12月9日将棋プレミアムフェスin名古屋2018 で佐藤天彦名人・銀河と藤井聡太七段との 特別対局が・・・
またも後手番でしたが、最後は飛車に構わず120手で圧勝!(笑)


公式戦なら通算100勝まであと1勝になったのですが・・・・
藤井七段の地元開催イベントですから佐藤天彦名人も、ガチで勝ちに行った様でもなく新手を試して主役に華を持たせたってところでしょうか!(笑)
でも勝ちは勝ち!短時間棋戦対局の自信を深めたでしょう!
今後1時間未満の対局は、体調不良でもなければ負けないでしょう・・・とは言い切れませんが、朝日杯・銀河戦は期待しちゃいますね!

12月1日叡王戦解説を担当!
番組の中で藤井聡太七段のAI将棋用パソコンに言及・・・・IntelじゃなくてAMDのRygen 7(intelのi7相当) 1800X=8コア(2017年発売)載せた自作みたいな発言を!
”(ちょっと待って劇的に速くなった)
Threadripper(第1世代Zen2017年8月発売)にしておけば良かったと後悔”とパソコンにもめっちゃ詳しい事が判明!(笑)

AMDのRyzenはIntel同等品より価格も安いし消費電力も少ない!
普通なら価格が高くてもIntelCPU選ぶのに・・・・AMDのRyzen選ぶなんてもの凄く堅実な選択!
王者intelに挑戦し続ける小兵AMD!最強の名人を目指す藤井七段にはぴったりのCPU!
私の爆速マシン(Xeon6コアx2=3GHz)も速いけど、シングルCPUでも現Threadripper(第2世代Zen+2018年8月発売)2950Xの方が3.5GHz(
4.4GHzBoost)なのでAI将棋専用なら処理が速いかもね!
コストパホーマンス的にRyzen7 1800Xで十分だと思ったんでしょうけど、AI将棋は時間を費やして解析すればするだけ最適手が変化するので、より処理能力が速い高性能CPUの必要性を感じてるんでしょう!
”次のCPUは来年Zen2(第3世代2019年発売プロセスノード7nm!)に”!
IntelCPUはまだ14nmですから
Zen2が5Ghzで発売されれば至上最速のCPU!
藤井七段は、何をやるに徹底的にやるんだね!序盤・中盤の長考もなるほどと納得させられちゃいました!

コスパに優れたZen2【AMD Ryzen  Threadripper 3000シリーズ=32コア】で2作目に挑戦?
Zen2にすれば1800Xに比較して倍近く速くなるから、より最前手を検討出来て更に強くなっちゃう!(爆笑)
AMDにとっては”藤井聡太七段もほしいCPU”で報道で、降って湧いた様なZen2事前無料キャンペーン!
AMD日本支社から、CEOに報告がなされエキサイトしてるとツイッターに! 
https://twitter.com/LisaSu/status/1069573028093329408
来年のキャンペーンでは、”Fujiisan used”がメインキャッチフレーズになったりしてね!
藤井七段も【Zen2】送られれば、ギャラ要求しないでしょう!
間に入る広告代理店が困るでしょうな~(爆笑)
Zen2、夏休みまでに発売になるかな~?来年特需で入手困難になっちゃうかも!(大爆笑)


順位戦6回戦も風邪気味なのに勝てて良かったですよね!
順位戦6回戦で勝っても通算100勝達成との報道がされていませんから通算100勝まであと2勝?
夢の名人を超える棋士に向けて順位戦は、デビュー以来16連勝中!

風邪も、ちょっと対局が空き過ぎて気が緩んだんでしょうか?
体調不良と後手番でリベンジ3連勝を逃し初タイトル挑戦も新たなスタートと成った藤井聡太七段ですが・・
問題は、先手・後手を選ぶ振り駒運!今期は先手12局(1敗)・後手21局(5敗)と運に恵まれていません!
プロの将棋は1手違いで勝敗が決まる事も多いので来期は運に恵まれて先手番が多くなってほしいですね!

2018年12月18日には後手番で
門倉啓太五段30(C級1組25位)と第77期名人戦順位戦C級1組第7局!
門倉啓太五段30 282初対局!今期22局目の後手番!
C級1組20181021色
同日には、師匠と真田八段が直接対決!師匠が勝てば昇級のライバルは4人に!確率(2/5)⇒(2/4)に!
師弟同時昇級も現実味を帯びて来ます!
勝つと順位戦17連勝!史上最年少でかつ最高勝率で通算100勝達成まであと1勝!
順位戦デビュー以来連勝記録(18連勝)まであと1勝!順位戦連勝記録26連勝まで9勝!
 今期34戦28勝6敗勝率82.35%!八段昇段まで167勝へ!

