素晴らしきかな日本人 by 小早川俊一

御覧戴いてありがとうございます。2010年3月著名人・CM以外のブロガーを締め出した”イザ・ブログ”からあちこちテスト投稿後、過去のイザ・ブログ原稿と一緒にライブドア・ブログに移行しました。名も無きブロガーの悲哀ですね(笑)2013年は20年毎に行われる、お伊勢さまの第62回式年遷宮!これからの20年は弱者優先だった”米の座”から"働かない者食うべからず"の”金の座”に”ご遷移”されましたので[才覚次第で大金持ちになれる]チャンスに溢れる激動の弱肉強食の時代となる筈です! 人類史上[誰でも何でも平等]なんて国家が繁栄した事はなく、官庁.学校.企業も解雇も出来ず努力もしない低レベルの輩が大手を振ってのさばってる日本に明るい未来はあるのでしょうか?もっと競争原理を容認し”ジャパン・ドリーム”が実現する社会にしてほしいものです!

笹井

⑫STAP細胞より論文騒動に!小保方女史を窃盗で告発!(大苦笑)笹井副センター長失脚を狙って小保方女史の細胞に『EM細胞』を混入したのは誰だ?

今回のSTAP細胞騒動、改めて検証すると副センター長で将来のセンター長候補だった笹井芳樹氏を追い落とす為に仕組まれた陰謀の気がしてきましたね!
世界中が凌ぎを削る最先端医療部門で潤沢な資金と環境を持った理化学研究所を壊滅状態にさせた大騒動!いち研究員が恣意的に起こした事件としては代償が大き過ぎます!
又、彼女が恣意的に世界的大発見の実績を偽造する必要性があったとは思えませんが・・・・・・
再実験の結論は微量のEM細胞が起爆剤としてSTAP細胞を生み出したってことでしょ!
論文発表前にSTAP細胞を徹底的に分析する時間は有ったし、それこそ誰かが恣意的にわざと行わなかったとしか思えないのですが・・・・・・・
笹井副センター長の秘蔵っ子扱いされていた客員研究員の小保方女史!
なにせSTAP細胞は天地驚愕の新理論!万が一、本当ならノーベル賞ものです!
小保方女史に専用研究室を与えていたら起きなかった騒動でした!
結論通り、EM細胞が混入した結果の研究成果だとしたら・・・・・何も知らずに研究に没頭していた小保方女史が用意した実験中のサンプルにEM細胞を混入させ、あたかも新発見だと後押しした人物が犯人なんでしょうね!
犯人はEM細胞に相当詳しい研究者って事?
小保方女史は、成果が出る前にネイチャーに投稿してケチョンケチョンにこき下ろされてますから誰かに相談もしたり原稿も見せている筈ですし・・・・・・
 
STAP細胞の発見自体、小保方本人自身、【びっくり】していたんですから・・・・・・・・・

まさか笹井氏が自殺するとは思わなかったでしょうから、自責の念囚われてるでしょうね、真犯人は!
それとも、想定外の大成果に大喜びしているのでしょうか?
 
それとも、笹井氏を自殺に追い込んだ真犯人は、流される情報に踊って興味本位で追いかけて大騒ぎする日本のマスコミを操るのに習熟した世界的なグローバル組織の一員として理化学研究所の評判を落とす為に動いたのか・・・・・・・?
巨額の研究費が決定する直前に起きた大騒動!何かがあっても当然!

窃盗で小保方氏を告発した人物も、陰謀を判ってて起こしたのでしょうかね?
小保方女史が、自分でEM細胞をこっそり混ぜて新理論だと発表したとの推測は、彼女が狂ってでもいなければ成り立たないと思いますがね!
本人がEM細胞なんて入っていることを知らなかったからこそ、マジに嬉々として堂々と発表出来たんじゃないの?
犯人は、世界的大発見だと世間が大騒ぎしていた裏で、してやったりと笑みを浮かべてたんでしょうか?

でも誰がEM細胞を混入させたかなんて調べたって判る訳ないでしょうよ!
マル秘の研究室内に防犯カメラなんてある訳無いし・・・・・大勢が自由に出入り出来てたようですし・・・・
!報道では、試験管を掏り代えるも容易に出来る研究室のレイアウトですし・・・・・非常に性善説過ぎてガードが甘い日本的ですよね

STAP細胞の発表会からチームになんとなく一体感が感じられず違和感を覚えてましたが・・・・・・・・

もしも、陰謀だとしたら捨て駒にされた小保方君が可哀想ですね!
もっとも、小保方女史が、密命を帯びたグローバル組織の一員だったなら、この騒動彼女の自作自演なわけですが・・・・・・・

いずれにしても、STAP細胞騒動が起きたのは、起こるべくして起こした誰かの策略ではないのか・・・・・・
この騒動、まだまだ収束しないかもね!
しかし、微量のEM細胞が混入していたとしても、簡単な刺激でSTAP細胞が造れるという手法は新画期的じゃないの?
重箱の隅を突っついて葬られる運命になったSTAP細胞ですが、違った観点から再評価すべきじゃないのかな~?
今回の騒動、単なる恣意的偽造で済む問題じゃ無いと思うのですが・・・・・・・・ 
コンピュータの時代に、前提条件とか参考理論なんてカット&ペーストで良いと思いますし、画像修正も見やすくするには必要ですし、論文なんか肝心の箇所だけで十分だと思いません?
この騒動、なんか時代遅れしてる感じがしませんかね?

