素晴らしきかな日本人 by 小早川俊一

御覧戴いてありがとうございます。2010年3月著名人・CM以外のブロガーを締め出した”イザ・ブログ”からあちこちテスト投稿後、過去のイザ・ブログ原稿と一緒にライブドア・ブログに移行しました。名も無きブロガーの悲哀ですね(笑)2013年は20年毎に行われる、お伊勢さまの第62回式年遷宮!これからの20年は弱者優先だった”米の座”から"働かない者食うべからず"の”金の座”に”ご遷移”されましたので[才覚次第で大金持ちになれる]チャンスに溢れる激動の弱肉強食の時代となる筈です! 人類史上[誰でも何でも平等]なんて国家が繁栄した事はなく、官庁.学校.企業も解雇も出来ず努力もしない低レベルの輩が大手を振ってのさばってる日本に明るい未来はあるのでしょうか?もっと競争原理を容認し”ジャパン・ドリーム”が実現する社会にしてほしいものです!

レッドブル

⑥ホンダRA619H【スペック2?】を投入!バルセロナ・イン-シーズンテスト始まる!

5月14日(火) 1日目テストドライバー
 タイム    周回数                                 プレシーズンテスト時のフロント
AM 1:16.525 69 メルセデス=バルテリ・ボッタスfinland
PM 1:15.511 131 新シャーシーと新PUは驚異的なタイムを叩き出しもはや敵なし!更に一歩前に!
メルセデス2019051420190225-mercedes-w10
  Fウィングは洗練されて如何にもバランスが良さそう!1台だけ16秒台を⇒なんと15秒台へ!

AM 1:17.322
 66 フェラーリ=シャルル・ルクレールmonaco
PM 1:16.933 131 
フェラーリ2019051420190225-ferrari-sf90
      Fウィングは立って来た様に見えます!

AM 1:18.284 77 レッドブル=ピエール・ガスリーfrance
PM 1:18.140 118  軽く17秒台が出せない上にスタートライン上でストップ!リタイア!駄目だこりゃ!
レッドブルRB15-2019051420190225-redbull-rb15
  Fウィングは外側が若干高くなった様に見えます!

AM 1:18.597 57 トロロッソ=ダニール・クビアトロシア
PM 1:17.679 121 ガスリーのタイムを上回り3位!安定感と存在感をレッドブルにアピール!
トロロッソ2019051420190225-toorosso-str14
  Fウィングは余り変わってない様ですが 

AM 1:18.263 64 マクラーレン=カルロス・サインツspain
PM 1:18.567 44           ランド・ノリスUnited_Kingdom
マクラーレン2019051420190225-mclaren-mcl34
 Fウィングはスッキリしちゃいましたが・・それにしてもエアインテークは冷却優先で大きくなりましたね~!

AM
1:21.065 26 ルノー=ニコ・ヒュルケンベルグGermany
PM 1:18.051 68
ルノー2019051420190225-renault-rs19
 Fウィングはかなり立ってる様に見えますが中途半端!

若手
AM 1:18.917 57 ハース=ピエトロ・フィッチパルディBrazil(F1チャンプ・エマーソン・フィッチパルディの孫)
PM 1:18.326 98
ハース2019051420190225-haas-vf19
      ルノー以上にFウィングの羽の角度が起きた様に見えます

AM 1:20.638 31アルファロメオ=カラム・アイロットUnited_Kingdom(F2参戦中)
PM 1:19.819  41  ターン3で壁に衝突!リタイア!赤旗!
アルファロメオ2019051420190225-alfaromeo-c38
  Fウィングはメルセデスと逆にサイドエンドで細くさせてますが、どちらが正解かは結果が出ちゃった!

