素晴らしきかな日本人 by 小早川俊一

御覧戴いてありがとうございます。2010年3月著名人・CM以外のブロガーを締め出した”イザ・ブログ”からあちこちテスト投稿後、過去のイザ・ブログ原稿と一緒にライブドア・ブログに移行しました。名も無きブロガーの悲哀ですね(笑)2013年は20年毎に行われる、お伊勢さまの第62回式年遷宮!これからの20年は弱者優先だった”米の座”から"働かない者食うべからず"の”金の座”に”ご遷移”されましたので[才覚次第で大金持ちになれる]チャンスに溢れる激動の弱肉強食の時代となる筈です! 人類史上[誰でも何でも平等]なんて国家が繁栄した事はなく、官庁.学校.企業も解雇も出来ず努力もしない低レベルの輩が大手を振ってのさばってる日本に明るい未来はあるのでしょうか?もっと競争原理を容認し”ジャパン・ドリーム”が実現する社会にしてほしいものです!

レッドブル

③ホンダRA620H 5戦目70周年記念GP メルセデス独走でつまらないF1の筈が・・・暑さとタイアマネジメントでフェルスタッペン今期初優勝!

第5戦も予選ではメルセデス2台と大差のレッドブル・ホンダ!

Q2でフェルスタッペンだけハードタイアでチャレンジ!
Q3ではレッドブル・フェルスタッペンはレーシングポイントのヒュルケンベルクの後塵を拝し4位!
アルボンは縁石に乗り上げてガスリーに負ける9位!・クビアトも突風でコースアウトしてQ1敗退の16位!
アルファタウリはガスリー7位と大健闘!このまま上位だったらアルボンと交代も有りえましたが・・・・・


この調子じゃ「メルセデス2台がリタイアでもしない限り今年の優勝なんて無理」と諦めていたら・・
なんと、前回より1ランク柔らかくなったタイアにメルセデスが大苦戦!
メルセデスPUの圧倒的パワーが裏目に!燃料満タンではミデアムタイア(前回のソフトタイア)には厳しく
2台とも前後タイアにブリスターが発生!先週同様のパンクも有り得る状況に!

メルセデス2台共、後続のハードタイア(前回のミデアム)を履くフェルタっペンを引き離せません!

タイヤのマネージメントが勝敗を分けちゃっいました!
8位スタートでミデアムタイアのフェラーリ・ルクレールは1ストップで走り抜き4位入賞!
ハードタイアのルノー・オコンも1ストップで8位に!

タイアに優しいドライビングと柔らかめのサスペンションと相まって4位スタートのフェルスタッペン今期初優勝!

2位メルセデス・ハミルトンを11秒離して完勝!3位ボッタス!4位フェラーリ・ルクレール
9位スタートのアルボンはレーシングポイントの2台を抜いて5位・
16位スタートのクビアトはハードタイア⇨ミデアムと繋いで10位入賞!
ミデアムタイアのガスリーは、1回目のタイア交換が早々の7周目で後方グループに沈み11位!8位ルノー・オコン、9位マクラーレン・ノリス!
3位・5位と予選では際立ったレーシングポイントでしたが・・・メルセデス同様タイアに苦しみストロール6位・初の表彰台を狙えたヒュルケンベルクは残念ながら7位に!
ミデアムタイアのガスリーは、1回目のタイア交換が早々の7周目となり後方グループ中に沈み残念な11位!
予選では、まだまだメルセデスPUやルノーPUに追いつけないRA620Hですが・・・

本来のレッドブルが戻って来た様で、タイアに厳しいサーキットでは勝てる可能性が出て来ましたね!(笑)

③ホンダRA620H 4戦目イギリスGP 圧倒的メルセデスとの差は詰まらず・・・つまらないF1に!

ロックダウンで進化させられなかったフェラーリPUの凋落!
アルファータウリもイタリアでは仕事が出来ずホンダPUの信頼性低下と相まって中団に沈んでいます!
もはやメルセデスPUの独壇場!
万年最下位だったウィイアムズがQ2、レーシングポイントがQ3に進める様になったメルセデスPUに対し
フェラーリPU搭載のアルファロメオ&ハースはQ1止まり!
予選で3位レッドブル・フェルスタッペンと1秒!10位フェラーリ・ベッテルを2秒も引き離したメルセデス!