12月~1月に大石直嗣七段28(B級2組17位)と第90期hulic杯棋聖戦2次予選2回戦◎
第90期ヒューリック杯棋聖戦2次予選へ組2大石直嗣六段
連勝中で銀河戦が11月中に組まれてなければ、大石戦が最短での100勝目となりますが・・・・・
既に始まってる2次予選は終了予定が1月末なので12月中に2回戦を消化する筈ですが!
2月~4月間で【決勝トーナメント】!
1次予選の最終戦が12月14日、2次予選1回戦が12月15日で未だ5戦も残っているのでどうなりますやら?
12月25日頃にセットされるかもね!
持ち時間は2次予選から3時間なので同日2回戦ではありません!
勝てば今期35戦29勝6敗勝率82.86%!八段昇段まで166勝へ!今期確定対局数【45】に!

決勝は斉藤慎太郎王座となら今年3回目の対戦!3度目の正直でリベンジしてほしいですね!
王位戦・HNK杯で初戦敗退しなければ、とっくに通算100勝を達成したいたのに・・・・残念!

銀河戦5回戦、2019年2月5日放映決定!収録完了?
11月10日藤井聡太七段千駄ヶ谷で目撃
情報!銀河戦5回戦収録?
銀河戦の過去の収録日を見たら、
E組5回戦は、過去直近2年間11月上旬~中旬に収録されています!
https://www.igoshogi.net/shogi/ginga/index.html
しかし、今回の第27期銀河戦E組5回戦は、ネタバレの無い様に藤井聡太七段の【100勝】決まってから銀河戦E組の日程決めるつもりかも?(大苦笑)
2月上旬放映なので、収録は遅くても
12月中!5回戦だけ先に収録してる可能性も?
順位戦7回戦に勝って100勝達成じゃなかったら、ひょっとすると5回戦・6回戦も1月?
去年みたいに、まさかの早々敗退じゃ新規視聴者の獲得が出来ませんでしたからね~!
藤井聡太七段の最短100勝に協力すれば、銀河戦を主催する【囲碁・将棋チャンネル】の新規契約も増えるのに!(苦笑)
対戦者は9月27日に4回戦収録済み(2019年1月8日放映まで非公開)なので既に決定してますが・・・
銀河戦E組10月順位戦のランク順で3階級特進!
阿部光瑠六段村中秀史六段253だろうけど・・来年2月放映!
阿部光瑠六段(C級2組11位)     村中秀史六段阿部光瑠六段(C級2組9位)

記念すべき100勝が非公開には成り難いので、11月20日の順位戦まで藤井七段の対局も空いてましたし・・・・ひょっとしたら第27期銀河戦本戦E組5回戦が順位戦前に対局が組まれてるかも!(笑)
もっとも、まだGブロックの3回戦4回戦の収録が済んでいないので12月になる可能性の方が高いけど!
連勝中なら3連勝!今期36戦30勝6敗勝率83.33%!八段昇段まで165勝へ!
今期確定対局数【46】へ!

通常なら2月3月分同日収録なので、勝てば続いて・・・・
阿部健治郎七段29(C級1組8位)と第27期銀河戦本戦E組6回戦ですが・・・・・・・いつになるやら
阿部健治郎29 277(放映2019年3月)
記念の100勝が非公開じゃ又批判されちゃいますから、達成後に対局日を決定する可能性大!

勝つと今期37戦31勝6敗勝率83.78%!八段昇段まで164勝!
今期確定対局数【47】へ!

11月21日現在

持ち時間5時間以上の対局の通算勝率40戦37勝3敗
=92.50%!
  持ち時間6時間の対局の通算勝率16戦16勝=100%!
  持ち時間5時間の対局の通算勝率24戦21勝3敗(佐々木・増田・斉藤)=87.50%!
持ち時間4時間以上の対局の通算勝率54戦48勝6敗=88.89%
  持ち時間4時間の対局の通算勝率14戦11勝3敗大橋・菅井・山崎)78.57%
          (千日手で持ち時間3時間となった④棋王戦の豊島対局を除く)
持ち時間3時間の対局の通算勝率20戦14勝6敗(佐々木大・菅井・豊島・深浦・井上・斉藤)70.00%
持ち時間1時間以内の対局の通算勝率42戦36勝6敗(三枚堂・井出・上村・稲葉・大橋・今泉)=85.71%!
  先手番=通算50戦45勝5敗(横歩取り4敗・逆転負け1敗)=勝率90.00%!今期11勝1敗=90.91%

  後手番=通算66戦53勝13敗=勝率80.30%!今期16勝5敗76.19%
   (先手番で千日手なった三枚堂・豊島戦を後手番にカウントしてます!)
横歩取りは佐藤名人に勝って克服!持ち時間を先に使い切っての逆転負けも時間配分に長けて来たので・・・今後も高勝率は維持出来そうです!

