素晴らしきかな日本人 by 小早川俊一

御覧戴いてありがとうございます。2010年3月著名人・CM以外のブロガーを締め出した”イザ・ブログ”からあちこちテスト投稿後、過去のイザ・ブログ原稿と一緒にライブドア・ブログに移行しました。名も無きブロガーの悲哀ですね(笑)2013年は20年毎に行われる、お伊勢さまの第62回式年遷宮!これからの20年は弱者優先だった”米の座”から"働かない者食うべからず"の”金の座”に”ご遷移”されましたので[才覚次第で大金持ちになれる]チャンスに溢れる激動の弱肉強食の時代となる筈です! 人類史上[誰でも何でも平等]なんて国家が繁栄した事はなく、官庁.学校.企業も解雇も出来ず努力もしない低レベルの輩が大手を振ってのさばってる日本に明るい未来はあるのでしょうか?もっと競争原理を容認し”ジャパン・ドリーム”が実現する社会にしてほしいものです!

F1

F1中国GP延期!プレシーズンテスト1回目2月19日~21日 2回目2月26日~28日!今シーズンの1回目はメルセデスが珍しく本気で・・・・・

今年も早いもので2月19日からスペインバルセロナでプレシーズンテストが始まります!
4月19日の中国GPは新型コロナウイルス流行で延期!
4月5日のベトナムGPも、ウイルス流行が収束するまで延期の可能性も!
ソチ開催のロシアGPを早めて、日本GPに合わせて”アジアシリーズ”となるのでしょうか?

昨年はフェラーリが圧倒的速さを見せ付けたプレシーズンテストでしたが・・蓋を開けたらメルスデスの圧勝!
メルセデスはドイツらしく開幕戦に向けて決して焦らず着実にテストをこなす駆け引き上手ですからね~!
2020年もライバルを無視して淡々とテストするんじゃないのかな~!
レッドブルがコースレコード連発でダントツの速さを見せれば少しは焦るでしょうけど・・・・・
20200214-rb16-022020年型【RB16】

トロロッソからに変更になったアルファ・タウリの新マシン【AT01】がお披露目!
AT01-1
AT01-4
【あと1つ】って名前じゃ今年も表彰台は遠いかも!でも4位をクビアトとガスリーで争うならおもろい!(笑)

昨年プレシーズンテストに間に合わなかったウィリアムズですが、2020年型【FW43】も2月17日に画像だけ!
2月19日に走れるのでしょうか?

フェラーリは、SF1000をコーナリングを改善するためレッドブルみたいに大レーキ角をつけたマシンに変身!
フェラーリSF1000-2
フェラーリSF1000
吉と出るか?凶と出るか?直線番長の汚名返上しても直線じゃホンダPUに負けたりして?
フェラーリのコーナリングが本当に良くなると・・・・メルセデスもPUパワーを上げて来るかも!

メルセデスの弱点はオーバーヒートだけ!冷却が改善されてたら前期PUでもパワー出せたんだろうし・・・
メルセデスw11-01
メルセデスw11-022020年型【W11】
レッドブル・フェラーリが王者ハミルトンを凌駕出来るマシンに仕上げられるか?

テスト初日トップはハミルトン!早くもただ1人16秒台の1分16秒987!
2位もボッタス1分17秒313とメルセデスの初日としては異例の速さを発揮!
3位はレーシングポイントのペレスで1分17秒375!昨年のメルセデスの足回りを使った効果?
4位にフェルスタッペンが1分17秒516!2回もスピンし完成度はまだまだ!
5位にクビアト・1分17秒698!新しいAT01は初日から本当に【あと1】歩でした!(爆笑)
昨年マシンが間に合わなかったウイリアムは1分18秒168をラッセルが叩き出し復調しそうです!
未だ初日なのに・・・・メルセデスは本気度を見せ付けました!

2日目のトップはアルファロメオのライコネン!1分17秒091!
2位はレーシングポイントのペレスで1分17秒347!3位にルノーのリカルドが1分17秒749!
4位はレッドブルのアルボンで1分17秒912!
5位には、前日に続きアルファタウリのガスリー1分18秒121!

メルセデスは前日とは打って変りハミルトン1分18秒387の9番手、ボッタスは電気系トラブルで1分19秒307の最下位!不安を感じさせる2日目でした!
ウィイアムズは2日目も7番手をキープ!やっと最下位脱出か?


