素晴らしきかな日本人 by 小早川俊一

御覧戴いてありがとうございます。2010年3月著名人・CM以外のブロガーを締め出した”イザ・ブログ”からあちこちテスト投稿後、過去のイザ・ブログ原稿と一緒にライブドア・ブログに移行しました。名も無きブロガーの悲哀ですね(笑)2013年は20年毎に行われる、お伊勢さまの第62回式年遷宮!これからの20年は弱者優先だった”米の座”から"働かない者食うべからず"の”金の座”に”ご遷移”されましたので[才覚次第で大金持ちになれる]チャンスに溢れる激動の弱肉強食の時代となる筈です! 人類史上[誰でも何でも平等]なんて国家が繁栄した事はなく、官庁.学校.企業も解雇も出来ず努力もしない低レベルの輩が大手を振ってのさばってる日本に明るい未来はあるのでしょうか?もっと競争原理を容認し”ジャパン・ドリーム”が実現する社会にしてほしいものです!

GT-R

売れない日産!前途は多難!GT-Rを”狼の皮をかぶった狼”した怨念じゃ~

車を大きくして排気量も上げ高価格にして収益を上げようとみんなで渡れば怖くないとばかり多くの自動車メーカーが血眼になっていた先頭集団にいた日産!

 

ハイブリッドもディーゼルも大排気量=高く儲けられる大型車向けばかり研究してたんだから明らかにゴーんさんの失政!

 日産の役員報酬平均2億5千万円!その数倍を貰っていながら責任は自分の所為では無いってさ!一説には月1億円!)

高すぎる役員報酬に批判続出!自分の報酬だけはグローバル!これじゃますます売れない日産車!

 

でもさすがラテン民族、自分の非は認めず他人の所為にして高額な役員報酬を貰って優雅なバカンスすごすんでしょうね~ゴ~ンさんは!

 

7年どころかもう駄目なんじゃないかな~ゴ~ン!と諸行無常の鐘の音!ゴ~ン(大笑い)goneになっちゃう日も近いかも?

EV復旧まで早くて3年!ま~5年はかかるよね?その間どうするの?

 

日産はオースチン・ミニが出た時の衝撃を忘れてる!今の軽自動車が全長3.4m全幅1.48m高さ2m以内だけど

ミニ(MINI)全長3.05m全幅1.41m全高1.35だった!

この中に大人4人が乗れた!今度のGT-Rはでかい図体なのに大人4人が乗れないとは情けない!設計者のポリシーの違いだね!

(日本の軽自動車は3mx1.3m→3.2mx1.4m=ミニと同じサイズ→3.3mx1.4m→3.3mx1.48m→3.4mx1.48m今の軽自動車は初代ミニよりワンサイズ大きい!)

 

当時のイギリスも車が大型化しすぎて庶民の足になるジャストサイズがなかった!(フランスには有名なシトロエン2CVがあった、ドイツにはご存知VW、ミニ(MINI)のサイズより大きい日本の軽自動車はまさにVW並みの国民車なんですぞ!)

 

一方の大政奉還なったトヨタ!プリウス絶好調の金屏風の前で明るい未来を感じさせる日本車の原点小型車重視を表明!

←バカンスよりレース?自動車大好き人間をアピール中の章男社長! 

トヨタのiQのサイズはご存知?全長2.995m全幅1.68m全高1.46m

タイヤを小さくして幅を狭めればまさに初代ミニの復活版!というかiQはミニを超えたミニ”なのですよ。

トヨタはそこまで言わなかったけどね!イギリスを刺激しちゃうから!

トヨタの原点を見据えた小型車重視はiQ開発時点で既に始まっていたって事です!石油価格暴騰の保険掛けてたことにもなる!

それに引き換え日産は大きいことは好い事だ!路線一点張りだったんだから、今はどん底に喘ぐのも仕方ないのです!

 

日産VSトヨタ 

どちらが勝つかなんて次元は遠い過去の話に!

 

とにかく日産は販売姿勢を直さないと日本じゃ売れっこないですよ!