8大タイトル戦状況!予選敗退通算5対局(菅井・横歩取りでの大橋x2大逆転負けの井上・山崎)のみ!
名人戦(4月~6月)=⑥C級1組 順位戦6連勝中!        12月18日門倉啓太五
段と7回戦
竜王戦(10月~12月)=⑤ランキング戦5組優勝!本戦2回戦敗退! 4組予選1回戦村田智弘六段と
叡王戦(3月~5月)予選優勝挑戦者決定トーナメント進出斎藤王座との1回戦で敗退 今期終了!
王位戦(7月~8月)=④予選2回戦(初戦)敗退で今期終了! 次期予選は来期8月から
王座戦(9月~10月)=⑤予選優勝⑤本戦準決勝敗退今期終了!!ベスト4=予選免除で来期本戦から
棋王戦(2月~3月)=④予選優勝④本戦2回戦敗退        第45期予選1回戦2019年1月~ 
王将戦(1月~3月)=③前期末予選3回戦敗退            第69期予選1回戦2019年1月~
棋聖戦(6月~7月)予選優勝2次予選進出           12月~大石七段と2次予選6組準決勝
一般棋戦状況!
朝日杯=前回優勝で本戦シード                     12月~
NHK杯=本戦2回戦(初戦)敗退!今期終了!朝日杯優勝での予選免除で来期4月の本戦から
新人王戦=③見事優勝!6段以下の参加資格】消失で今期で卒業!

【全対局結果・確定対局予定】   

字は勝ち 赤字は負け 丸数字は持ち時間(3時間以上)後ろは回数
(写真掲載は対局確定&予定者)
回数 日時・会場  ▲先手▽後手  対局相手・年齢・順位戦ランク           棋戦
1・2016年12月24日東▽加藤一二三九段76(C級2組45位)⑤1第30期竜王戦予選6組1回戦
2・2017年01月26日西▲豊川孝弘七段50(C級1組27位)    ④1第43期棋王戦予選6組1回戦
3・2017年02月09日西▽浦野真彦八段53(Fクラス)        ⑤2第30期竜王戦予選6組2回戦
4・2017年02月23日西▲浦野真彦八段53(Fクラス)                1第67回NHK杯予選5組1回戦 68回免除
5・2017年02月23日西▲北浜健介八段41(B級2組8位)         2第67回NHK杯予選5組2回戦 68回免除
6・2017年02月23日西▲竹内雄吾四段29(C級2組31位)       3第67回NHK杯予選5組・決勝  68回免除
7・2017年03月01日西▽有森浩三七段54(Fクラス)       
③1第67期王将戦第一次予選第7組1回戦
8・2017年03月10日西▽大橋貴洸四段25(C級2組46位
)    ③2第48期新人王戦2回戦
9・2017年03月16日東▲所司和晴七段55(Fクラス)       
⑤3第30期竜王戦予選6組3回戦
10・2017年03月23日西▲大橋貴洸四段25(C級2組46位) ④2第43期棋王戦予選6組2回戦
------------------------------↓ 2017年度 ↓------------------------------------
1・2017年04月04日西▽小林裕士七段40(C級1組3位)     ③3第67期王将戦第一次予選第7組2回戦
2・2017年04月13日西▲星野良生四段29(C級2組18位)  ⑤4第30期竜王戦予選6組4回戦
3・2017年04月17日他▽千田翔太六段23(C級1組2位)      4第67回NHK杯本線1回戦
4・2017年04月26日西▽平藤真吾七段53(C級1組10位)  ④3第43期棋王戦予選6組準決勝
5・2017年05月01日東▽金井恒太六段31(C級1組37位)  ⑤5第30期竜王戦予選6組準決勝 5組昇級
6・2017年05月03日西▽横山大樹アマ27                          ③4第48期新人王戦3回戦
7・2017年05月12日西▽西川和宏六段31(C級2組30位)  ③5第67期王将戦第一次予選第7組3回戦
8・2017年05月18日西▽竹内雄悟四段29(C級2組31位)    5第7期加古川青流戦2回戦 第8期資格喪失
9・2017年05月25日東▽近藤誠也五段21(C級1組31位)  ⑤6竜王戦予選6組決勝 最年少本戦出場
10・2017年06月02日西▲澤田真吾六段25(B級2組7位)  ④4第43期棋王戦予選6組決勝最年少本戦出場
11・2017年06月07日西▲都成竜馬四段27(C級2組3位)    6第2回上州YAMADA杯1回戦 第3回資格喪失
12・2017年06月07日西▲阪口 悟五段39(C級1組18位)     7第2回上州YAMADA杯2回戦 資格喪失
13・2017年06月07日西▲宮本広志五段31(C級1組20位)   8
第2回上州YAMADA杯3回戦 資格喪失
14・2017年06月10日東▽梶浦宏孝四段22(C級2組2位)     9第3期叡王戦段位別四段戦・予選1回戦
15・2017年06月10日東▽都成竜馬四段27(C級2組3位)   10第3期叡王戦段位別四段戦・予選2回戦
16・2017年06月15日西▽瀬川晶司五段47(C級2組24位) ⑥1順位戦C級2組1回戦(10戦1勝0敗)
17・2017年06月17日西▽藤岡隼太アマ19              11第11期朝日杯第一次予選12組1回戦 免除

