2020年度順位戦B級2組24位 4月7日現在 棋士レーティング1938で初の1位!
コロナウイルスの対策で、4月11日~5月6日間の遠距離を移動する対局は延期となりました!
【8大タイトル戦状況】
タイトル戦の予選勝率(トーナメント&リーグ除く)85戦76勝9敗=89.41%!
予選敗退9対局(菅井・横歩取りでの大橋x2・大逆転負けの井上・先手で負けた山崎・久保・都成・村山・出口)
挑決本戦勝率27戦16勝11敗=59.26%
      2017年度1勝3敗=25%2018年度3勝4敗=42.86%2019年度11勝4敗=73.33%
   (佐々木勇気・豊島・深浦・増田・斉藤慎太郎x2・菅井・佐々木大地・豊島x2・広瀬)
  4戦1勝⇒7戦3勝⇒15戦11勝と対局数・勝数も増え確実に実力が上がっています!いずれ国士無双に
名人戦(4月~6月)=⑥第78期C級1組10戦全勝        来期B級2組へ昇級
竜王戦(10月~12月)=⑤第33期3組決勝へ 2組昇級     5月~杉本昌隆七段     NEW
叡王戦(3月~5月)=第5期七段戦2回戦敗退!        第6期七段戦8月~
王位戦(7月~8月)=第61期初リーグ入り4連勝        5月~
阿部健治郎七段 NEW
王座戦(9月~10月)=⑤第68期2次予選シード・決勝へ   5月~大橋貴洸六段と NEW
棋王戦(2月~3月)=④第46期1次予選3回戦敗退        2021年1月~

王将戦(1月~3月)=③④第69期リーグ戦へ(初) 広瀬竜王に敗れる!今年度リーグシード!
棋聖戦(6月~7月)=第91期決勝トーナメント3回戦へ     5月~佐藤天・郷田 NEW

(一般棋戦状況)
朝日杯第13回前回連覇で本戦シード!千田翔太七段との準々決勝で敗退も今年度本戦シード!
NHK杯
=第69回
2回戦逆転負けで敗退! 第70回1回戦 塚田泰明九段

銀河戦=第28期6回戦から 10回戦へ?  3月6日8回戦森内九段に勝ち同日郷田九段と9回戦収録!
JT杯=2020年度将棋日本シリーズ 


【4月~6月対局】 青字=勝利 黒字=確定 薄字=勝上り予定 
4~6月間過去成績 2017年度19戦全勝!2018年度11戦9勝2敗 2019年度16戦13勝3敗=勝率81.25%!
【4月】2017年度4戦全勝 2018年度=3戦全勝 2019年4戦全勝 
竜王戦3組準決勝+王位戦白組3回戦=2戦全勝
【5月】2017年度5戦全勝 2018年度=2戦全勝 2019年度=3勝2敗(都成・豊島)
王位戦5回戦+棋聖戦挑戦T準決勝+王座戦2次予選決勝+竜王戦3組決勝+王座戦本戦T1回戦+銀河戦本戦10回戦+11回戦+棋聖戦挑戦T決勝=4戦~8戦
【6月】2017年度4戦全勝 2018年度=4勝2敗(今泉・増田)2019年度=6勝1敗(佐々木大)
順位戦1回戦+王座戦本戦T2回戦+準決勝+棋聖戦5番勝負1回戦+2回戦+3回戦+NHK杯1回戦+竜王戦本戦T2回戦=2戦~8戦

【7月~9月対局】
7~9月間過去成績 2017年度21戦14勝7敗 2018年度は15戦12勝3敗 2019年度15戦10勝5敗勝率66.67%!
【7月】2017年度=5勝2敗2018年度=5勝1敗 2018年度=3勝3敗 2019年度=3勝3敗(久保x2・豊島)
順位戦2回戦+竜王戦本戦T1回戦+棋聖戦5番勝負4回戦+5回戦+王位戦7番勝負1回戦+2回戦+王座戦本戦T2回戦決勝+銀河戦決勝T1回戦+2回戦+準決勝=1戦~10戦
【8月】2017年度=4勝2敗 2018年度=4戦4勝 2019年度=3勝2敗(三浦・村山)
順位戦3回戦+JT杯1回戦+叡王戦七段戦1回戦+竜王戦本戦T準々決勝+準決勝+王位戦7番勝負3回戦+4回戦+5回戦+銀河戦決勝T決勝=3戦~9戦
【9月】2017年度=5勝3敗!2018年度=3勝2敗 2019年度=4勝全勝
順位戦4回戦)+王将戦リーグ戦1回戦+竜王戦本戦T決勝1回戦+2回戦+3回戦+王座戦5番勝負1回戦+2回戦+王位戦7番勝負6回戦+7回戦+叡王戦七段戦2回戦+NHK杯2回戦=3戦~11戦

