素晴らしきかな日本人 by 小早川俊一

御覧戴いてありがとうございます。2010年3月著名人・CM以外のブロガーを締め出した”イザ・ブログ”からあちこちテスト投稿後、過去のイザ・ブログ原稿と一緒にライブドア・ブログに移行しました。名も無きブロガーの悲哀ですね(笑)2013年は20年毎に行われる、お伊勢さまの第62回式年遷宮!これからの20年は弱者優先だった”米の座”から"働かない者食うべからず"の”金の座”に”ご遷移”されましたので[才覚次第で大金持ちになれる]チャンスに溢れる激動の弱肉強食の時代となる筈です! 人類史上[誰でも何でも平等]なんて国家が繁栄した事はなく、官庁.学校.企業も解雇も出来ず努力もしない低レベルの輩が大手を振ってのさばってる日本に明るい未来はあるのでしょうか?もっと競争原理を容認し”ジャパン・ドリーム”が実現する社会にしてほしいものです!

盗作

京都アニメーション放火事件!犯人は青葉真司で確定!【バリサク(バリトンサックスソロの略)】を自分の造語と勘違いして逆恨みか?


爆発炎上!これじゃ無傷で避難するなんて無理でしょ!

犯人は12年前常総市でコンビニ強盗して逮捕されムショ帰り!

ここまで判明しているのに個人名が公表されない理由は、精神疾患者か在日の2つしか有りません!
これ程の大惨事で犯人の身元を報道しないなんて・・・・法律が間違っているんですよ!
いずれネットで公表されちゃうでしょうけど・・・・翌日にはネット上で【青葉真司】と判明!
ネットが容疑者の名前を先行公開したので、京都府警も逮捕前に異例として仕方なく公表!(苦笑)

精神異常なら罪に問えませんから・・・・(呆れ)
何回も書いてるけど殺人なんて計画殺人以外殆どが精神異常なんだから今の法律じゃ本当は無罪なんだわさ!

2chでバリバリ順光サクッとバリサク」のキャッチフレーズで写真板の”あらし”を行っていて2ch住民から”バリサク君”と呼ばれていた人物ではないのかと・・・・撮り鉄?

京都アニメーション作品の【響け!ユーフォニアム】の中で バリトンサックスをソロで演奏するシーンがあり
バリサク2バリサク

”バリサクソロ”として【バリサク】が話題になったのを逆恨みしたらしい・・・・
犯人が逮捕じに”パクリ”やがって!”と言っていた証言とも符合します!
”バリトンサックス”を【バリサク】と略称で呼ぶのは音楽関係では普通だったのに、

自分の考案したキャッチフレーズをパクったと勘違いしたんでしょうね!
”無知は万死に値する”とは正にこれ!
自分勝手な思い込みで33人もの命が失われた大惨事が起きるとは・・・が第一報!

それだけじゃなく、京都アニメーションは物語を募集していた様ですね!小額の懸賞金で!
犯人が過去に応募して落選したけど、その後作品の一部に似た様なシーンがあって、盗作と思ったってか!
八田社長は犯人からの応募は無かったと否定・・・・・・第二報!
「小説を盗んだ」は・・・・青葉真司の創作?
でも逆恨みされる可能性の一般からアイデアを募集するのは、考え物かもね!(苦笑)


犠牲者が増えたのは、1階での爆発燃焼の爆風が逃げ場を求めて吹き抜けの螺旋階段から・・・・・・
京都アニメーションスタジオ1
一気に2階・3階まで燃え広がった事に尽きます!右側の引き戸が階段!
2階・3階にいて奇跡的に助かった人はいたのでしょうか?窓際にいればベランダから飛び降りられたかも?
1階の犠牲者が少ないのは、気化したガソリンが横より上に上昇した結果です!
デザイン会社で、2階、3階との連携がエレベーターを待つより仕事が効率的なので設置したんでしょうけど
よもやガソリンの放火までは想定外!
京都アニメーション放火殺人事件
せめて1階から2階は吹き抜けにしていなければと悔やまれます!
セキュリテイ的にも螺旋階段と玄関が近過ぎ!非常口も無いしね!
当日は、30分後に始まる11時からのNHK取材が予定され若く優秀なスタッフが勢揃いしていた!
30分遅かったらNHKの取材班も犠牲になっていたでしょう!
当然、NHKの取材道具も運び込まれる予定だったので、玄関の施錠を解除してました!
犯人がガソリン搬入にも警戒感を抱かなかったと言うより、取材の準備でそれどころじゃ無かったんでしょうね!
NHKの取材が、犯人に最小のコストで最大の効果を発揮させた事になった!
若手の主力スタッフを失った京都アニメーションは、実質壊滅状態に!これってテロじゃん!
綿密に計画した犯行だったのかも?
最も死亡者が多かった屋上へ階段は、屋上への扉が施錠されていた可能性が・・・・・
ネット情報ではつい最近ポイ捨ての苦情で屋上への出入りが禁止されたとか・・・・
鍵がないと内側から扉が開かなかったので折り重なって亡くなったとは・・・20人は人災の可能性も?