18・2017年06月21日西▲澤田真吾六段25(B級2組7位)  ③6王将戦第一次予選第7組準決勝

19・2017年06月26日東▲増田康宏四段19(C級2組5位)  ⑤7竜王戦挑決T1回戦【連勝記録更新】
20・2017年07月02日東▽佐々木勇気五段23(C級1組6位)⑤8竜王戦挑戦者決定T2回戦 初の1敗
21・2017年07月06日西▲中田 功七段50(C級2組41位)   ⑥2順位戦C級2組2回戦(2勝0敗)
22・2017年07月11日西▽都成竜馬四段27(C級2組3位)  12第7期加古川青流戦3回戦    資格喪失

23・2017年07月21日東▽三枚堂達也四段24(C級2組6位)千日13第2回上州杯Y杯準々決勝 2敗 資格喪失
24・2017年07月24日西▲西川慶二七段55(Fクラス)       14第89期棋聖戦1次予選ハ組1回戦
25・2017年07月24日西▽阪口  悟五段39(C級1組18位)  15第89期棋聖戦1次予選ハ組2回戦
26・2017年07月27日西▲平藤眞吾七段53(C級1組10位)  16第26期銀河戦予選 本戦進出

27・2017年08月04日西▽菅井竜也七段25(B級1組11位) ③7王将戦第一次予選7組決勝   3敗
28・2017年08月10日東▽高見泰地五段24(C級2組9位)   ⑥3順位戦C級2組3回戦(3勝0敗)
29・2017年08月15日西▽小林健二九段60(C級2組43位) ④5第59期王位戦予選7組1回戦
30・2017年08月22日西▽大石直嗣六段28(B級2組21位)   17第11期朝日杯第1次予選12組2回戦 免除
31・2017年08月22日西▽竹内雄悟四段29(C級2組31位)   18第11期朝日杯第1次予選12組準決勝  免除
32・2017年08月24日西▽豊島将之八段27(A級10位)   ④千日③8棋王戦本戦T2回戦A級初対局 4敗
33・2017年09月02日東▽井出隼平四段26(C級2組28位)   19第7期加古川青流戦・準々決勝5敗 資格喪失
34・2017年09月03日他▽森内俊之九段・名人46(Fクラス)  20第67回NHK杯・2回戦 永世名人に勝利
35・2017年09月07日東▽佐々木大地四段22(C級2組48位)③9第48期新人王戦・準々決勝    6敗
36・2017年09月14日東▲佐藤慎一五段35(C級2組9位)    ⑥4順位戦C級2組4回戦(4勝0敗)
37・2017年09月20日西▲小林健二九段60(C級2組43位)  
⑤9第66期王座戦1次予選ホ組・1回戦免除
38・2017年09月22日東▲藤倉勇樹五段37(Fクラス)       21第26期銀河戦本戦H組・1回戦
39・2017年09月22日東▲上村  亘四段30(C級2組25位)  22第26期銀河戦本戦H組・2回戦 7敗(横歩)
40・2017年09月27日東▽竹内雄吾四段29(C級2組31位)  23第89期棋聖戦1次予選ハ組・準決勝
41・2017年10月06日西▲宮本広志五段31(C級1組20位)  24第11期朝日杯第1次予選12組・決勝免除
42・2017年10月09日東▽佐々木大地四段22(C級2組48位)25第3期叡王戦段位別四段戦・予選準決勝
43・2017年10月09日東▲杉本和陽四段26(C級2組50位)    26第3期叡王戦段位別四段戦・予選決勝
44・2017年10月12日西▽星野良生四段29(C級2組18位)  ⑥5順位戦C級2組5回戦(5勝0敗)
45・2017年10月19日西▽小林裕士七段40(C級1組3位)   ④6第59期王位戦予選7組2回戦
46・2017年11月02日西▽脇  謙二八段57(C級2組35位)  ⑥6順位戦C級2組6回戦(6勝0敗)
47・2017年11月13日他▽稲葉 陽八段29(A級1位)        27第67回NHK杯・3回戦 A級連敗 8敗
48・2017年11月21日西▽平藤眞吾七段53(C級1組10位)  ⑤10第66期王座戦一次予選ホ組2回戦 免除
49・2017年11月24日西▲北浜健介八段41(B級2組8位)    ④7第59期王位戦予選7組準々決勝
50・2017年11月29日西▲大橋貴洸四段25(C級2組46位)  28第89期棋聖戦1次予選ハ組決勝  9敗(横歩)
51・2017年12月07日東▲高野智史四段23(C級2組13位)  ⑥7順位戦C級2組7回戦(7勝0敗)
52・2017年12月15日東▽屋敷伸之九段45(A級6位)       29朝日杯2次予選準決勝A級初勝利免除
53・2017年12月15日東▽松尾歩八段37(B級1組5位)      30朝日杯2次予選・決勝  B1初勝利免除
54・2017年12月23日東▲深浦康市九段45(A級7位)       ③10第3期叡王戦本戦1回戦 横歩大逆転負け10敗
55・2017年12月28日西▲豊川孝弘七段50(C級1組27位)  ⑤11第66期王座戦一次予選ホ組準決勝  免除
56・2018年01月06日西▲大橋貴洸四段25(C級2組46位)  ④8第59期王位戦予選7組準決勝 11敗(横歩)
57・2018年01月11日西▽中田 功七段50(C級2組41位)     ⑤12第31期竜王戦ランキング戦5組1回戦
58・2018年01月14日他▽澤田真吾六段25(B級2組7位)   31第11期朝日杯本戦1回戦
59・2018年01月14日他▲佐藤天彦名人29(順位なし)      32第11期朝日杯・準々決勝A級2勝目(横歩)

