素晴らしきかな日本人 by 小早川俊一

御覧戴いてありがとうございます。2010年3月著名人・CM以外のブロガーを締め出した”イザ・ブログ”からあちこちテスト投稿後、過去のイザ・ブログ原稿と一緒にライブドア・ブログに移行しました。名も無きブロガーの悲哀ですね(笑)2013年は20年毎に行われる、お伊勢さまの第62回式年遷宮!これからの20年は弱者優先だった”米の座”から"働かない者食うべからず"の”金の座”に”ご遷移”されましたので[才覚次第で大金持ちになれる]チャンスに溢れる激動の弱肉強食の時代となる筈です! 人類史上[誰でも何でも平等]なんて国家が繁栄した事はなく、官庁.学校.企業も解雇も出来ず努力もしない低レベルの輩が大手を振ってのさばってる日本に明るい未来はあるのでしょうか?もっと競争原理を容認し”ジャパン・ドリーム”が実現する社会にしてほしいものです!

若山照彦

【STAP】みたいな(iMuSCs)論文が【サイエンティフィック・レポーツ】に掲載される!STAP現象の再現としてネット上は大騒ぎに!【デマ】?STAP細胞の再現に一条の光明!

STAP(stimulus-triggered acquisition of pluripotency=刺激惹起性多能性獲得細胞の再現!なんて【デマ】もどきの情報がネットに拡散!STAP否定派は【デマ】扱いしたり、論文不正の問題とは別として、小保方晴子氏を許そうとはしていないようです!
しかし、本来は発想が一番重要なので、私に言わせれば論文の不正なんて末梢の類だと思いますね!
完全に捏造された大発見として、マスコミから抹殺されようと・・・いや抹殺されたSTAPですが・・
【サイエンティフィック・レポーツ】に(iMuSCs)論文が載りました!
STAP現象の再現!?!
『Characterization of an Injury Induced Population of Muscle-Derived Stem Cell-Like Cells』
 (iMuSCs)損傷誘導性による筋肉由来の幹細胞様細胞
http://www.nature.com/articles/srep17355
完全初期化された訳じゃないので、小保方晴子女史が発見したストレスによる万能細胞化する【STAP】とは似て異なる研究発表のようですが、これで【STAP】なんて有り得ないといった固定概念に懲り固まった論理は、見直されるかもしれませんね!(笑)
衆人環視の中、現象再現に挑んだ小保方晴子女史でしたが・・・噂では【STAP現象は再現出来たけどSTAP細胞にまでは至らなかった】との情報が有るとか無いとか・・・・
STAP細胞=刺激惹起性多能性獲得細胞を再現するには、マウスの世界的大家である若山 照彦教授の協力が不可欠だったんでしょ?
そもそも、小保方晴子の論文がネーチャーで掲載されたのは、若山 照彦教授との共同発見もSTAP細胞の信憑性を高めたんだから!
後のキメラマウス検証では、最初に検証すべき段階での問題が見落とし?されていた事になってしまいましたが世界的権威が初歩的間違いなんてするかって!(苦笑)
最初の記者会見から、若山氏の態度にはノーベル賞候補大発見の共同発見者にしては、満面の笑みもなく【?マーク】が最初から点滅してましたが案の定・・・・・・・
STAP騒動には、今も深~い闇が有ると思っています!
前のブログに書いたように、大本営発表のマスコミは、論文の不適切な個所を指摘された事で、一転して否定派に転じ、万が一でも確率すればノーベル賞に輝ける可能性を消滅させちゃった!(大苦笑)
くだらない事で世紀の大発見を潰す日本のマスコミの姿勢には怖さすら感じましたよ!
小沢一郎氏を社会的に誅殺したのと同じですからね!