⑨STAP細胞より論文騒動に!泥仕合になっちゃいましたね!(大苦笑)

笹井副センター長と若山教授の仲は良くないんだそうですね!これじゃ泥仕合じゃん!
生後1週間のマウスのリンパ球から造られ、若山研究室で肝細胞になったSTAP細胞は、若山教授の提供したマウスのと違っていたんだってさ!
キメラマウスSTAPdigest
若山教授はSTAP肝細胞が出来た段階でなんで詳細な検査しなかったんでしょうね!(大苦笑)
性善説だなんて事で済む問題じゃ無いと思いますが・・・・・
ES細胞のみじゃ説明出来ない現象があったのも事実!
トリックを使ってまで、世紀の大発見を捏造するとは思えませんが・・・・・
今回の騒動、なんかおかしい!どうしてもSTAP細胞を闇に葬りたいらしい! 

STAP細胞騒動の原点に帰って・・・・最初のプレスリリース
では
************************************************************************
体細胞の分化状態の記憶を消去し初期化する原理を発見

-細胞外刺激による細胞ストレスが高効率に万能細胞を誘導

 「ヒトを含む哺乳類では、受精卵が分裂して血液や筋肉など多様な体細胞に変わり、その種類ごとに個性づけ(分化)されます。体細胞は分化を完了するとその細胞の種類の記憶は固定され、分化を逆転させて受精卵に近い状態に逆戻りする「初期化」は、起きないとされています。初期化を引き起こすには、未受精卵への核移植である「クローン技術」や未分化性を促進する転写因子というタンパク質を作る遺伝子を細胞に導入する「iPS細胞技術」など細胞核の人為的操作が必要です。

もし「特別な環境下では、動物細胞でも“自発的な初期化”が起きうる」といったら、ほとんどの生命科学の専門家が「それは常識に反する」と異議を唱えることでしょう。しかし、理研発生・再生科学総合研究センターの小保方研究ユニットリーダーを中心とする共同研究グループは、この「ありえない、起きない」という“通説”を覆す“仮説”を立て、それを実証すべく果敢に挑戦しました。

共同研究グループは、まず、マウスのリンパ球を用い、さまざまな化学物質の刺激や物理的な刺激を加え、細胞外の環境を変えることによる細胞の初期化への影響を検討しました。その過程で、酸性溶液で細胞を刺激することが初期化に効果的だと分かりました。実験では多能性細胞に特有の遺伝子「Oct4」が発現するかどうかで初期化の判断をします。詳しい解析の結果、酸性溶液処理によってリンパ球のT細胞に出現したOct4陽性細胞は、T細胞にいったん分化した細胞が初期化された結果、生じたものであることを突き止めました。また、このOct4陽性細胞は生殖細胞を含む多様な体細胞へ分化する能力をもつことが分かりました。さらに、ES細胞やiPS細胞などの多能性幹細胞などではほとんど分化しないとされる胎盤など胚外組織に分化することも発見しました。一方で、酸性溶液処理以外にもガラス管の中に細胞を多数回通すなどの物理的な刺激や、細胞膜に穴をあける化学的刺激でも初期化を引き起こすことが分かりました。小保方研究ユニットリーダーは、こうした細胞外刺激による体細胞からの多能性細胞への初期化現象をSTAP(刺激惹起性多能性獲得)、生じた多能性細胞をSTAP細胞と名付けました。また、STAP現象がリンパ球だけで起きるのではなく、脳、皮膚、骨格筋、肺、肝臓、心筋など他の組織の細胞でも起きることを実験で確認しました。

細胞外刺激による細胞ストレスが、分化状態にある体細胞の記憶を消去して初期化する-という今回の成果は、これまでの細胞分化や動物発生に関する常識を覆し、細胞の分化制御に関する新しい原理の存在を明らかにしたものです。細胞の分化状態の記憶を自由に消去したり、書き換えたりできる次世代の細胞操作技術となる可能性が高く、再生医学以外にも老化や免疫など幅広い研究に新しい方法論を提供します。今後、ヒト細胞への適用を検討するとともに、さらに初期化メカニズムの原理解明を進めていきます。」
*********************************************************************************************
最初の発表では、リンパ球だけじゃなく他の細胞でも初期化現象が起きたことを確認したとされているのです!
この時点で、マウスのリンパ球は単なるスタートに過ぎなかった事が読めます!
当然、以後のSTAP細胞の実証研究からマウス屋としての若山教授がさほど重要視されなくなったと考えられますね!騒動になって全責任が若山教授に押し付けられようとなったからですって?う~ん????
プレスリリースでは、今回の若山教授の徹底検証公表も、STAP現象の実用化には余り関係が無いとも言ってるも同じなのに?
たとえES細胞の混入があったとしても、Oct4陽性細胞を生じさせるならSTAP」自体世紀の大発見だと言えるのですから!

不正を補って余りある、いまだ公表されない何かが有るのでは?
世紀の大発見なんだから、これ幸いと日本の中核研究所を解体させようと、世界各国の情報機関が暗躍してる可能性も否定出来ません!
とにかく学者先生は直ぐ踊らされる真面目な人が多いからね!(大苦笑) 

QRコード
QRコード
プロフィール

kobayakawashunichi

カテゴリー
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