60・2018年01月19日西▲矢倉規広七段43(C級2組33位) ⑥8順位戦C級2組8回戦(8勝0敗)
61・2018年01月25日西▲村田智弘六段36(C級2組19位) ⑤13第66期王座戦1次予選ホ組決勝  免除
62・2018年02月01日東▽梶浦宏孝四段22(C級2組2位)   ⑥9順位戦C級2組9回戦(9勝0敗)
              【2位が2敗の為最終戦を待たず五段昇段】
63・2018年02月05日西▽南芳一九段54(C級2組2位)    ③11第68期王将戦第1次予選6組1回戦
64・2018年02月08日西▽牧野光則五段29(C級2組17位) ④9第44期棋王戦予選8組1回戦
65・2018年02月14日西▲古森悠太四段22(C級2組52位) ③12第49期新人王戦2回戦
66・2018年02月17日他▲羽生善治・竜王47(A級2位)      33第11期朝日杯準決勝A級3勝目2連勝!
67・2018年02月17日他▲広瀬章人八段31(A級4位)       34第11期朝日杯決勝 A級4勝目3連勝

                【全棋士参加棋戦優勝で六段昇段】
68・2018年02月23日西▽畠山鎮七段48(B級2組1位)   
⑤14第66期王座戦2次予選準決勝
69・2018年03月01日東▲阿部隆八段50(B級2組6位)    ⑤15第31期竜王戦予選5組2回戦
70・2018年03月08日西▲杉本昌隆七段49(C級1組5位)   ③13第68期王将戦予選6組2回戦
71・2018年03月15日東▲三枚堂達也四段24(C級2組6位)
⑥10順位戦C級2組10回戦(10連勝)
72・2018年03月22日西▲糸谷哲郎八段29(B級1組6位)   ⑤16第66期王座戦2次予選決勝B1 2勝目
73・2018年03月28日西▽井上慶太九段54(B級2組13位)  ③14第68期王将戦予選3回戦 ポカ逆転負け12敗
通算83対局 71勝12敗 勝率85.54%

------------------------------↓ 2018年度 ↓------------------------------------   
01・2018年04月05日西▲古森悠太四段22(C級2組47位)  ④10第44期棋王戦予選8組2回戦
02・2018年04月10日東▽阿部光瑠六段23(C級2組11位)  ⑤17第31期竜王戦予選5組・3回戦
03・2018年04月24日西▲大石直嗣七段28(B級2組17位)  ④11第44期棋王戦予選8組準決勝