外部の人間が玄関で何をしても、被害が出ない様に、これから徹底した防御策が取られる様になるのか?
マスコミの社内撮影は、今後大幅に制限されるでしょうね!
在りし日の京都アニメーション・第一スタジオ!山田監督は無事でしたが・・・・

映像に映っている何人が無事だったのでしょう?犠牲になった方々のご冥福を祈ります!合掌!

⑥今度は東京五輪エンブレムに盗作騒動!デザインの仕入先?模倣されたデザインが載る『Pinterest』に登録・閲覧疑惑!誰でも着想出来そうな『単純なデザイン』を盗作する悪徳商法か?

デザインの仕入先?『Pinterest』に登録疑惑!
アカウント削除するも・・・・・怖いですね~履歴が残る!
一回退会すると、同じアカウントでは再登録出来ないサイトが多いので、疑惑事件があったら片っ端から容疑者本人の公開メールアドレスを使ってのアカウント作成を試す事で過去に容疑者本人がサイトを閲覧したかをチェック出来ます!悪用される事もあるのでメールアドレスの公開は慎重に!

佐野研二郎が「デザインの仕入元」と囁かれるPinterestを使っていることが判明→速攻でアカウント削除
灰色から限りなく黒に!
やはり観ていたのか?メールアドレスを公開したのは第三者が佐野研二郎ちゃんに成り済ました可能性を創る為だったか?
そうとしか思えませんね!
単純なデザインは、模倣しやすく、また単純な故にコロンブスの卵!そっくり真似ても誰でも思い付くことが出来る』と簡単に世間を欺けます!まさに盲点!
そこまで計算して商売してたんだからご立派!ご立派!(嘲笑)
世界中方から良い物だけを選び抜き、組み立てれば大金持ち!
佐野研二郎ちゃんは、組立屋ってことですよ

単純な
シンボルマーク大金を払うド素人の官公庁を騙すのに味をしめ多くの注文をコナスしてるご身分に!佐野研二郎相関図

なんだって!エンブレムの選考には兄貴も絡んでるのか?
最初から出来レースだった疑惑も!
なるほど・なるほど関係者が『盗作じゃ無い』ってムキになる訳だ!
急先鋒は誰なの!出来レースを決定したのは?
佐野研二郎2
佐野ちゃんの鋭い目、常人の目じゃありません!
先のブログに書いた様に『一瞬で目に入ったデザインや映像を詳細に記憶する眼』です
せめて”無意識に過去に観た作品を参考にしたかも”と釈明すべきでした!
誰でも思い着きそうな単純なデザインは、大金を生む金の卵』って事に気が付いて、堂々と世界中のデザインを真似てるのを逆手に取る悪徳商法まで思い付くとは凄い~男だわね!(爆笑)
観ただけじゃ盗作じゃないんだから!
これなら俺だって出来るよ!
今度『Pinterest』からテーマに相応しいデザインを拝借して、色やロゴをちょっと変えてコンクールに応募してみよっと!官公庁なら採用してくれるんだから!(大大爆笑)
なにせ官公庁は権威に弱いからね!有名デザイナーに大金払って頼めばいいデザインが出来ると勘違いしてんだよ!
しかし、こんな美味しい商売はないわな!
佐野研二郎1
考えなくて労せず大金を稼げりゃそりゃ笑いが止まらんわ!
世界中のデザインを真似して造るならデザイナーの卵だって出来るぜ!
IOCも面子ばかり気にして撤回も出来ない!新国立競技場の大失敗に全く懲りてません!(大嘲笑)

ここまで来ても、舛添、まだ彼のオリンピック・エンブレムを使うのか?
中止するのはお前だろうが!恥知らず!
新国立競技場を白紙撤回出来たんだから、佐野研二郎ちゃんのオリンピック・エンブレムも
皆で頑張って白紙撤回させましょう!
がんばろ~!頑張ろ~!ガンバロー!

今度は東京五輪エンブレムに盗作騒動!こりゃ似過ぎ!駄目でしょ!また莫大な損失に!

競技場も同じですが、こんな騒動を生まない為に応募資格を限定したのが完全に裏目に出ちゃいましたね!そもそも一般募集なんて面倒くさがったんでしょうよ、組織委員会が!
五輪エンブレム盗作f
字体まで同じなんだから、こりゃ駄目ですわな!完全にアウト!
一般募集作品なら、知らなかったって言い訳は通用しますが、佐野研二君はプロなんだから知らなかったじゃ済まされないのですよ!
シンプルなデザインなんだから応募前に類似作品を尚更もっと大掛かりに調べるのが常識でしょ!

プロに有るまじき失態です!言い訳無用!

シンプルなデザインは先に出した方が勝ち!
こんな事が許されるなら、特許も後出しOKって事になるんだわさ!(大爆笑)
恥を知るなら、佐野君は自主的に撤回すべきです!

しかし組織委員会って駄目だね~!これだけに似てるのに問題が無いだとさ!
常識ってもんがね~のかよ!(大苦笑)
どうしようもない連中でオリンピック組織委員会を設置したのは誰なんじゃ!
連続して莫大な無用の出費をしたんだから、普通なら会長は辞任でしょ!

2度有る事は3度有るって言うじゃん!前途多難ですね~!
QRコード
QRコード
プロフィール

kobayakawashunichi

カテゴリー
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