素晴らしきかな日本人 by 小早川俊一

御覧戴いてありがとうございます。2010年3月著名人・CM以外のブロガーを締め出した”イザ・ブログ”からあちこちテスト投稿後、過去のイザ・ブログ原稿と一緒にライブドア・ブログに移行しました。名も無きブロガーの悲哀ですね(笑)2013年は20年毎に行われる、お伊勢さまの第62回式年遷宮!これからの20年は弱者優先だった”米の座”から"働かない者食うべからず"の”金の座”に”ご遷移”されましたので[才覚次第で大金持ちになれる]チャンスに溢れる激動の弱肉強食の時代となる筈です! 人類史上[誰でも何でも平等]なんて国家が繁栄した事はなく、官庁.学校.企業も解雇も出来ず努力もしない低レベルの輩が大手を振ってのさばってる日本に明るい未来はあるのでしょうか?もっと競争原理を容認し”ジャパン・ドリーム”が実現する社会にしてほしいものです!

先進技術実証機

心神、MRJ、XC-2、満足な開発費も無いのに・・・・それでも日本の新しい翼がいよいよ世界の大空を飛ぶ!安全に!(笑)


心神】地上テスト!水平尾翼全体が昇降舵として動くんですね!主翼の大きなフラップも水平尾翼と連動して上下に動く!ゲ・ゲ・ゲ・・・・・昇降舵が前後って事?(ワォ)
左右尾翼の方向舵が小さいのも、この機構で旋回性能をあげてるからなんだろうね!
なるほど、これじゃ高度な運動性を発揮出来るわな~?
これだけ見ても先進技術実証機 (Advanced Technological Demonstrator-X, ATD-X)らしいじゃん!
それに可変ノズルも加わったんじゃ運動性能じゃF35も真っ青!
正に平成に蘇った零戦!今までの戦闘機は旧型複葉戦闘機みたいになっちゃうかも!(大爆笑)
でも初飛行前にこんなマル秘ともいえる機能を公開して大丈夫なのかいな!自信の表れって事?
さっそく中国が真似するぜよ!
もっともわざと真似させて墜落させるって手も有るけどね!(大々爆笑)


お待たせしました~やっとやっと、地上走行開始!
初飛行は時間の問題だけど・・・・・実際に軽業的急旋回やとんでもない動きが可能みたいですね!
全てコンピューター制御で行うから、開発も大変だし、危険も高いけど・・・仕上がった暁にはF22も凌駕する無敵の戦闘機に成れるでしょう!
システム開発は考えただけで気が遠くなるわさ!あらゆる状況下での対応を網羅するんだから!
究極の戦闘機だけど、2年や3年じゃ完成出来ませんぜ!強度を増しながら何号機まで行くのやら・・・・・・・
どうせ、アメリカが日本の息の掛かった政治家を使って成果を全部ただで持ってちゃうんだろうから・・・・・早過ぎず遅過ぎず・・・・
でも、これだけの高運動性じゃどこまで人間が耐えられるんだろう?
基本パターンだけにして、熟練パイロットに委ねるって手もあるけど・・・・・・順次バージョンアップしていかないとすぐに共同開発にされちゃうからね!(大苦笑)
とにかく、湯水の如く開発費を費やすアメリカ製を違い、限られた予算内で知恵と工夫で太刀打ちするしかない日本の航空機産業ですが、さすが日本人、とんでもない戦闘機を作り出すと思いますね!

初飛行後、主翼の強度不足が判明して中断していた
【MRJ】もやっと本格的にテスト飛行が出来そうですね!良くま~初飛行で落ちなかったもんだ!
とりあえず揺さぶって主翼強度をチェック?

果たして、主翼の強度不足の修正は終わったのか・・・

無事飛行出来たみたいですが・・・・まだ短時間!まだまだ手直しが必要みたい・・・・・・
3月には一日2往復しか旅客機が飛んでいない能登空港でも飛行テストを始めるんだそうな?

三菱重工業だけじゃなく、川崎重工業も・・・・頑張ってまんね!
2016年から配備される新型輸送機【XC-2】も凄くね!C-1の1.5倍だっていうけど倍以上に見えるよね!

航続距離はC-1の2.6t搭載で1,700kmから12t積んで4倍近い6,500kmへと飛躍的に伸びてます!(ワォ)
日本の航空産業も、加速度的に実力を付けているようです!
スパーコンピュータを使っての強度試験や強度試験を使いこなせれば、一気に世界最高峰のレベルに到達出来てしまうかもね!
莫大な開発費が必要だなんてのは、アメリカが他の国に開発させない為のプロバガンダだと思うけどね!
日本ならGPSをカーナビにまで小さくし民間使用を可能にしたように、戦闘機だってアメリカの1/5程度の開発費で同等以上の性能を出せるかもね!
さすが、”素らしきかな日本人”だわさ!