そもそも、STAP細胞なんて、学会の常識外の大発見ですから、日本じゃ”こんな馬鹿な事が起きる筈が無い”と頑固に主張する大家がいて当然なんですね!今までも日本じゃ研究出来ないで海外で研究してる例があるんじゃないですか?
世紀の大発見になる筈の【STAP細胞】は、論文のコペや一部の間違い等の重箱の隅を突く騒動で関係無い所で完全に潰されちゃいましたが、ストレスで細胞が変化するなんてSFの世界じゃ”人間も、将来過度のストレスでミュータントが生まれる”のは古典的常識なんですから、私は少しも驚きませんでしたし、遅きにし過ぎる位だと思っていました!
STAP細胞の悲劇は、笹井副センター長が絡んでいたことで嫉妬と中傷と排除思惑の上で生まれたのでは・・・・
貧乏人根性の次元の低い・・・・輩の所為で・・・・・・(大苦笑)
STAP細胞が本当なら、理化学研究所の名声が高まり、予算も多くなり、海外にいる日本人研究者も理化学研究所で一旗上げたいと続々と日本に戻る可能性もあった!
小保方晴子女史が無名の研究家だった事も不運な事でした!
ES細胞がどの段階でマウスのリンパ球に混入したのか今も不明です。
ひょっとしたら最初から混入していた可能性だってある・・・・・・・・
今や、金の卵は医薬品!先行すれば莫大な富を手に出来る!世界中の研究所を震撼させたのに・・・・
まして、STAP細胞を助言してたのが次期理事長大本命の笹井副センター長ともなれば陰謀が画策されて当たり前の状況だった!
あと半年、いやあと3ヶ月でも、もっと入念に論文やデータを再チェックしていれば、面白半分に暴徒化したマスコミに追い詰められて笹井副センター長が命を落とす事もなかった・・・・
このSTAP騒動で、理化学研究所は自由な研究も出来にくくなったでしょうし、より成果主義が蔓延してしまったんじゃないかと危惧しています!
今、下町ロケットⅡをやってますよね!助教授の発明・発案を自分のアイデアとして発表し学会の第一人者として権力を振るう教授を世良公則が好演してます!
小泉幸太郎も、冷酷なインテリやくざ並みの役柄を怪演!実に似合ってますわな~!これって地かも!(爆笑)
それはさておき、
小説の中だけじゃないのとちゃう!自分の権威を守ろうとしてる人達が陰謀を回らすのは・・・・・
一部では【STAP細胞】再現は、デマ報道と決めつけてますが、全くのデマって訳じゃなく、”STAP細胞の再現”の後ろに”一条の光明が射した”って事なんでしょうね!
いずれにしても、STAP細胞の再現はまだまだ先!
人間も、ハルマゲドンを経て、新たな段階へと進化するのか・・・それとも古代マヤの言い伝えの様に又原始時代に戻って、やり直しを始めるんでしょうか?
コンピュータに依存し過ぎるのは危険過ぎます!今や辞書も売れず、百科事典も無用の長持つ!権利書や株券等の資産までコンピューターの中!年々極細化するCPUやGPUは超強力な電磁波に襲われたら一溜りも有りません!コンピュータを使って進化してもコンピュータが無くなった時の事も考え、スキルや記憶も書類として残すべきなのでは・・・・・
VHDのビデオデッキは無くなり、8mmビデオも無くなりつつありますが、レガシーの技術を直せる人が必要!
修理出来なくなったSONY!日本の電機メーカーがサムスンや中国の後塵を拝しているのは耐久性に差が無いことに尽きます!レガシー製品を簡単に捨て去ってはファンは造れない!
その点、STAP細胞はトライ&トライの結果生み出された謂わば人が携わるレガシーもののしかも偶然の産物だとも言えますね。
でも、意外と早い時期にSTAP細胞みたいなストレスで万能細胞を生み出す方法が発表される可能性は大いにあるかもね!(笑)

⑪STAP細胞より論文騒動に!とうとう笹井芳樹副センター長自殺にまで発展!理研改革委員会のCDB解体案が原因!?!切れる刀は脆かった?

