素晴らしきかな日本人 by 小早川俊一

御覧戴いてありがとうございます。2010年3月著名人・CM以外のブロガーを締め出した”イザ・ブログ”からあちこちテスト投稿後、過去のイザ・ブログ原稿と一緒にライブドア・ブログに移行しました。名も無きブロガーの悲哀ですね(笑)2013年は20年毎に行われる、お伊勢さまの第62回式年遷宮!これからの20年は弱者優先だった”米の座”から"働かない者食うべからず"の”金の座”に”ご遷移”されましたので[才覚次第で大金持ちになれる]チャンスに溢れる激動の弱肉強食の時代となる筈です! 人類史上[誰でも何でも平等]なんて国家が繁栄した事はなく、官庁.学校.企業も解雇も出来ず努力もしない低レベルの輩が大手を振ってのさばってる日本に明るい未来はあるのでしょうか?もっと競争原理を容認し”ジャパン・ドリーム”が実現する社会にしてほしいものです!

放射能

福島第一原発事故から4年目の夏!雑草の伸びが年々物凄い事になって来ている!

つたのからま~るチャペルで祈り~を捧げた日~みたいに【つた】なら良いのですが・・・福島第一原発事故以来
年々ヤブガラシヤブガラシの勢いが強くなって大弱り!
今年は4m以上になるやつも!
ヤブガラシは別名ビンボウカズラ(葛)とも呼ばれtますがこちらはブドウ科ヤブガラシ属で

繁殖力が強く葛根湯の原料にもなるマメ科クズ属の葛(くず)葛(くず)と違って困りもの!

ヤブガラシの若芽は漢名「烏歛苺(ウレンボ)」として、利尿・解毒・鎮痛などに薬効のある生薬にはなるみたいですが・・あっという間に庭木を覆い尽くす勢い!
福島第一原発事故前はこんなに大きく繁殖して無かったのに・・・・やはり、スリーマイル事故同様、少し突然変異してるのかも・・・・
下は巨大化したタンポポの葉
スリーマイル島事故後1
ネットで情報漁ったら、2011年5月にすでに巨大化したり奇形になった植物が関東でもあちこちで見つかってたんですね!
原発事故後のタンポポ
2011年5月神奈川県藤沢!例年より異常に長くなったタンポポ!葉は余り大きくなってませんね!大分離れてますから一部だけなのかも?
ヤブガラシはもともと繁殖力旺盛なのですが、生命力の強い植物ほど、より強力な生命力を手に入れたのか?ゴジラみたいに・・・・・・
ヤブガラシだけじゃなく、普通の雑草まで背が高くなって来てます!
出来るだけ農薬は使わない主義だったのですが来年からは大量に農薬を使う羽目になりそう!(大苦笑)

残留放射能が無くなって、突然変異で穀物や野菜が巨大化しちゃえば、食物の自給率も高まるんだけどな~!(笑)
【大阪中1男女生徒殺人事件】の山田浩二容疑者も放射能で突然ワル知恵が超人化したのかもよ!

大型台風到来・豪雨は原発事故の禊(みそぎ)!日本ってなんと幸せの国なんじゃろね~!

台風26号で記録的豪雨に見舞われた伊豆大島で土砂災害が発生!多数の方々が亡くなりました!

日本人の感覚じゃ不謹慎と言われちゃうけど、台風による豪雨には放射能を洗い流す除染効果もあります!

風台風じゃ除染効果ゼロですから、どうせ関東・東北に到来するなら雨台風になって貰いたいですね!

福島原発事故で放射性物質は関東・東北の広範囲に飛散しました!

日本人はマスコミが報道しなくなると、すぐ忘れちゃいますが!(大苦笑)

山間部に舞い降りた放射能物質は木々や腐葉土に付着し、除染の方法が有りません!

平野部では、床下浸水間際ほどの大雨が降らないと一部分に累積してしまいます!

関東や東東北に大雨が降る事は、無料の除染作業!

モヘンジョダロは太古の核爆発で滅んだとされています。

人類の記憶の中に、日本人の禊(みそぎ)と同じく穢れ(放射能)を洗い流す事が潜在意識の中に植えつけられているのかも知れませんね!
ローマ帝国の浴場!キリスト教の洗礼!インダス川での沐浴!

