素晴らしきかな日本人 by 小早川俊一

御覧戴いてありがとうございます。2010年3月著名人・CM以外のブロガーを締め出した”イザ・ブログ”からあちこちテスト投稿後、過去のイザ・ブログ原稿と一緒にライブドア・ブログに移行しました。名も無きブロガーの悲哀ですね(笑)2013年は20年毎に行われる、お伊勢さまの第62回式年遷宮!これからの20年は弱者優先だった”米の座”から"働かない者食うべからず"の”金の座”に”ご遷移”されましたので[才覚次第で大金持ちになれる]チャンスに溢れる激動の弱肉強食の時代となる筈です! 人類史上[誰でも何でも平等]なんて国家が繁栄した事はなく、官庁.学校.企業も解雇も出来ず努力もしない低レベルの輩が大手を振ってのさばってる日本に明るい未来はあるのでしょうか?もっと競争原理を容認し”ジャパン・ドリーム”が実現する社会にしてほしいものです!

爆速化

⑮いざ爆速マシーンへ!【LAN】環境見直しでネット速度も500Mbps以上に!


LG-34UC97-05

前回のブログ⑭時の価格は8万9千円だったのに・・・
円高で安くなると思ったら3万円近くも値上がりしてますね!
もうLGは作ってないって事でしょう!
しかし、新型のデザインは今一なので、いいタイミングで買う事が出来ました!(笑)
使い勝手は当然ながら今までの中じゃ最高ですね!
画面の大きさは3840x1440!YouTubeの対応動画を再生してみると動きがカクカク!
ネットのスピードを計ったら60Mbpsも出てません!
契約は1Gbpsなのに・・・・・今まで別に不自由してませんでしたので何年もそのままにしていたLANを見直してみると・・・・
早速、ネットの入り口DSUからルーター間の配線に問題発見!
DSU→電話主装置→ルーターをDSU→ハブ(1Gbps)→ルーターと主装置に分岐!
99.7MBpsまで上がりましたが、何回計測しても100Mbpsを超えられません!
これじゃLAN自体が100Mbpsって事じゃん!いくらマシンを爆速化したって、イーサネットが遅くちゃ意味ないじゃか!
そこで先ずDSU→PLaneXの最新型タイプM4新型ハブ(FXG-08IM4)→ルーターにしてケーブルも自作のCAT5eケーブルに交換しルーターと直接接続したら・・・ 
ゲ!なんといきなり997.3Mbpsが出ちゃいました!
な・なんと従来の15倍!ケーブルが悪かった!
ハブも進化してるみたいですね!未だ旧型のFXF-08IM3も出てるので買うなら最新のM4型を推奨!
こうなると全面的に総入れ替え!メインハブをFXG-24IM4 にして中間ハブもすべて新型の最新の8ポートハブFXG-08IM4アマゾンではまだM3の旧型しか売っていないのでNTT子会社から)を追加購入にしてケーブルも全て自作のカテゴリー5eに交換してみると・・・・・

ルーター→PLaneX新型M4の24ポート→PLaneX新型M4の8ポート→PC(中古DELL presicionT5500ー2CPU)で計測・・・・・3段階のカスケード接続ですが・・・・・
インターネットスピード1
末端でも従来の十倍!
さすがにルーター直接続の程スピードは出ませんが・・・それでもYouTubeの3840x1440対応動画を再生してみると見事にさくさく動くじゃありませんか!(笑)
LAN内のファイルコピーも速い速い!

遅かった原因は
(1)DSUとルーター間に接続した主装置のハブが100Mbpsタイプだった!DSUとルーターを新型ハブを介して直接接続したことで1Gbpsになった!
(2)今までI-ODATAやBuffallo等バラバラだったハブを全て同じメーカーのPLaneX新型M4ジャンボフレーム対応ハブに替えた事で通信が安定したし古い1Gbpsハブより最新のハブの方が絶対速い!
(3)ケーブルが古くなったCAT5からCAT5eに替えた事で速度が上がった!しかし未使用のCAT5(3m)でも200Mbps以上を出したので短ければCAT5でも使ええる!
しかし、どうしても300Mbps以上のスピードが出ないマシンが!シングルCPUだから?
PresicionT5500のLANはジャンボフレーム未対応のBroadcomなのでLANカードを安い玄人志向GBE-PCIE4に変えジャンボフレームで繋げたら逆にスピードが落ちちゃった!(大苦笑)

⑫いざ爆速マシーンへ!仮想メモリーの設定結論!、「hiberfil.sys」を削除、「pagefile.sys」はSSDに20GB&SSHDに100GBが一番安定して高速みたい・・・・

RAMデスクを作ったり、ページングファイルなしにしたりいろいろ試したけど結論は時間の無駄!