04・2018年05月07日東▽屋敷伸之九段45(B級1組3位)    ⑤18第66期王座戦挑戦者決定T1回戦
05・2018年05月18日西▽船江恒平六段31(C級1組14位)  
⑤19第31期竜王戦予選5組・準決勝
                  【六段昇段後竜王戦連続昇級で七段昇段】
06・2018年06月01日西▲中村亮六段32(C級2組24位)       ④12第44期棋王戦予選8組決勝
07・2018年06月05日西▽石田直裕五段29(C級2組15位)  ⑤20第31期竜王戦予選5組・決勝
08・2018年06月11日他▽今泉健司四段44(C級2組5位)      35第68回NHK杯本戦1回戦 気合負け13敗
09・2018年06月22日東▽深浦康市九段46(A級7位)      ⑤21第66期王座戦挑戦者決定T2回戦
10・2018年06月25日西▽都成竜馬五段28(C級1組32位)    ⑤22第31期竜王戦挑戦者決定T1回戦
11・2018年06月29日東▽増田康宏六段20(C級1組33位)    ⑤23第31期竜王戦挑戦者決定T2回戦14敗
12・2018年07月03日西▲豊川孝弘七段51(C級1組18位)    ⑥11第77期名人戦順位戦C級1組第2局
13・2018年07月06日西▽斉藤慎太郎七段25(B級1組10位)⑤24第66期王座戦挑戦者決定T準決勝15敗
14・2018年07月18日西▽藤原直哉七段53(フリークラス)    36第27期銀河戦予選
15・2018年07月20日西▽森下 卓九段51(C級1組1位)      ⑥12第77期名人戦順位戦C級1組第1局
16・2018年07月28日西▽八代弥六段24(C級2組19位)      ③15第49期新人王戦2回戦
17・2018年07月31日東▲西尾 明六段38(C級1組19位)     ⑥13第77期名人戦順位戦C級1組第3局
18・2018年08月11日東▲木下浩一七段50(フリークラス)       37第4期叡王戦七段戦Cブロック2回戦
19・2018年08月24日西▽里見女流4冠26               38第90期hulic杯棋聖戦予選へ組2回戦
20・2018年08月28日東▽青野照市九段65(C級1組2位)    ⑥14第77期名人戦順位戦C級1組第4局
21・2018年08月31日西▽近藤誠也五段21(C級1組6位)    ③16第49期新人王戦準々決勝
22・2018年09月03日西▽菅井竜也王位26(B級1組9位)    ④13第44期棋王戦挑戦者決定T2回戦16敗
23・2018年09月14日西▲山崎隆之八段37(B級1組6位)    ④14第60期王位戦予選7組2回戦(初戦)17敗
24・2018年09月17日東▲小林裕士七段41(C級1組10位)       39第4期叡王戦七段戦Cブロック準決勝
25・2018年09月17日東▽千葉幸生七段39(C級1組9位)        40第4期叡王戦七段戦Cブロック決勝
26・2018年09月25日西▽青嶋未来五段23(C級1組11位)   ③17第49期新人王戦準決勝
27・2018年10月10日西▽出口若武奨励会三段23          ③18第49期新人王戦決勝第1局
28・2018年10月17日西▲出口若武奨励会三段23         ③19第49期新人王戦決勝第2局
29・2018年10月23日西▲千葉幸生七段39(C級1組9位)       ⑥15第77期名人戦順位戦C級1組第5局
30・2018年10月31日西▲村田顕弘六段31(C級1組15位)    41第90期hulic杯棋聖戦予選へ組準決勝
31・2018年10月31日西▲今泉健司四段(C級2組5位)      42第90期hulic杯棋聖戦予選へ組決勝
32・2018年11月20日東▽増田康宏六段20(C級1組33位)     ⑥16第77期名人戦順位戦C級1組第6局
33・2018年11月23日西▽斎藤慎太郎七段25(B級1組10位)  ③20第4期叡王戦本戦トーナメント1回戦
 今期6敗目! 通算116対局 98勝18敗 勝率84.48%!今期先手番12局 後手番なんと21局!
34・2018年12月18日 門倉啓太五段30(C級1組25位)   ⑥17第77期名人戦順位戦C級1組第7局◎
35・2018年12月~     大石直嗣七段28(B級2組17位)    ③21第90期hulic杯棋聖戦2次予選2回戦◎
36・2018年12月~ 既に決定(2019年1月8日放映まで非公開) 43第27期銀河戦本戦E組5回戦◎
37・2018年12月~   阿部健治郎七段29(C級1組8位)      44第27期銀河戦本戦E組6回戦◎

【2018年度対局確定予定】

38・2018年12月~1月  村田智弘六段37(C級2組29位)   ⑤25第32期竜王戦4組ランキング戦1回戦◎
第32期竜王戦4組予選村田智弘六段

39・2019年01月08日 富岡英作八段53(C級1組35位)    ⑥18第77期名人戦順位戦C級1組第8局◎
富岡英作八段初対局!
勝つと順位戦デビュー以来連勝記録タイの18連勝!順位戦連勝記録26連勝まで8勝!
今期39戦33勝6敗勝率84.62%!八段昇段まで163勝へ!

