大塚家具株価
大塚久美子社長は、2009年に勝久しから社長を禅譲され2代目に就任!
大塚家具売上推移1
勝久氏が前年決算で社長交替前に後継者の為に有価証券等の減損会計した事も寄与して表面的には順風満布のスタートと成りました!
しかし、残念な事に久美子社長には営業の経験が無かった!
理論だけで経営が出来れば、経済学者は全て名経営者ですが、実際はそうではありません!
管理能力に秀でていても一向に業績は向上せず、業績不振の原因を創業者の指標にして全否定!
ナッツ姫みたいな新社長のやり方に古参社員の不満もあって2014年解任!

ここで諦めていればこんな事にはならなかったのですが・・・・・
社長解任後、大塚家具が4期ぶりの経常利益赤字(当期純利益は4億7千万円の黒字)に!
なまじの才媛だったのが悲劇でした!
”私がやってれば、赤字にならなかった”とでも、取締役会を説得したんでしょうか?
取締役会も社長復帰を認め、無血クーデーターに成功!2015年1月に社長復帰を果たします!

しかし、復帰早々”業績を悪化したのは勝久会長時代錯誤の所為”と追放したのが誤算の始まり!

翌年2015年3月、会長復帰を目指す勝久氏と株主総会前に骨肉の泥仕合】の株主争奪戦で3年間80円の高配当(14億円)を約束!(3年目は40円に半減)
中堅企業としては、無借金の超優良企業でしたが、3年間で42億円以上の配当金はやり過ぎ!

もっともこの高配当は、大塚家の資産管理会社【株式会社ききょう企画】が勝久氏から大塚家具株130万株の見返りに発行した15億円の社債を償還する為に借入金
(17億円)利払いの為だとも・・・
V字回復で株価も上がれば簡単に返せる筈でしたが・・・・
大塚家具
株が紙屑になれば、連帯保証した久美子社長には莫大な借金が!(大苦笑)
高配当し続けなければ自己破産!社長も辞められない!
そんなこととは露知らぬ
大株主の一流企業も才媛の”家具や姫”としてスター性を期待したんでしょう!

自分の思い通りに、会員制を撤廃し、高級店から中級店へと思い切った方向転換を図ったのですが・

高級家具専門の営業がごっそり抜けた事も重なりVIP待遇だった顧客が離れていってしまいました!
2015年はメデアを賑わした無料PR効果もあって売上25億円増、経常利益も2億円の赤字から6億円以上へ向上し、社長復帰は成功したかのように見えましたが・・・・
2016年580億円⇒463億円赤字45億円!2017年463億円⇒410億円赤字72億円!とつるべ落とし!
2018年463億円⇒376億円赤字34億円(見込み)と3年連続大幅赤字
2015年の社長復帰時にあった100億円以上のキャッシュフローも・・・・3年間で200億円も売上が減ったらあっという間に10億円!
3期連続赤字となったら金融機関は貸し出しを渋らざるを得ません!崖っぷち!
窮余の一策で行った断末魔セールも不発!


しかし、わたしは、毎年500億円以上も有った高級家具市場が急激に縮小したとは思えませんね!
つまり、久美子社長とすれば客が増えれば中級家具も売上に寄与すると単純に考えたんでしょうけど、
”二兎を追う者一兎も得ず”になってる事に気が付いていないんでしょうね!
中級店を別店舗にすれば全く違った展開になっていたかも・・・・・・

わたしも以前は買う時は、的確な
プレゼン出来、修理も可能なインテリアに頼んでました!
残念ながら若死にし店も廃業したので今は苦労してますが・・・・・・
自分で選ぶって運次第!たまたま出会えば良いですが中々出会えるもんじゃ無いですわな!

セットだと後々の補修も考えておかないと使い捨てに!
そうなると価格で選ぶ事に!
家具のアドバイザーって重要ですが、昔の大塚家具は無料だったんだからそりゃ会員も維持出来た!


前のブログにも書いたけど、Amazonだって会員制にしてサービスするのに、会員制を廃止するなんて時代錯誤なんですよ!
久美子社長は会員制を否定したけど創業者の勝久氏の方が時代を先取りしてたんですが・・・・・
気安く入れる店は固定客が付かない!安くてコスパの店に流れてしまうのです!
わたしは一刻も早く会員制に戻すべきだと思いますね!
アフターサービスが高級家具を売る最大のセールスポイントなんだから!
いまの売り方じゃ日本の家電でしょ!8年経ったら買い替え!だって修理部品が無い!
新規顧客は口コミで拡大出来ます!
逆に会員制を充実させて紹介者には特典を出すべきだった!
下取りの家具を手直ししてリセールしても良かったし、大衆路線のニトリなんて無視すべきでした!

匠大塚を立ち上げた大塚勝久氏ですが、営業的嗅覚は衰えていないと思いますね!
現在、日本の空き家は800万戸もあるといわれています!
まだ過疎地や田舎が大部分ですが、新興住宅街だった地区も高齢化でいずれ空き家になります!
土地の価格が下がればウサギ小屋だった日本家屋もいずれ
少子化で倍々の広さにならざるを得ません!
そうなると高級家具の出番です!
もっとも10年以上先の話ですが・・・・・それまで大塚家具は耐えられるのでしょうか?