チェルノブイリと比較して大量の雨が降る日本で起きた福島原発事故は、除染に関して非常に恵まれているとも言えるのではないでしょうか?

大雨も降らず、洪水も起きないチェルノブイリは今も済めない土地です!

飛散した大量の放射能物質も平野部では、一昨年、昨年、今年の大雨でかなりの量が海に流されました!

マスコミはあまり報道しませんが、東京湾のヘドロには大量のセシウムが堆積し続けてるって事です!

しかし2/3を占める山間部に降り注いだ放射能はそのまま!伊豆大島の災害の様に表土を剥ぐ程の大雨でも降らない限り・・・・

果たして今回の台風27号は、山間部にも大禊(おおみそぎ)をしてくれるのでしょうか?
伊豆大島の土石流は大禊(おおみそぎ)の序曲だったって事になるかもよ!
山麓や斜頚地に住む方々はご注意!ご注意!

当分高濃度放射能汚染蒸気は出っ放し!ご注意下さい!

 

トレンチの高濃度汚染水の水位が再び上昇しています。地表まであとわずか!

このトレンチの水は津波による海水ですが、大雨等でも溜まる筈もないので普段はポンプで海に排水されていたと考えられます。

 

全電源喪失によりこの排水ポンプが停止してトレンチ内に溜まった膨大な海水がそのままになってしまったのでしょう!

 

これは原発事故の大きな盲点でしたね。工事用電源車も多数入っていただけに仮設ポンプや消防車で早く排出していればと悔やまれます!

1~4号機まで原始炉建屋地下に流れ込んだ海水は約6万トン以上!と報道されています。

2号機の圧力抑制プールが破損したので、最初に原始炉建屋内の海水が汚染され、配管等を伝わってタービン建屋やトレンチ内に染み出したのではないでしょうか?

原始炉建屋もタービン建屋もトレンチも同レベルになっちゃうので

単純に計算しても各原子炉の1/4=1万5千トンが非常に汚染度が高いのではないでしょうか?

小学校の25mプール(幅10m深さ1m)が250トンですからほぼ240倍です!

1~4号機のタービン建屋の大きさは100mx30mですから1m浸水しても3,000トン原子炉建屋は40mx30mですから2m浸水しても2400トン、トレンチは最大長さでも100mx2+75mx2で350m深さ15.9mで15mまで海水が入ったとして5425トン

合計で1基当たり10825トンです 

4基の原子炉では43300トンしかなりません!一基当たり4000トンはどこの水が計算に入っているのでしょう?

復水器と圧力抑制プールも汚染水の計算に入っているのかもしれませんね!

毎時6トンの新たな冷却水を1~3号機に注入しているとすると、1日 18トンx24時間=432トン!10日で5000トン20日で1万トン近く増える事になります!

 

しかし原子炉に注入された冷却水の行方は?

2号機は格納容器から漏れているので流れは判りますが、1・3号機については注入した冷却水はどうなっているんでしょう?

まさかベントからの排出だけとは思えませんね?蒸気管から漏れているような報道もあります!

 

1・3号機の圧力プールの水も相当高熱になっている筈ですし汚染度も半端じゃないでしょう!

 トレンチの増え方からすると相当量の冷却水が蒸気となって放出されていると思わざるを得ません!

 

日本人は、”人の噂も75日”と2か月半で警戒を緩める傾向があります!

当分の間、放射能蒸気排出は収まる筈も無く、大気中に放出され続けますのでご注意ください!

 

勝俣会長が今日の記者会見で格納容器を水で満たすといってましたが圧力抑制プールが水圧に耐え切れるのでしょうか?(2号機は無理!)

 

そう簡単にスケジュール通りに事故は収束出来ませんね!

誰が猫に鈴を付けるやら!チェルノブイリに近い放射能が収拾までに蒸気として出ると思って自己防衛したほうが無難でしょう!

 

野外活動にマスクをお忘れなく!晴天にかかわらずにわか雨用にもお忘れなく!

福島市の数値が高いのも気になりますね!県庁所在地なので特別扱いをしてるとは思えませんが検察のあわてぶりから想像すると・・・・・

QRコード
QRコード
プロフィール

kobayakawashunichi

カテゴリー
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