素晴らしきかな日本人 by 小早川俊一

御覧戴いてありがとうございます。2010年3月著名人・CM以外のブロガーを締め出した”イザ・ブログ”からあちこちテスト投稿後、過去のイザ・ブログ原稿と一緒にライブドア・ブログに移行しました。名も無きブロガーの悲哀ですね(笑)2013年は20年毎に行われる、お伊勢さまの第62回式年遷宮!これからの20年は弱者優先だった”米の座”から"働かない者食うべからず"の”金の座”に”ご遷移”されましたので[才覚次第で大金持ちになれる]チャンスに溢れる激動の弱肉強食の時代となる筈です! 人類史上[誰でも何でも平等]なんて国家が繁栄した事はなく、官庁.学校.企業も解雇も出来ず努力もしない低レベルの輩が大手を振ってのさばってる日本に明るい未来はあるのでしょうか?もっと競争原理を容認し”ジャパン・ドリーム”が実現する社会にしてほしいものです!

原発事故

福島第一原発事故から4年目の夏!雑草の伸びが年々物凄い事になって来ている!

つたのからま~るチャペルで祈り~を捧げた日~みたいに【つた】なら良いのですが・・・福島第一原発事故以来
年々ヤブガラシヤブガラシの勢いが強くなって大弱り!
今年は4m以上になるやつも!
ヤブガラシは別名ビンボウカズラ(葛)とも呼ばれtますがこちらはブドウ科ヤブガラシ属で

繁殖力が強く葛根湯の原料にもなるマメ科クズ属の葛(くず)葛(くず)と違って困りもの!

ヤブガラシの若芽は漢名「烏歛苺(ウレンボ)」として、利尿・解毒・鎮痛などに薬効のある生薬にはなるみたいですが・・あっという間に庭木を覆い尽くす勢い!
福島第一原発事故前はこんなに大きく繁殖して無かったのに・・・・やはり、スリーマイル事故同様、少し突然変異してるのかも・・・・
下は巨大化したタンポポの葉
スリーマイル島事故後1
ネットで情報漁ったら、2011年5月にすでに巨大化したり奇形になった植物が関東でもあちこちで見つかってたんですね!
原発事故後のタンポポ
2011年5月神奈川県藤沢!例年より異常に長くなったタンポポ!葉は余り大きくなってませんね!大分離れてますから一部だけなのかも?
ヤブガラシはもともと繁殖力旺盛なのですが、生命力の強い植物ほど、より強力な生命力を手に入れたのか?ゴジラみたいに・・・・・・
ヤブガラシだけじゃなく、普通の雑草まで背が高くなって来てます!
出来るだけ農薬は使わない主義だったのですが来年からは大量に農薬を使う羽目になりそう!(大苦笑)

残留放射能が無くなって、突然変異で穀物や野菜が巨大化しちゃえば、食物の自給率も高まるんだけどな~!(笑)
【大阪中1男女生徒殺人事件】の山田浩二容疑者も放射能で突然ワル知恵が超人化したのかもよ!

東芝本格協力体制に!ようやく希望が見えて来ましたね!

ここまでの間に、十分な応急処置さえしておけばと悔やまれますが、冷却ポンプやモーターが揃えばまだ最悪の事態を回避出来る希望の光が灯りました

東芝も昼夜を徹して代替え部品造ってたんだね~!もっとも沸騰水型原子炉の命運が掛かってるので東芝さんも必死なんだろうけど!

 

政府も東京電力も後手後手で、とても収拾なんて出来ないと諦めていましたから・・・土壇場で間に合えば奇跡ですが!

 

首相官邸に原子炉事故特別対策本部も設置せず、周辺に非常事態も発せず後手後手の避難範囲拡大で混乱を起こし、無策・人任せで危機を増幅した菅政権は許せませんが、なんとか収拾出来る可能性が見えて来た事は喜ばしい事です!

天皇陛下の日本国民を鼓舞する御言葉のおかげですね!

 

問題は対放射線防護服がどの位手当出来て、いかに迅速に設置が出来るかに掛かって来ました!

 

東北電力でも原子力発電所があります!しかも震源地に近い宮城県牡鹿半島の女川と下北半島の東通村白糖です。

 

東北電力の両原発は13m以上の高さに建設されています。東京電力の福島原発も資料は有りませんがほぼ10m以上の高さにあると思われます

なぜ同じ型の原発で同じ立地なのに東京電力と東北電力で明暗が生じたのでしょう?

 

航空写真で東北電力の原発を見ると、海岸線から一気に10m以上高くしてあります。周辺も低く、例えるなら石垣の上に造られた天守閣みたいなもので津波を左右に逃がすように建てられていました。

 

一方の福島原発は例えれば段々畑の上に建っていて津波を防ぐ役目を果たすものが有りません!

しかも約1.5kmの一線上に建物が並び周辺の高さもほぼ同等か高いのですから、これでは津波のエネルギーを逃がす事が出来ません!

