kwUPなら0.5秒以上速くなる
イタリアGPで投入すると残り8戦!メキシコGPを昨年みたいに旧スペックを使うと7戦!
来年、レッドブルがコンストラクチャーチャンプを狙う為にはグリッド降格を最小限にする1基で7戦戦えるPUは必須!
今迄みたいにストックしたPUを金曜日に使う事も出来ない!

イタリアGPで投入すると、日本GPはシンガポールGP・ロシアGPに続いて4戦目になります!
直前のロシアGPで新燃料を投入し更にパワーアップして日本GPでの優勝を夢観ているんでしょうけど
ちょっとしたら、レッドブルとトロロッソでは異なった搭載方法を取るかも?

(1)トロロッソは、”スペック4”を2基投入もメキシコを除く7戦で1基のみを使用し耐久性のチェック!
  今年のトロロッソは、PUの同時投入でテスト用としての役目を余り果たしていませんからね~!
  後半戦は、来年用にトロロッソを上手く利用しないと・・・・・
(2)レッドブルは、一度に各2基づつ交換して日本GPでは新品のPUに換装して走らせる!
  後半戦のグリッド降格を防ぎ優勝回数を増やすには一石2鳥ですから!
  7戦使わないので間に合うなら、レッドブルだけ先行してベルギーGPで”スペック4”を投入したりして!


さて3位表彰台のクビアトを差し置いてレッドブルに昇格したアルボンですが、両者を比較すると・・・・
                    Q1      Q2     Q3              決勝
オーストラリアGP     クビアト  1:22.511⇒1:22.774       (15位)      10位入賞
”スペック1”       アルボン 1:22.757⇒1:22.636       (13位)      14位

バーレンGP       クビアト  1:29.876⇒1:29.854       (15位)      12位
              アルボン 1:29.5141:29.513       (12位)       9位入賞

中国GP         クビアト  1:33.783⇒1:33.236       (11位)      NC 接触でマイレージ節約
              アルボン クラッシュで走行出来ず               10位入賞

アゼルバイジャンGP クビアト  1:42.324⇒1:42.2211:41.6816位)        NC リカルドが激突
”スペック2”       アルボン 1:42.1541:42.494       (12位)      11位

スペインGP        クビアト  1:17.9141:17.2431:17.5739位       9位入賞
              アルボン 1:17.7961:17.445       (12位)      11位

モナコGP        クビアト  1:11.6021:11.4121:11.271(8位)       7位入賞
              アルボン 1:12.007⇒1:11.429⇒1:11.653(10位)      8位入賞

カナダGP        クビアト  1:11.9651:11.921       (12位)      10位入賞
              アルボン 1:12.020⇒1:12.193       (14位)      NC 接触でマイレージ節約

フランスGP       クビアト  1:31.564               (16位)      14位”スペック3”先に搭載
1基”スペック3”     アルボン 1:31.4451:30.461       (11位)      15位

オーストリアGP     クビアト  1:05.324               (18位)      17位
2基”スペック3”に    アルボン 1:04.7081:04.665       (13位)      15位”スペック3”搭載

イギリスGP       クビアト  1:26.721               (17位)       9位入賞
              アルボン 1:26.482⇒1:26.403⇒1:26.345(9位)       12位

ドイツGP         クビアト  1:13.278⇒1:13.135        (14位)      3位(雨天)表彰台
              アルボン 1:13.461              (17位)       6(雨天)入賞

ハンガリーGP     クビアト  1:16.750⇒1:16.692          (13位)    15位
              アルボン 1:16.9121:16.687          (12位)    10位入賞 FR2クラッシュ

入賞はクビアト6回アルボン5回 Q1・Q2は6勝6敗で互角!Q3進出はクビアト4回アルボン2回 
レースではクワビトの7勝5敗です。
”スペック2”まではクビアトが断然優位でしたが、”スペック3”になってからクビアトが冴えないのが良く判ります!
クビアトがレッドブルに昇格出来なかった最大の要因は”スペック3”になってQ1敗退が3戦続いた所為かも?
運も実力の内ですからね!

アルボンがQ2進出来なかったのは、予選を走れなかった中国GPとノリスに邪魔されたドイツGPのみ!
新人でQ1敗退が実質1戦ですから、レッドブルが伸び代を期待して抜擢するのも当然ですね!
ガスリーみたいに文句タラタラで他の所為に責任転嫁もしないで、与えられた車で文句も言わず安定した成果出してるんですから・・レッドブルのピットスタッフに可愛がられるでしょう!

ピットの雰囲気が良くなれば士気も上がるし、相乗効果でアルボンは好成績上げちゃうかもね!

”スペック3”と相性の悪かったクビアトは、”スペック4”搭載で生き返るでしょうか?
ローパワーPUのレッドブルに慣れてるとしたら、更にパワーアップした”スペック4”に手古摺るかも!
トロロッソはハイパワーPUへの対応が迷走中!レッドブルみたいに収まる事を期待しましょう!

チームとして2人揃ってグリッド降格を免れる為ですが、トロロッソ・クビアトとレッドブル・アルボンに先行してベルギーGPで”スペック4”を投入!

ベルギーGPからじゃ最終戦まで持たないので、ロシアGPで”スペック5”を投入するって事になるけど・・・・
”スペック4”がベルギーGPとイタリアGP+シンガポールGPの3戦だけって通常は有り得ませんよね~!
金曜の夜まで判りませんけどベルギーGPでそれぞれに各2基投入しなければ・・・・
2~3戦で”スペック4”の問題点を潰した”スペック5”投入を本気で考えているのかも?(大苦笑)

クビアト・ガスリー対決はイタリアGPまでお預けとなるのか?
圧倒的に早くなってベルギーGPで4台投入となるのか?土曜日の予選が待ちきれませんね!