メモリー60GBも積んでればスワップなんてそうは起きませんから・・・・でも無停電装置は必要ですね!
アプリケーションが勝手にTEMPファイルを造る事を考えたら、SSD起動ドライブは512GBは最低必要かも!
32ビットのXPなら80GBのハードデスクでも十分なのにね~!
スリープからの復帰も瞬時じゃなくなっちゃし、デスプレイの電源ONが正常に動作しない事が度々発生したり・・・いじればいじるだけ動作が緩慢になっちゃった!
新規インストール時の速さはどこへやら!

馬鹿の一つ覚えしか出来ないWindoes7の仮想メモリーには何もしないのが一番なのかもよ!なんちゃって
でも仮想メモリー領域を固定化するのは効果あるかも!

そんな訳でCドライブ(SSD)にある隠しファイル「hiberfil.sys」を削除して休止状態はさせないことに・・
アクセサリー⇒コマンドプロンプトにマウスを持って行き⇒右クリックで管理者 として実行を選択クリック
立ち上がったら powercfg.exe /hibernate off
と打ち込んで再起動すると・・・Cドライブの「hiberfil.sys」が自動的に削除されます。これで休止状態にはなりません!
スリープもなしで、画面はセーバーを使う!帰りには毎日デスプレイの電源を落とす!本体の電源はワークステーションなので土日だけシャットダウンすればOKでしょう!

馬鹿の一つ覚えしか出来ないWindoes7の仮想メモリーには何もしないのが一番なのかもよ!なんちゃって
でも仮想メモリー領域を固定化するのは効果あるかも!
メモリーを60GB積んで93GBと巨大化した「pagefile.sys」(ページングファイル)
コンピューターを右クリック⇒プロパティ⇒システムの詳細設定⇒詳細設定⇒パフォーマンスの設定⇒詳細設定⇒仮想メモリの変更⇒Cドライブ(SSD)はカスタムサイズで最小最大を20GBに⇒別のSSHD(3.5インチなら1TB以上が普通なので)を選び同様にカスタムサイズを最大最小100GBにセット!
SSHDは8GBのキャッシュ持っているので、こっちだけでも良いのですが、Cドライブに20GB程「pagefile.sys」を残した方が快適ですね!
ネットではいろいろと書かれていますが、素人がトライするのは時間の無駄ですね!(大苦笑)

セキュリテイ・ソフトは怪しげなサイトやダウンロード中以外動作を停止!また常時使用するサイトは『スキャンから除外』対象に!
ダウンロードだけ対象に出来ればもっと速くなるんだけどね~!
250GBを超えていたSSDの空き容量が増えて、やっと元通りの速さに近くなりました!(大苦笑)

32ビットのXPなら、RAMデスクの効果は絶大ですが・・・・・・
中古のワークステーション買うなら、ECCメモリーが必要な機種を選びましょう!今、10600なら大量に安くオークションに出てますから・・最新型はもっと速いメモリーじゃないと本来の性能は発揮出来ませんからね!
4Kデスプレイを多数台使うなら最新型も必要ですが、一般人が使うにはT5500で十分!
ちなみに『T3500』じゃECCメモリーじゃ動きませんので・・・・XEONにはECCメモリーの方が適してる筈なのにね~(苦笑)
暫く、爆速化は休止します。なにせ『1/200戦艦大和』の製作が始るので・・・・・・・

⑦いざ爆速マシーンへ!Transcend製SSD370-512GB vs サムソン製840EVO-500GB!う~ん!情報とちゃうぜよ!(大苦笑)

ネット上の情報では、高評価なSamsunのSSD『840EVO-500GB』が届いたので
早速Transcend製SSD『370-512GB』と比較してみました!
購入した『840EVO-500GB』には、SATA⇒USB3.0ケーブルが付属で付いていたのでノートPCをSSDするには便利です!
が・手持ちのノートPCは皆USB2.0なんだわさ!(苦笑)


ベース基準は、メインボードのSATA2に装着するのが一番相対的性能が良かったKingtonV300-240GBのSATA2(3.0g)です。

KingstonV300-240GBSATA20gマザー

SATA3ボードはRocket640Lです。相性もあるのですが・・・・・・・

まずは、Transcend製SSD『370-512GB』を計測・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
TRS370Rocket640L高パフォーマンス2