1回目の最終日
メルセデスのボッタスが1分15秒732を叩き出して他を圧倒!昨年のフェラーリみたいですがPUに不安も!
2位はハミルトンで1分16秒516!今年もメルセデスか!
3位にはルノー初登場のオコンが!1分17秒012!
4位には、レーシングポイントのストロールが!1分17秒338!レーシングポイントは台風の目に!
3日間連続で5位はアルファタウリ!クビアトの運転で1分17秒427!ガスリーは10位でした!
レッドブルはハードタイア履いて調整に終始しタイムアッタクせず・・・・昨年のメルセデスみたい!
それでもフェルスタッペン8位アルボン9位!

ウイリアムズはメルセデスPUにトラブル発生でブービー!

フェラーリは3日間タイムが上がらず苦戦!SF1000の設計変更は未知数のまま!

メルセデスPUも・・・フェラーリPUも・・・・ルノーPUも・・・・トラブルに見舞われたのを尻目に・・・
ホンダPUはレッドブル。アルファタウリ共に1回目3日間をノントラブルで乗り切りました!

26日からの2回目テストでは各チームがどれだけ煮詰めて来るのか?
今年のミッドフィールドは昨年以上の激戦になりそう!

F1に2サイクルエンジンを?

F1のPUに使われてる4サイクルエンジン(ICE)を2サイクル対向エンジンに?
実際にトラック用では市販に向けてテストが行われている様で・・・・・


現在テスト中ですが7000時間まで耐久性を実証!1万時間以上になれば市販化?
2サイクルなら3気筒で6気筒相当のパワーが出せると言われていますが、対向式では高回転の高温に耐える燃焼室が有りません!

ガソリン冷却出来る時代じゃないし・・・・余程、シリンダーの耐熱性や強度を上げないと・・・・
従来の燃料とオイルを混合する必要があって排ガス規制をクリア出来ず車用エンジンとしては消滅した2サイクルですが・・・・この対向式なら、確かにも混合する必要もないので、排気もクリーンに出来るし・・・
バルブも使わず無振動で毎回爆発燃焼し、熱効率も50%超えで抜群と良い事尽くめ・
・・・だけど
素人考えじゃ・・・・ピストン部が高熱になる過ぎて高回転は無理なんじゃないの?
F1の排気音も大排気量の最高1500rpm程度の低回転でド・ド・ドってか!(笑)
冗談はさておき・・・・
コンピューター制御で排気ガス問題もクリア!材質次第では高回転エンジンも可能になるんでしょうか?
4サイクルに比べて無駄な排気・吸気行程が無い2サイクルエンジンは、確かに瞬発力を必要とするF1みたいなレース用には向いていますし・・・・・・
高回転のロータリーエンジンも吸排気バルブレスだから精々1万キロも走らないF1用エンジンとして採用しても面白いかも!
PU提供メーカーの開発次第で、F1仕様の高回転型2サイクル対向エンジンが早期に可能となるかもね!

そうなると世界を魅了したロータリーエンジンのマツダや、高回転2サイクルエンジンの吸排気ポート実績があるヤマハも参加したら独壇場になったりして?(笑)

ま~フェラーリが大反対して没だろうけど、ホンダPUが常勝になったら2025年から採用!・・・なんちゃって!
 
そういえばマツダの発電用エンジンとしてロータリーを使うEVはどうなったんでしょうね?

成績不振を他の所為にしてたガスリー、夏休み明けを待たずに【レッドブル】から【トロロッソ】に降格!アルボンを大抜擢!

ま~トロロッソの方が相性がいいなんて頓珍漢な負け惜しみ言ってたカスリーピエール・ガスリートロロッソ(ホンダ)
にとって降格は本望なのかもよ!(笑)
2018年度後半戦は慣れてきたハートレーブレンドン・ハートレートロロッソ(ホンダ)
に負けてたんだから、降格は当然と言えば当然!(爆笑)

ガスリーが速いのはクリアーラップだけだってやっとホーナーも分かったみたい!(苦笑)
ハンガリーGP後、”土曜日から急に遅くなった”なんて言い訳にさすがのレッドブルも堪忍袋の緒を切った!
チームオーダーも無視もするし、成績が悪いと全部他に責任転嫁する自分勝手な性格だし・・いい薬!