【10月~12月対局予定】
10~12月間過去成績 2017年度15戦12勝3敗 2018年度は13戦12勝1敗 2019年度は13戦11勝2敗=84.62%
【10月】2017年度=5戦5勝!2018年度=5戦5勝!2019年度=5戦4勝1敗(豊島)
順位戦5回戦+王将戦リーグ選2回戦+王将戦リーグ3回戦+王将戦リーグ戦4回戦+王座戦5番勝負3回戦+4回戦+5回戦=4戦~7戦
【11月】2017年度=5戦3勝2敗!2018年度=3戦2勝1敗2019年度=4戦3勝1敗(広瀬)
順位戦6回戦(+棋聖戦2次予選1回戦)+王将戦リーグ5回戦+王将戦リーグ戦6回戦+NHK杯3回戦+4回戦=3戦~6戦
【12月】2017年度=5戦4勝1敗!2018年度=5戦5勝!2019年度=4戦4勝
順位戦7回戦(+棋聖戦2次予選2回戦+王位戦予選準決勝+王位戦予選決勝=3戦~4戦

【1月~3月対局予定】
1~3月間過去成績 2016年度9戦全勝 2017年度15勝3敗 2018年度は13勝2敗 2019年度は19勝2敗=90.48%
【1月】 2017年度=6戦5勝1敗!2018年度=5戦5勝 2019年度=8戦全勝
順位戦8回戦+銀河戦7回戦+朝日杯1回戦+2回戦+竜王戦2組1回戦(+棋聖戦2次予選決勝)+棋王戦予選1回戦+NHK杯準決勝+決勝=5戦~9戦
【2月】
2017年度=7戦7勝!2018年度=6戦5勝1敗 2019年度は3勝1敗(千田)
順位戦9回戦+朝日杯準決勝+決勝+王位戦リーグ1回戦+棋聖戦挑戦T1回戦)+王座戦2次予選1回戦=2戦~6戦
【3月】 2017年度=5戦4勝1敗2018年度=4戦3勝1敗 2019年度は8勝1敗(出口)
順位戦10回戦+銀河戦8回戦+9回戦+棋王戦予選2回戦+竜王戦2組2回戦+王座戦2次予選2回戦+王位戦リーグ2回戦+王位戦リーグ3回戦(+棋聖戦挑戦T2回戦)=1戦~9戦
                  

*************************2020年度*********************************
4月3日現在の確定対局数は【30】!今期はどこまで増やすのでしょう!
01・04月03日東▲千田翔太七段25(B級1組6位)       ⑤36第33期竜王戦3組3回戦◎

千田翔太六段24 291第33期竜王戦3組予選20200325
     レーティング1855=5位
朝日杯のリベンジ戦!2019年度の1時間以下棋戦は振るいませんが5時間対局も75.00%でした

75手で勝って6連勝!決勝は2度目の師弟対決!師弟で竜王戦2組に同時昇級!

  通算202対局170勝32敗勝率84.16%!今期1勝0敗勝率100% 八段まで96勝!

02・04月10日西▽菅井竜也八段27(A級9位)                          ④35第61期王位戦挑戦リーグ3回戦

す菅井竜也七段第61期王位戦リーグ20200324
     レーティング1852=6位

112手で勝って7連勝!通算203対局171勝32敗勝率84.23%!今期2勝0敗勝率100% 八段まで95勝!

02・06月~西 大橋貴洸六段27(C級2組4位)        
⑤37第68期王座戦第2次予選決勝◎
お大橋貴洸四段第68期王座戦2次予選20200321
     レーティング1714=25位  2連敗のリベンジなるか!徹底的に研究してくるから圧勝か惨敗のどちらか!
  連勝なら8連勝!通算204対局172勝32敗勝率84.31%!今期3勝0敗勝率100% 八段まで94勝!

