素晴らしきかな日本人 by 小早川俊一

御覧戴いてありがとうございます。2010年3月著名人・CM以外のブロガーを締め出した”イザ・ブログ”からあちこちテスト投稿後、過去のイザ・ブログ原稿と一緒にライブドア・ブログに移行しました。名も無きブロガーの悲哀ですね(笑)2013年は20年毎に行われる、お伊勢さまの第62回式年遷宮!これからの20年は弱者優先だった”米の座”から"働かない者食うべからず"の”金の座”に”ご遷移”されましたので[才覚次第で大金持ちになれる]チャンスに溢れる激動の弱肉強食の時代となる筈です! 人類史上[誰でも何でも平等]なんて国家が繁栄した事はなく、官庁.学校.企業も解雇も出来ず努力もしない低レベルの輩が大手を振ってのさばってる日本に明るい未来はあるのでしょうか?もっと競争原理を容認し”ジャパン・ドリーム”が実現する社会にしてほしいものです!

EU離脱

ハウス・オブ・カード?戦友の裏切りでボリス、ジョンソン首班指名から撤退?驚愕する想定外だって・・・・当たり前の事が起こっただけじゃん!(大爆笑)権謀術策に長けなきゃ・・

次期首相候補NO1とされたアレグザンダー・ボリス・ジョンソンAlexander Boris de Pfeffel Johnson=52)
ボリス・ジョンソンEU離脱派として共闘した
マイケル・ゴーヴMichael Andrew Gove=48)がジョンソン支持から一転、突然の立候補宣言
マイケル・ゴーヴ
写真映りが悪く?どう見たって女性には人気無わな~!(笑)

ゴーブの立候補が原因で・・・締め切り寸前、ボリス・ジョンソンの立候補会見が突然の断念会見になったって?
最初から立候補のいしなんて無かったと思いません?
一貫してEU離脱を唱えて来たマイケル・ゴーヴにとって、ボリス・ジョンソンの【離脱派勝利を心底喜ばなかった記者会見】で元々残留派だったのに離脱派に変身=ステップアップの道具にされたと判ったので、彼のスタンドプレーを許せなかったんじゃないでしょうか?なんてマスコミは報道してるけど・・・・・笑っちゃうよ!

ボリス・ジョンソンは馬鹿じゃないし、真相はそんな単純な事じゃない!(失笑)
そう演出してるだけ!(笑)
もっと冷静に物事を考えれば、この選択肢しか離脱派には残っていない!
マイケル・ゴーヴはスコットランド・エジンバラ出身!
英国のEU離脱で、今後の最大懸念材料は残留派が62%に達したスコットランドの再独立国民投票をどうやって抑えるかって事だよね!

今、ボリス・ジョンソンが首相になったら、間違いなくスコットランドは英国(GreatBritan)から独立へ向かってしまいますかね!
これは最悪手です!聡明なボリスは投票前から勝った場合想定済みの筈です!
誰だってGreatBritanを解体した首相とは言われたくないでしょ!
まずは、スコットランド出身の議員を首相にして離脱後に次の首相の座を狙うのはイロハのイ!(大爆笑)

頭脳明晰なボリス・ジョンソンは、EC離脱勝利での記者会見=最初の第一歩から布石を打ったと考えるべきなのですが
単細胞の日本マスコミは離脱は想定外だったので困惑してたなんてコロっと騙されて頓珍漢な報道してます!(大苦笑)
そんな阿呆じゃないよ、ボリス・ジョンソンは!
勝った場合も負けた場合もシュミレート出来ない政治家は2流以下!彼は一流なんですよ!
場当たりな日本の国会議員と一緒にしちゃいけんぜよ!(失笑)


対スコットランドへの最善手が今回の想定外とされる突然の断念記者会見なんですよ!

英国(GreatBritan)がEU脱退すれば、再国民投票で独立するかも知れないスコットランドを繋ぎ止めるには
スコットランド・エジンバラ出身の離脱派マイケル・ゴーヴしか選択肢はなかったって事はちょっと考えれば判る【コロンブスの卵】なんだけど!(笑)

自分が悪者に成ることで、英国(GreatBritan)の分割を阻止しようとしたんですよ!
並の政治家じゃ出来ないことですよ、私は賞賛しますね!(拍手)
【敵を欺くにはまず味方から】・・・・・・【将を得んと欲すれば先ず馬を射よ】は基本中の基本!
勝利確定後の心底喜ばないボリス・ジョンソン記者会見から、既にマイケル・ゴーヴ首班指名シナリオが動いてたって事です!
さすが策略に富むイギリス人ですよね!
日本のマスコミは甘ちゃん過ぎます!
外交は手の内なんて見せないんだから、裏の裏を考えなちゃ!
だから、日本のマスコミは誰かさんに簡単に踊らされちゃうんだけどね!

マイケル・ゴーヴが、ボリス・ジョンソンを悪し様にこき下ろすのも計算された演出!

離脱派が勝った場合と負けた場合の想定が出来ない日本のタレント政治家じゃ有るまいし・・・・日本の政治評論家と称する人達はボリス・ジョンソンが思慮遠望が出来る人物だってどうして思わないのかね~!(失笑)

虚々実々の策謀を駆使しなきゃ、外交成果なんて上げられないのが世界の常識!
私から言わせれば、今回のボリス・ジョンソンの行動は当たり前過ぎてちっとも面白くありませんが・・・・
強力な権力を奪取するには遠大な計画がなくっちゃね!場当たりと思わせるのも策略だからね!
house of cards england

秀才・ボリス・ジョンソンの次の一手は?もう少し凝った手になってほしいな~!(笑)
でも、マイケル・ゲーヴが隠れ独立派でEU離脱を口実にスコットランドの独立を後押ししてったて事も有り得るからね政治の世界では!
スコットランドの独立を阻むにはマイケル・ゲーヴを首相にするしか無いけど、逆に容易に独立させる環境も造れる!
どうなるんでしょうね~?
United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland】は・・・・・・
英国国旗英国穀章
過去の大英帝国が纏まれば経済圏としてアメリカ・ECに匹敵する力を復活出来ますが、イングランドだけになったら・・・・・・王制維持も難しくなるでしょうね!

英国EU残留派の再選挙嘆願の愚!投票率75%に未到なら無効?こんなの反対派が棄権したら成り立たないぜ!(大爆笑)

イギリス人ってもう少し知的かと思ったら、スゲ~愚鈍な国民になっちゃったんですね!

投票率75%以上で、60%以上の賛成票がなければ無効だって?

こんな条件になったら、60%が賛成しても反対派が棄権すれば国民投票なんて成立しないだろうが!(呆)
小学生にも判る屁理屈並べるとは・・・・・所詮、民主主義なんて大衆迎合の多数決!

2者択一の選択肢を多数決で決めるのは最悪の選択肢って事なは間違いないけどね!

でも投票率云々は、藪蛇(やぶへび)だよね!
次回からのEU再加入国民投票で、反対派(離脱派)が全員棄権すれば2度と英国がEUに戻れないからね!(爆笑)

今回勝った離脱派も喜んでこの改正案に大賛成すると思うよ!(大大爆笑)

しかし、情けない国になったもんだ!


QRコード
QRコード
プロフィール

kobayakawashunichi

カテゴリー
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