メルセデスは予選で1022馬力も出てたとか!予選ではホンダPUとの差は50馬力?
ルノーPUも出力アップに成功した様で・・・

3位以下が周回遅れになったらレースじゃないよね!(苦笑)
セーフテイカーが入れば周回遅れは解消されるけど毎回起きるわけじゃなし・・・・

PUも開発凍結なんて言ってないで今からでも解禁すべきでしょう!
じゃないと2020年度はメルセデスの全勝だぜよ!

ホンダはPUのハーネス(電気配線)に欠陥があったとか言ってるけどマジ?
アルファータウリは、ギャボックにトラブル抱えちゃってるし・・・アルボンはガスリーの後塵を拝する始末!
アホらしくてブログ書く気にもなりませんね!

アルボンはヒュンケンベルクとの接触で5秒ペナルティ!オーバーテイクするのになんか慎重さ不足というか相手の動きを予測する能力が欠けているのかも!このままオーバーテイクの失敗が続いたら魚雷だった若きクビアトの二の舞でしょ!

クビアトは何の因果か高速クラッシュ・・・・
イギリスGPでの高速クラッシュといえば、トロロッソ時代のハートレーがサスの破損で


今回はリアタイアのパンクだったらしいけど・・・・同じGPで同じ様な高速クラッシュとは!


しかし残り2周で大波乱!レースは最後まで判りませんね!
2位ボッタス・5位サインツのパンクでフェルスタッペンは2位表彰台ガスリー7位、最下位から追い上げたアルボンが8位入賞!
フェルスタッペンはアルボンにファステッド譲って最終ラップのファステッドラップを狙わなければ優勝だった!(苦笑)


来週のタイア選択でも又波乱が起きれば面白いのですが・・・・
他力本願じゃね~

②ホンダRA620H 3戦目ハンガリーGP・アルボンQ1進めず12位!フェルスタッペン7位!ガスリー10位もPUトラブル!ホンダパワー失速もなんと奇跡の表彰台!

第3戦ハンガリーGP レッドブル、アルファタウリ共々精彩を欠いてタイムも中断グループ!

メルセデスPUのレーシングポイントが予選3・4位!同PUのウイリアムズも初の2台揃ってQ2進出!
フェラーリが3列目!フェラーリPUのパース・アルファロメオ勢はQ3で敗退!フェラーリもやっとこすっとこ!

ガスリーはQ1進出もPUトラブル!どうにもこうにも・・・・・ホンダPUの信頼性に陰りが・・・・
原因不明なんじゃエイドリアン・ニューウェイのお手並み拝見とは当分行けそうもありませんね!
パワー・コントロールが難しいマシンになってる様で・・・・
明日の決勝は果たして・・・・



7位スタートのフェルスタッペン、決勝前のレコノサンスラップでクラッシュ!修理時間は17分しかありません!
アルボンの不調と相まってレッドブルのハンガリーGPの表彰台もなくなったと誰もが思いましたが・・・
なんと奇跡が!
フォーメーションラップ開始寸前にグリッド上で修理を終え・・・・終わってみればフェルスタッペン2位表彰台!
アルボン、フェラーリを抜き5位と出来過ぎの結果に!クビアト12位!
ガスリーは、万全を期して新品のPU交換したのにギヤボックストラブルで唯一リタイア!全取替してれば・・・・

しかし今年のRA620Hはどうしちゃったんでしょうね!コーナーでパワー出せないから直線でも遅い!
ホンダが昨年より良くしようと考えるとしたら、パワーはそこそこに上がったのでよりNA並みのレスポンス?
ターボエンジンはタイムラグが有ります!RA620Hはこのタイムラグを極小にしようとしたのか?
アクセルのエンコーダー分解能を上げたり、燃料噴射装置の反応時間短縮
・ウエストゲートの開閉速度短縮フライホイールを軽くし過ぎたり等等RA619Hよりピーキー(過敏)なICEになったんじゃねーのかな~?
微妙なアクセルワークに、ICEの回転が直追随したら・・・