04・06月xx日  ▽阿部健治郎七段31(C級1組6位)          ④35第61期王位戦挑リーグ5回戦

阿部健治郎29 277第61期王位戦リーグ白組20200415

     レーティング1663=42位
  連勝なら9連勝! 通算205対局173勝32敗勝率84.39%!今期4勝0敗勝率100% 八段まで93勝!
  王位リーグ残留確定!



05・2020年05月xx日 佐藤天彦九段32(A級5位)        
③33第91期hulic杯棋聖戦挑T準決勝

佐藤天彦名人
   レーティング1781=12位
  連勝なら10連勝!通算206対局174勝32敗勝率84.47%!今期5勝0敗勝率100% 八段まで92勝!

06
05月~  杉本昌隆七段50(B級2組15位)       ⑤37第34期竜王戦3組決勝
杉本昌隆七段第33期竜王戦3組予選20200325

     レーティング1635=54位
  連勝なら11連勝!通算207対局175勝32敗勝率84.54%!今期6勝0敗勝率100% 八段まで91勝!
 竜王戦4期連続優勝昇級の新記録達成!


07・06月~   塚田泰明九段55(C級2組1位)        ①70第70回NHK杯1回戦◎

つ塚田泰明九段55 148第70回NHK杯
     レーティング1523=101位
  連勝なら12連勝!通算208対局176勝32敗勝率84.61%!今期7勝0敗勝率100% 八段まで90勝!
・06月~ 木村一基王位46(A級126位)                  ①70第70回NHK杯2回戦

08・06月~   稲葉陽九段31(A級8位)         
①71第28期銀河戦10回戦◎
稲葉陽八段30 269第28期銀河線Cブロック202001
     レーティング1765=15位

※・06月~ 羽生善治九段49(A級2位)          ①71第28期銀河戦11回戦(本戦最終戦)


09・06月24日  ▽佐々木勇気七段(B級2組22位)   ⑥31第79期順位戦B級2組1回戦
初戦から因縁の対決!勝てばB1昇給へまっしぐら!
10・07月08日  ▲橋本崇載八段(B級2組5位)      ⑥32第79期順位戦B級2組2回戦
11・08月05日  ▲鈴木大介九段(B級2組9位)      ⑥33第79期順位戦B級2組3回戦
12・09月09日  ▽谷川浩司九段(B級2組1位)      ⑥第79期順位戦B級2組4回戦
13・10月21日  ▲村山慈明七段(B級2組6位)      ⑥第79期順位戦B級2組5回戦
14・11月11日 ▽北浜健介八段(B級2組18位)      ⑥第79期順位戦B級2組6回戦
15・12月16日  ▲野月浩貴八段(B級2組25位)      ⑥第79期順位戦B級2組7回戦
16・01月06日  ▽中村 修九段(B級2組20位)      ⑥第79期順位戦B級2組8回戦
17・02月09日  ▽窪田義行七段(B級2組23位)     ⑥第79期順位戦B級2組9回戦
18・03月10日  ▲中村太地七段(B級2組16位)      ⑥第79期順位戦B級2組10回戦

4月10日現在  通算201対局171勝32敗勝率84.23%!今期2勝0敗勝率100%!

持ち時間5時間以上の対局の通算勝率66戦60勝6敗=90.91%!   今期1戦1勝0敗=100%
  6時間の対局の通算勝率30戦29勝1敗(近藤)=96.67%!      今期0戦0勝=0%!
  5時間の対局の通算勝率36戦31勝5敗=86.11%!          今期1戦1勝0敗=75.00%
 (佐々木勇気・増田・斉藤慎太郎・佐々木大地・豊島)
持ち時間4時間以上の対局の通算勝率101戦88勝13敗=87.13%    今期2戦2勝=100%
 
4時間の対局の通算勝率35戦28勝
7敗=80.00%              今期1戦1勝=100%
          (大橋・菅井・山崎・都成・豊島・広瀬・出口)

(千日手で持ち時間3時間となった④棋王戦の豊島対局を除く、入れると通算76.67%) 