RA619H”スペック4”、イタリアGP投入するのは”メキシコGPを旧スペック”で最終戦までに7戦使用の為か?

F1サーカスも残り9戦!
RA619Hハイパワー”スペック4”も本来ならハンガリーGPで、遅くともスパで投入したかったんでしょうね!
ハンガリーGPで”スペック4”を投入すれば5戦目のロシアGPで”スペック5”の投入も有り得たと思うのですが・・
でもロシアGP投入では残り6戦、来期7戦持たせる為に必要な耐久性の実戦テストが出来ません!
来期コンストラクチャーチャンプを獲得する為にはPU使用数オーバーでのグリッド降格は避けなければ!

しかしベルギーGPで投入すると残り9戦!同一PUで最後まで戦うには長過ぎます!
で、
(1)残り8戦となるイタリアGPでの投入!になったのかもね!
昨年同様、メキシコGPは旧スペックの”スペック3”を使えば残り7戦ですから!
日本GPは4戦目となりますが、”スペック3”が4戦目でポール・ポジションを取った事で熟成したPUで戦う事にしたのでは?
直前のロシアGPで新燃料も投入されますし・・・・
(2)各人2基”スペック4”を投入!っ手も有ります!
開発が間に合うならベルギーGPで、間に合わなければイタリアGPですが・・・・・・・
この戦術ならグリッド降格は1回で済みますし・・・・日本GPでも新品のPUを使えますし・・・・

しかし、”二兎を追うもの一兎も得ず”!来年の事を考えればイタリアGPでの投入(1)ですが・・・・
幸いな事にレッドブルは2チーム!役割分担で・・・・・
既に4基以上を使ったトロロッソは(1)で次年度に向けて残り1基で耐久性のデーター取り!
3基使用のレッドブルは(2)を選択して残り2基でポイント獲得と競争力のデーター取り!
なんて事になったりして?
いずれにしても、余程の不具合でも無ければロシアGPでの新”スペック5”投入は無いかもしれませんね!
来年用RA620Hの開発に全力を注ぐ筈ですから・・・・・
RA619H"スッペク2”は修正版!”スペック3”も修正版”!
”二兎を追うもの二兎を得る”=7戦戦えるPUを目標にしていないと、これほど開発が長期間になりません!
その意味でも”スッペク4”は期待出来そう!

当るのも八卦ですけど、今期はトロロッソがRA619Hの開発にあまり寄与していません!
一戦早く搭載してデーター収集するとか・・・パーテーモードのテストするとか・・・・2戦長く使うとか・・・・
終盤戦では、トロロッソを上手く来年用に利用すると思うのですが・・・・果たして?
F1では10kwアップで平均0.2秒速くなる!高速サーキットでは2倍以上!
20kw以上パワーアップならイタリアGPモンツアでの
ゲインは0.8秒にも達します!(ワォ)
最下位スタートからの優勝も夢じゃない!(笑)オーバーテークが速やかに出来れば
ですが・・・・
ガスリが降格になった原因は、オーバーテークが余裕を持ってスパッと出来ないからなんでしょうね!
アルボンは意外とフェルスタッペンから離されないかも!
                   Q1         Q2          Q3          決勝
オーストラリアGP   クビアト 1:22.511⇒1:22.774                 
10位入賞
               アルボン1:22.757⇒1:22.636                 14位 
バーレンGP       クビアト 1:29.876⇒1:29.854                 12位

               アルボン1:29.514⇒1:29.513                  9位入賞
 中国GP        クビアト 1:33.783⇒1:33.236                 19RT
               アルボン クラッシュ棄権                     
10位入賞
アゼルバイジャンGP クビアト 1:42.324⇒1:42.2211:41.681(6位)      19RT
               アルボン1:42.154
1:42.494                  11位
スペインGP       クビアト 1:17.914⇒1:17.2431:17.573(6位)       9位入賞
               アルボン1:17.796⇒1:17.445                  11位
モナコGP        クビアト 1:11.602⇒1:11.412⇒1:11.271(8位)       
7位入賞
               アルボン1:12.007⇒1:11.429⇒1:11.653(10位)      8位入賞
カナダGP        クビアト 1:11.965⇒1:11.921                  10位入賞
               アルボン1:12.020⇒1:12.193                  19RT
フランスGP       クビアト 1:31.564                         14位

               アルボン1:31.445⇒1:30.461                  15位
オーストリアGP     クビアト 1:05.324                         17位
               アルボン1:04.708⇒1:04.665                  15位
イギリスGP       クビアト 1:26.721                          9位入賞

               アルボン1:26.482⇒1:26.403⇒1:26.345(9位)       12位
ドイツGP         クビアト 1:13.278⇒1:13.135                  雨の決勝3位表彰台
               アルボン1:13.461                         
雨の決勝6位入賞
ハンガリーGP     クビアト 1:16.750⇒1:16.692                  15位
               アルボン1:16.912⇒1:16.687                  10位入賞
モナコGPまでの6戦はクビアトが5勝1敗と貫禄を見せていましたが・・・
ハンガリーGPまでの6戦ではアルボンの4勝2敗と完全にクビアトに勝ってる!
アルボンのQ1敗退はノリスに邪魔されたドイツGPだけですからね!安定感抜群!
クビアトは雨のドイツGPで3位にはなったけど、3戦連続のQ1落ちが評価を落としたんでしょ!
運も実力の世界ですから・・・・・・

QRコード
QRコード
プロフィール

kobayakawashunichi

「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
カテゴリー
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