********************************************************************************
!警告!
 2016年元旦~大暴落が起きた時点まで(最長2017年1月27日まで)
********************************************************************************
主要企業101社の9割は今年の景気は拡大するって言ってますがね!(苦笑)
週刊誌も「今年は好景気に成る」と一本調子です!株を買えって?
(大苦笑)
売り抜けて円高にし為替で更に儲ける誰かさんの手先になるとは・・・・
情報を操作し、【株を乱上下させて売り抜ける】のは彼らの常套手段!ジョーカーを掴まされない様に!暴落前は短期勝負以外買っちゃだめですよ!
原油安のお陰で、貿易収支が黒字に!更に黒字が拡大すれば円高に振れ始めます!(って元旦に書いたらその通りになったでっしょ!今じゃ115円以下の視野に入っただってっさ!所詮評論家諸氏は無責任ですから信用しちゃ駄目ですよ!想像外なんて大嘘で情報不足なだけ!(大爆笑)
円高に振れれば、爆買い観光客も激減します!
株式市場は暴落!株を買ってた年金機構も大損害!更なる年金引き下げも検討に・・
(所有株を売らなければまた直ぐに上がるのですが、多分マスコミが不安を煽ってしまうでしょう!)
実際は内需だけなら、消費税増税後2014年4月以降は不況です!
この時10%にしていれば、2014年度~2015年度だけの大不景気で済んでいたかも知れませんね!
円安という化けの皮が剥がれたら、大手企業の業績は暗転します!
近視眼的リストラが横行するかもしれませんので、貯えを!
2017年4月から消費税増税だから言ってる訳では有りません!
【伊勢神宮ご遷宮後、今までは必ず大不景気が起きている】
からです。
1929年のご遷宮(米の座から金の座)では、世界大恐慌が起きて第2次大戦を起こしました!
1953年のご遷宮(金の座から米の座)では、朝鮮動乱特需が終わり大不景気に!
1973年のご遷宮(米の座から金の座)では、中東戦争が起きオイルショック後大不景気に
1993年のご遷宮(米の座から金の座)では、バブルが崩壊し大不景気に成りました。
2013年のご遷宮(米の座から金の座)では、2014年4月から消費税が増税され、以後内需は低迷中でから
概に不景気に成ってるとも言えますが!
不思議な事に第2次大戦でご遷宮が4年遅れてサイクルが変わったのにも関わらすパターンは変わっていません!日本が神の国であることを実証してる訳ですが、逆言えば伊勢神宮ご遷宮の時には好景気に沸くパターンが120年間も変わっていません

2013年、ご遷宮前には株が1.5倍になりましたし・・・・・円安で輸出企業は息を吹き返し・・・・
消費税増税が決定する前から【2015年~2016年に大不景気到来】と予言していたのですが・・・今回は円安差益で大企業が外国人観光客相手でホテルは満杯と好景気が持続しているので不景気到来が微妙にずれちゃいました!
それは、2011年の東日本大震災で福島原発事故で原発が停止し発電用燃料の輸入急増で貿易収支が大幅な赤字に転落したことや、速やかな復興が出来なかった影響です!
本来であれば、ご遷宮時には復興景気で日本中が好景気に沸いていたのですから、献金問題で強力なリーダシップを発揮出来なかった菅直人のお陰で機を失っちゃった!(苦笑)
遷宮後の不景気が遅れた最大の原因は、安倍ちゃんが2015年10月からの消費税増税を2017年4月に【先延ばし】したことです!
過去の事例の様に、ご遷宮後の2014年4月から大不景気になる筈だったのが・・・訪れる筈の死神を、先延ばしにした映画の「ファイナル・デスティネーション」
だって事なるんでしょうね!

定めを人為的に操ると・・・後が怖いんじゃないの!そういう訳で不景気の訪れは想定より早くなると考えるべきでしょう!
買い上げ価格の大判振る舞いで特需に沸いた太陽光発電設備も一段落を迎えます!
MRJも先延ばしになりました!大型免許を持つ運転手の絶対量が足りません!
団塊の世代の運転手が引退したら、今の免許制度では希望者が激減しているので
トラック物流そのものが運転手の奪い合いで崩壊寸前になってしまいます!
しかし、この期に及んでも大型免許制度見直しの検討さえ行われていません!
内需関連の中小・零細企業は売上減で製品値上げも賃上げも出来ず、人員流出で廃業が相次ぐでしょう!
安倍ちゃんが、内需拡大の政策を速やかに行えれば幸いなことに大不景気は危惧に終わるのですが・・・・
消費税が10%になる17年4月から不況になるのは当たり前!ですが、それ以前の2016年内に不況へ突入すると思って対策を講じて下さい!高利回りに釣られて投資しないで下さい!
なにせ2020年には、日本大繁栄が約束されているのですから
、一過性の不景気に落ち込まないで下さい。
財務省や洗脳された政治家が余計な事しなければですけど・・・・・
************************************************************************************************************
私の警告が外れる事を私が一番祈っております!
追記
東証株価は週末のニューヨーク株価が下がったにも拘わらず2月16日の週明けは大反発!(大爆笑)
こんなことはバブル以来無かった珍事です!
いよいよニューヨーク市場とのリンクが切れる前兆かも知れませんね!
乱上下しながら下げるって言ってるのに・・・高値掴みした人も多いんじゃないの!
2月17日には下げに転じて・・・・ニューヨーク追従からリードする形になりつつあるのかもよ!
じゃないと2020年の日本大繁栄は実現しませんから!