持ち時間3時間の対局の通算勝率32戦25勝7敗=78.13%!          今期0戦0勝=0%
       (佐々木大・菅井・豊島・深浦・井上・斉藤・久保)N
     (千日手で持ち時間3時間となった④棋王戦の豊島対局を算入、除くと80.00%)
 

持ち時間1時間以内の対局の通算勝率70戦58勝
12敗=82.86%       今期0戦0勝=0%
  (三枚堂・井出・上村・稲葉・大橋・今泉・豊島・三浦・久保2・村山・千田)

 (先手番で千日手なった竜王戦菅井戦は1時間対局にカウントしてます!) 
先手番=暫定・通算87戦77勝10敗(横歩取り4敗・逆転負け2敗)=88.50% 今期1戦1勝=100%
後手番=暫定・通算114戦92勝22敗=勝率80.70%                   今期1戦1勝=100%
(先手番で千日手なった三枚堂・豊島・菅井戦・NHK杯久保戦は後手番にカウントしてます!)銀河戦2戦未算入です
振り駒  通算先手67回後手89回(順位戦28戦・新人王2回戦:王将リーグは振りゴマ無し駒なし)
天才にしては、3時間棋戦の勝率が悪過ぎでしたが・・・2019年度から負け無しの9連勝で大幅改善も・・・
1時間と4時間対局に苦戦!
無難な指し手より新たな発想で最善手を模索中なんでしょうけど長考の場面が凡人には不可解な時も!
読み過ぎて(前期も竜王戦・王座戦・順位戦・棋王戦)持ち時間を使い過ぎるのが相変わらず課題ですね!
僅か10分されど10分!長考の時間が半分になれば・・・・・・・タイトルは高校卒業までお預けでしょう!

【今期棋戦状況】   青字は今期進行中棋戦 3月31日現在藤井聡太七段のレーティングは1938=2位! 
竜王戦・叡王戦・王位戦・王座戦・棋王戦・棋聖戦・王将戦・朝日杯・NHK杯・銀河戦の10棋戦!
       
全201対局戦歴・予定一覧は下記案内の別ページに掲載 ←クリックしても開きます

【第33期竜王戦】 豊島竜王
 
(ランキング戦12月~6月・本戦8月~9月・タイトル戦10月~12月)
第30期は6組優勝!佐々木勇気五段との挑戦者決定トーナメント2回戦で敗退!
第31期は5組優勝!増田康宏四段との挑戦者決定トーナメント2回戦で敗退!
第32期は4組優勝!豊島将之2冠との挑戦者決定トーナメント4回戦で敗退!
第33期は3組・・・ランキング戦全勝で決勝へ進み4年連続昇級で第34期は2組へ

【第79期順位戦】
豊島将之名人! B級2組 6月~翌年3月
第76期C級2組全勝でC級1組へ昇級!
第77期C級1組9勝1敗(近藤誠也五段)で師匠にも頭ハネされ残留!

第78期9戦全勝で最終戦を待たずにB級2組昇級!順位戦今期全勝で11連勝中!
次年度からB級1組まで昇級・降級が3名になるので2022年A級リーグ入の可能性は大いに高くなりました!

特にB級1組は降級点無しで最下位から3名が降級!新陳代謝が進むでしょう!
B級2組の降級点は5:1から4:1に、C級1組も5:1から4.5:1に引き上げられます!(各1名増)


【第6期叡王戦】永瀬拓矢
叡王⇒ (段位別予選6月~10月・本戦T11月~タイトル戦3月~5月)
第3期は本戦トーナメント1回戦で深浦康市九段に大逆転負け!
第4期は本戦トーナメント1回戦で斎藤慎太郎七段に敗れる!
第5期は七段戦予選2回戦(初回)で村山慈明七段の対策に嵌り想定外の敗退!
第6期も七段戦


【第47期棋王戦】 渡辺明棋王 ⇒  (予選戦1月~5月・本戦T6月~1月・タイトル戦2月~3月)
第43期棋王戦は挑戦者トーナメント2回戦で豊島八段に惨敗!
第44期棋王戦は挑戦者トーナメント2回戦で菅井七段に惨敗!
第45期棋王戦は予選決勝で都成竜馬五段に思わぬ惨敗!
第46期棋王戦予選3回戦で出口四段にまさかの惨敗!縁が無い様ですね!

