横浜市の大口病院で点滴中の高齢者が、点滴液に消毒剤を混入され死亡したしました!
先月まで2ヶ月間で50人も亡くなっていたのに、事件発覚以来、まだ亡くなった人がいないんだって?
これって誰が考えたって組織的犯行だよね!

食事も出来ない末期患者を受け入れていた大口病院!
転院後余り長生きされたら新規患者を優先的に回してくれる大口の大病院にも愛想尽かされ他の病院が優先されるので定期的に末期症状の高齢者から安楽死させるのは営業戦略上最適な方法です!

事件発覚前の不審な事件を警察に届けなかったのも、調べられたら困るからじゃないの?

大量殺人事件に発展する可能性もありますが・・・死人に口無し!
介護にも金が掛かるし、遺族にとっても高齢で寝たきりの親が苦しまずに亡くなったのなら安堵感があるので恨まれもせず今まで上手く行ってたんでしょうけど・・・
こうマスコミに注目・監視されたら何も出来ず知らぬ存ぜぬでほとぼりが冷めるのを待つしか方法がありません!

その結果、あれほど多かった大往生する方が何故か出なくなっちゃった!

粗食で育った心臓の強い戦前生まれの高齢者は、リンゲルだけで10年以上も生きてる方が大勢いらっしゃるわけで、転院後、バタバタと亡くなるなんて何かが行われていたと疑われても仕方ないぜ!

大病院では、老衰の高齢者には手の施しようがないから大口病院みたいな所に転院させるんでしょうけど、安楽死も高齢化が進行する現在もっと議論して良い時期に来てるんじゃないのでしょうか!

莫大な医療費が、意識も無く漫然とお迎えが来るまで待ち続ける人々に注ぎ込まれている現状!
このまま放置すればこれからもっともっと【心臓だけが動いてる高齢者】への医療費が増える!
人工心臓にすれば不死も夢じゃんないし・・・・・
私も寝たきりになる前に人工心臓にして孫や曾孫の為に年金を100年貰おうかな~!

小説じゃ、院長の愛人だった婦長が暗躍するパターンが多いけど・・・・・一見温和で優しい人が実は・・・・・

もっとも、”事実は小説より奇なり”ですから、今後のネタになる新しい形態の安楽死殺人事件かも知れませんが・・