フーガなんて車は華奢なイメージが災いして、系列以外の法人には見向きもされずクラウンの一人勝ち!

ブルーバードは鳴かず飛ばず!シーマも燃費が悪く売れない!

KUBEも改悪、初代の方がデザイン優秀!

GT-Rもフェラーリ並みの高額なメンテ費用にそっぽを向かれ売り上げは1日1台=月30台!

サーキットは走ったら高額な点検受けないと補償しないとは馬っ鹿じゃないの!狭い峠じ走るには車幅がでか過ぎ!日本じゃサーキット以外今のGT-Rの性能を発揮できる場所が無いのに!保障も確か5万kmだったかな~(ケチってる=耐久性が無いのでしょうね)

最初っから今度のGT-Rの2+2化は間違いだって言ってるのに絶賛する自動車評論家諸氏!

他の車に全くフィードバック出来ない独りよがりみたいな車(今度のGT-R)作っているのに喜んでるだからどちらもお里がしれるよね~(苦笑)

 

一方のトヨタは一歩一歩着々と一般車向けにフードバックできる開発に邁進してる差はどこから来るんでしょうね~

 

まるで蟻とキリギリスの物語!ゴーんさん知ってる?日本市場を無視し、儲ける夢ばかり追ってたから激変に見舞われた時どうにもならないのです!今後の業績悪化は明らかに貴方の責任!

直6スカイラインGT-R=プリンス自動車(テストコースも工場も全て売却)の怨念じゃ~!

 

ポルシェがGTーRを!(笑)日産GTーRは4人乗りから2人乗りだちゅうに!

ポルシェの公道レーシングカー904に、旧プリンス技術部が1500ccスカイライン・4ドアセダンを改造し無理矢理2000cc直列6気筒を載せウエーバー気化器を装着して挑んだ日本グランプリ!

 

以来、打倒ポルシェを合言葉に進化してきたスカイラインGT-R!

 

2000GTなりR308のレーシングエンジンのデチューン版を載せた時から伝説が始まったGT-R!

 

初代以来、クーペスタイルとなっても、市販車をベースに大人4人がクルージング出来る格安高性能GTとして日本に君臨したスカイラインGT-Rも消滅!                                          ↑ 名車R32型スカイラインGT-R

 

 R33型では40周年記念として、貴重な4ドアモデルも発売された!

今では、スカイライン=覆面パトカー!人気が無いのもこの影響?(笑)

ライバル・ポルシェデザインがデザインしたXVLを スカイラインとして市販化したV35型

 

フェアレデイと同じプラットホームを使った名前だけ同じ別物のクーペ

強力エンジンを載せず、レースにも出られないくせに金に物を言わせて自己満足の為に造られた全く化け物となった”現在のニッサンGT-R

 

シェルエットGT-Rはツインターボじゃ燃費悪くてレースではV8自然吸気型!このエンジンをデチューンしてGTーRに載せるのが筋ってもんだよ!

レースにも出ない・出さないのにセラミックブレーキロータなんて必要全く無い!今の二ッサンは儲け優先で筋なし!

 

レース場で走ったら保証外!ただしすぐデーラーで整備受ければ保証継続とは、まるで水戸黄門の悪代官そのもの!”お主もワルじゃの~”(大笑い)

専用スタッフなんて置くから法外のメンテ費用が掛かる!他のチューン屋さんに行かれたら要員維持出来ないからね!

 

GT-R買った人が全員デーラー以外ででメンテしちゃえば今の馬鹿げた保証制度も廃され、法外な維持費用も半分になるよ!

 

しかし、なんとポルシェ4人乗りGT”パナメーラ”を発売!しかもV81374万円

同じポルシェデザイン!スカイラインV35に似てるよね!

 

これより価格の高いレースで勝てないVスペック出して喜ぶ日産!ばっかじゃない?もはや誰がGT-Rなんか買うかって!

 

同じ価格なら絶対ポルシェ初の4ドアGT”パナメーラ”!を買う!

