日本各地が水不足となっているようです・・・・アメダスの稲取(四要素観測)による今年の累積では降雨量自体は意外と平年並みなんですね!

 

【積算降水量・日照時間】 2013年1月~2013年12月


 
降水量 日照時間
実況値      
平年値       

 

昨年は7月に平年時の約2倍の降雨量を記録しました。

 

なぜ水不足が深刻化したかって理由は、2月以外の各月の日照時間が大幅に増加している事が最大要因です!

 

5月の日照時間は平年の倍!これじゃ昨年並に降った4月の大雨を溜めたダムもあっと言う間に干上がりますよね

旱魃寸前かと思ったら恵みの雨が降り出しました!

 

しかし、このまま日照時間が増えたまま推移すると、今まで経験した事の無い暑~い夏になりそう!

 

昨年同様、台風が大量の雨を降らしてくれればと、祈るだけです!

 

今年は積乱雲も発生しやすいでしょうから、激しい雷雨も多いかも!

大量に新規増設した大規模太陽光発電設備の被雷対策は大丈夫なんでしょうかね?

業者任せになってませんか?とんでもない大被害を被る事にならなきゃいいけど・・・・・

 

ちなみに昨年はというと

【積算降水量・日照時間】 2012年1月~2012年12月


 
降水量 日照時間
実況値      
平年値       

2012年8月に雨が降らなかった事や秋雨前線の活動が弱く台風も平年並みだった2012年9月の好天気も遠因になってんでしょうかね!

 

大雪に悩まされた裏日本・東北には大量の雨が降り注いでいますが、首都圏の水がめにも降ってくれると取水制限もしなくて済むのですが・・・・果たして?