AM 1:20.609 55 レーシングポイント=ニック・イェロリー28United_Kingdom(シミュレータードライバー)
PM 1:18.361 111
レーシングポイント2019051420190225-racingpoint-rp19
 Fウィングは羽の間隔が拡がった様な

AM 1:21.008 66 ウィリアムズ=ニコラス・ラティフィ23Canada(リザーブ・ドライバー・2018F2=9位)
PM 1:20.670 133 タイムは遅くても最多周回数!後半ポイント満たしてクビカと後退なるか?
ウィリアムズ2019051420190225-williams-fw42
Fウィングの羽の間隔が拡がった様にみえるけど微調整程度かも・・・
アッパーアームが上向いてるんじゃフロントの押さえが利かないからパワー掛けられないと思うけど!
フロントサス換えなきゃ追い付くのは無理みたい!

ピレリ・タイテスト
AM 1:18.425 58 フェラーリ=セバスチャン・ベッテルGermany
PM       132
AM 1:19.719 66 レーシングポイント=セルジオ・ペレスMexico
PM       118

初日は、メルセデス以外、フロントウィング等の新パーツを開発する為に試行錯誤している様です。
レッドブルのガスリーがコース上でストップした原因はミッショントラブルだったけど・・・・
タイムも速くないし・・・新スペックのPUテストしなくちゃ!メルセデスを見習ったら!
ガスリーストップd
なにもコース上に停める事はないでしょ!ドジ!
実は【スペック1改改】のパーテイモード試したらオシレーション発生でミッション壊れた・・なんちゃって・・・

5月15日(水)2日目テストドライバー
 タイム   周回数
AM 1:18.263 42 トロロッソ=アレクサンダー・アルボン
PM 1:17.079 110
AM 1:18.578 47 アルファロメオ=キミ・ライコネン
PM 1:17.349 110
AM 1:18.101 46 ハース=ケビン・マグネッセン

PM       106
若手
AM 1:19.146 82 メルセデス=ニキータ・マゼピン(F2参戦中)
PM 1:15.775 128 
AM 1:18.182 60 フェラーリ=アントニオ・フォコ22(2018F2-7位)
PM 1:17.284 120
AM 1:20.883 45 レッドブル=ダニエル・ティクム(SF参戦中)
PM 1:19.458 79
AM 1:21.565 19 マクラーレン=セルジオ・セッテ・カマラ(2018F2-6位)
PM 1:20.712 52          オリバー・ターべりー32 
AM 1:20.648 42 ルノー=ジャック・エイトケン23(2018F2-11位)
PM 1:17.612 75
AM 1:21.196 53 レーシングポイント=ニック・イェロリー(シミュレータードライバー)
PM 1:20.712 83
AM 1:18.915 51 ウィリアムズ=ニコラス・ラティフィ23(リザーブ・ドライバー)
PM 1:18.573 88


ピレリ・タイアテスト
AM 1:18.666 73 フェラーリ=シャルル・ルクレール
PM 1:17.349 127
AM 1:21.224 20 レーシングポイント=ランス・ストロール
PM 1:20.745 119

メルセデスは誰が乗っても必ず速い訳じゃなかった!と思ったらなんと新人が15秒台を!(苦笑)
これじゃ連続1-2がいつまで続くやら・・・・・・
ウイリアムズのラティフィが昨日のタイムを1.7秒短縮してなんと6位の1:18.915!
いや~クレアさんも大喜びでしょう!
ラティフィが入るとウィリアムズが台風の目になるかも!
実戦から離れていたクビカにはやはりF1は無理ですよ!モナコ終わって首か?
クレアさんも非情にならなきゃ!

インシーズンテスト5.14~15
使用タイアも絡んでいるので、MFは何とも言えませんけど・・メルセデスの強さは圧倒的過ぎます!

⑤ホンダRA619H【スペック2?】を投入!2戦目で「トラブルの無いフェラーリ」に勝ってフェルタッペン2度目の3位表彰台へ!