昇格した新人アルボンアレクサンダー・アルボン1
ガスリーみたいに文句も言わず・・・・うまくSTR14を乗りこなしていましたからね!
クビアトダニール・クビアト2が選ばれなかったのは、単純に新人のアルボンに大差をつけられなかったからでしょ!雨の3位は考慮されなかった様です!(苦笑)
【伸び代】を考えると、”アルボンにチャンスを”って事になるんでしょうね~!
でも、選考から洩れたクビアトは、次戦から今までとは一味違ったアグレッシブルな走りになるんじゃない?
闘志に火が点き、レッドブルのアルボンに追い着き追い越せとばかりに・・・・・・
アルボンが結果を残せなければ、クビアトが来期レッドブルに昇格する可能性もあるにはある訳で・・・
降格して来たガスリーには負けられません!クビアトの上位入賞も期待しましょう!

アルボンとクビアトはタイムが殆ど同じなので、RB15に乗ったアルボンがどんなタイムを刻むのか興味津々!
0.5秒速くなるのか・・・もっと速いタイムを刻むのか・・・・トロロッソとレッドブルの差を測れますね!
勿論、ガスリーがどの位遅くなるのかも!(大爆笑)
RB15でもマクラーレン・サインツに負けていたガスリーじゃ、トロロッソに乗ったら当面勝負になりませんが!

トロロッソに戻って自分の遅さに愕然とするんじゃないの!ウィリアムズのラッセルに負けたりしてね!
で、又、自分には合って無いなんて言い出すんじゃないのかな~!(大苦笑)
もはや他に責任転嫁しないで、常にクビアトに勝ち中団トップを堅持しないと来年のF1シートも危うい!
でも、他に責任転嫁してる中は、勝利の女神もソッポ向いてるんだわさ!(大爆笑)
運の良い事に・・・・・
イタリアGPで大幅にパワーアップしたRA619Hの【スペック4】が入るとトロロッソも中団トップに躍り出ます!
ロシアGPからは新燃料で更にパワーアップ!
そうなればトロロッソとマクラーレンの戦いは熾烈さを増し、プレッシャーから開放されたガスリーも息を吹き返すかも!

8月30日からのベルギーGPはもっと面白くなりそう!

③ホンダRA619H【スペック2?】を第4戦アゼルバイジャンGPで投入?崖っぷちのガスリーがQ1トップタイム!

    P3でトトロッソのクビアト・アルボンにも負け、おまけに計量を告げる電光掲示板も見落としピットレーンスタートとされた大チョンボを犯し、レッドブル降格寸前だったピエール・ガスリーでしが・・・・

なんとQ1で起死回生のトップタイムを叩き出しました!アンビリーバビル!
ず~とフェルスタッペンに負けているので今期は全敗かと思いましたが・・・・Q2棄権したので今も全敗ですが
Q1でも勝てば自信になるでしょう・・・・これでフランスGPまで首は繋がった様です!
さてピットレーンスタートで、アルボン並みに怒涛の追い上げが出来たら当分安泰となりますが果たして!
と思ってたら・・・なんとガスリーのトップタイムは燃料制限を超えていたので予選失格!
だよね~P3でクビアトやアルボンの後塵を拝していたのに。急に速くなる訳ないし・・・・

どうせ最後尾なんだし・・・間違った事にして・・・・降格崖っぷちのガスリーへのホーナーの温情ですかね!

トロロッソ・グビアトは嬉しい初のQ3進出!
アルボンは、ルクレールのクラッシュの修復作業が長引き、路面が冷えて皆タイム更新が出来ない状況となって無念のQ2敗退!13位ですがジョビナッティの降格で12位スタート!
中国GPの再現してガスリーの上位に成れば・・・後半レッドブル昇格も!

フェラーリは裏目・裏目で勝てるレースを失ってますね!
終わってみれば、走る度に速くなるメルセデスが1位・2位ですからね!
フェラーリはメルセデスの褒め殺しで自信過剰になっちゃうのかね~?(苦笑)
メルセデスにトラブルでもなけりゃ勝てませんね!

