1月~5月は23戦21勝2敗、勝率91.30%と圧倒的強さを発揮してた藤井聡太七段ですが
七段昇段後の6月~8月は13戦10勝3敗・勝率76.92%となっちゃいました!

2018年07月28日関西将棋会館で、
八代弥六段(C級2組19位)24と3時間棋戦の第49期新人王戦2回戦が
八代弥六段23 第49期新人王戦20180531
行われました!八代弥六段23は前々年度朝日杯優勝の短時間棋戦強者!
持ち時間3時間の棋戦は通算14戦9勝5敗勝率64.29%、唯一苦手な時間の対局なのが心配!
しかも4回連続の後手番!それにしても後手番が16戦中12戦とは・・・・・

大激戦の末132手で勝つには勝ったけど、1分将棋に救われた薄氷の勝利!まだ体調が悪そう!
近藤誠也五段との準々決勝になんとか進出しました!決勝戦は10月!
苦手の3時間棋戦の勝率もやっと66.67%になりました!早く70%台に乗せなきゃ!

勝って  通算99戦84勝15敗 勝率84.85%へ!確定対局数【33】に!
       今期16戦13勝3敗勝率81.25%!勝率ランキング5位浮上!八段昇段まで182勝!

2018年07月31日に東京将棋会館で西尾明六段38(C級1組19位)と第77期名人戦順位戦C級1組第3局◎
西尾明六段38 248
初対局!デビュー以来100戦目!久しさぶりの先手番!

通算100戦目をハラハラさせながらも、実は優勢のまま75手で勝って順位戦13連勝!今期全勝継続中!
C級1組の全勝は3回戦終わった段階で、僅か6人に!
第76期名人戦C級1組20180731△はC級1組トップ10+増田六段 

4連勝となって今期17戦14勝3敗勝率82.35%!八段昇段まで181勝!

デビュー100戦の勝率85勝15敗で85.00%!中原名人と並んで歴代1位を達成!
これでも10月1日デビューの所為で最速とはならず、僅か2日後れの1年9ヶ月30日で歴代2位!(苦笑)
王将戦・銀河戦・新人王戦等の敗退も響いてますね!

しかし、五段のままで加古川戦・上州YANADA杯を取って銀河戦を勝ち上がれば今頃は通算100勝だった!
最年少通算100勝まで残り15勝!

2018年8月11日東京将棋会館で、木下浩一七段50(フリークラス)と第4期叡王戦七段戦Cブロック2回戦
第四期叡王戦7-20180811gif1木下浩一七段
叡王戦はC級2組の高見泰地六段がタイトル戦4連勝で初タイトルで叡王(2500万円)を獲得し七段昇段!
主催したドワンゴも想定外の結果となったようですが・・・・予選は持ち時間1時間!
PM7時から開始!夜型に勝機あり!先手番!!得意の飛車切りで63手の圧勝!

勝って・・・・5連勝!今期18戦15勝3敗勝率83.33%!八段昇段まで180勝!今期確定対局数【34】に!
       最速・最年少通算100勝まで残り14勝!

8月11日現在 
        持ち時間5時間以上の対局の通算勝率37戦34勝3(佐々木・増田・斉藤)
=91.89%!
        持ち時間4時間以上の対局の通算勝率49戦45勝4敗(上記+大橋)
=91.84%!
        持ち時間4時間の対局の通算勝率12戦11勝1敗91.67%!
              
(千日手で持ち時間3時間となった④棋王戦の豊島対局を除く)
    持ち時間3時間の対局の
通算勝率15戦10勝5敗(佐々木大・菅井・豊島・深浦・井上)=66.67%!
        
持ち時間1時間以内の対局の通算勝率37戦31勝6敗=83.78%
        後手番=通算56戦46勝10敗、勝率82.14%!
        先手番=通算45戦40勝5敗(横歩取り3敗・逆転負け2敗)勝率88.89%
        先手番では、目下16連勝中!29連勝中の13勝を超えてます
でも、今期18対局で後手番12戦!先手有利の将棋で振り駒運も良くしないとタイトルは取れんぜよ!(苦笑)
前期は7月末で26対局2敗でしたが、今期は7月末までに17対局で早くも3敗
前期並みの勝率は難しくなってますね!

8月中の対局は残り2戦!連勝して15戦12勝3敗となれば、勝率80.00%となるのですが・・・・
それでも8月16日現在の勝率ランキングじゃ6位ですが・・・・
どうも梅雨の季節~残暑が苦手なんでしょうか?

現在今期18戦15勝3敗・勝率83.33%で勝率ランキング2位!
90%台になるには今後15連勝しなくちゃならない・・・・・厳しいな~!