40・2019年01月xx日  未定                      45第12期朝日杯本戦1回戦(シード)
2回勝てば来年も本戦シード!負けても2次予選シードです!勝てば同日2回戦!
ここまで、8割以上の勝率で勝ってもやっと40対局!
勝率の悪い年長・高段位のプロ棋士って稼ぐのは大変なんですね!
41・2019年02月05日 近藤誠也五段21(C級1組6位)    ⑥19第77期名人戦順位戦C級1組第9局◎
近藤誠也五段213度目!全勝同士の直接対決になるのか?勝てば昇級確定か?
42・2019年01月~2月  未定                    ④15第45期棋王戦第一次予選1回戦
43・2019年02月xx日   未定                   ③22第68期王将戦第一次予選1回戦
王将戦が3時間棋戦の勝率が悪い最大要因!是非とも来期2次予選まで勝ち上がってほしいですね!
44・2019年03月05日 都成竜馬五段28(C級1組32位) ⑥20第77期名人戦順位戦C級1組第10局◎
都成竜馬5段28 3045度目の対局!負ければ被害者の会会長に!
10戦全勝なら無条件でB級2組に昇級!順位戦連勝記録更新もやってほしいですね!
それにしても今年のC級1組昇級者3人同士(藤井・増田・都成)で星の潰し遭いをさせるとは非情じゃの~!
ここまで全勝なら2度目の29連勝!さすがにそれは有り得ないでしょうけど・・・・・・
藤井六段は現在の確定42対局からあと何局増やしてくれるんでしょう!タイトル初挑戦は叶うでしょうか?

【勝上がり対局予定】******今期公式戦10棋戦(名人戦除く) 将棋連盟順***今期残り6棋戦
第32期竜王戦 羽生竜王⇒?
 (ランキング戦12月~6月・タイトル戦10月~12月)   
45・2019年01月~  阪口悟六段40or畠山成幸八段49    ⑤26第32期4組ランキング戦1回戦
第32期竜王戦4組予選
阪口悟六段(C級1組39位)畠山成幸49 193(B級2組13位)
第31期竜王戦は増田六段との挑戦者決定トーナメント2回戦で敗退!

2期連続昇級ですが、5期連続昇級は4人(佐藤康光・鈴木大介・橋本崇載・佐藤天彦)!
でも、3期連続優勝は2人(木村一基・永瀬拓矢)の2名だけ!
4期連続優勝、いや5期連続優勝・昇級の偉業を期待しましょう!

第4期叡王戦 高見叡王
 (段位別予選6月~10月・本戦T11月~タイトル戦3月~5月)  

第4期叡王戦本戦トーナメント1回戦で斎藤慎太郎七段に敗退!第5期叡王戦七段戦は来期8月から!

第60期王位戦 豊島王位  (予選戦8月~12月・決勝リーグ1月~5月・タイトル戦7月~8月)  
予選7組2回戦(初戦)で山崎隆之八段に敗れる!第61期は来期8月から

第67期王座戦 中村王座⇒斉藤王座 (予選戦8月~3月・本戦T4月~7月・タイトル戦9月~10月)
第67期は挑戦者決定トーナメント・シード(翌期)なので今期予選免除で対局予定なし!
第66期は、挑戦者決定トーナメント準決勝で斉藤七段に敗れる!

第45期棋王戦 渡辺棋王 ⇒  (予選戦1月~5月・本戦T6月~1月・タイトル戦2月~3月)
46・2019年03月xx日  未定                 ④16第45期棋王戦第一次予選2回戦
第44期棋王戦は挑戦者決定本戦トーナメント2回戦で菅井王位に敗れる!

第70期王将戦 久保王将 ⇒  (
予選戦1月~9月・挑決T10月~11月・タイトル戦1月~3月)
47・2019年03月xx日  未定                  ③23第70期王将戦第一次予選2回戦
第69期王将戦は予選7組3回戦で井上慶太九段に敗れる!
賞金額が最低になってる王将戦ですが、スポンサーが現れても良いのでは

第90期ヒューリック杯棋聖戦 豊島棋聖
 (予選戦6月~1月・挑決T2月~5月・タイトル戦6月~7月)
48・2019年1月~ 久保王将か斉藤王座             ③24第90期hulic杯棋聖戦2次予選決勝△
第90期ヒューリック杯棋聖戦2次予選へ組2
久保利明王将 斎藤慎太郎七段 いずれもタイトル保持者!
斉藤王座とは今期3回目!勝てば2月から本戦トーナメント!
勝ち上がれば・・・・
49・2019年2月~3月   未定                    ④17第90期hulic杯棋聖戦本戦T1回戦
初タイトル挑戦なるか?

第12期朝日杯オープン戦 前期優勝者・藤井聡太七段
50・2019年01月xx日  未定(予選免除・本戦シード)      46第12期朝日杯本戦2回戦〇

51・2019年02月xx日  未定(予選免除・本戦シード)      47第12期朝日杯本戦準決勝〇
52・2019年02月xx日  未定(予選免除・本戦シード)      48第12期朝日杯本戦決勝〇

第27期銀河戦 佐藤天彦銀河
53・2019年01月~ 近藤誠也五段21(C級1組6位)       49第27期銀河戦本戦E組7回戦◎4月放映
銀河戦E組10月近藤誠也五段21
同じ月に順位戦と2回対局!4度目!負ければ被害者の会副会長に!
7回戦で勝てば、同日続けて・・・・・
54・2019年01月~ 畠山鎮七段49(B級1組13位)       50第27期銀河戦本戦E組8回戦◎5月放映
畠山鎮七段藤井七段との対戦後、順位戦5連敗!やはりショックが大き過ぎたのか?
勝って4連勝なら・・・以後負けても最多勝ち抜き者で決勝トーナメント進出じゃ!(笑)
でも2回戦で負けた昨年のリベンジしなくちゃね!
勝てば今期中に8回戦収録になるかも・・・・・

55・2019年03月~ 行方尚史八段44(B級1組2位)      50第28期銀河戦本戦E組8回戦〇6月放映
行方尚史八段
勝ち上がって、決勝戦で豊島2冠にリベンジしてほしいですね!