  アンビリーバブル!フェルスタッペン3位

抜き難いカタロニア・サーキットとは言え、フェラーリを全く寄せ付けず3位入賞はご立派!
次は、いよいよメルセデス!と言いたいところですが・・・・ガスリーがフェラーリを超えればの話!
ガスリーもなんとかミッドフィールドを離して定位置の6位!でもまだフェラーリとバトルは無理!
3位入賞は卓越したフェルスタッペンのお陰ですからね!

トロロッソは惜しい事になりました!
タイア交換前まで、クビアト7位、アルボン9位をプッシュしてたんだから!
なんとクビアトのタイア交換時に、ピット連絡ミスでアルボンが先と伝わりアルボン用にセット!

クビアトは入って来てから間違いに気が付き慌てて奥にクビアト用タイアを取りに行き大幅なタイムロス!
使用タイアは、各ドライバー毎に決まっているので、誤装着防止の為に離して置いていたのが仇に!
クビアトのピット内前方に用意してあればまだタイムロスは少なかったでしょうに

クビアトはなんとか9位入賞になりましたが・・・アルボンは待ち時間もあって一分もロス!
パニくって最悪のドタバタ劇を演じてしまいました!順序を再確認すれば済んだ話!
7位+9位なら8点ですからね~!8位+10位でも5点!
なんとも初歩的なミスでポイントを失うとは・・・・・レースデレクターは更迭すべきでしょ!
今までもタイアで順位落としてるし・・・・・実にもったいない話でした!
クビアトが7位入賞していれば、レッドブルの椅子取りゲームも面白くなったのに・・・・
残念ながらトロロッソはスターテング・グリッドと同じ順位で終わりました!

その点じゃレッドブルは一流!モナコもフェルスタッペンは入賞出来そう!
ガスリーはしばらく6位が定位置になりそう!
【スペック1改】でフェラーリとも戦えるんだから、早く本物の【スペック2】を!
レッドブルが3~4位、トロロッソが安定して7~8位にならなくちゃ!
そうなりゃ今は圧倒的なメルセデスもミスする可能性が出て優勝も視野に入ってくる!

③ホンダRA619H【スペック2?】を第4戦アゼルバイジャンGPで投入?崖っぷちのガスリーがQ1トップタイム!

    P3でトトロッソのクビアト・アルボンにも負け、おまけに計量を告げる電光掲示板も見落としピットレーンスタートとされた大チョンボを犯し、レッドブル降格寸前だったピエール・ガスリーでしが・・・・

なんとQ1で起死回生のトップタイムを叩き出しました!アンビリーバビル!
ず~とフェルスタッペンに負けているので今期は全敗かと思いましたが・・・・Q2棄権したので今も全敗ですが
Q1でも勝てば自信になるでしょう・・・・これでフランスGPまで首は繋がった様です!
さてピットレーンスタートで、アルボン並みに怒涛の追い上げが出来たら当分安泰となりますが果たして!
と思ってたら・・・なんとガスリーのトップタイムは燃料制限を超えていたので予選失格!
だよね~P3でクビアトやアルボンの後塵を拝していたのに。急に速くなる訳ないし・・・・

どうせ最後尾なんだし・・・間違った事にして・・・・降格崖っぷちのガスリーへのホーナーの温情ですかね!

トロロッソ・グビアトは嬉しい初のQ3進出!
アルボンは、ルクレールのクラッシュの修復作業が長引き、路面が冷えて皆タイム更新が出来ない状況となって無念のQ2敗退!13位ですがジョビナッティの降格で12位スタート!
中国GPの再現してガスリーの上位に成れば・・・後半レッドブル昇格も!

フェラーリは裏目・裏目で勝てるレースを失ってますね!
終わってみれば、走る度に速くなるメルセデスが1位・2位ですからね!
フェラーリはメルセデスの褒め殺しで自信過剰になっちゃうのかね~?(苦笑)
メルセデスにトラブルでもなけりゃ勝てませんね!

