素晴らしきかな日本人 by 小早川俊一

御覧戴いてありがとうございます。2010年3月著名人・CM以外のブロガーを締め出した”イザ・ブログ”からあちこちテスト投稿後、過去のイザ・ブログ原稿と一緒にライブドア・ブログに移行しました。名も無きブロガーの悲哀ですね(笑)2013年は20年毎に行われる、お伊勢さまの第62回式年遷宮!これからの20年は弱者優先だった”米の座”から"働かない者食うべからず"の”金の座”に”ご遷移”されましたので[才覚次第で大金持ちになれる]チャンスに溢れる激動の弱肉強食の時代となる筈です! 人類史上[誰でも何でも平等]なんて国家が繁栄した事はなく、官庁.学校.企業も解雇も出来ず努力もしない低レベルの輩が大手を振ってのさばってる日本に明るい未来はあるのでしょうか?もっと競争原理を容認し”ジャパン・ドリーム”が実現する社会にしてほしいものです!

相続

再!過疎部では、半分でも家長制度の復活を!このままでは誰も山奥に住まなくなる!

なんでも平等の相続制度になって、市街地以外、人が住まなくなるのは時間の問題になっちゃいました!
久しぶりにお会いした人から、ここ数年で周りは
息子も娘も誰も来ない70歳以上の一人暮らしが増え過ぎてと嘆かれました!
そうなんですかと、色々聞いてみると・・・確かに首都圏や大都市に行った子供達は無視してるようです!

戦前の家長制度があった時は、山奥でも家を守るために十分な生活費を稼げる財産や土地を相続できたが故に、家々が存在出来ましたが、戦後70年が過ぎ、均等相続で土地・山林は細分化し、今や山間部の過疎地では老人だけになった2代目から街場に出て家を建てた3代目への相続が難しい局面になってます!
3代目から4代目はもっと悲惨!細かく成り過ぎて誰も買わないから処分も出来ず荒れ放題!

山林業は過疎化の人口減少で、もはや成り立たず、戦後の均等相続で土地も山林も細分化し生活の糧がなくなってしまいました!
田舎では500坪や1000坪は当たり前!細分化されなければ利用価値も上がるのです!
過疎化した所や山間部の相続については、農地並みに一括して一人の相続人に20年間住んだら相続税を免除するなど戦前の家長制度じゃなくても財産の細分化対策を講じなければ、誰も不便なところには住まなくなってしまうでしょう!
未だ、団塊の世代が元気なうちに、大金持ちは別として、例外処置として過疎化部において相応の生活が可能な様に、一定以上の単独相続を認めて均等相続税法を改正してほしいものです!
こんなことを書くと、平等の精神に反するし、憲法違反だなんて声を荒げる都市部の人達がいますが、何回も書いてるけど田舎に住んでから訴えろと言いたいですね!
都市部でも、これ以上【均等相続】で土地が細分化したらうさぎ小屋じゃんくスラム街だよ!

実際70歳以上の一人暮らしは年々増える一方です!大都市に行った子どもたちで盆暮れに来るのは良い方だそうな!
日常の田畑の手入れは、年老いた親達に任せきり!死んだら処分すればと思ってるんだろうけど、限界集落になったら誰も買いませんよ!
買うとしたら、中国人!沢全体が中国人の手に渡ってしまいます!

日本の大都市周辺以外の故郷は、日本人が住めなく土地になっちゃうんですよ!本当にそれで良いのでしょうか?
全国一律核家族制が当たり前になった日本!それを助長したのは良くも悪くもアメリカによる家長制度の廃止と相続の均等化でした!

しかも相続税は高率で、均等化と相まって金持ちも3代で没落する様になってしまいました!
町村合併で人口減少に拍車が掛かり、平成大合併以降、住宅の建て替えも無くなり廃屋が増え続けているのです!
富山では、過疎部全員を市街地に移住させようとする試みも行われていますが・・・・・
欧米を観ると・・・・風光明媚な村だけではなく、歴史的存在として残っている村々や町町が多数あります!
皆、誇りを持って住み続けて要られるのは・・・・・・
均等に財産を分割したら、日本以上に都市部に集中していたでしょう!
人が住まなくなった家は直ぐに痛み出します!
今、対策を取らなければ都市部と観光地以外住民が消え、いずれは地方都市までが住民流出で消えてしまうでしょう!
私は、参議院選挙での一票格差の是正には大反対派です!
日本の参議院はアメリカの上院同様、議員を減らして都道府県平等の議員数にすべきだと思っています!
地方創世なんて出来ません!
今の日本では何でも個人的に平等という名の下に、大都会と地方との不平等がまかり通っているんですから!
せめて老後は故郷で暮らしてくれればこんな事は書く必要は無いのですが・・・・・
今の若い世代は、都市部に行ったら戻ってきません!
過疎になれば、熊も出るし、マムシも増え、山ヒル、マダニが繁殖し、猿・猪や鹿に荒らされる田畑を年寄りだけで守ってる現状をどうにかしてあげようとは思いませんか?
こんなのは政治家の努めなんだけどね!

都市部の人達が、別荘代わりに買って週末を過ごして頂けたら、中国人に渡ることも少なくなくなるので、ぜひご検討を!
国も過疎地に出身者以外がセカンドハウスを買った場合には、ご褒美を!勿論一家一件で!
細分化しなければ、街場に出て
サラリーマンになった2代目・3代目もカントリーライフとして活用して・・・・・皆がそうなれば獣天国にはならなくて済むんだけど・・・・・

文化財が消える!歴史的建造物は国民の財産なのに・・・・

たかだか2,500平方m(750坪)程度が残せない日本!貧乏国ですね~!IMFには莫大な資金出すのに五億円が無い!

 

文化財なら国民の財産として残して公開すべきだし、非公開なら解体もやむなしって事?

 

都市部に残っていただけ奇跡!ま~良く残っていたもんですね!

 

戦後の税制は、日本に個人的大金持ちを絶対産ませない様にしてあるのですから、企業を営んでもいない限り、都市部で大きな住宅を相続しても存続出来る筈もありません!(苦笑)

 

国も地方自治体も金がないので、歴史的建造物の再建・移築なんて宗教法人以外出来ませんよね!

 

日本の古い木造建築は釘を使っていないので容易に解体・移築が可能です!

 

本来なら渡辺邸も無償で譲り受けて移築すべきなんでしょうけど、職人も少なくなってるので移築費用も莫大なんでしょう!

 

これからは中国人の大富豪に助けて貰うしか残す方法は無いのかもね!

 

企業や山林のみならず、大邸宅に住むのも日本人以外になる日も遠くありませんね・・・・なんと悲しい現実だよね~

 

なにせ日本じゃ3代で財産は1/8になるんだから、預金利子も低いので相続税払ったら預貯金を取り崩すしかなかった姉妹同様餓死する元富裕層も出るよ! 

 

社会主義国以上に金持ちには厳しい国なんだね日本は!

 

QRコード
QRコード
プロフィール

kobayakawashunichi

カテゴリー
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