PGAツアー挑戦で長距離ヒッターへフォームを改造し腰を痛めて自滅した石川遼と同じ道を歩きそう!
距離も大事だけど安定した弾道はもっと大事なんだけどね!

渋野日向子は、今年は国内ツアー専念を宣言していたのに・・・・海外ツアーに移行しちゃった!
全英女子オープンは、屈辱の100位以下で予選落ち!3戦連続で世界ランキング急降下!
より勝つ為に行ったオフの改造が裏目に?
まずはパーセーブ出来なく成ったパッテングフォームから!

3パットも多かったから、安定を狙ったんだろうけど、石川遼の"二兎を追うもの一兎も得ず!"を活かせず・・・
強気のバーディ狙いしてた持ち味を消し去っちゃよね!(大苦笑)
新しいパッテングフォームは、とてもバーディラッシュを狙えるとは思えないよね!一般的過ぎるもの!
観てて入る気がしないもの・・・・本人はもっと思ってるんじゃない?(大々苦笑)
パッテングはセンスなので、更に良くするのは理論じゃないんだよね!フィーリング!
両刃の剣だけど、最大を武器を失った!パッテングフォームの改造なんてやらなきゃいいのに!
バーディ取れなくなると、益々3パットしたくないから安全策となるのでロングパットは決められない!(苦笑)
ま~こんな常識的なフォームに改悪したじゃ当分勝てんよ!

パターも、33インチから34インチに?

2番目はアプローチでピッチショット&ログショットの精度を上げる事?
ピッチショットは、芝を読めるかどうかだけ!良いキャディに恵まれればビタビタと寄せられる!

ログショットの精度を上げるには、コース毎の芝で全く異なるので・・・・
同じ場所でいくら練習してもいざ本番では上手く出来ないんだよね!特に海外となったら・・・・・

肝心なドライバーも不安定に!最大の要が安定しないと話にもなりません!

不思議なものでドライバーって曲がり始めると、”もうどうにも止まらない”

しかも大事に行こうとすればするほど曲がるんだよね!

良き所をそのままに欠点だけを直すのは至難の業!
良き所も一緒に”更に!もっと!”と欲張ると"二兎を追うもの一兎も得ず"になっちゃうんだよね!
マイペースでテクニックを磨いていけばこんな羽目には陥る事はなかったのに・・・・・
てな訳で今年の渋野日向子は成績低迷!更なる改造が悪循環にならなきゃいいけど!

来年の出直し復活に期待しましょう!