しかし、マクラーレンのMCL34は速くなりましたね!
マクラーレンMCL34
エアインテークは大きくして冷却能力は上げたし、ボデイ形状も高くなったリアウイングに上手く気流が当ってますし・・・
マクラーレン2018~2019
フロア下も大幅に改善してダウンフォースも見るからにバランスが良さそうですよね!
最初からこれだったらホンダPUももう少し評価が良かったでしょうに・・・・・

波乱の幕開けから波乱が続くアゼルバイジャンGP!
レースでも大波乱が起きるのか・・・・・と思ったら・・・・大きなアクシデントも無く・・・
メルセデスがボッタス・ハミルトンの順でワンツーフィニッシュ!
フェラーリはベッテル3位・ルクレール5位
レッドブルはフェルスタッペンの3位、スペック2を積んだ残り3台は・・・・
ガスリーがドライブシャフト・トラブルでリタイア!
10番手を走っていたクビアトは、リカルドのバックアッタックでリタイア!
アルボンもライコネンを捕らえられず11位と入賞出来ず!
ホンダPUにとっては2台だけの完走と最悪の結果に!
予選からCPUセッテングは変更出来ませんから、ガスリーの燃料超過でピットスタートでソフトを変更出来たガスリー以外の他の3台は燃料流量超過の可能性があるオーバーテークボタン等の高出力モードを使えなかった可能性が!
レースでガスリーが易々とオーバーテイク出来たマクラーレンをクビアトは抜けませんでしたし、アルボンも直線での追い抜きに苦労してたようですし・・・自信満々のホンダの責任ですわな!(苦笑)
ギリギリの燃料流量コントロールに自信があったホンダが、想定外のタイムラグにビビっちゃった!(大苦笑)
そんな訳で、今回投入した【スペック2】はガスリー以外【スペック1】よりレースでは実質的には若干パワーダウンせざるを得なかったのかもよ!(大々苦笑)
次戦までには、もっとシビアに燃料流量をコントロール出来るソフトにするだろうけど・・・・もっとパワーを上げて余裕のあるPUに・・・・・なんて言っても・・・・・いつに成るやら(大苦笑)
しかしマクラーレンのMCL34は、良くなったよね~!7位8位ゲットでコンストラクター4位に浮上!

レッドブル・トロロッソ・ホンダ バーレンGP予選でフェルスタッペンだけQ3に!ガスリー13位でアルボンにも負け降格は時間の問題か?

レッドブルのST15はホンダPUのパワーを生かせず未だ暗中模索!
それでも予選5位になったフェルスタッペンは凄いレーシングドライバーですね!
トロロッソから昇格したガスリーは今回も13位と低迷!昨年のバーレンGP4位が強烈な印象を与え過ぎていた様で・・・・
何回も書いてるけど昨年の後半戦はハートレーに負けてた!
ガスリーは、マシンのポテンシャルを引き出せるドライバーじゃないと思いますね!

