素晴らしきかな日本人 by 小早川俊一

御覧戴いてありがとうございます。2010年3月著名人・CM以外のブロガーを締め出した”イザ・ブログ”からあちこちテスト投稿後、過去のイザ・ブログ原稿と一緒にライブドア・ブログに移行しました。名も無きブロガーの悲哀ですね(笑)2013年は20年毎に行われる、お伊勢さまの第62回式年遷宮!これからの20年は弱者優先だった”米の座”から"働かない者食うべからず"の”金の座”に”ご遷移”されましたので[才覚次第で大金持ちになれる]チャンスに溢れる激動の弱肉強食の時代となる筈です! 人類史上[誰でも何でも平等]なんて国家が繁栄した事はなく、官庁.学校.企業も解雇も出来ず努力もしない低レベルの輩が大手を振ってのさばってる日本に明るい未来はあるのでしょうか?もっと競争原理を容認し”ジャパン・ドリーム”が実現する社会にしてほしいものです!

御巣鷹の尾根

御巣鷹の尾根へのレクレイム!番外編、非公開のボイスレコーダーがなぜマスコミの手に渡ったのか?


近くを飛行中の横田基地C130輸送機が墜落場所を特定したのに、墜落場所が特定出来ない報道管制がなぜ起きたのか?
なぜ墜落場所が特定出来ていたのに、墜落場所の偽情報を流したのは誰か?
日本航空123便誤報1
位置確認の第一報は自衛隊機の情報だと言っています!
日本航空123便誤報2
誰が墜落現場から8kmも離れた場所を意識的にマスコミに流したのか?

当時中曽根首相は軽井沢で静養中!急遽東京に向かっていた!
相模湾での演習との関連を精査する為の時間稼ぎにしては茶番劇だし・・・・
座間米陸軍ヘリコプターによる救難活動寸前に横田基地からの帰還命令はなぜ出されたのか?
アイソトープ搭載情報が届き、詳細が判明するまで安全性を優先し中止?
誤報とされた8月12日の自衛隊員射殺報道は本当に起きたのか?
待機命令を無視して救助に向かおうとした隊員に威嚇射撃が行われた可能性がありますね!
尾翼を吹き飛ばす圧力隔壁の破壊は本当に起きたのか?
・・・・
パイロットも酸素マスクは着けていないし高度も下げてないので尾翼を吹き飛ばす程の圧力隔壁の損傷が無かった!
ボデイギアは油圧で保持されている!何かの爆発後油圧が低下しボデイギャが下がったのは明白!
で記述した様に、APUが破損したのが最大の墜落原因だったと今でも思っています!
それはそれとして・・・・番外編を!

自衛隊関係説では、相模湾で演習中の実験ミサイル(爆薬無し)や無人標的機(ファイアービー)が不幸にも日本航空123便の尾翼下部に衝突した事になってます!
万が一発端がもし内部にあるAPUの破損ではなく外部からの飛来物によるAPUの損傷だとしたら・・・・・・勿論、謎の物体が日本航空123便の尾翼に衝突した事になります!
日本航空123便謎の飛行物体
相模湾上空で亡くなられた乗客・小川哲氏が撮影!
APUの爆発で吹き飛んだ尾翼の一部だった可能性もあるんですが・・・・・・・
しかし、無人標的機(ファイアービー)を飛ばすには、試験航行中の「まつゆき」の他に当時1隻しか無かった訓練支援艦「あずま」の管制システム「艦上追尾管制装置」の支援が必要で肝心要の訓練支援艦「あずま」は広島県呉港に係留中で標的機を飛ばしたくとも飛ばせなかった!
もしも搭載していたなら考えられるのは誤射ですよね!コントロール出来ないんだから自爆も出来ない!
その衝撃でAPUが破損!2度の爆発音の疑問も解けますが・・・・まさか通常はありまえません!
しかし『まつゆき」は試験航行中だったので、フル装備で本来遮断するべき回路を忘れミサイルが誤って発射された可能性もゼロではありません!

横田基地に不時着するにはもう少し前から高度を落とさなければなりませんが、横田基地を目の前にしながら機長が羽田に執着した謎も残っています!誘導支援を行っていた筈の自衛隊機は?
緊急信号を受けて日本航空123便の支援に向かったファントムについては情報がありません!

もう一つの陰謀説が、日本航空123便には、『当時世界最高のOSになる可能性が有った『トロン』の開発者17人が搭乗していたのでミサイルで撃ち落された』と云う都市伝説ものです!
MS-DOS全盛時代でしたが、パソコンの能力が低かったのであり得ない話ですね!
それより
には、肝心な事が抜けてました!
それは、2000年運輸省が廃棄した途端、ボイスレコーダがなぜマスコミの手に入り報道出来たかです!事故調査委員会がボーイング社の言いなりだったから?
当時の総理大臣は新国立競技場でも迷走した森喜朗!そのお陰で首相になったのが小泉純一郎!
隔壁の繋ぎ目が折れたのは、墜落の衝撃ですよ!ボーイング社は何が何でも修理ミスという特殊な例にしたかったんだから!


ボイスレコーダーには、スコープ77発信後、スクランブルで近くに飛んできた自衛隊機ファントム戦闘機との交信が記録されている筈です!
本来、羽田に誘導すべき自衛隊機との交信記録がマスコミが入手したボイスレコーダにも無いのです!
コクピット内の会話は全て録音されている筈なのに・・・・・事故調査委員会の報告書でも”・・・・・”なので回収された時点で不都合な会話が消去されたのでしょうか?
マスコミも自衛隊機との更新記録が無い事に疑問を呈していません?これって大本営発表なんじゃ?

