日本で自衛隊が大事故が起きてるのに近海での演習続行なんてことやったら非難轟々ですよね!
米韓合同軍事演習「フォールイーグル」有事を想定しての演習ですから、敵に轟沈された船舶も想定して救助隊も待機してるんじゃないの?
大演習中に起きた事故!迅速な救助で名を挙げる絶好の機会なのに・・なぜ、生存可能な72時間が過ぎる18日まで、大規模な救助活動もしないで軍事演習を続けたのでしょうか?

私の貧相な発想で考え付くのは・・・薄い衝突痕(=接触痕)が有る、無しに関係なく

(1)沈没したフェリーが国籍不明の潜水艦と接触(ニヤミス?)したとの情報で大捜査網を展開したが捕まえられなかった!

(2)沈没したフェリーが潮流訓練中の米韓いずれかの潜水艦と接触(ニヤミス?)、事実を隠蔽するために軍事演習を続行!

(3)精鋭潜水部隊の救難行動を海洋警察に拒否されたので、大統領府から救難要請が来るまで演習を続行!

程度ですが・・・・・・・

韓国のマスコミは、なぜか”大きな海難事故で迅速な救助が必要な時に軍事演習が続行されたのか”について一切報道してませんし、日本のマスコミも疑問を提起してません!

事故現場の水深は40m前後?事故後、浅くて潜水艦は行動出来ないとの発表があったと思いますが事故当時は波も穏やかでしたから、潮流の強い海域での潜望鏡航行訓練するには最適の状況だったんじゃないのでしょうか?

韓国陸・海・空・三軍の統帥権を持つ最高指揮官パク・クネ大統領が海軍に緊急救助命令を出さなかったのはどうしてなんでしょうね!

有事に際しては、米韓連合司令部戦時作戦統制権を行使する事になっています。では、有事演習中の指揮権はどちらが持つのでしょうね? 慣例で有事演習中は米韓連合司令部が指揮権を握っていたのではないのか?
演習中に起きた想定外の大事故だったので、パク・クネ大統領が指揮権行使を逡巡したのかも?
最初の報道で大勢が救助されたとの情報も、軍隊投入を決断出来なっかった要因なんでしょうが・・・・
結果として、米韓連合司令部は”人命救助”より”演習”を優先したことになります!

本来は、戦時作戦統制権」の返還は2012年4月17日に行われる筈でしたが、李明博政権時に2015年12月1日へ先延ばしされていました。
まして、米韓海軍の潜水艦?が事故に絡んだとなったら、人命救助より演習優先の非難+演習時の危険性+統帥権・統制権問題が大きく取り上げられ韓国政府や米軍に取ってもデメリットしか残らないと側近が考えても不思議じゃありません!
これだけの大事故に成ってから、今更公表なんて出来ませんし・・・・・これが韓マスコミが演習との関連を無視する最大の理由なんでしょうね!

穏やかな航海中に突然起きた転覆事故!東日本大震災時に迅速な”ともだち作戦”を行った米海軍や韓国海軍の非協力的行動には合点が行きません!
パク・クネ大統領の物憂げな表情
からも単なる海難事故だとは思えないのですが・・・・
いずれにしても、4月18日まで軍事演習を続行した裏に何か隠されているのではないのでしょうか?
私が司令官だったら即時演習を中断して乗客の救助を最優先させますが・・・・・
皆様の推理は?
勿論、バラスト水が少なく、燃料も減ったので、全速力航行中の単なる操舵ミスで、なんとか保たれていたバランスが
一気に崩れ横転した可能性があるにはありますが・・・・