昨年の予選と比較すると
フェルスタッペン 1分29秒374(Q1クラッシュ)
          ⇒1分29秒579(Q1)1分29秒017(Q2)1分28秒752(Q3)予選5位 昨年のリカルドより遅い
ガスリー      1分30秒121(Q1)1分29秒836(Q2)1分29秒329(Q3)予選6位
          ⇒1分29秒900(Q1)1分29秒526(Q2)  -0.310      予選13位
クビアト     ⇒1分29秒876(Q1)1分29秒854(Q2) ピットミスで2回目アッタク中止 予選15位
アルボン     ⇒1分29秒571(Q1)1分29秒513(Q2)            予選12位
(ハートレー)   
1分30秒412(Q1)1分30秒105(Q2)               予選11位
ルクレール     1分31秒503(Q1)                        予選19位
          ⇒1分28秒495(Q1)1分28秒046(Q2)1分27秒866(Q3)予選1位
ベッテル      1分29秒060(Q1)1分28秒341(Q2)1分27秒958(Q3)予選1位
          ⇒1分28秒733(Q1)1分28秒356(Q2)1分28秒160(Q3)予選2位
ハミルトン     1分29秒396(Q1)1分28秒458(Q2)1分28秒220(Q3)予選4位
          ⇒1分29秒262(Q1)1分28秒578(Q2)1分28秒190(Q3)予選3位
ボッタス       1分29秒275(Q1)1分28秒794(Q2)1分28秒124(Q3)予選3位
          ⇒1分29秒498(Q1)1分28秒830(Q2)1分28秒256(Q3)予選4位
マグネッセン    1分29秒594(Q1)1分29秒623(Q2)1分29秒358(Q3)予選7位
          ⇒1分29秒532(Q1)1分29秒017(Q2)1分28秒757(Q3)予選6位
サインツ      1分29秒893(Q1)1分29秒802(Q2)1分29秒986(Q3)予選10位
          ⇒1分29秒528(Q1)1分29秒055(Q2)1分28秒813(Q3)予選7位
グロージャン    1分30秒530(Q1)                        予選16位
          ⇒1分29秒688(Q1)1分29秒249(Q2)1分29秒015(Q3 予選8位
ライコネン     1分28秒951(Q1)1分28秒515(Q2)1分28秒101(Q3)予選2位
          ⇒1分29秒959(Q1)1分29秒471(Q2)1分29秒022(Q3予選9位 +0.921
(アロンソ)     1分30秒530(Q1)1分30秒212(Q2)           予選13位
ノリス       ⇒1分29秒381(Q1)1分29秒258(Q2)1分29秒043(Q3 予選10位 昨年のアロンソより速い

リカルド
       1分29秒552(Q1)1分28秒962(Q2)1分28秒398(Q3)予選5位 
          ⇒1分29秒859(Q1)1分29秒488(Q2)  +0.526      予選11位
ヒュンケンヴェルク1分30秒260(Q1)1分29秒187(Q2)1分29秒570(Q3)予選8位
          ⇒1分30秒034(Q1)   -0.224                予選17位
ストロール     1分31秒503(Q1)                       予選19位
          ⇒1分30秒217(Q1)     +1.286              予選18位
Q1突破タイムは昨年の1分30秒530⇒1分29秒854へ
Q2突破タイムは昨年の1分30秒009⇒1分29秒471へ

ガスリーは昨年以上のタイムですがQ2ノックアウト!

トップ3は新レギュレーションに苦慮している様で予選タイムは大幅に伸びていません!
一方、ミッドクラスは・・・・・・
上の表からはマクラーレン>トロロッソ>ハース>ルノーの順で性能向上してるのが一目瞭然!
ウィリアムズは当分の間蚊帳の外ですが・・・いずれ追い付いて来るでしょう!
アルファロメオ・レーシングポイントもタイム向上し現在は6チームによる大混戦模様に!
さて誰が抜け出すんでしょう!トロロッソだと嬉しいですけど・・・・・
レースは終盤に大波乱が!

幕開けは2位を走行中のベッテルがスピン!オマケにフロントウィングも吹っ飛ばし9位に後退!
さすがにベッテル、5位まで挽回はしましたが・・・・・
2位を20秒以上離して独走中のルクレールが
PUの故障で1周4~5秒もラップタイムを落とし・・・・
あれよあれよとハミルトンに抜かれバッタスにも抜かれ、いずれ4位のフェルセタッペンにも抜かれて表彰台も消えた筈が・・・・
なんと残り3周で6位ヒュンケンベルク8位リカルドのルーノー勢が電気系統のトラブルでストップした所為で
撤去の為セーフティーカーが入って最後まで追い越し禁止に!
確実だったレッドブル・フェルスタッペンの連続表彰台を台無しにしちゃいました!
ルクレールにとっては棚から牡丹餅の嬉しい初表彰台!