コーナーで、パワーがバラつけばアンダーとオーバーが交互に出て来る!逆に反応遅れでもそうなるけど!
人間のアクセルワークはコンピューターじゃね~んだぜ!
シーケンスのプログラムを組む場合、入力の異常値を排除する人と排除出来ない人も!
第一戦でのフェルスタッペンのPUストールが全てを物語っているみたい!
センサーの問題じゃなくて何でも速く処理すれば良しとしたプログラムの問題なのかもよ!(大苦笑)
反応は少し鈍でもパワーを優先した【ICE】にすべきじゃなかったの?
まさか鈍にし過ぎたんじゃね~だろうけど・・・・・
いずれにしても今年はPUのアップデートは凍結されて出来ないのでメルセデスの全勝でしょう!
実につまらん!メルセデスPUだけのF1にしたら!
2022年からPU開発が凍結されたら勝てないフェラーリ・ホンダは撤退でしょう!(笑)

ホンダRA620H 2020年度3台リタイアで初戦惨敗! 2戦目3位表彰台、3台入賞4台完走も喜べず・・・・もっとパワーを!

      コロナウイルスの影響で、3月13日からのオーストラリアGPが直前で中止となって3月半!
レッドブルリンクでのオーストリアGPが初戦となって期待されたRA620H搭載マシンでしたが・・・
レッドブル・リンク

レッドブル・フェルスタッペンは11週にPUトラブルでリタイア!
縁石に乗り上げたショックでセンサーが異常反応?

CPUが異常が起きたPUを守る為にドライバーと関係なく自動的にストールさせるなんて高度に成り過ぎたF1の最大の弱点ですね!
リセットの再起動も出来ないってんだから・・・重要なセンサーはダブルにするとか出来ないのでしょうかね~?
原因はまだ掴めていないようで・・・・

3位入賞確実だったアルボンもメルセデスのPU不調に優勝を狙ってセフティーカー後にタイアを換えて果敢にアッタク!
しかしハミルトンにブラジルGP同様弾き飛ばされ最下位に!追い抜きが今後の課題ですね!
アルファータウリも、セッテングが決まらずQ2止まり!入賞圏内だったクビアトもオコンと接触してリタイア!
ガスリーだけが8位入賞!
初戦は・・・・・メルセデスのボッタスが、Pole to WIN!
レッドブル2台・アルファタウリ/クビアト・ルノー/リカルド・レーシングポイント/ストロール・ハース/2台・ウイリアムズ/ラッセル・アルファロメオ・ライコネンの9台がリタイアする波乱のサバイバルレースに!
アルボンのリタイアでルクレールが繰上げで棚ボタの2位!
マクラーレンはノリスが3位で初の表彰台に!ウィリアムズもラティフィがもう少しで入賞の11位!
来年フェラーリに乗るサインツが5位という出来過ぎの結果でしたが・・・・

7月9日からは、初の同一コースで連続GP開催となった第2戦シュタイアーマルクGP!

レッドブルはまだ万全のセッテングとなっていない様で・・・・・アルボンはスピン連発!
ペレスが一時トップを維持してるほど好調なレーシング・ポイントがトップテンに!
とりあえずフェルスパッペンが1分3秒660(先週1分5秒215)でポール獲ったけど・・・・
先週のP2最速はメルセデスのハミルトン1分4秒304だから若干速くなってるかも!
土曜日のP3は雨天の為中止!予選は決行されましたが・・・
Q2へホンダPU4台揃って進出するも・・・・・
メルセデスのハミルトンが2位フェルスタッペンに1.2秒の大差でポール!
アルボン7位ガスリー8位!クビアトはルクレールに詰まって14位と出遅れ!
決勝の結果は?

メルセデスが1-2フィニッシュ!レッドブル3-4位!マクラーレン5&9位!レーシングポイント6-7位
ルノー8位!アルファタウリ10位&15位!ウイリアムズは相変わらず最下位ですが・・・
フェラーリ同士討ちで2台リタイア!フェラーリPU全車入賞圏外!復活は8月?