次はいよいよSamsunのSSD『840EVO-500GB』・・・・・・・・・・・・・・・・・
samsung840EVO500
う~ん、読み込みが遅いな~『i7』じゃないと性能が発揮出来ないのかも?
4KQD32書込みじゃ大差が!しかもV300のSATA2以下!
Magician入れてないからかな~?
起動デスクにしてMagicianを入れ、4.5にバージョンアップ!再起動してと・・・・

さてさて劇的に良くなるのかと思ったら・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Rocket640l SAMSUN850EVOMagcian適用
あれれ、相対的に速度は低下してんじゃん!(苦笑)
Rocket640Lと相性が悪いんでしょうかね~?4KQD32はさらに低下!
メインボードのSATA2にして測ってみると

samsung840EVO500SATA2
Seq・512Kは書き込み速度じゃ確かに速いけど、4K32書き込みはV300以下!(苦笑)
まさか、Kingstonの様に初期ロットだけ高性能な部品使ってるんじゃないでしょうね!
これじゃ~わざわざ高い『Samsun840EVO』買うこともなかかね!(大苦笑)
Transcend製SSD『370-512GB』のSATA2(3.0g)測定値は・・・
SSDベンチマーク512GB
『T5500』のメインボードのSATA2じゃ、Transcend製SSD『370-512GB』が512K・4Kの読み込みが若干遅い以外全て速いじゃありませんか
ネットの情報より、私の勘の方があたってるわさ!(自画自賛!)
しかし、ネット上の情報と余りに違い過ぎ!Xeonとの相性もあるので850Proにすべきだったのかも!

こうなると何を信用して良いのやら!(大々苦笑)
嫌韓の私にしてみれば、Samusun製を買う必要が無くなったので大喜びですがね!

いろいろ試しましたが、散々苦情は述べましたが、SATA2(3.0g)のままのノートPC等に使うなら、『後期型KingtonV300-240GB』で十分ですね!
なにせコスト・パホーマンスに優れていますからね!(笑)
ただ書き込み速度がSATA(6.0g)スピードに追いつかない安い部品にしただけなんでしょう!
古いノートのSATA(3.0g)HDD置き換えじゃ劇的に早くなるから苦情はないわな!(笑)

そんな訳で、買ってしまった1万円の『KingstonV300-240GBはSATA2のノートPC用として、残りは『T5500』のデーターバックアップ用としてSATA2のまま使い、SATA3+USB3.0の拡張ボードの2種は捨てるのは勿体ないので、USB3.0ボードとして使うことにしました!

『T5500』爆速マシンのSSDは、バランスの良い
Transcend製SSD『370-512GB』に決定!
RAID用にもう一つ追加しました!

爆速化での購入失敗やグレードアップで必要なくなった部品の再利用で、他の購入した『T5500』の性能も少しずつ上がって行ってます!(苦笑)
無駄にはなってませんが、そこまでするつもりは無かったのに・・・・・・(大苦笑)
ブートしなければ、最新版の安いSATA3拡張ボードが以外に良かったりしてね・・・・・・・・・ 

⑤いざ爆速マシンへ!CPU増設ユニット購入!高い~!ベースが4万円になっちゃう!

オークションで「T5500」のCPU増設ユニット探しても安く出てません!全部2万円以上!これじゃベースマシン本体より高いじゃんかね!(大苦笑)
何とか2万円以下で手に入れましたが・・・・1CPUなら「i7」となんら変わりませんからね!
次はCPUですが、2個同じロットで揃えないと動作しない事もあるらしい・・・・
選んだのは何を勘違いしたのか、3と5を間違えてw3580(3.3Ghz)を2個1万円で購入しちゃった!装着したら動かないどころがファンが唸りを上げて暴走し始めちゃいました!ヤバ!(汗)
『w3580』(3.3Ghz)の対応ソケット数は『1』じゃん!『w5580』が2CPU対応なのに、思い込みで再確認しなかったとは何たるミス!
1万円が吹っ飛びました!SATA3のボードの失敗と合計2万円!
飲み屋がますます遠のくぜよ!