10位走行中のガスリーにとってはラッキーな出来事で8位入賞!アルボンも2戦目で初の入賞と成りました!
クビアトはライコネンとのバトルで痛恨のスピン!入賞を逃しちゃいました!
功を焦って昔の悪い癖が出たのか、当てられたといえ1レースで2回のスピンとは・・・・・折角
評価が上がっていたのに元の木阿弥!(大苦笑)
終わってみてば、入賞圏内はメルセデスPU・フェラーリPU・ホンダPUが各3台+ルノーPUの結果に!
しかし信頼性は未だ未だですがルノーPUは侮れませんね!あと数周で
入賞圏内に3台だったんですから!
マクラーレンの新人ノリスも嬉しい6位初入賞!
2019パーレンGP スピードトラップ
レッドブル・フェルスタッペンのストレートスピードが遅過ぎ!
リアウイングを立てたけどハンドリングが改善されず・・・・リアタイア滑り捲くってオーバーヒート!

加速もいまいちなのは、ソフトに振ったリアサスが裏目に出た様で、柔らかいタイアと全く合わない様です!
良くこれで4位になれたものです!RB15のリアサス&リアウィングの早期アップデートが待たれます!

最高速ではトップのトロロッソも15kmも遅いアルファーロメオを抜けずに苦戦してたしね!
昨年からの課題ですがマッピングがまだ完璧じゃないようで・・・・
コーナー出口の立ち上がりで中速トルクがフェラーリPUに負けてるんでしょうね!
今年のフェラーリPUは強力ですね!
それにしてはハースのトップスピードがなぜか遅過ぎですが・・・コーナリングを優先し過ぎ?
各チームまだ新しいレギュレーション対応に苦労してるようで・・・・どこがいち早く最適化出来るのでしょう?
いずれにしてもホンダPU(RA618H)の更なるパワーアップがないと、Q3にホンダPU4台は無理かも!
レッドブルの次回表彰台はシーズンインテストが行われるスペインGP後になっちゃうのかな~?

しかし、ガスリーの”トロロッソの方が僕には合ってた”発言はないよね!(大苦笑)
マックスのマシンの方がまだマシ”とは言語道断!自分を
何様だと思ってるんでしょう!
自分の非を絶対認めない国民性ですかね~?そんな事言ってると女神が怒ってまたクラッシュするぜよ!

ホンダPUフェルスタッペンのお陰で11年ぶりに表彰台に!ガスリースタート失敗タイヤ交換時期を誤りレッドブルRB15でタイヤも新しいのにトロロッソSTR14のクワビトを抜けず11位と惨敗!

 ホンダPUが早くも開幕戦オーストラリアGPで11年ぶりに表彰台に!
2019表彰台
しかも直線でフェラーリのベッテルを追い抜いての3位入賞!ワオ・・フェラーリPUに勝ったぜよ・・・
と言いたいのですが・・・まずは予選から・・・・・
オーストラリアGP 最高速2019
予選での最高速をみると、レーシングポイント・アルファーロメオ・トロロッソ・マクラーレン・メルセデスの順で
予選スピードトラップ最高速
速いと言われたフェラーリやハースが下位になってます!
直線が短いコースなので最高速よりダウンフォース優先なのは判りますが・・・・・
メルセデスは中低速のトルク重視のPUセッテングで立ち上がりが良く、コーナリングスピードも速かったので3位以下と大差が付きましたが・・・・・コースに合わせたバランスの良い見事なセッテングの結果でしょう!
レッドブルは、ホンダのパワー向上が想定外だった様で、切れ味の良いお得意のハンドリングがまだ発揮出来ていないようですね!(苦笑)
非力のルノーPUで長年戦ってきたので・・・・高ハンドリングにするのに苦労してるんでしょう!
それでも予選4位だったのはフェルスタッペンの腕!セッテングが決まったら・・・・・優勝も十分狙えますね!

フェラーリのベッテルは遅い理由が判らないって言ってましたが・・・ダウンフォース優先し過ぎでしょ!
リアタイヤがオーバーヒート!これじゃメルセデスに離されますよね!