第47期はシードなしで1月予選1回戦から

【第61期王位戦】 木村一基王位
  (予選戦8月~12月・決勝リーグ1月~5月・タイトル戦7月~8月)
第59期は予選準決勝で大橋四段に敗れる!
第60期は予選7組2回戦(初戦)で山崎隆之八段に敗れる!組合せも不運!
第61期は1月10日に予選終了!決勝リーグ戦初進出!今期4戦全勝白組トップで来期に
例年3月からですが藤井聡太七段の初リーグ入りで今年は2月からリーグ開戦!前倒し!

【第91期hulic杯棋聖戦】
 渡辺明棋聖 (予選戦5月~1月・挑決T2月~5月・タイトル戦6月~7月)
第89期は予選決勝で大橋四段に敗れる!
第90期は2次予選決勝で久保九段に敗れる!
第91期は決勝トーナメント進出!準決勝へ                                         
第92期棋聖戦はB級2組なので最低挑戦者最低2次予選からとなります!(4戦消滅)

【第68期王座戦】 永瀬拓矢王座
 (予選戦8月~4月・挑決TMT5月~7月・タイトル戦9月~10月)
第66期は、挑戦者決定トーナメント進出!準決勝で斉藤慎太郎七段に敗れるもベスト4
第67期は、挑戦者決定トーナメントシード!1回戦で佐々木大地五段に敗れる!
第68期は、前期挑戦T進出者として2次予選からのシードです!5組決勝へ
第69期はB2級昇級で最低2次予選からのシードです!


【第71期王将戦】 渡辺明王将
   (予選戦1月~9月・挑決T10月~11月・タイトル戦1月~3月)
第68期は、予選決勝で菅井七段に敗れる
第69期は、予選3回戦で井上九段に逆転負け
第70期は、初のリーグ戦入り!名人+A級のみと総当り!4勝2敗で71期はリーグ・シード!
     広瀬竜王との最終対局で敗れ最年少タイトル挑戦(17歳10ヶ月)は消滅!
第71期は、前期ベスト4なのでリーグ戦から!

【JT杯将棋日本シリーズ】

2019年2031万円で初出場!1回戦で三浦弘行九段に敗れ敗退!
2020年も前年の朝日杯優勝で年間2108万円9位となって連続出場!

【第70回NHK杯】  69回優勝者 深浦九段
第67回は、3回戦で稲葉陽八段に敗れる
第68回は、1回戦で今泉四段に逆転負け
第69回は、2回戦で久保利明九段に逆転負け
昨年2月の朝日杯優勝により第69回も本戦シードでしたが、第70回も今年の朝日杯優勝で本戦シードです!
NHK杯の対局日は、来年発行される将棋年鑑で公表されますのでそれまでは推定です!

【第14期朝日杯オープン戦】 前期優勝者・千田七段 連覇・無敗(予選免除・本戦シード)
第11期・第12期連覇して第13期も本戦シードです!
14期もベスト4で本戦シード!


【第28期銀河戦】 豊島将之銀河  (予選7月・本戦8月~7月・決T8月~9月)
第26期は、2回戦で上村亘四段に惨敗!
第27期は、11回戦(本戦決勝)で豊島将之名人に惜敗!最多勝ち抜き者で決勝T進出も久保九段に惜敗!
第28期は、4連勝で10回戦へ!