この津波対策の差が、明暗を大きく分けてしまった最大の要因だと思います!

 

今回の福島原発事故を検討してみると、肝心なところで防災上問題になる点が浮かび上がって来ましたね。

 

最初の原因となった非常用冷却装置が地下に設置されてしまった事!40年前の設計なのですが、基本的に津波に弱い設計でした!(構造上やむを得ないのでしょが)

最新の原発はどうなっているのでしょう?やはり地下でしょうね

 

2つ目には、冷却水系が停止した場合のバックアップが全く考慮されていなかったという事です。燃料プールについても同じです。

 

3つ目には、各原子炉が隣接しすぎてる事です。土地に余裕がない日本の悲哀ですが、津波を逃がす上でも、もっと間隔を開けて各原子炉を2基づづ一段高い場所に造るべきでした。

 

4つ目には原発以外に本格的予備の発電施設が無かったことです。ディーゼルエンジンの発電機では燃料が終わったらアウトですもの!

福島原子力発電所の不幸は2基のオイルタンクが一段低い海岸近くに設置され津波で破壊されてしまった事です。

(多分このオイルタンクが予備の発電機の燃料だったのかもという想定です)

原発建屋の裏手にあったなら今回の事故は全く違っていたでしょう!もし燃料用バックアップ・オイルタンクが海岸から離れて高所に設置してあったなら今回の危機は起きなかったでしょうね!

 

東京電力福島原発の事故は、高さだけを過信して大きな津波が襲った場合を想定されていません!

起こるべきして起きたとも言えるんではないでしょうか?

 

その点では東北電力を見習って、万全の津波対策を講じた新しい原発を造って貰いたいものです!

 

今回の原子力発電所の事故で、原発アレルギーが出来て再建出来なくなったら日本の不幸です。

 

今回の事故は、初期対策さえ最初から総力を上げて対処していれば十二分に防げたのです!

 

事故経験の浅い東電に任せて甘く考えていたのが大間違いだっただけで、冷却系だけしっかりしていれば危険性が少ない事が逆に証明されたのですから!

 

今回の事故で、日本の原子力発電は世界一安全な設備になると信じます!

 

皆様も、たとえ悲惨な結果になろうとも、どうか原発アレルギーにはならないで下さい!

 唯一の被爆国として、核の平和利用は日本の使命でもあるのです!

ただし、柏崎や御前崎の様な断層に近い所に建てるのだけは止めましょう!

政治家も地質学を学び、安全な場所を選んで下さい!電力会社任せにしないで!

 

緊急警報⑧福島第2原発から半径30km以内の方も避難の準備を!

福島第一原子力発電所損傷事故は、もはや奇跡が起きない限り臨界に到ります!

 

今まで人類が経験した事の無い、複合原発の複合臨界事故(原子炉崩壊=爆発しなくとも強力な放射線が加速度的に放射される)が起きるのです!

 

福島第一原子力発電所の一基でも臨界爆発すれば、連鎖反応で各原子炉も・・・第2原発もいずれ同じ道を辿らざるを得ません!

 

出来れうれば、今のうちに福島第2原発から最低30km以内の方は粛々と自主的避難を開始して戴ければ幸いです!

 

”万が一”ですので避難しなくての済むとは思います!自主的にご判断下さい!

 

福島第一原発の最終状況は3日以内に起きると思います!起きてからでの避難はパニックになります!

 

一週間旅行するつもりで、休養としてお出かけ下さい!その間に結果が出る筈です!

避難なされない方でも避難の準備だけはお忘れなく!

 

既に、風評被害で一部避難待機地区となったいわき市では、物資を運び入れようとする行動が滞っているようです!

最初から30kmを避難地区にしていればこんなことにはならなかったのに!

 

これはいわき市までの常磐道が緊急車両以外通行止めになっている事も余計な風評を呼んでいるからです!

貨物車限定での即解除をして下さい!物流が正常になれば市民も落ち着きます!

 

菅政権が原発について大本営発表を繰り返している間に、民間企業は自主的に撤退を始めてしまいました!

自主判断で影響範囲を拡大してしまっているのです!

 

楽観的大本営発表は止めて、万が一の最悪事態を公表すべき時期に来ていると思います!

 

このままではこれからの避難指定地区にガソリン・軽油が無くなり避難も困難になってしまいます!

 

東北・常磐道の規制緩和を早急に行わないとパニックがパニックを呼んでしまう!

枝野君の判断の甘さが、避難地域の拡大を生んで不安や風評拡大を呼んでしまいました!

最悪を想定して、確実な安全地域を公表しないと風評被害がますばかりですよ!枝野君!

 

私の真似をしろとは言いませんが、”万が一”を想定した的確な避難指示をしなさい!総括責任者は君なんだから!

希望は希望!万が一は万が一!大丈夫・大丈夫なんて不安を煽るだけだよ!(泣)

QRコード
QRコード
プロフィール

kobayakawashunichi

カテゴリー
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