上記の表をみると、予選Q1が大接戦になったのも頷けますね!
直線番長だったハースも、今回はダウンホース重視に!

マクラーレンはダウンホースを削ってドライバー泣かせになってるに予選8位の新人ノリスの腕は半端じゃないって事です!
ハイスピードコースでのマクラーレンに乗るノリスは要注意かも!(苦笑)

でも最高速がブービーの状態で、ベッテルが予選3位を確保したんだからフェラーリのマシンポテンシャルは高いと思いますね!パワーを過信したセッテングの失敗でしょう!
レッドブルもダウンフォース優先だったのは同じでしょうけど、パワーがないと思っていた分フェラーリより大分弱めだったんでしょう!(苦笑)
フェルタッペンとガスリーのスピード差はコーナー脱出速度の差ですね!

ガスリーはQ1時間内は8位でしたが・・・終わってみれば17番手に
でも上の表とレースの最高速を比較すれば未だ全力アッタクしていなかったのは明らか!
もっとも、9台ものマシンがガスリーの予選タイムが上回りだしたのは予選時間が過ぎてから!
時間過ぎてもアタック中のタイムは生きるので、よもや・まさかの青天の霹靂でどうしようもなかった不運だったんだけど!
ホーナーはガスリーに謝るなんて言ってますが一回目で安全圏内のタイム出せなかったのは事実だし、入賞してれば当分は安泰でしたが・・・・


燃料を積んで重くなったレースでは、更に顕著に!
スピードトラップ
なんとガスリーは3箇所でトップスピード!でもガスリートップはDRSを使い捲くった結果かも!
しかし、これだけ速くてオーバーテイク出来ないのはガスリーの腕が未熟なんですわな!
もっとも未だ切れ味の良いハンドリングにはまだ遠い様でコーナリングスピードは速くありませんでしたから
攻めるのも躊躇する状態なんでしょうかね!

クビアトも全てで4位以内の速さ!これではフェイントも出来ないガスリーの腕じゃ抜けませんわな!(笑)
オーストラリアGP レース スピードトラップ最高速2019
レッドブルが喜ぶのも当たり前!メルセデスがホンダPUを恐れるのも納得ですね!(笑)
なにせアンダーパワーのルノーPUでフェラーリやメルセデスと戦うには低ドラッグ・ハイダウンフォースのマシンが最適で昨年まではNo1マシンでしたが・・・・・
ハイパワーPUとなると、もっとダウンフォースを付けないとコーナリングパーワーを上げられません!
レッドブル・トロロッソの最高速が速いのはPUに対して低ドラッグ過ぎているのかも!(笑)
レッドブルとしては、まさかPUにシャーシが負けるとは思いもしなかった嬉しい悲鳴!
単純にリアウイングだけの問題じゃありませんからフロントウィングも大幅に変わるかも!

今後、ニューウエイが全体的にダウンフォースを上げて、メルセデス以上のコーナリングスピードと切れ味の良いハンドリングをみせてくれるマシンに仕上げて来るでしょう!

ドライバー別最高速
メルセデスは最高速が低いのにラップタイムが速い=加速とコーナリングに集中した結果でしょう!
なにせ直線が短いコースでしたから、RA619Hの中高速ハイパワーも宝の持ち腐れだった可能性も!
でも、ガスリーの腕前じゃこれだけ激速になったRB14では、逆にハンドリングに苦しみ他のマシンを抜くのが至難の業だったって事にもなる訳で・・・・言い訳しても恥の上塗り!(大苦笑)
コーナーで無理して追い抜きし掛けてクラッシュしたら3回目で解雇の対象になりますからね~!
クビアトに抑えられて、少しはハートレーの気持ちが判ったかもね!(爆笑)
ハートレーに換わって自己中ガスリーを抑えたクビアトに拍手!(大爆笑)

