素晴らしきかな日本人 by 小早川俊一

御覧戴いてありがとうございます。2010年3月著名人・CM以外のブロガーを締め出した”イザ・ブログ”からあちこちテスト投稿後、過去のイザ・ブログ原稿と一緒にライブドア・ブログに移行しました。名も無きブロガーの悲哀ですね(笑)2013年は20年毎に行われる、お伊勢さまの第62回式年遷宮!これからの20年は弱者優先だった”米の座”から"働かない者食うべからず"の”金の座”に”ご遷移”されましたので[才覚次第で大金持ちになれる]チャンスに溢れる激動の弱肉強食の時代となる筈です! 人類史上[誰でも何でも平等]なんて国家が繁栄した事はなく、官庁.学校.企業も解雇も出来ず努力もしない低レベルの輩が大手を振ってのさばってる日本に明るい未来はあるのでしょうか?もっと競争原理を容認し”ジャパン・ドリーム”が実現する社会にしてほしいものです!

原因

③アスクル最新巨大物流倉庫炎上!原因はダンボール回収業者のフォークリフト?

アスクル配送センター火災について、原因とされるフォークリフトが、ネット上でカウンタータイプか?リーチタイプか?なんて盛り上がっていた時に、推論をアップした筈が・・・・・更新ボタンを押したと勘違いしてました。
時期を失いましたが、原稿を再現してアップしました!
私の推論・・・・・アスクル大火災の原因は、ダンボールの廃棄を請け負った回収会社が持ち込んだフォークリフトではないかと・・・・
アスクル火災原因
配送センター内は新しいリーチタイプのバッテリーフォークを使っていますけど・・・・・このタイプじゃ最低地上高が低すぎてダンボール箱を潰せませんから出火の原因にはなりませんね!
驚きの出火原因って・・・・・・
まずは配送センターの構造を・・・・・
アスクル大火災 3センター1階
アスクルの配送センターでは効率化の為、空いたダンボールを畳まず、箱状のままベルトコンベアで1階北西部にあった集積所(出火場所)に送りシュート口からバンバン落として後は業者にお任せ状態だった様で・・・・
集積所は10m四方!さほど大きくはありませんから箱型のままじゃ~あっという間にダンボールの山になるのは想像に難くない!
しかし、空箱状態じゃないと自動的には送れないのも現実!

ダンボールの山にしないで廃品回収業者の工場に有るような大型圧縮結束機に空き箱を自動的に投入して圧縮梱包していればこんな大火災にはならなかったでしょう!(大苦笑)
どうやら最新鋭の配送センター唯一廃棄処理だけが業者任せだったが故に自動化されず、人力による原始的処理が行われていた様で・・・・・(大苦笑)

思うに、2階3階のシュート口から送られてきた空き箱の山を潰すのに業者が持ち込んだ2トン以上のエンジン式フォークリフトを使っていたんじゃ?
だってバッテリーフォークじゃバッテリが切れたら長時間充電しないと動きませんから膨大な量を処理するには速やかに燃料補給出来るエンジン車を使かわざえるを得ません!
LPGにしろディーゼルにせよ、排気系は高温になります!
当然、補助燃料も近くに用意されていた筈!
発生時間は朝の9時頃って事は、直前に始業点検で満タンまで燃料補給していた可能性も!携帯缶から燃料タンクに移す時に飛沫が飛ぶ事が良くあります!ちゃんと拭き取れば問題ないのですが急いでると・・・・(苦笑)

フォークリフトが新車でアンダーガードしていたならまだしも、古いフォークリフトでアンダーガードも無く箱状のダンボールを毎日バリバリと潰していたら変形したダンボール片がエンジン部に入って排気管も傷わさ!
紙粉も相当出てると思いますね!
紙製品の後処理って意外と山積みにしちゃうと簡単には潰せないし、数トンの重みにも耐えちゃうのでやっかいなんです
”ファークリフとの前輪が空転し、直後に後輪部から出火したした”との証言もあるので、潰したダンボールの山に乗り上げて身動き出来なくなってしまったのでしょう!
なんとか動かそうと慌てて空ぶかししている間に、排気系とダンボールとの密着状態が発生して出火した可能性が高いですね!
もちろん、フォークリフトが古ければケーブルの劣化でショートし燃料やオイルが燃えた可能性も有るにはありますが、フォークリフト下部からの出火なので排気系の可能性が高いのでは?
折しも積み込み中だった様で、搬出口も開放されていたでしょうから一旦火が点いたら、外気が流れ込み2階、3階からのシュートが煙突の役目するのでキャンプファイヤー状態へ火勢も一気に強まり2階、3階へ火の粉が舞い上がって送りコンベア上のダンボールやベルトが導火線の役目を果たして大火災に発展したって事なんでしょう!
消火器で消化出来るレベルじゃなかったと思いますね!とっさに搬出口を閉めればこれほどの大火にはならなかった可能性も・・・・

