素晴らしきかな日本人 by 小早川俊一

御覧戴いてありがとうございます。2010年3月著名人・CM以外のブロガーを締め出した”イザ・ブログ”からあちこちテスト投稿後、過去のイザ・ブログ原稿と一緒にライブドア・ブログに移行しました。名も無きブロガーの悲哀ですね(笑)2013年は20年毎に行われる、お伊勢さまの第62回式年遷宮!これからの20年は弱者優先だった”米の座”から"働かない者食うべからず"の”金の座”に”ご遷移”されましたので[才覚次第で大金持ちになれる]チャンスに溢れる激動の弱肉強食の時代となる筈です! 人類史上[誰でも何でも平等]なんて国家が繁栄した事はなく、官庁.学校.企業も解雇も出来ず努力もしない低レベルの輩が大手を振ってのさばってる日本に明るい未来はあるのでしょうか?もっと競争原理を容認し”ジャパン・ドリーム”が実現する社会にしてほしいものです!

御嶽山噴火

御嶽山噴火再考!御嶽山は日本の臍(へそ)だった!次の警鐘的災害は茨城県東部~千葉県北部か?

4年前の2014年9月27日午前11時52分、長き眠りから突然目覚めた如く、木曽の御嶽山が水蒸気爆発を起こし58名の方がお亡くなりになりました!
なにせ噴火レベル1で、皆安心して昼食の準備に掛かっていたところに・・・



御嶽山って丁度日本列島の中心ともいえる場所にあります!
御嶽山マップ
まるで日本列島の臍(へそ)の様な位置です!

嶽山大噴火の前年には伊勢神宮の御遷宮が行われ慶事の年は大噴火は無いと書きましたが、翌年2014年1月にお礼参り(旧暦なので1月の初詣じゃなく1年間のお礼参りにしていました)に最後となる御神託を荒祭宮で頂いて参りました!
その御神託では、山麓で頭巾を被った人が・・・当然活火山の噴火が起きると思ってましたがまさか御嶽山が大噴火起すとは・・・翌年からはいくら拝んでも一度も受けられませんけど!

伊勢神宮の外宮さんが、中央構造線真上に位置するって何回も書いてますが、ご存知ですか?
まさに竜を抑える鎮守様なんですが・・・・

2013年の御遷宮が終わって金の座にお移りになって2015年から全くパワーを感じる事が出来ません!
中央構造線を鎮めるパワーが失われたと思わざるを得ませんね

御嶽山も謂わば中央構造線を産んだ火山ですから、もっと注視するべきでしたが、中央構造線の火山といえ日本最大の阿蘇山ですからこちらばかりに注目していました!
案の定、3年後には阿蘇山に近い震源で2016年4月14と4月16日に熊本地震が起きてしまいましたがまさに中央構造線じょうでしたので少しも驚きませんでした!!
やはり御嶽山の大噴火は、これから中央構造線が動き出すぞ!って最初の警鐘だったのかも知れませんね!
熊本地震が第2の警鐘だとすれば・・・・・どのくらい続けていただけるのか?
3回?4回?5回?6回?【ヨハネの黙示録】みたいに7回?


中央構造線はどちらが頭でどちらが尻尾やら・・・・真ん中の次は頭なら。2重大地震が起きた熊本が頭?
阿蘇山が頭って事?
香取・鹿島神宮は地震を起こす鯰(なまず)の頭を地中の要石で抑えているとされていますから、てっきり両神宮が頭を抑えてると思っていたのですが・・・・!
次の警鐘的災害が尻尾(頭)と来るなら今度の茨城県東部~千葉県北部って事になるのですが・・・・首都東京も無事では済まないでしょうな~!

1⇒3(+2)⇒6(+3)⇒10(+4)⇒15(+5)の順で起こるのかな~?
御遷宮の1年後御嶽山大噴火(1)⇒3年後熊本大地震(1+2)⇒次の警鐘は6年後(1+2+3)の2019年?
本番は10年後(1+2+3+4)の2023年?それとも15年後(1+2+3+4+5)の2028年?

なにせ神の御技は予測不能ですけの!でも本番までには少々対策の時間が取れそう!
中央構造線真上はもとより、断層真上に住んでる方は、移住を真剣に考えて!
公表されている断層上に今から家建てるなんて自動自得!


北海道の地震が警鐘的災害だったのじゃないかって・・・・・ま~ちゃうでしょ!
あくまでお伊勢さんは、中央構造線の鎮守様じゃけ!

2019年と言えば、光格天皇以来202年ぶりに今上天皇の生前退位での日本国・最大行事・即位の礼ですが、無事に取り行われれば善いですね!
まさか年号が変わった途端・・・・・・・・・
東京オリンピックも心配ですね!トップがトップなだけに、すんなり行くとは思えないんだけど!

⑨♯木曽のな~♯御嶽山、♯木曽の御嶽山が・・・・突如噴火!10月16日をもって捜索中止に!捜索隊の皆様本当にご苦労様でした!

山麓でも冬の足音が聞こえてきた昨今ですが、御嶽山山頂は正に初冬!
氷点下以下での捜索を続けるなんて、第2次大戦末期の神風特攻隊ですよ!
噴火から慨に20日!生存している可能性はゼロなのに、日々気温が低下する3,000mでの過酷な条件といつ水蒸気爆発するか判らない危険と背中合わせの中、懸命な捜索活動で、あと7名を残しての数多くのご遺体を回収して戴けました!
捜索隊の方々、本当にご苦労様でした!
2次災害が起きなくて本当に良かった、良かった!
苦渋の決断じゃなく、より状況悪化は確実なので2次災害が起きる前に撤退するのは恥じゃない!
急峻な崖の捜索は来春以降に!
広大な面積を探すにしても、半身が埋まる程の火山灰じゃ人体での捜索は無理!
来春までには検知装置搭載の救難用無人ヘリを開発してもらいたいものです!