心神(ATD-X)ロールアウト!今年中に試験飛行開始!

ステルス性と高運動性を両立させる為の実証機「心神(ATD-X)」の実機が完成し、7月中旬公開されました!
心神ロールアウト

 全長:14.174m 全幅:9.099m 全高:4.514m 
重量:約13t(空重量は未発表約8トン?) 
エンジン:国産初アフタバーナ付低バイパス比ターボファンエンジン 
純国産 IHI XF5-1 推力5t x 2基 偏向可変ノズル装備
公表の推力49kN(49x0.1019=4.99トン)はアフターバーナー時の推力重量比は「8:1」! 
たった5tと中国・韓国は嘲笑してますが、実は戦々恐々なんだわな!(爆笑)
この国産エンジン、重量は 644kgしか有りません!
なにも最初から刺激的高性能を発表する事は絶対避けなきゃならんのですからこの数字は最低限!これからが本番(笑)
現在のF2戦闘機全長: 15.52m 全幅:10.80m 全高: 4.96m 
空重量9.527kg、フル装備重量22トン!
エンジン:ライセンス生産のF118-100 重量1,452kg推力84.5 kN(8.6トン)推進重量比「5.9:1」
「心神」はエンジン2基で1,288kgですから軽くなった分燃料も積める!=戦闘時間が増えるんですね!推力も約10tとF2以上!当然省エネ!
 
F15のエンジン、F100-PW229は重量1,699kg、推力79.1kN(7.7トン)推進重量比「4.6:1」、アフターバーナー時129.6KN(13.2トン)で推進重量比「6.4~7.9:1」ですから純国産IHI XF5-1はほぼ世界最高水準の推進重量比を達成したんですよ!
但しアフターバーナー時の燃費は2倍以上なので戦闘時や緊急発進時のみ!
アフターバーナー無しでの推進重量比が問題ですが・・・「5:1」程度なら軽い機体と相俟ってアフターバーナー無しで超音速が可能でしょう!

75550bb0.jpg
ステルステスト用モックアップと比べると機首の長さやキャピーノが異なり吸入工の形状も微妙に違いますが、
4c4c3609.jpg 
ほぼ設計通りの機体に仕上がってます!
心神の正式名称は先進技術実証機(Advanced Technological Demonstrator-X,ATD-X)

アメリカが素直に量産化を容認する筈もないので、このままF3支援戦闘機として無事発展するとは思えませんが・・・・・
実験機の開発を容認したのは、想定通りの高運動飛行が実現したら、アメリカさんは共同開発の名目で日本の開発した高運動飛行制御システムを又無償で手に入れるつもりなんでしょうよ!
開発リスクは日本に押し付け成果だけ容認の見返りとしてちゃっかり戴く算段なんでしょう!(大苦笑)

アイデアを仕上げることに関して日本人は得意中の得意!
高運動飛行は、5分の一のラジコンジェットで既に実証してます!?!
心神5分の一ラジコン

 
 三菱グループじゃ三菱電機製優先だろうけど、シャープのIGZO&フリーフォームディスプレイフリーフォームディスプレイを使った操縦席なんて造れば世界初だしね!
F35
次期主力戦闘機のF35Aの搭載エンジンはPW F135 重量1701kg 推力125kN~191.35kN 推力重量比はなんと「11.467:1」と際立って強力ですが1基だけの搭載で燃費も史上最悪!様は重い車体を早く走らせる為に無理して造ったガソリンがぶ飲みの旧型レーシングエンジンなんだわさ!(大爆笑)
燃料消費量はアフターバーナー時1秒間25g/kN=191.35kNx25g=22.8kg!
一分間で22.8kgx60秒=1368kg÷0.83(ケシロンの比重)=1,648リッターを消費します!(ワオ)

その為、F35は通常戦闘機の倍の燃料を搭載するので重くなり鈍重な機体に!
航続距離は僅か2200km!戦闘行動半径は1092km!
高性能とはいえ戦闘時間の短さが欠点!空中給油出来なきゃ早々に戦線離脱せざるを得ません!
イギリスは始めハリアーの代替にF35Bを予定してましたが余りに航続距離が短いのでキャンセル!(大爆笑)
既にF35は「史上最大の欠陥戦闘機」とさえ言われ始めているのです!
一方の「心神」はより軽く、運動性優先!まさに零戦!
運動性では鈍重なF35なんて「心神」の敵じゃない!
心神
左翼下に装備されたのはステルス性予備タンク?それとも新型誘導ミサイル?それとも空対空ミサイル用回避用ダミー?
心神がF2の4,000km以上の航続距離、出来うれば6,000km以上を達成すれば航続距離=戦闘時間に秀でてた零戦の復活だわさ!

果たしてF3支援戦闘機の燃費や如何に・・・・・余裕ある航続距離を実現すれば戦闘時間で支援戦闘機どころか実質主力戦闘機の地位になっちゃうぜよ!(大々爆笑)
QRコード
QRコード
プロフィール

kobayakawashunichi

カテゴリー
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