 

どちらがスカイラインGT-Rの後継者かと言ったら、4人乗れる”パナメーラ”!

 

これでパナメーラ”がレースに出て勝ったら、それこそ本末転倒だ!(大笑い)

レース用ベースマシンでも無く、金に糸目をつけない設計者の玩具!

いい車を作りたいからと、べらぼうな金額でセレブ専用車にした水野氏!

彼は高給取りなんですね!

こんな庶民感覚ゼロの男に設計を任せたゴーンさんも立派ですよね、年収数億円ですから!ポケット・マネーで買える安い車!(大笑い)

GT-Rはスポーツカーじゃなく、あくまで4人乗りの乗用車がベースだったから安く造れたし、使い勝手も良かったのです。

乗用車なのに、チューンすればなんとポルシェと張り合えるまでになったんだから!

 

金に糸目をつけず居住性を無視していいなら、誰だってこんな車造ってみたいよね!

そもそもGT-Rはレースに出られるベースマシンとしても存在感があった!

←専用ボデイにして設計者の自己満足だけの車となったGT-R!日本じゃ宝の持ち腐れ!ダミーインテークスペックVでは使用したのかな

 

今のGT-Rは重すぎてそのままレースに出られない!トラクションロスも大きくツインターボの燃費も最悪!実際のレースマシンGT500のシェルエットだって燃費の良いタイムラグが無い5リッターNA!(大笑い)

 

口惜しかったら、このツインターボエンジン積んでレースで勝って見せなさい!

GT-RのV6ターボエンジンじゃレースには出られないんですよ!燃費が悪すぎて(大笑い)!

 そんなまがい物よく売るよ!ダミーインテークなのに大はしゃぎしてGT-R褒めちぎる自動車車評論家諸氏も諸氏だけど!所詮そのレベルなんだよね!

 

全開じゃ2kmがやっとの最悪燃費の車を得意になってる水野氏!

ポルシェと張り合う事自体大間違い!フェラーリやポルシェの半分で買えます?BMWM3の半値以下じゃなきゃ!馬鹿やってんじゃねーよ!

レースに出せるベース車に仕上げてから自慢しろ!

 

今度のスペックVなんて、彼の自己満足する為のオモチャです

 

GT-Rを庶民から奪い去った水野氏の所業は万死に値する!

 

三菱自動車が1983年以来参戦していたダカール・ラリーから撤退の悲報も!

日産がラリーから撤退した後を受け、25年以上も日本車の耐久性PRのお役目ご苦労様でした!

先月の販売台数も激減したので、やむをえないでしょうね!

三菱自動車は、技術は良いんだけど、海軍の要望で防弾装備も与えられず最後はアメリカ戦闘機との戦いで急降下攻撃の餌食となった悲劇の零戦を彷彿させられますね!

 

ケバイ顔に変身したフィットでは当然でしょ!

アメリカ市場優先の国産車メーカーの中で、このジャンルが唯一の小型車枠になりそうな日本市場!

ちょうどシルビアと同じで丸みを帯びた端正なバランスの好いデザインから、ケバク成ったフィット!ケバク成ったシルビアは生産中止の運命に!
シルビアみたいなジャンルとは違うので、生産中止にはなりませんが、ポルシェやワーゲンみたいに、当分同じ外観でも良かったんじゃないかなー?熟成すれば名車の誉れ高い車になる前型でしたが!新型の高速での直進安定性には、?が!
ハンドリングの基本は直進安定性!ベンツ!BMW等ドイツ車は超高速で走りますから基本が出来てて運転が楽です。

前型の方が、今でも、サイズも外観のデザインも、全然良いと思ってますが、新しいコンセプトも無く初心者には改悪同然のハンドリングなのに何故かカーオブザイヤーに!

でかくして広くして燃費良くして価格据え置き!確かに悪くないでしょう!が、ハンドルの切れが良くても直進安定性に?が付く車が、なんで選ばれたのか不思議だとは思いませんか?
日本の国情にジャストフィットが、コンセプトだったんじゃないの?