しかし、マクラーレンのMCL34は速くなりましたね!
マクラーレンMCL34
エアインテークは大きくして冷却能力は上げたし、ボデイ形状も高くなったリアウイングに上手く気流が当ってますし・・・
マクラーレン2018~2019
フロア下も大幅に改善してダウンフォースも見るからにバランスが良さそうですよね!
最初からこれだったらホンダPUももう少し評価が良かったでしょうに・・・・・

波乱の幕開けから波乱が続くアゼルバイジャンGP!
レースでも大波乱が起きるのか・・・・・と思ったら・・・・大きなアクシデントも無く・・・
メルセデスがボッタス・ハミルトンの順でワンツーフィニッシュ!
フェラーリはベッテル3位・ルクレール5位
レッドブルはフェルスタッペンの3位、スペック2を積んだ残り3台は・・・・
ガスリーがドライブシャフト・トラブルでリタイア!
10番手を走っていたクビアトは、リカルドのバックアッタックでリタイア!
アルボンもライコネンを捕らえられず11位と入賞出来ず!
ホンダPUにとっては2台だけの完走と最悪の結果に!
予選からCPUセッテングは変更出来ませんから、ガスリーの燃料超過でピットスタートでソフトを変更出来たガスリー以外の他の3台は燃料流量超過の可能性があるオーバーテークボタン等の高出力モードを使えなかった可能性が!
レースでガスリーが易々とオーバーテイク出来たマクラーレンをクビアトは抜けませんでしたし、アルボンも直線での追い抜きに苦労してたようですし・・・自信満々のホンダの責任ですわな!(苦笑)
ギリギリの燃料流量コントロールに自信があったホンダが、想定外のタイムラグにビビっちゃった!(大苦笑)
そんな訳で、今回投入した【スペック2】はガスリー以外【スペック1】よりレースでは実質的には若干パワーダウンせざるを得なかったのかもよ!(大々苦笑)
次戦までには、もっとシビアに燃料流量をコントロール出来るソフトにするだろうけど・・・・もっとパワーを上げて余裕のあるPUに・・・・・なんて言っても・・・・・いつに成るやら(大苦笑)
しかしマクラーレンのMCL34は、良くなったよね~!7位8位ゲットでコンストラクター4位に浮上!

レッドブルに昇格したガスリーが、バルセロナテスト7日目大クラッシュ!昨年のハートレーと同じ場所で同じ様にクラッシュ!ハートレーを嘲笑った報い!シーズン中に降格か!

昨年の5月12日バルセロナGPのFP3で芝生に乗り上げスピンしてバリアに激突して大破させたハートレー!

良くま~無事だった事!
アッタック中だったので縁石のオーバーランは許せる範囲ですが、このクラッシュでハートレーは解雇の対象にされちゃいました!
何の因果か、全く同じ場所で同じ事をガスリーはテスト7日目でやっちゃいました!

こちらはなんとスローペースのロングラン中!自信過剰で楽勝モードで運転してたんでしょうね!
気の緩みが産んだクラッシュ!
ハートレーみたいにスピードが出てた訳でもなし、要は流してたんで気を抜いて走ってた最中だったから初歩的ミスを起こしたのは下の映像でも明らか!衝撃もPUが脱落したハートレー程でもないのに脳震盪!
フェルスタッペンとの共有マシンです!テストデイ中に2回目のクラッシュでフェルスタッペンは大迷惑!

芝生に乗り上げて慌ててハンドル切ったんじゃスピンもするわな!
ハートレイのスピンとガスリーのスピンでは結果は同じでも経緯が全く違う!

なにせ糞遅いのに追い上げるハートレーにチームオーダーを無視して馬鹿みたいに譲らなかった自己中の男ですから、反省もしないでしょ!
ブラジルGP以来ガスリーを応援する気は失せてますから、ぼろ糞!ザマ~!

http://f1sokuho.mopita.com/pc/free/index.php?page=news/sp/body&no=125871
今年のレースでフェルスタッペンにも譲らならかったら間違いなくトロロッソに降格!

一回目は同じ様なスピンでも”これでガスリーも限界を知っただろう”なんて大目にみてたレッドブルですが

観ての通りハートレーの時ほど1回目のスピン・クラッシュはスピードは出ていません!
2回目も攻めてもいないのに初歩的ミスでの同じ様なスピンを繰り返してのクラッシュで評価ガタ落ち!
無事で良かったって言っててもマルコはガスリーの手抜き走行に怒り心頭でしょう!

これで真面目なハートレーとの性格の違いを証明した様なもんですもんね!

