嬉しい話題と言うべきなのか、もはや過去の監督として烙印を押されたと言うべきなのか?
宮崎駿監督も齢(よわい)73歳!昔を懐かしむ歳に!

最後の監督作品「風たちぬ」では「天空のラピタ」「となりのトトロ」「魔女の宅急便」「もののけ姫」「千と千尋の神隠し」「ハウルの動く城」「崖の上のポニョ」の大ヒットを生んだファンタジー的発想は、もはや残っていませんでしたね!
若い頃への郷愁が先に出過ぎてしまった!(大苦笑)
「風たちぬ」は宮崎駿監督の集大成というより、個人的空への憧れを自己満足的表現させただけの作品!ストーリーも余りにも陳腐!(涙)
「崖の上のポニョ」で引退して、ヒチコックの様に伝説となってほしかったですね !
「天空のラピタ」 や「となりのトトロ」の様に駄作「風たちぬ」が後々佳作と評されることなど有り得ませんからね!
良い意味でも悪い意味でも、一つの時代・平和ボケの日本が終わったって象徴なんでしょう!
宮崎駿監督が感動した東映「白蛇伝」未だ観てない人はこちらで・・・・
勿論、私も昭和33年当時は子供でしたから「白蛇伝」には大感動・圧倒されました!

まさかパンダが実際の生き物だったなんて・・・・早く観ないと消されちゃうのでお早めに!
この強烈な印象は、恋愛結婚への憧れや将来中国への旅行をしたい欲求の主要因になっちゃいました!
今観ても「白蛇伝」は良く出来た作品ですね!
「風たちぬ」は一度観れば十分過ぎるけど、「白蛇伝」は何回見ても感動が蘇って来ます!
中国との関係が良くない現在、中国で「デジタル・リメイク版}をリバイバル公開すれば日中友好の架け橋にもなるんじゃないのかな~!

昭和33年当時「白蛇伝」を観た子供達(団塊の世代以上)は、
皆、中国へ悪感情なんて持っていませんからね!