弱者優先は結構ですが、事故を起こしたら採用時に知らされなかった雇い主に賠償責任を負わせてるのは片手落ちですよ!
評論家諸氏はすぐ差別だなんて言ってるけど自分がリスク背負うわけじゃないじゃん!(大苦笑)

癲癇患者は薬を飲んでいれば通常の生活を送れると言われています。雇用主が雇用前に知っていれば、薬の飲み忘れチェックも出来るし、常時運転させない業務に就かせる事も出来ますが・・・
配達業務で雇ったのに、雇用してから癲癇持ちだって判ったって、中小企業じゃ他の業務に回したくたって余裕もないし、といって解雇も出来ない日本なんだぜ!

人身事故原因は常備薬を飲み忘れたからといって、雇用主に巨額の賠償を負わせる判決を出して置きながら、開示を制限するのは大間違いだと思いますよ!

とにかく厚生労働省は無責任過ぎますよ!厚生年金で建てた保養所は赤字を垂れ流し、赤字だからってタダみたいな金額で払い下げちゃうし、年金は詐欺みたいな事やってたのに社会保険庁の所為にして自分達は知らん顔!年金の運用失敗で処分された官僚はいましたっけ?

告知しないで雇わせるなら、彼らが起こした事故の雇用主賠償責任は免除すべきです!なにせ通勤時の事故も雇用主の責任とされる時代なんだから・・・・・

鹿沼・京都の大人身事故で、雇用主が「てんかん」患者に神経質になるのは当たり前!
単に開示禁止を通知するだけじゃ、雇用主にリスクを押し付けるだけじゃんか!
私は福岡労働局の英断を支持しますね!事故リスクの軽減に寄与するのは間違いないんだから・・・・
癲癇患者を運転業務に就かせるのは、やはりリスクが高すぎます。何人かの部署なら発作が起きた時にでも助ける事も出来るのですから、就職時の開示は本人の為でもある訳で・・・・

とにかく、告知で就職が不利になると言うなら開示禁止をするより、厚生労働省は、賠償リスクを負う雇用主に対して何らかの減免措置を法務省と協議しろよ!
弱者優先過ぎるから医療費も増え続けちゃうし、不正も横行してるんじゃないの?
生活保護費も多過ぎるし、社会保険庁同様厚生労働省は一旦解体した方が日本の為かも!