フェルスタッペンがテストを終わった後ならまだしも、毎週マシン壊してたんじゃフェルスタッペンの邪魔してるだけ!3回目のクラッシュでトトロッソへの降格は間違いないでしょうね!
それはそれでトロロッソが表彰台に上がる可能性にもなるんで面白いかも?

ハートレーは度重なるバードストライクスタッフの戦略ミスや連絡ミスが重なり評価を下げてた面もあり、強力なマシンに載せれば正確なラップでそれなりの成績は上げられた筈だった!
でもスタートにやっと慣れたら解雇の憂き目になっちゃいましたが・・・・・・!
スプリントレースと耐久レースじゃ走り方も違うし、適正には問題があったにせよ結果論ですが、悪運が去って後半6戦でガスリーと5分の勝敗だったハートレーを昇格させた方が良かったのかもね!
亀の様に確実に1歩1歩速く成って来てましたから!

弱点だったサスペンション
がレッドブル式に変更になって好調なトロロッソに乗る新人【アレキサンダー・アルボン】はテスト7日目で2人目となる1分17秒を切る1分16秒882を叩き出し評価は急上昇!
ウォールで終えたくない”と堅実なドライブを行っている【ダニール
クビアト】も3日目トップタイムをマーク!
最終日にも1分16秒898を叩き出しベッテル次いで2位!終了時には5位になったけど安定した走行でこちらの評価も急上昇中!
ガスリーは2回のクラッシュでレッドブルの疫病神に!
最終日フェルスタッペンはギャボックストラブルでまともに走れず僅か29周!
クラッシュしたのを取敢えず使ってたら予備なし?新品と交換してのトラブルならそれこそ大問題だし・・・・・
組み上げたらボルトが一本余ってたので最初からやり直ししてるとか・・・なんて噂も!
どちらにせよフェルスタッペンがまともに安心して走れなかったのはガスリーの責任!
しかしハートレー以下のスピードで同じ轍を踏むとは!
レッドブルは、来年にもトロロッソにダニエル・ティクトゥムをトロロッソに昇格させる筈ですから今期中にトロロッソに降格したら残念ながらガスリーは解雇でしょう!
レッドブル昇格決定でガスリーは少し天狗になってたから自業自得でしょう!
ハートレーの不運が今年は自己中ガスリーに取り憑いちゃったんだよ!奢る平家久しからず!

早ければバーレーンGPで失速したら交替かもね!
3月14日からのオーストラリアGPフリー走行に賭ける羽目になっちゃったっけど何とか間に合わせてくるんでしょうか?


レッドブルのタイムが伸びないのは三味線?昨年みたいなアドバンテージがある様には見えなかったけど・・
想定外なトラブルがRB15に何かが有るんでしょうね!リアを限界まで絞った所為?
多分、RA618Hの仕様がレッドブル用とトロロッソ用では異なっているんでしょうね!
トロロッソ用PUが耐久性を犠牲にしたパワー重視で、レッドブル用が若干パワーを抑えた信頼性重視PUになってたりしてね!
何回も書いてるけどトロロッソの弱点は、アップグレードの度に迷走したサスペンション!
オシレーションと相まってタイアに厳しく燃費も悪かった筈!
旧型とはいえ魔法のサスペンションを手に入れたんだからテストの結果も当たり前!
蓋を開けたらビクビク物のトロロッソ用PUはSTR14とのバランスも思ってた以上に悪く無く絶好調を継続!
一方のレッドブル用PUは中途半端でオシレーションも影響してタイムが伸びないんじゃないのかな~!
予選アタックもガスリーの所為で出来ず、レッドブル用PUの肝心な耐久性テストも出来なかった訳で・・・・
こうなると、耐久性を証明したパワー重視のトロロッソ用PUを開幕戦には載せて来るんだろうな~!
果たして、RB15とRA619Hの相性は?
しかし、まさかこんな結果になるとは・・SAKURAは夢にも思っていなかんだしょうね!
PU+ギャボックス;シャーシの複合共鳴だったらトロロッソが好調でレッドブルがいまいちの謎も解けます!
意外と良くなり過ぎたトロロッソ・ホンダが先に表彰台に上がっちゃうかもね!(笑)

QRコード
QRコード
プロフィール

kobayakawashunichi

「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
カテゴリー
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