予算に限りが有るのでもう失敗は出来ません!
今度は慎重にと、検討に検討して・・・・目を付けたのがラック用のサーバー!
LGA1366ソケット2個搭載メモリーも48GBなんてのが結構安く『ヤオフク』に出てるじゃ有りませんか!ワオ!
メモリー1G当たり500円として2万4千円引き!5万円で落とせば『x5680』が1個1万3千円だわさ!
しかも、X5680(3.33Hz)を2個搭載してるのが・・・・・
『X5680』(3.33GHz)なら6コア12スレッド!
災い転じて福だわさ!『w5580』を購入しなくて大正解!
『w5580』は4コア・L2=4x256KB・L3=8MBだけど、『X5680』は6コア・L2=6x256KB・L3=12MBと1クラス性能がアップしてる!
しかも2個なら12コア24スレッドの
1CPU4コアの「i7」なんて問題にしないモンスターマシンに大変身出来る!(笑)
入札開始!誰も来ないと思ったら土壇場で・・・・・おいおい競るなよ!
5万円が6万円・・・・7万円になっちゃうぜ・・・・・トホホ・・・・・メモリーを1GB600円として+4800円、750円として+1万2千円!メモリー代を3万6千円だとして・・・CPUに1個2万円以上は出せないから、最後に7万円をいれて打ち切り!
無理だと諦めて、もう一台同じ仕様が出展されていたのでそちらに乗り換えて6万5千円の予算で入札!
後は運任せにしてビデオボードの検討をしてたら、あれ~!
相手があの後競りあって来なくて2台も落札しちゃった!(大苦笑)
でも、12コア24スレッドワークステーションが、実質15万円以内で完成
メモリーも増設ユニットに4GBx3枚=12GB載せたので36GBにはなりましたが・・・・
モリーも84GB(4GBx21)も余っちゃった!24GBマシン3台分でも余る量!
『iPhone』も予備に1台用意する性格なので、中古じゃ爆速マシンが2台あった方がシステム運用上安心出来るのでもう一台同じ爆速マシンを作ることに!(苦笑)
さてさて、追加予算の確保はと・・・・・今年の冬は寒いし、月2回のゴルフも1月・2月・3月と控えれば、なんとか予算の半分以上は捻出が出来るかな?(大苦笑)
大雪が降ってくれ~!
4K用の高性能ビデオボード購入も考慮すると15万円の上限も完全にオーバーだわさ!
こうなると飲み屋へは当分行けそうもありませんね!(大苦笑)
ま~飲み屋に行ってる時間を爆速マシン組み立てに費やすだけだし、こっちは自由自在に自分好みに出来るので、爆速化の方がストレス発散出来るかも!(笑)
次は、ビデオボードだわさ!
でも、PCIe-Gen2で4K対応のボードなんて有るんかいな?
でもこれだけ金か掛けるなら新型の『MAC Pro』買った方が良かったかもね!なんちゃって!
XPをまだ使っていなければ、
多分バグも取りきった新型『MAC Pro』買ってますね!
でも、『Xeon』や『ワークステーション』に詳しくなったお陰で、逆に 『Mac Proの性能も判断出来る様になったのは怪我の功名です!
『Xeon』もE3・E5・E7シリーズになって
転送速度を上げる為にメモリースロット数に制約が出来ました!
新型の『MAC Pro』のメモリースロットは、E5の最大スロット数4つしか有りません!
メモリースロットを増やそうにも増やせないんですね!
少ないスロットで大容量を積む為には、最低一枚16GBのメモリーが必要です!
何れ安くはなるだろうけど、まだ最低2万円以上、16GB4枚で最低8万円以上!
アップルストアじゃ12GBから64GBにするのに12万7400円(税別)、税込みで13万7592円!1866GHzの16GBは1枚4万円もしてますぜ!
私の爆速化マシンは1333GHzですが、8GBメモリーも安く手に入れれたので『T5500』を将来72GB(8GBx9)にしてもストアの16GB一枚分以下の4万円以下で済みます!
更に
新型『MAC Pro』はCPUも1個だけになっちゃいました!
SSD512GB搭載同士を比較すると、『x5680』とほぼ同等の『E5-1650(6コア・L3=12MB)』一個で32GB(8GBx4)積んだ『MacPro』(44万2千円税別)と、36GB(4GBx9)積んで『x5680』x2個の爆速化マシンじゃ勝負は比較するまでもないでしょう!(笑)
『MacPro』が私の爆速マシン同等以上の性能を出すには、12コア+64GBで80万8000円(税別)にもなりますから、2台組み上げても半値!物凄く得した気分になってます!(大爆笑)
しかし、今後、MacProはどんな『Xeon』を積むんでしょうね!L3=30MB・QPI=3x8.0GT・コア=12以上のE7-8000シリーズを積んでくるんでしょうか!それとも発熱の少ない『2CPU』に戻るのか?
そうなったら、私のマシンも脱帽ですが・・・・・・・ 
QRコード
QRコード
プロフィール

kobayakawashunichi

カテゴリー
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