第68回NHK杯  前期優勝者 山崎隆之八段

今泉健司四段に、よもやの本戦1回戦敗け!一度勝っただけなのに完全に舐められてましたがリベンジ!
成績優秀者より公式棋戦優勝者が先なので、2月の朝日杯優勝により第69回も本戦シードになります!
次の第69回本戦は翌期4月から・・・今期対局なし!
 
第49期新人王戦  優勝者・藤井聡太七段
最後の新人王戦で見事優勝!名人への登竜門を制覇しました!
1970年のスタート以後、名人で新人王を取れなかったのは、谷川浩司、佐藤康光(2位1回)の2名だけ!
その2名が共に将棋連盟会長の座に就いてるけど・・・第一関門突破!

前期は73対局でしたが、今期はスピード昇段が仇となって加古川清流戦&上州YAMADA杯の資格喪失、王座戦と朝日杯の予選免除、NHK杯&王位戦での初戦敗退が響いて約20対局も激減しちゃった!
昇段の遅れた大橋四段が、加古川清流戦&上州YAMADA杯を奪取して全棋戦優勝のチャンスを掴んだのとは対照的ですね!
今期はこれから全勝しても55対局程度となります!
資格喪失は、前期2回戦敗退の
銀河戦で勝ち上がればカバー出来ますがシードが増えてくると・・・・タイトル戦に出場しないと対局数が減り過ぎちゃいますね!(苦笑)
ま~その分高校生活を満喫出来る訳で宜しいんじゃないでしょうか!タイトル戦は体力も必要ですし!
来期は是が非でもタイトル戦まで勝ち上がって対局数を増やしてほしいものです!(笑)
七段はB級1組相当の実力ですが、B1相手に3連敗じゃ~ちょっと早過ぎた感がありますね!
やはり六段B級2組が現在の実力かも!
しかし、勝数で昇段した棋士は問題とせず、負ける相手がB級1組以上の在籍&稀に在籍経験者となるのも時間の問題でしょう!(笑)

七段まではとんとん拍子で昇段出来ましたが、
八段昇段は竜王取らないと簡単ではありませんでした!
しかし、平成30年6月1日から昇段規定が改正され
タイトル2期獲得で八段に昇進出来る事になりました!
2018年のタイトル戦は全て敗退しましたが、来年には藤井聡太八段誕生か!九段に成っちゃったりして!
九段になってもA級順位戦で1位にならないと名人挑戦は無理だけど!


【昇段規定】  予想は1月~12月の西暦!4月~翌年3月の年度なら王将・棋王がプラス!
九段竜王位2期獲得⇒最短で2020
名人位1期獲得⇒最短で2022
タイトル3期獲得⇒最短で2019=竜王・叡王・棋聖・王座!毎年可能!
八段昇段後公式戦250勝
八段竜王位1期獲得←最短2019!毎期可能!
順位戦A級昇級←最短で3年後!C1(2018)⇒B2(2019)⇒B1(2020)⇒A(2021)⇒名人挑戦(2022)
七段昇段後公式戦190勝
←最短で4年目後半2018⇒2019⇒2020⇒2021!(50勝~x4年未満)
タイトル2期獲得(平成30年6月1日改正)⇒最短2019=竜王・
叡王・棋聖・王座!毎年度可能!

七段竜王挑戦
竜王戦1組昇級

六段昇段後竜王ランキング戦連続昇級または通算3回優勝←2018年5月18日史上最年少七段達成!
順位戦B級1組昇級
タイトル1期獲得
六段昇段後全棋士参加棋戦優勝⇒NHK杯・銀河戦・朝日杯
六段昇段後公式戦150勝
六段竜王戦2組昇級
五段昇段後竜王ランキング戦連続2回昇級又は通算3回優勝
順位戦B級2組昇級
五段昇段後タイトル挑戦
五段昇段後全棋士参加棋戦優勝←2018年2月17日朝日杯優勝で史上最年少六段達成!

五段昇段後公式戦120勝
五段竜王ランキング戦連続2回昇級または通算3回優勝
順位戦C級1組昇級←2018年2月1日五段昇段達成!
タイトル挑戦
全棋士参加棋戦優勝
公式戦100勝