私なら大きくしただけで””です。たかが2-3センチですがまだまだ狭い路地が多い日本では、重要なファクターなのが!アメリカばかり気にする本田さんには理解出来ないらしい。高速走らないセカンドタウンカー向けならでか過ぎ!

一生懸命軽量化し、ダウンサイジングしたマツダのデミオを選ぶのが本筋ですよね!

一般論では、前輪駆動車は、カーブでブレーキ踏む(駆動力を失う)と内側に切れ込み易く(タックイン)思った以上にハンドルが切れるので、オーバースピードでカーブに入り、ブレーキ踏みながらハンドル切りすぎて中央分離帯にぶつかる事故が後を絶ちません!逆に後輪駆動はブレーキ踏む(駆動力を失う)と外側に出ようとするので、ブレーキのタイミング間違うと外側のガードレールに!今では、サスが進歩したので、極端に癖のある車はありませんが。
中型トラック運転してるベテランさんが、前輪駆動車で事故るって結構多いらしいけど、駆動輪によって運転は若干違うのを、咄嗟のときに忘れちゃう所為かも!
シトロエンみたいに半世紀も前輪駆動こなしていれば、絶妙なハンドリングになるけどね(苦笑)
新型はプロ好みでハンドリング切れが良くなったけど、素人さんにはヤバクないかなー(心配!)

アメリカ市場優先で、国内市場を無視してアメリカ向けに合わせるべく!車を大きく!大排気量化して!高価格で!売りたがってる国内メーカのお手伝いをしてるのはいったい誰なの!コンパクトが売りだった国産メーカーのアドバンテージを捨てさせてるんですよ!

GT-Rの批評だって、辛らつな事言ってる自動車ジャーナリストはほんの僅か!
メーカーさんに睨まれたく無いのは判るけど、サーキットでレースやるんじゃないグランツーリスモとしては、まだまだ未完成ですよ!長距離運転が快適じゃなければGTとは言えないのにね!
大体、日本市場相手にしていたら、オイルクーラーを国内販売の運転席側!右側なんて付けません!
アメリカ向け左ハンドルが基本になってるから右側に付けてる事位判ってるのに誰も言わずに絶賛中!こんな評論家達が本当にカーオブザイヤーの審査出来るのか、大いに疑問持ちませんか?

スペックVの足回り(オイルクーラーも右だったっら左に移して)いじくれば、究極のロードカーになるから、買うならこちらのイギリス仕様(右ハンドルなら)だね!リミッターも無いし!もっとも買える金も無いけど(大笑い)

ニッサンさんも面倒くさがらずにGT-Rのオイルクーラー国内仕様にして頂戴!それとも左ハンドルは左側にオイルクーラー移すの?だったら謝ります!
GT-Rのボンネットのステーも大衆車並みの立てかける手動の安物!しかも締りが悪くボンネットの精度がいまいち!ジャッキも貧弱で、同じく大衆車並み!軽量化の為だなんて詭弁だよ!盗難防止に何十万取るのに!今のGT-Rなんて手抜きした安普請の成金趣味でしょうが!
この次のGT-Rは、ボンネットステーもちゃんと成って、もっとしなやかな足回りになるだろうから、マイナーチェンジ後に、カーオブザイヤー取っても不思議とは思いませんが!

新型フィットの高速での直進安定性はあまり良くないのに、本当に試乗して採点したんだろうか?ちょっと乗ってスタイルや内装だけで採点したんじゃ、車に詳しい人達には笑われちゃうよねー(大笑い、大苦笑)
フィット買った人は悔やんでるんだろうね!高速道の試乗なんてやらずに評論家を信用して買った人多いだろうから!
フィットに批判的記事が載って、本当に良かった!自動車ジャーナリスト諸君には鉄拳に値する記事です!

日本のマスコミも、まだまだ捨てたもんじゃないな!(うれし涙!)
QRコード
QRコード
プロフィール

kobayakawashunichi

カテゴリー
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