敗戦一覧 32敗中・・先手=10敗 後手=22敗 1時間棋戦=12敗・3時間棋戦=7敗 タイトル戦挑戦T=11敗
**********************  2017年度 73戦12敗 負率16.44% **************夏場8敗
30・2017年07月02日東▽佐々木勇気五段23(C級1組6位)    ⑤8竜王戦
挑戦者決定T2回戦
33・2017年07月21日東▽三枚堂達也四段24(C級2組6位)千日13第2回上州杯Y杯準々決勝
37・2017年08月04日西▽菅井竜也七段25(B級1組11位)     ③7王将戦第一次予選7組決勝
42・2017年08月24日西▽豊島将之八段27(A級10位)  ④千日
③8棋王戦本戦T2回戦  A級初対局
43・2017年09月02日東▽井出隼平四段26(C級2組28位)       19第7期加古川青流戦準々決勝
45・2017年09月07日東▽佐々木大地四段22(C級2組48位)   ③9第48期新人王戦・準々決勝
49・2017年09月22日東▲上村  亘四段30(C級2組25位)        22第26期銀河戦本戦H組・2回戦
57・2017年11月13日他▽稲葉 陽八段29(A級1位)              27第67回NHK杯・3回戦
60・2017年11月29日西▲大橋貴洸四段25(C級2組46位)        28第89期棋聖戦1次予選ハ組決勝
64・2017年12月23日東▲深浦康市九段45(A級7位)            ③10第3期叡王戦本戦トーナメント1回
66・2018年01月06日西▲大橋貴洸四段25(C級2組46位)      ④8第59期王位戦予選7組準決勝
83・2018年03月28日西▽井上慶太九段54(B級2組13位)      ③14第68期王将戦予選3回戦
**********************  2018年度 53戦8敗 負率15.09% ***************夏場4敗
91・2018年06月11日他▽今泉健司四段44(C級2組5位)         35第68回NHK杯本戦1回戦
94・2018年06月29日東▽増田康宏六段20(C級1組33位)      ⑤23第31期竜王戦挑戦者決定T2回戦

96・2018年07月06日西▽斉藤慎太郎七段25(B級1組10位)  ⑤24第66期王座戦挑戦者決定T準決勝
105・2018年09月03日西▽菅井竜也王位26(B級1組9位)      ④13第44期棋王戦挑戦者決定T2回戦
106・2018年09月14日西▲山崎隆之八段37(B級1組6位)      ④14第60期王位戦予選7組2回戦
116・2018年11月23日西▽斎藤慎太郎七段25(B級1組10位)  ③20第4期
叡王戦本戦1回戦
127・2019年02月05日西▲近藤誠也五段21(C級1組6位)     ⑥19第77期名人戦順位戦C級1組第9回戦
135・2019年03月11日西▽久保利明九段43(A級5位)             ③22第90期
hulic棋聖戦2次予選6組決勝
**********************  2019年度 65戦12敗 負率18.46% ****************夏場5敗
141・2019年05月23日東▽豊島3冠29(名人・王位・棋聖)             53第27期銀河戦本戦E組決勝
142・2019年05月28日西▽都成竜馬五段29(C級1組20位)   ④18第45期棋王戦第一次予選8組決勝
145・2019年06月03日東▽佐々木大地五段23(C級2組5位)   ⑤29第67期王座戦挑戦者決定T1回戦

155・2019年07月08日東▽久保利明九段43(A級6位)        58第69回NHK杯本戦2回戦
156・2019年07月09日東▲久保利明九段43(A級6位)        59第27期銀河戦決定トーナメント1回戦
158・2019年07月23日西▲豊島将之2冠29(名人・王位)      ⑤32第32期竜王戦本戦トーナメント4回戦
160・2019年08月11日福▲三浦弘行九段45(A級7位)        60第40回JT杯1回戦

163・2019年08月29日西▽村山慈明七段35(B級2組4位)      62第5期叡王戦七段戦Aブロック2回戦
168・2019年10月07日西▽豊島将之名人29(名人)         ④22第69期王将戦リーグ戦2回戦
176・2019年11月19日西▲広瀬竜王32(A級3位)          ④26第69期王将戦リーグ戦6回戦

190・2020年02月11日有▽千田翔太七段25(B級1組13位)     67第13期朝日杯本戦準決勝
194・2020年03月09日西▽出口若武四段24(C級2組51位)   ④31第46期棋王戦予選3回戦
**********************  2020年度 2戦0敗 負率0.0% ****************

タイトル取らないと確実に毎期7敗(順位戦を除く)!一般棋戦も優勝しないと毎期10敗(+JT=11敗)します!
銀河戦みたいに最多連勝で決勝に出たり、王将戦等リーグ入りしても勝ち続けないと毎期
12敗以上に!
但し、王将戦・棋聖戦や銀河戦の様に【前期に予選敗退し当期勝ち進む】と負数が減る場合もあります!
今期は王位戦棋聖戦が対象となります!

しかし、こうシードが多くなると毎期50対局の確保もタイトル戦に出ないと厳しくなりますね!
2020年度の可能対局数は【107】!


            2・藤井聡太七段 戦歴一覧・手番・対局予定 一覧

                      1p2