日銀が毎月国債を買い入れれば、国内に向け先の無い金が外債購入に行くしか無い!

 

となれば・・・・・・・

 

日銀が邦銀の所有国債を買い入れる⇒売った金で邦銀が外債を買う⇒円売り=ドル買い)と同じ効果で円安になる⇒邦銀の買い入れた外債価値も増加する⇒筈だった!相手が金が無ければね!(笑)

 

ところが豊富な資金を持つ投資ファンドが円高に振ると、邦銀のトレーダーは利益確定の為に早めに手持ち外債を売る⇒円買い=ドル売り)になって円高に振れる⇒狼狽売りで益々円高になるって訳!円高になると株も下がるので日本株を格安で仕込める!

日本の週刊誌も”今がピーク=売り時だ”なんて側面援助して箪笥株を売らせてるしね!

 

目先の短期的な利益を追い求める若いトレーダー任せじゃ国家的戦略も絵に描いた餅なのです!(大爆笑)

 

何回か書いてるけど、完全に手の内を読まれてるんだもの、日本のトレーダーは後手後手を踏まされるって寸法さ!(大苦笑)

 

つまり莫大な資金量で逆張りすれば赤子の手を捻る様なもんだから自由自在に相場を操れるって事なのです。

 

逆の言い方すれば、アメリカや他の国が金融緩和を縮小した方が、為替相場の主導権を握れるんですがね!(大爆笑)

 

黒田総裁もやっと相手の出方や資金量が判ったんじゃないのかな~(大苦笑)

 

投資ファンドの資金量を過小評価してたんでしょうんね!

 

とにかくバブル時から、日本の1200兆円にも上る個人資産を巻き上げようと、あの手この手を尽くしても一向に聡明な日本人から巻き上げ出来なかったんだから、今回の為替と株の乱上下なんて好機を最大限に活用して美味い話を持ち込んで来ると身構えるべきなのです!

 

そんな訳で、毎回書いてますが、時間を掛けて大相場にしないなんて有り得ないのでやんす!

必ず大相場になるんでやんす!大暴落になるなんて記事に惑わされて安値で売った人は来年の今頃笑ってるのか?残念がっているのか?

 

参議院選挙中に株価が1万4千円付近になったら、シナリオ通りってことなのですが・・・・・

 

週刊誌の言ってることは、東海・東南海・南海大地震と一緒で間違いではありません!時期が特定出来ないだけ!(大爆笑)

 

とにかく日本人と違って、株も国債も下げて儲ける為に買う人達が大多数だって事をお忘れなく!

 

東海・東南海・南海大地震(M9)なんて15年間は絶対起きませんよ!地震が起きても2クラス(M7)以下!

株の大暴落も起きるのは1万8千円を超えてから!

 

でも榊原大先生の強気の上昇予測は外れるから十分ご注意下さい!今は大人しいけど・・・・・・・