魏志倭人伝の帶方から邪馬台国までの距離1万2千余里を行程距離として考えていました!
帶方⇒七千餘里・到狗邪韓國⇒一海千餘里・至對馬國⇒一海千餘里・至一大國⇒一海千餘里・至末廬國ここまでで既に1万餘里!残りは2千餘里かありませんから私としては日田市に比定していたのですが・・・・

まさか3世紀の古代に帶方郡と邪馬台国の距離を直線距離で測れるとは思いもしなかった!
しかも正確ではないにしろ数キロ~十数キロの誤差で測る方法があったとは!
なるほど
餘里は誤差って事か!納得!
こうなると話は全く違ってきますね!


1里が75mだとすると12000x75m=900km!1万2千餘里は900km以上って事になります!
問題は帯方郡が何処に在ったかですが、同じく直線距離の表示だとするとソウル市では近すぎます!
狗邪韓國から7千餘里なので75*7000=525km!朝鮮半島南端から525km以上だとすると北朝鮮内の港だった可能性も!もしもこの説の様に正確に距離を測っていたとしたら・・・・・末廬國も見当違いしているのかも!将来日本攻略の資料として距離を正確に測った可能性も!
壱岐から75km以上なので福岡市の南部か今の福津市辺りなのかも
考えを纏めるには時間が掛かりそう!(苦笑)

畿内説は1万2千余里から距離的に有り得ないと思っているのですが帯方郡がソウル市なら距離も合いますね!神武東征の神話からも移動した後に中枢として繁栄した筈ですが!)
卑弥呼の墓(100歩)が25mってのは納得できませんが・・・一歩60cmとして60m程度じゃないの?
25mでも当時とすれば大きな墓だったんでしょうけど・・・

問題は1里を何mにするかです!この説では1里を75~76mとしています!
徳島説が説得力を発揮するのは、倭人伝に記述された丹(朱の原料=水銀・辰砂)は当時日本で唯一徳島県阿南市水井町の若杉山でしか辰砂が採掘されていなかった事実です!
いやー実に盲点でしたね!

九州説・畿内説とも自説に都合の悪いことは触れませんから!(大苦笑)
まさか古代に500km以上離れた場所を直線距離で測れるとは思いもしませんからね
なるほどこれなら、レイラインと呼ばれるほぼ正確に配置された神社の謎も簡単に解ける!
この方法なら富士山をに邪魔されず久能山東照宮の真北に日光東照宮を作れる訳だ!
まだ徳島説は、魏志倭人伝の水行20日陸行一月に合致するには不十分ですが卑弥呼の住居が剣山山頂付近だったとすれば1日25里で25里x28日=700里 港から52.5km!
邪馬台国徳島説上陸地点は三島?

貢物を携えて大人数で行列しながら険しい山道を登るとなると直線距離では50kmですが実際は1.5倍以上ですから28日近くは掛かるかもね?雨の日は休んだりしますでしょうし・・・・・

しかし、考えてみれば
山焼きされ清められた高原
は正に下界からは高天原だし・・・・・
邪馬台国には牛馬もいないって記述も山上集落だったら”なるほど”です!

卑弥呼の時代まで四国の高天原にヤマト国の支配層が住んでいたのかもね?
天孫降臨の神話は邪馬台国が山上から山麓へ降りた逸話なのかも?
卑弥呼が亡くなって徳島県気延山山頂に墓が作られ同時に政権中枢も下山?
毎年の山焼きも卑弥呼への送り火だったりして?
国が乱れたのも
山上に居住していた超越したカリスマ性が無くなったからなのかもね!
政権が移動した後の山上集落は避暑地?


それにしても四国ってほんとに謎めいた国です!

剣山の山頂を中心に壮大な山焼が行われていたり、祇園祭と同日の7月17日に剣山山頂への神輿担ぎ上げの祭りはあるし、剣山にはソロモンの秘宝伝説もあるし・・・・・・天皇家との結び付きも古くからあるのを知っていたのに・・・・・直線距離だとは考えが及ばず灯台下暗しでした!

邪馬台国徳島説はまったく眼中になかったとは、失われたアーク(聖櫃)&イザヤ研究者にしては、情けない話ですね!

日本神話の伊弉諾神はイザヤ!日本人の一部は古代ユダヤ民族の末裔!

もっともキリストの墓が戸来村にあったとされているし・・・・日本がエデンの園でユダヤ発祥の地だった可能性もあるのですが・・・・・
大杉博説・・・魏志倭人伝の方位を90度間違いとしなければ、もっと信じられたメジャーな説になったでしょう!



しかし、邪馬台国が四国発祥だとしたら、いろんな謎も解けるんですね!
なにせ最初の生まれた島は淡路島だし・・・・・地震や津波を恐れて高地に住むのも中東から移住した人達には安心出来る場所だし、ハエや蚊も縁が無く獣を追い払う山焼きはダニや蛭なども駆除する最良の方法だし・・そもそもエルサレムも海抜700mの高地なんだから!


267年268年には連続して日食が起こり卑弥呼も死去!戦乱を収める為、卑弥呼の跡を継いだ13歳の伊予・臺與が成長しカリスマ神功皇后として記紀に残されたのか?
日本統一がなされると、徳島では統制出来ないので、奈良盆地に移さざるを得なかったんでしょうか?!
私はアークと一緒に神官達はもっと前に諏訪に移ったと思いますね!
どこまでも直線に拘った古代道もこの測量術の賜物だったんですね!