スプレー缶等の可燃物とされる商品を大量に保管いていたのも消防法違反で大火災の要因とされちゃいましたが、今の危険物の貯蔵量なんて巨大物流倉庫なんて想定していない時代遅れの法律!(大苦笑)

貯蔵量違反してるのは、大規模なホームセンターだって大差ないと思いますが・・・・・・火事になっってスプレー缶が次々と破裂しからって時代遅れの法律で罰すべきじゃないと思いますね!(大苦笑)
これを機会に可燃性のガスを使わない方法に改善すべきじゃないのかな~!

なぜ廃棄処理のフォークリフトが回収業者のフォークリフトだって言う理由は・・・・・・

大量にリサイクル品の廃棄物が発生する工場では、廃棄ダンボールや紙製品の後始末を、人件費や効率を考えて一括で後処理を廃品回収業者に一任する事が一般的なんですよ!
いわば美味しい利権なんですわ!
アスクルとしても、社員は空のダンボールを畳んだり整理して運んだりの後始末をせず、その時間を仕分け作業や箱詰め作業に専念出来るので仕事の処理量が格段に向上します。
廃棄処理担当の人件費を考えたら廃品代を無料で業者に任せる会社さえある!
回収業者としても、大幅に安くリサイクル原料を仕入れられ高値転売出来るので、フォークリフト・燃料を負担しても採算がとれ一般的慣習になってるんですよ!
あれだけの巨大配送センターともなれば処理する量は半端じゃありません!
こんな美味しい利権を廃品回収業者が見過ごす訳が無いので・・・・・・
アスクルも当然、廃棄処理をアウトソーイングしていたと思うのですが・・・表だって出火元が廃品回収業者だとは報道されてませんね!(大苦笑)
次々と送られうず高く積み上がるダンボールは、迅速に崩さないと短時間で糞詰まり状態になっちゃいます!
業者の社員が常勤せず、ピストン輸送の運転手が兼任で廃棄ダンボール処理を行っていたとすると・・・・うず高く積もったダンボールと格闘するのが目に浮かびますね!多少強引に潰して積み込まないと間に合いませんから・・・・・・

責任が廃品回収業者だとしても、100億円なんて賠償能力無いからマスコミも強いて報道しないのかな~?
新しいダンボールだから少しでも高く売却しようとアスクルの社員を雇って、潰し作業から業者の回収トラックへの積み込みまでやってたとすれば話は別ですが・・・・・・・

今回の大火災、最新鋭自動化物流センターの恥部が露呈したと言えるでしょう!
最後の最後まで自動化して、使用済みダンボールは圧縮梱包して業者は引取りだけにしていればと悔やまれますね!

②常総市で、鬼怒川堤防決壊&堤防越水氾濫で洪水発生!決壊の原因は決壊場所の土手に生えていた樹木!

先のブログで書いた様に、鬼怒川の河川敷には28%以上の民有地が存在!
28%でさえ驚いたのに、なんと荒川では河川敷の60%が民有地なんだってさ

それでホンダは荒川にテストコースを作れたって訳だ!
蓮坊ちゃんが、200年に1回の天災なんて後回ししたのは事実!確かにスーパー堤防なんて絵空事ですが
蓮坊ちゃんのおばちゃん的発想自体が危機管理欠如だったちゅうの!