F1 プレシーズンテスト2回目(2月26日~28日) アルファロメオのリザーブドライバーとなったクビカが1分16秒942のトップタイム

初日(4日目)
アルファロメオのリザーブドライバーとなったクビカが午前中1分16秒942のトップタイム!ソフトタイアですが!
周回も50周と順調!
アルボンは午前中・1分18秒822で10位!→ハードタイアで1分17秒550にタイムアップし2位⇒現在3位!
ガスリーは午前中・1分18秒408の8位!→ソフトタイア1分17秒540にタイムアップし現在2位
しかし、午前中の2人ともアルボン29周ガスリー25周と少なく・ホンダPUのマイナートラブル
フェラーリ・ヴェッテル午前中1分18秒113の8位→1分18秒054 84周走行
メルセデス・ハミルトン午前中1分17秒562の2位、89周走行
二人ともハードタイアでタイムアッタクもせずテスト周回ですが、差は歴然?フェラーリ苦戦か?
午後は・・・・・
ヴェルスタッペン登場!ミデアムタイアで軽く1分17秒374!本日の2位へ!84周走行!
アルファタウリはクビアトへ!ハードタイアで1分18秒593!
ミデアムで1分17秒706で7位!
ガスリーとガチ勝負!最後に1分17秒456でガスリーを抜いて本日の4位に!

レッドブルの昨年マシンRB15のパーツを使うアルファタウリAT01の仕上がりは順調のようです!
メルセデスはボッタスに!1分18秒100の9位!90周走行
フェラーリ・ルクレール1分18秒244の13位とタイムは伸びず!80周走行
両強共に、ミデアムタイアだったのにハミルトン・ベッテルに及ばず!
レーシングポイントのペレスが1分17秒428で3位に!午前中のストロールも1分17秒787と

2日目(5日目)
アルファータウリ・ガスリーが1分17秒台(1分17秒006)でしたが2位に!(笑)
1位はフェラーリのベッテル(1分16秒846)!レーキ角を大きくしたので、最高速は犠牲なったけどコーナーじゃ速い!
3位はコピーポイントと蔑まされたレーシングポイント・ストロール(1分17秒118)!
4位にはなんとウィリアムズのラティフィが!タイムも1分17秒313で万年最下位からは脱却出来そう!

レッドブルはハードタイアでフェルスタッペン(1分17秒738)31周アルボン(1分18秒393)61周とパーツテスト!
メルセデスもミデアムタイアでボッタス(1分17秒985)49周ハミルトン(1分22秒425)はPUトラブルで僅か14周!
まだまだ腹の探り合い状態ですね!

最終日
いろいろ問題を抱えながら1位はメルセデス・ボッタス(1分16秒196)79周!
2位にフェルスタッッペン(1分16秒269)45周!
3位にルノーのリカルド(1分16秒276)が65周!PUが持てば上位争い出来るかも・・・・
4位にフェラーリのルクレール(1分16秒360)が!
5位はメルセデス・ハミルトン(1分16秒410)90周!
6位にルノーのオコン(1分16秒433)73周
7位にレーシングポイントのペレス(1分16秒634)153周!
8位にマクラーレンのサインツ(1分16秒820)161周!
9位にウィリアムズのラッセル(1分16秒871)144周!
10位にアルファータウリのクビアト(1分16秒914)156周!
11位にハースのグロージャン(1分17秒034)86周!
12位にアルファーロメオのライコネン(1分17秒415)115周!
13位にハースのマグネッセン(1分17秒496)27周!
14位にレッドブルのアルボン(1分17秒803)59周!

6日間のプレシーズンテストが終わり・・・・
メルセデスはPUに一抹の不安が!
フェラーリは最高速が落ち・・・・高速サーキットに不安が
ルノーはマシーンの性能も上がってPUの耐久性次第!
ウイリアムズはまだ速くなりそう!
レーシングポイントはメルセデスから0.5秒落ちか?表彰台も有り得るかも?
アルファーロメオ・ハースは直線番長!高速サーキットに活路?
マクラーレンはまだ手の内を見せていません!

アルファータウリは、仕上がり順調!
しかし、フェラーリとアルファータウリは感染症危険情報レベル1に指定されたイタリア・エミリア=ロマーニャ州
が本拠地!

スタッフが多数感染すれば全員2週間の隔離と成り棄権せざるを得ない状況にも!

レッドブルは、まだ未完成の様で開幕戦に間に合うかどうか微妙でしょう!
フェルタッペンならなんとか出来るけど、アルボンにはトリッキーなマシンになってる様ですね!
アルボンも昨年のガスリーみたいなクラッシュは避けたいので安全運転!
今年も幕が上がらないと3強の実力不明!

3月13日からの開幕戦オーストラリアGPも行われるかどうか微妙!
治療方法が確立しないと・・・・5月のスペインGPまで開幕が延期になっちゃうかも!

QRコード
QRコード
プロフィール

kobayakawashunichi

「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
カテゴリー
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