素晴らしきかな日本人 by 小早川俊一

御覧戴いてありがとうございます。今年3月著名人・CM以外のブロガーを締め出した”イザ・ブログ”からあちこちテスト投稿後、過去のイザ・ブログ原稿と一緒にライブドア・ブログに移行しました。名も無きブロガーの悲哀ですね(笑)2013年は20年毎に行われる、お伊勢さまの第62回式年遷宮!これからの20年は弱者優先だった”米の座”から"働かない者食うべからず"の”金の座”に”ご遷移”されましたので[才覚次第で大金持ちになれる]チャンスに溢れる激動の弱肉強食の時代となる筈です! 人類史上[誰でも何でも平等]なんて国家が繁栄した事はなく、官庁.学校.企業も解雇も出来ず努力もしない低レベルの輩が大手を振ってのさばってる日本に明るい未来はあるのでしょうか?もっと競争原理を容認し”ジャパン・ドリーム”が実現する社会にしてほしいものです!

御巣鷹山

御巣鷹の尾根へのレクレイム!エピソード 33回忌を迎えて・・・・

LAL123便
JAL123便が御巣鷹の尾根に激突してから32年目、33回忌がやって来ました!
犠牲になられた方々のご冥福を祈り上げます!合掌!

一般的に33回忌を過ぎれば祖先霊=神になるとされ別名【弔い上げ】で、以後の年回忌をしないのが通例!
日本航空123便の御遺族にとっては、複雑な思いでしょうね!
いつまでも忘れてほしくない気持ちも分りますが・・・・・【神も仏も己の内にあり】!
永遠に語り継がれる大事故なので、世間から忘れ去られる事はないでしょう!
亡くなって49日過ぎれば仏様、一周忌、3回忌、7回忌、13回忌、17回忌、23回忌、27回忌、33回忌は本来追善供養ですので、やるやらないは遺族次第!
この年回忌法要は、寺にとっても重要な収入源なのですが、近年は過疎化で法要も激減していますし、僧侶も呼ばず家族だけで追善供養する人達も多くなっているようです。
これじゃ墓のある寺の維持管理は出来ませんから過疎地の廃寺も、今後益々増えるんでしょうね!

LAL123便機墜落から32年間の間に、大型旅客機はエアバス社
とボーイング社の実質2社になりました!

ジャンボの愛称で大ヒットしたボーイング747も 長距離飛行が信頼性向上よるエンジン2機でも許可された事に加え2007年のFAA改正【3発4発の特例廃止】で燃費に優れた双発ジェット大型旅客機に一気に代わって需要は激減!
ボーイング747-8jpg
翼を一新したB747-8型(450席)をリリースしていますが、後継はエアバスA380(500席以上)や双発のB777(300~450席)に置き換えられてしまいました。

貨物機としての需要はまだ続くようですが、旅客機としての命運は風前の灯(ともしび)
4発ジェット旅客機は今やエアバスA380だけになったといえます!

A380は、ビジネス・エコノミークラスだけの仕様で615席、747の記録を塗り替えた超大型機ですがやはり双発旅客機も燃費には勝てず販売は低迷しています!

本来なら33回忌前に、国産ジェット機MRJが御巣鷹上空を飛んでいる筈でした!

遅れに遅れて就航は2020年秋に間に合うかどうか・・・・・・・


御巣鷹の尾根へのレクレイム!「エピローグ」・・・・JAL123便の原因は爆発?ボイスレコーダの解析で29年目の真実となるのか! 

今夜8月12日18時半からフジテレビで『8.12:日航機墜落 30回目の夏 生存者が今明かす“32分間の闘い” ボイスレコーダーの“新たな声”』が放映されます!
ドーン、ドーン、ドーン”と3回爆発音が解析の結果録音されていたそうな!
29年目にして真実は明らかにされるのでしょうか?

d3310045.jpg

私は、8年前「」で日本航空123便迷走の原因は圧力隔壁では無いと推論しました!
主なる原因は、しりもち事故の時痛んだ
補助動力ユニット(Auxiliary Power Unit)の損傷ではないのかと!
(最初にAPUが吹っ飛び圧力隔壁に衝撃を与えたのではないか?その衝撃で圧力隔壁の修理部分に亀裂が生じ減圧が起きたのではないのでしょうか?』トイレ付近の天井部分の剥がれも後ろからの爆風なら辻褄も合います!)

ボーイング社はJAL123便の事故747型機の
補助動力ユニット(AP U)を2基にした事実も、私の推論をより確かなものにしてますが・・・・

事故調査委員会が出した主なる原因とされる「
圧力隔壁の亀裂」墜落まで尾翼方向舵を吹き飛ばすほど大きくは無かったと思えるのです。

JAL123便は事故時、高度約24,000フィート=約7,300mで飛行中でした!
富士山の2倍以上の高さです!
圧力隔壁がまともに損傷したら機内圧は一気に低下し、酸素マスクの容量も少ないので急速に降下をしなければなりませんが、爆発音後もパイロットは何が起きたか判らない状態が続きます!
高度も僅か降下したあと上昇します!
減圧が起きたのは落合さんの証言でも明らかですが、機内与圧が極端低下したとは考えられません!


しかも、「007ゴールド・フィンガー」じゃありませんが、良く映画に出て来る様に、小さな窓が割れただけで、人が吸い出されるほど客室内は乱気流状態で大混乱になる筈なのに、JAL123便の客室内は白い靄(もや)が立ち上った程度で、圧力隔壁の亀裂部に吸い込まれる様な大混乱には程遠い状態だったからです。
落合さんも「パーンと音がしてから10分くらい経って酸素マスクを外しても苦しくなかった」と証言しています。
その時点の高度はまだ2万1,000フィート(=6,400m)以上もあったんですよ!
今度放映されるボイスレコーダーの
新しい解析結果を踏まえて、専門家諸氏がどの様な結論を出すのでしょう?

まさか、3回の爆発音が圧力隔壁だったなんて事は無いでしょうけどね!
後部で爆発音を出せる機器は最後部に搭載された補助動力ユニット(Auxiliary Power Unit)しか無いんだから!
あくまで素人の推測ですが・・・・

この123便の事故から、日本航空は長き混迷の時代に入ります。
バッサリマーク5615b436.jpg
を採用する犯し本当に銀行に切られて株券が紙切れに
53de39a4.jpg4ff74d15.jpg
おまけに垂直尾翼を123便の亡霊みたいに
吹っ飛んだ部分を赤にする信じられない事までやっちゃった!
破綻して当たり前の経営センスでしたからね!(大苦笑)

1f32cda3.jpg
日本航空はやはり鶴が一番!
全機鶴マークになったよね!まさか・・・・まだ亡霊塗装機も飛んでたりして・・・・
livedoor プロフィール
Amazonライブリンク
カテゴリー
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