高さ半分にして、鬼怒川等一級河川全部を対象にすべきだったのでは!
河川改修工事の妨げになる民有地を買収しても良かったし・・・・・・

ま、民主党の責任と云うより、危険な場所に太陽光発電を作らせる様にした頓珍漢・菅直人の所為なんだよ!
鬼怒川だけが大規模な氾濫したのには・・・・・高度成長期に大量の川砂・河砂利の採取で河床が一時大幅に低下し、堤防が決壊しやすくなってしまった事も大きく影響してます!
そこで、堰を設けて河床低下に歯止めを掛けようとした訳ですわな!規制してから30年の結果がこれ!
川って、重力に逆らってなぜか真っ直ぐに流れないんですね!
その最大理由は堆積物が・・・・・・流れを邪魔するから!
鬼怒川栃木県png
鬼怒川は堆積物や樹木が生い茂り普段は蛇行する河川になってた訳です!
大雨が降ると、蛇行していた所の河庄は水の勢いで更に深くなります!堤防間際を流れていた所ほど決壊の危険が高くなるんですね!
堤防をいくら高くしても堆積物で河床が上がれば何の意味も無くなる!そこで堆積物(砂利・砂)は定期的の取り除く必要が出てきます!
常総市水害マップ付近図
大本営発表で、無難な報道に終始する日本のマスコミ(テレビ朝日は別だけど)は意識的に無視してますが、上の図を観れば、いかに住民の不安を無視し自然の要害だった丘陵を破壊して造った【ソーラーパネル設置箇所からの越水】が甚大な被害を出したか判りますよね!
ソラーパネル設置場所が決壊を免れたのは、下流が決壊したからだとも言えます!

さすが、反抗的!太陽光発電設備を建築基準法から外した【菅直人】の所為だって言えば拍手するんだけど・・・・・(大苦笑)
竜巻が起きたら、安易な太陽光発電所設備は吹き飛ばされて簡単に凶器になるんだから!
それはさておき・・・・・・・
堤防決壊場所のの原因を検討してみました!

常総市決壊現場

本来なら、普段の川筋である反対側が決壊するのに・・・・しかも手前の丘陵が抵抗なって流速も遅くなるので決壊は起きにくい筈なのにどうしてなんでしょうね?
決壊場所の左側は川砂の採取場でした!
河床が平らになるで流速も早くなりますし、もし河床と土手が少しの段差でも出来ていたらそこから侵食も起きる可能性も!
しかし、決壊箇所を拡大すると犯人が現れました!
常総市決壊現場樹木
土手に生えていた樹木が渦巻く激流で根ごと流され、その根の掘り起こされた穴から侵食され【決壊】に到ったと考えて間違いないでしょう!
手前に丘陵があるので、濁流はこの樹木に左斜めから襲います!しかも渦を発生させます!
堤防内の土手に生えてる樹木は、大水の時は危険だって事ですね!
しかも樹木の有った場所は=決壊した場所は、手前の土手よりなぜか数10cm低く越水が発生してました!反対の土手にも樹木が!
内側と外側から浸水したら、堤防は持たないぜ!

越水が発生したソーラパネルの場所が決壊しなかったのは幅があったのと、下流部の決壊したからで、もし決壊しなかったら・・・・いずれ決壊してたでしょう!

いずれにしても、自然要害を削って大災害の1/3を招いた責任は誰かが負わなきゃね!
河川敷の民有地は、成田空港と同じで国も手が出せない!
誰か言ってましたね、人の命は地球より重いって!
個人の権利も重要ですが、
それより優先するのが治水工事なのでは?

更に今回は悪条件が重なりました!
常総市決壊現場付近図
決壊箇所の下流では、圏央道の鬼怒川橋(371m)が完成寸前でした!
河川敷内は約250m!
橋脚の幅が4mとして橋桁が40m間隔なら橋脚は7脚で
28m川幅を狭めました!
50m間隔でも6脚24mですから、約1割も水流の抵抗になった事で決壊場所の水位も上昇したんでしょうね!
11日には、10kmも下流の常総市街地まで濁流が押し寄せ・・・
常総市水害マップ付近図2
なんと、市役所・病院までが水没するという広大な範囲に拡大しました!
今、懸命な排水作業が行われていますが・・・・・・・・

常総市決壊現場3png常総市決壊現場2png
決壊現場の在りし日の姿!全て濁流に道路共々流されました!

夫婦と犬2匹が間一髪で救助される映像が茶の間に流れましたが、この奇跡の救出劇を産んだのが濁流にも耐えて、流れて来た木造家屋を支え続けた【ヘーベルハウスの白い家】!
ヘーベルハウスヘーベルハウス2
旭化成のヘーベルハウスの評価は急上昇!
http://www.asahi-kasei.co.jp/hebel/lac/hebelset.html/
これだけ全国的にPRされイメージアップに貢献したんじゃ、無料で建て替えてもお釣りが来ますね!
関東が収まったと思ったら宮城県でも未曾有の豪雨で数カ所の堤防が決壊!
結局、これから家を建てるなら【安定した地盤の高台】が一番て事ですかね?
QRコード
QRコード
プロフィール

kobayakawashunichi

カテゴリー
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