記者会見でも、小保方嬢との下ネタを重点的に取り上げた馬鹿がいましたが、大騒ぎした日本のマスコミが、結果として次期センター長確実と言われていた理研の若きエース笹井芳樹氏自殺に追い込んだと言って過言じゃないでしょうね
まずは、お悔やみとご冥福を祈ります!
なにせ常識外、非常識なSTAP細胞ですから、疑惑が出れば否定論が大勢を占めるのは当たり前!
これじゃ福島原発直後メルトダウンしてたのに専門家は”安全だ”といってるなんて報道したのと少しも変わらないじゃんか!
所詮専門家の意見なんてそんなもんなのに!理研が
従来の師弟関係を守る旧体制派で改革委員会を設けたのも大失敗!
真っ先に笹井氏が心血を注いで造りあげたCDBを解体させようとしたんだから!


日本のマスコミは、世界中が多機能細胞で熾烈な開発競争を行っていることを理解してないんだよ!
面白可笑しく記事にして売れればいいだけの大衆迎合の低レベルな興味本位報道じゃ、プライドの高い 笹井芳樹副センター長が精神疲労を起こしても無理は有りますまい!でもこんなことじゃ自殺しません!
世界的頭脳を自殺まで追い込んで、国家的大損失を生んだのに何の責任も感じない日本のマスコミ!
小沢一郎氏の政治資金疑惑報道でも同じですが、”みんなでやれば怖くない”と寄って集って文字の暴力で社会的に葬り去るのは好い加減やめてほしいよね!

知ってて書かない癖に、何かあったら一斉に暴露するなんて!堂々と一社だけじゃ報じることも出来ない!

笹井氏を追い込む原因ともなったキメラマウスを偽物と断定して後に本物の可能性が出てきたのに知らぬ顔の半衛平を決め込んでいる若山大先生!笹井氏の自殺にもお悔やみのコメントなし!余程嫌ってたんでしょうかね!(大苦笑)
最初に若山照彦大先生がキメラマウスをチェックしてればこんな大騒動には発展しなかった!
STAP騒動の裏には、何かあるのか?
まさか”笹井氏追い落とし策”だった訳じゃないんだろうけど・・・どこか異常だもんね!

理研のエース(A)として笹井氏にとって、論文を指導しただけのSTAP騒動の所為で、自分が手塩にかけ心血を注いで育てて来た理研のCDBを理研改革委員会なる勝手な寄せ集め機関に好き勝手に解体されるなんて馬鹿げた事生んでしまったのは耐え難き屈辱ですよ
しかも岸委員長笹井氏をCDBごと理研から追放しようとしてたんでしょうが!STAP細胞がどうあれ思い入れのある理研から権力を剥奪され追い出されようとしてたんだから・・・・
CDB解体が自殺の最大原因ですよ!
若手研究者が思い切り活躍できるCDBは既存の学者先生からは目の敵!
真っ先に潰そうとした大学教授・学者共に協力したのが日本のマスコミ!
マスコミがCDBを守れと報道すれば笹井氏は自殺しなかった!
 しかし理研改革委員会の岸委員長「もし笹井さんがその延長で責任を取って理研も辞めたりしていれば、事情は随分変わっていたかな」だとさ!辞める前に自殺しちゃうのに!名誉教授なんだけど人の心は全く読めない人だわさ!
笹井氏の自殺は「理研の責任」だと他人事!
理研改革委員会自殺まで追い込んだのに気付きもしない!こりゃ老害だわ!無責任の極め(大苦笑)
要はCDB定派の権威学者で理研改革委員会を構成しちゃった! 確かにこんな委員を選んだのは理研の責任ですがね!(大苦笑)
些細(ささい)な事で笹井(ささい)氏を追い出すなんて!しゃれにもならんわ! 
笹井氏の死を乗り越えて、頑張れ小保方子!
STAP細胞を再現し、自殺まで追い込んだ理研改革委員会マスコミへの「笹井氏の恨
らせ! 
理研も笹井氏の遺産CDBを守れ! マスコミもCDBを擁護しろ!
QRコード
QRコード
プロフィール

kobayakawashunichi

カテゴリー
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