あのボイスレコーダーは意図的に修正されて流された可能性が高いんですよね!最大の修正はフライトレコーダーと隔壁が壊れた音を伝播速度を逆算しマスコミに証明させる事にあったのではないでしょうか?
潤沢な調査資金を確保出来るマスコミが調べれば調べるほど爆発音=隔壁が破壊された音だと証明されるように!それとも、ファントムとの更新記録がない不自然さを訴えたかったのでしょうか?

詮索好きで頭の良い日本人に陰謀説的墜落の原因を想定させる事は、単純な原因から目を逸らせることが出来ます!
日本のマスコミを踊らせる『シナリオ』を誰が考えたんでしょうね!最初から疑問を抱かせ謎が謎を生む筋書きなんて!よく出来てます!
真実が解き明かされることは永遠に無いでしょう!証拠は全て廃棄されちゃってますから・・・・・・
中曽根さんも墓場まで持って行くんだろうね!

御巣鷹の尾根へのレクレイム!「エピローグ3」 日本航空123便墜落事故から30年!今も真実は闇の中!

1985年8月12日524名の乗員乗客を乗せた日本航空123便(JA8119)が

群馬県高天ヶ原山の御巣鷹の尾根に墜落してから丸30年が経過しました!
奇跡的に助かった生存者4名を除き、520名が犠牲になりました!

生存者からの証言で、迅速な救援が行われていればもう数名の命を救う事が出来たかもしれません!

横田基地のC130輸送機が墜落場所を特定し、座間の米陸軍ヘリがいち早く墜落現場に到達したのに帰還命令が!それなのに墜落場所情報が錯綜し公式に場所の特定が出来なかった謎は今もって明らかにされていません!
真実は闇から闇に葬られ様としています!


私の推論は最後部の『APU』が最初に破損したのが墜落の最大要因だとするものです。

ジェット旅客機の心臓部・『APU』はかなり複雑に入り組んだエンジンで油圧・発電を担う重要な部分です!壊れたら日本航空123便の様に操縦不能に!
APU点検カバーは下から簡単に開閉出来そうですし、APU上側が強固に遮蔽されていれば尾翼を吹き飛ばす事は今は起きそうも無いようですが・・・・・
日本航空123便は尻餅事故を起こし、圧力隔壁は修理されてますが、
圧力隔壁よりダメージが大きい筈の『APU』が交換されたのかどうかの情報は全く有りません!
尻餅事故で圧力隔壁を損傷させた程の衝撃に複雑な『APU』が本当に」耐えたのでしょうか?
そうは思えません!
私の説を裏付ける物証は・・・・・

747 1APU01
747のAPUは1基から、日航123便墜落事故の後、2基に変更されているのです!
ちょっと観たんじゃ気が付きませんが・・・・・・APUの排気口は2本に!

747 2APU
ボーイング社は最初から墜落の原因を、尻餅事故でのAPU』へダメージを完全に精査せず、その金属疲労による損傷が尾翼を吹き飛ばしたと分かっていたんじゃないかと・・・・
『御巣鷹の尾根へのレクレイム 日本航空123便はなぜ墜落したか?』本文に詳しく書いてありますので、時間があったら覗いてみてください!
一基しかないAPUの損傷は747の信用を失墜させるかも知れない起きてはならない事柄です!

尾翼を吹き飛ばすほど圧力隔壁が損傷していたら、機内はパニックになってる筈ですし、機長は機内与圧が一気に低下するので急降下しななければなりませんが、僅か2000フィート降下しただけで機内は平穏でした!
APUの損傷で圧力隔壁に小さな亀裂が入って程度だったからこそ、天井が外れた程度で済んだんじゃないのでしょうか?

未だ、APUを1基しか装備しない747クラシックが世界の空を飛んでいます!
翼のジェットエンジンなら1基や2基が停止したり不調になっても飛べますが、1基しかないAPUが故障したら一巻の終わりですから・・・・・・747の最大の欠点だったこの想定に走られるのをボーイング社が一番恐れたのではないでしょうか?
APUが2基にとなって、ようやくジャンボ747は完全に最も安全な飛行機になったのです!
もっとも、APUが1基のクラシック747でも大丈夫な様に、その後色々対策を施しているんでしょうね!
APUが破損しても下のカバーが先に吹っ飛っとぶとぶ様に尾翼下に防護壁を追加したり、バッテリの容量を上げて電動操縦の時間を増やしたりと・・・・・

しかし、多くの謎がある日本航空123便の墜落事故の真実が明らかにされることは無いでしょう!

この報道が、反自民のテレビ朝日の『ニュース・ステーション』じゃなければ、真相に辿りつけたかも!(大苦笑)
これっきりで終わってます!
当時の総理大臣は中曽根康弘・防衛大臣は加藤紘一・外務大臣は安倍晋太郎・国家公安委員長は内閣官房調査室初代室長だった古屋亮!
アメリカ軍の救助を官邸が断った理由とは
1,この年、中曽根康弘首相は防衛費GNP1%枠突破を目指していた!
2,2月に闇将軍田中角栄が脳梗塞で倒れる
闇将軍の呪縛から解き放された中曽根康弘首相が、自衛隊に手柄を立てさせて防衛費GNP比1%枠突破の踏み台とした可能性は否定出来ないでしょう!
レーガン大統領とはロン・ヤスの関係を結んでいたので、アメリカ軍の公式通信記録を抹殺させ箝口令を頼むなんて事も出来ましたしね!
積んでいたアイソトープも問題でしたし・・・・要は墜落場所が判らなかったなんてのは情報操作だったってことです!マスコミは大本営発表に踊らされたって訳!
内閣官房調査室初代室長だった古屋亮元自治大臣が鍵?
QRコード
QRコード
プロフィール

kobayakawashunichi

「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
カテゴリー
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