素晴らしきかな日本人 by 小早川俊一

御覧戴いてありがとうございます。2010年3月著名人・CM以外のブロガーを締め出した”イザ・ブログ”からあちこちテスト投稿後、過去のイザ・ブログ原稿と一緒にライブドア・ブログに移行しました。名も無きブロガーの悲哀ですね(笑)2013年は20年毎に行われる、お伊勢さまの第62回式年遷宮!これからの20年は弱者優先だった”米の座”から"働かない者食うべからず"の”金の座”に”ご遷移”されましたので[才覚次第で大金持ちになれる]チャンスに溢れる激動の弱肉強食の時代となる筈です! 人類史上[誰でも何でも平等]なんて国家が繁栄した事はなく、官庁.学校.企業も解雇も出来ず努力もしない低レベルの輩が大手を振ってのさばってる日本に明るい未来はあるのでしょうか?もっと競争原理を容認し”ジャパン・ドリーム”が実現する社会にしてほしいものです!

共産党

参院選本日投票日!18歳引き下げの240万票の行方は?新規投票者は約360万票!

期日前投票は約1500万人近くになるでしょうから、既に投票を済ませた方も多いのでは?
民進党が大きく議席を減らすのは選挙前から確実なので、どの党がその分を取るかですが・・・・

アベノミックスの評価が問われる実質選挙でも有りますが、安倍ちゃんには英国ショックの冷水を浴びて苦しい選挙戦となりました!
なにせ東証株価が1万5千円を切っちゃうし、円相場も1ドル100円を切る始末!
しかし、1ドル100円は【2020年日本大繁栄】の最低ラインですから、これで成り立つ経済にしなきゃならんのです!
その為には、安定した政権が必要なのは言うまでもありませんが・・・日本の踊るマスコミは大本営発表してるのに何故か政治的混乱を好む様で・・・(大苦笑)
それはさておき・・・・・・・・・
景気の不透明感が鮮明になり参院選にどう影響するかですが・・・民進党の問題解決力が無いのは知れ渡っているので漁夫の利を得るのはやはり【大坂維新の会】になるのかな~?
【みんなの党】が空中分解していなかったら・・・・大躍進してたでしょうけど!(大苦笑)

マスコミは勝手に自民党・公明党・大維が2/3だなんて自民党を大勝させない報道してるけど単純計算では野党統一候補が勝つので自民党が過半数制するのは厳しいと思うよ!(大苦笑)
これで自民党が過半数超えて勝ったら奇跡と言うより野党の惨敗だわな!

野党が負けたら、責任は共産党との統一戦線を組んだ枝野幸男だよ!どうせ【ああ言えば上祐】で絶対責任取らないけどね!

今回の参院選、共産党にとっても民進党との連携は百害あって一利なしだもんね!革マル親派の民進党幹事長・枝野幸男のシナリオに乗ったんだろうけど・・・馬鹿な真似をしたもんだ!
民進党は国今も懲りずになんでも反対、メルトダウン隠蔽の謝罪もしない国民から見放された政党にのるなんて!
行き場のない批判票として、共産党は倍増出来た筈だったのにね~!千載一遇のチャンスを棒に振るなんて(大苦笑)
と言っても、比例区では民進党の票を喰う可能性も無くはない!どうせ選挙区では当選の見込みはないんだからね!比例区で従来民進党に入れた人の数%が共産党と書いてくれれば費用対効果は良い事にはなるわな!(爆笑)
野党統一候補が勝てば影響力を行使出来るし、得をしたのは共産党!(大爆笑)
てっ訳で、比例区で惨敗するのは民進党だけって事になるかもよ!
メルトダウン隠蔽問題で菅直人や枝野幸男が自分で指示しなくても謝罪してれば流れが変わったのに・・・・
自己正当化優先じゃ舛添君と同じなんだけど・・・・
ま~枝野は、負けて幹事長辞任したらマスコミの一斉攻撃対象になるだろうから絶対辞めないけどね!(嘲笑)

共産党・藤野保史【防衛費は人を殺す予算」発言で、参議院議席倍増の好機を逸す!(大爆笑)

安倍政権の批判票として、もはや信用出来ない民進党に変わって受け皿は共産党だろうって情報もあったのに
野党統一候補擁立路線を取った共産党!

せっせと墓穴を掘ってたところに、藤野保史衆議院議員が【防衛費は人を殺す予算】だなんて馬鹿な事を
NHKの討論会でぶっちゃった!(大爆笑)

これでお里が知れました!(大大爆笑)

こんな輩を国会議員にする訳にはいかないでしょう!

枝野幸男・菅直人のメルトダウン隠蔽は周知の事実なのに未だ嘘を言ってるし、そんな奴を幹事長に据えてる民進党が嘘吐き政党と言われても仕方が無いし・・・・これじゃ~参議院選挙は自民党が過半数を取れるわさ!

安倍ちゃんは運が良いよね~!
伊勢志摩サミットで、リーマンショック前と似てるなんて言ったら、瓢箪から駒で英国のEU離脱が起きリーマンショック並みの大混乱になっちゃたしね!

今度の共産党エラーは拡幅不能だわさ!
謝罪したって【覆水盆に戻らず】!!!(大大爆笑)
QRコード
QRコード
プロフィール

kobayakawashunichi

「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
カテゴリー
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