御嶽山登山観光をパッケージにして人気だった観光ツアーも一夜にして消滅!
他の活火山周辺の観光地も他人事じゃありませんぜ!

しかし、今回の御嶽山噴火は『激動の”金の座”』のプロローグに過ぎないのかも・・・・・・ 

⑧♯木曽のな~♯御嶽山、♯木曽の御嶽山が・・・・突如噴火!ヘルメットも効果なし!

検死した医師の話では、20人が即死状態、1人を除き残り全員が外傷性ショック。”ヘルメットを被っていても助からなかったでしょうと言わしめる程の噴火弾だったんですね!
頂上からの眺望も素晴らしく、ご老体でも比較的楽に登れるので大人気となってましたが、安易な登山を売り物にして来た御嶽山観光への鉄槌だとも言えますね!
凄まじい噴火弾に見舞われながら良くもま~100人以下の死者だったのは奇跡だと言ってもいいのでは!

地獄谷と呼ばれてはいないにしろ、噴気を上げている観光地は本州だけで
八甲田山の大岳
岩木山
秋田焼山
八幡平・蒸湯
岩手山
秋田駒ケ岳
鳥海山
蔵王山
吾妻山
安達太良山
磐梯山
燧(ひうち)ヶ岳
那須岳

日光白根山
赤城山

榛名山・二の岳
草津白根山
浅間山 
富士山
箱根山
伊豆東部火山群
皆神山
新潟焼山 
立山 
焼岳 
白山
御嶽山 2014

火の国九州には
鶴見岳 (大分別府)
由布岳
九重山
阿蘇山

福江火山群
雲仙岳(普賢) 1991
霧島山(御鉢・新燃岳)2011
桜島
  活動中 いつ大爆発しても不思議じゃない!
が・・・・・・・・・
水蒸気爆発の後1年後にマグマ噴火してる火山って多いんですね!
富士山ばかり注視してましたが御嶽山も大爆発するかも! 
いずれにしても、東日本大地震で日本列島の東半分が東に移動したので那須火山帯
富士火山帯溜まりホッサマグナ境界線上は要注意!
いつ何時・噴火や大地震に襲われるやも知れませんので、保存食と水だけは確保しておきましょう! 

⑦♯木曽のな~♯御嶽山、♯木曽の御嶽山が・・・・突如噴火!もう捜索は終了にしたら?

約3000mの高地!気温も5度以下と低くなった!火山性微動は収まらず!まだまだ火山灰が降る劣悪な環境での特攻隊的捜索もそろそろ限界でしょう!
しかし、いつまでも続けるんでしょうね!最後の1人が見つかるまで?
広大な『一の池』で火山灰に埋もれていた方も見つかりましたが、残る行方不明の方々は急峻な崖や、分厚く積もった火山灰の下に埋もれています!
これからの捜索はより困難な場所になるので、捜索隊員の方々の健康や2次災害が心配!

台風19号が来る前まで、遅くても10月11日までにすべきでしょう!
捜索を中止した日に、戦闘になったら悪天候もヘッタクリも無いなんて、自衛隊を非難する評論家や政治家がいましたが、自分でやってみろって!
日本のマスコミは言えないので敢えて言えば
気温がますます低下する中、いつ再噴火するか判らない現状で、捜索隊員の特攻精神に甘えるのも・・・雪が降って凍ったら危険過ぎ、2次災害が起きるぜ!
捜索隊員の1割が既に高山病に!犠牲者が出るまで続けろってか?
行方不明の関係者から”もう十分だ”と言い出してほしいものです!生きてる人の方が大事なんだから!
私としては、早く捜索隊の方々に”ご苦労様でした”と言いたいですね!


前回の18号は静岡県に上陸しました。気圧が低くなれば、微妙とはいえ、抑えられていた大地が隆起します!それが繰り返されたら・・・・・
富士・箱根にも大量の雨が!地獄谷のある観光地には当分訪れないのが賢明な選択だと思いますが・・・・・

⑥♯木曽のな~♯御嶽山、♯木曽の御嶽山が・・・・突如噴火!死者50人突破!

4日に発見された3人は王滝頂上から黒沢口登山道への横道で見つかりました!
御嶽山王滝頂上
目の前に上がる噴煙をみてとっさに写真の下の横道に逃げたんでしょうね!
八丁ダマリ東側(写真の左側)は急斜面!捜索も困難な場所!
御嶽山地図
しかし、横道に逃げても約3000mの高地で走ったら直ぐに息切れしてしまいますし、暗闇の中、急斜面の横道では噴石の直撃を受けなくても滑落してしまいます!
まだ今日発見された横道付近に多数の登山者が埋もれている可能性が!
このまま悪天候で捜索が出来なければ、台風18号の雨で火山灰が泥流と化し、犠牲者の発見は不可能となってしまうかも・・・・・・・
台風が来る前に晴天に恵まれん事を祈るしか有りませんね!
規制も現在の5段階から10段階にして、1=平常、2=注意、3=火口から500m立ち入り規制、4=火口から1.5km立ち入り禁止、5・・・・・と、木目細かい規制が必要なんじゃ?
火山性地震を観測したのに、活火山においては”平常”ってのは屁理屈だもんね!
学者さんの常識と、我々一般人の常識の違いを改めて認識させられた大惨事でした!
 
QRコード
QRコード
プロフィール

kobayakawashunichi

Amazonライブリンク
カテゴリー
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