アップルの好調と比べて、ソニーの凋落は目を覆いますね!

 

ハワード・ストリンガー会長は、スウェーデンのエリクソンとの子会社英ソニー・エリクソンの株半分を1,100億円で買取り完全子会社にすると発表しました!

4つのスクリーン(パソコン・スマホ・タブレット・テレビ)戦略を加速する為だとか!

新しいゲーム機で5つ目のスクリーンを立ち上げ「全ての画面を手中に」だってさ!それより1つでも支柱を集中強化すべきじゃないの!(大爆笑)

 

ハワードは経営者としては優秀だけど、アップルのスカリーじゃないのかな~?任せっ切りでジョブズみたいに製品に対する拘(こだわ)りが感じられません!

黎明期のソニーには世界初・世界最小といった拘りがあったし、販売戦略そのものもジョブスの模範・目標でもあったのに!

 

例えばテレビ!地デジ対応でどうせ買うなら3D対応と、ソニーのBRAVIA(ブラビア)HX720を選びました!

これが大間違い!誤動作しやすいリモコンボタンが使いづらくて仕方が有りません!シャープの方がズ~ズ~っとまし!

とにかく画面上の選択項目が多過ぎて素人じゃ使いこなせませんよ!なんで一覧にしないんだろう?頭が良すぎて詰め込み過ぎ!(大爆笑)

 

取り扱い説明書を簡素化して電子マニュアルになってるんだけどこれが又、不親切!小型のテレビには取扱い説明書も無い!

ビデオ用USB外付けHDは電源入れっぱなし(待機中じゃありませんよ!つけっぱなし)じゃないと録画しない!冗談じゃないよね!

 

チューナーも地デジ・BS・CSが付いているのに録画中は他の番組が見られない!なんで?私だったらBS録画中は地デジ観られるように当然しますね!

こんなテレビ売れる訳ないじゃん!

ジョブズだったら当たり前の事も出来ない!ジョブズが生きていたらシンプルなテレビが生まれていたでしょう!

私は期待が大きかっただけに、2度とソニーのテレビは買いません!

ハワード・ストリンガー会長兼社長には、スカリー同様全く製品開発センスが無いもの!

 

全てが万事この調子!

子会社にしたからって良い製品が生まれるとは限りませんものね!(大爆笑)

 

今回の子会社ソニー・ピクチャーズエンタテインメントが日本郵政とコラボ企画した映像付き年賀はがきもアイデア倒れ!お正月なら日本映画ですよ!

アメリカ映画の視聴権を贈るなら、アメリカでのクリスマス・カードでやれば大ヒットしたかも!

ま~直前の封切り作品がただで観られるなら受け取って大喜びだけど・・・・・・旧作を観る権利貰ってもね、私には?マークです!(大苦笑)

まして日本映画の名作を選択出来そうもないし洋画だけでしょ?

日本郵政も日本映画を支援すべきじゃないの!狂ってるよね(大苦笑)

 

こんな暇あったら自社製品の使い勝手を徹底分析するのが先じゃない!

 

とにかく、今のSONYは”シンプル・イズ・ベスト”が企業理念になっていません!

 

芸大出身の急造社長大賀氏以来、開発型企業からエンターテーメント志向・思考になりすぎたソニー!

アップルより、時代を先取りしていたのに、全てを自社グループに抱え込んだのが大間違いだった事にまだ気付いていない!

映画会社や音楽会社をグループに入れていなければ、著作権を大事にし過すぎる事も無く、アップルの前にソニー・ストアを立ち上げていたでしょうね!

要は一番安易な方法を選択してるんですよ!自分で他社との競合を生み足かせが増えるだけなのに!

 

大会社病でマーケッテングに頼り、開発力が落ち、新製品で先行出来ないソニー!利益優先企業が維持・発展するには寡占・談合しか方法が無いんだけど!

開発力無き人任せで大きくする事ばかりのCEO変えなきゃ業績は上向かないと思うよ!

 

チャレンジの方向性が間違ってるもの!企画力は大きくなる事と余り関係ないのにね!