アッレクス・アルボンが未だ初戦でSTR14にも慣れてないからかコーナリングスピードが遅く脱出速度も低くなるので最高速が伸びていないのが一目瞭然ですが・・・・いずれ追い着くでしょう!
ま~スピードトラップが速かったから必ずラップタイムも速いとは言い切れませんが・・・・・
今年からPU2供給した2チームが各セクターでの最高速を1位・2位独占する快挙!
RA619Hのパワーはかなり上がってますね!
トロロッソとのデーター共有で良いとこ取りのセッテングが仕上がると一気に優勝戦線に躍り出ますぜ!
レース結果は、フェルスタッペンが遅いフェラーリを抑えて昨年の6位から堂々の3位表彰台!

2019オーストラリアGP レース結果
トロロッソのクビアトは復帰初戦で嬉しい10位入賞!まだまだ上に行ける筈とやる気満々!
これだけ速いマシンに乗ってるんだからと・・判ってますね~!いずれガスリーを喰っちゃうでしょう!(笑)

今年のトロロッソは、サスペンションが極端に良くなったので、クビアト・アルボンの習熟度が上がるにつけQ3常連になる可能性が十分有りますね!
今の時点では、バランス的にはトロロッソの方がレッドブルより良いのかも!
ガスリーもトロロッソに残っていたら楽に入賞していたかもよ!(笑)

クビアトはストロールをインからオーバーテイクしようとしてオーバースピードでグラベルに突っ込み以後アッタクを放棄して順位キープになったので9位を逃しましたが・・・・・
フェルスタッペンのようにアウトからなら成功したかも!今後の活躍はガスリー以上に期待出来ますぜ!(笑)


メルセデスはトッラプスピードは中団なのに速い!コーナリングスピードが段違いなんでしょうね!
フェラーリのベッテルは激遅になってますね!明らかにセッテングミスでしょう!
これで4位だってんだからメルセデスよりコーナースピードは速いのかも!仕上がったら・・・・(怖)
フェルスタッペンがベッテルを追い抜けたのも、フェラーリのダウンフォース付け過ぎでリアタイヤがオーバーヒートしたからで第2戦以降をみないとフェラーリの実力は判りませんね!
マクラーレンは焼きパパイアに!ルノーPUの信頼性に暗雲が!
リカルドは昨年の予選5位から12位に、レースでは昨年4位からリタイアと移籍後の母国GPで良いとこなし!
グロージャンは又もホイールの締めミスでリタイアの憂き目に!もったいない!

圧倒的な差で開幕戦を勝ったメルセデスですが、私見でのマシンポテンシャルは・・・・
①フェラーリ⇒②メルセデス⇒③レッドブル⇒④ハース⇒⑤トロロッソ⇒⑥アルファーロメオ⇒⑦レーシングポイント⇒⑧ルノー⇒⑨マクラーレン⇒⑩ウイリアムズの順ではないでしょうか?
フェラーリがこのまま離されたままだとは思えませんね!
まだ開幕戦が終わったばかり!トップ3もメルセデス以外セッテングが決まらず中団グループと差は余り有りませんが・・・・アップデートの度に徐々にタイム差が開いて行くでしょう!

それに伴って、ポテンシャルの順位も変わりますが・・・・さてさて・・

次は3月29日からのバーレンGP!
昨年のバーレンGPはフェラーリのベッテルがボッタスの猛追を辛くも躱してポール・トゥ・ウィンでした!
レッドブルのフェルスタッペンはQ1でクラッシュ、レースでもハミルトンと接触してリタイア!リカルドも電気系のトラブルと2台リタイアと散々な憂き目に!
3位だったフェラーリのライコネンもリアタイアの交換ミスで痛恨のリタイア!
お陰でトロロッソのガスリーが4位入賞したけど、ハートレーもバードストライクが無かったら入賞してたかも!
今年はレッドブルもホンダPUなので安心して戦えますから、昨年の第2戦終わってのポイントを余程の事がなければ
フェルスタッペンだけで上回るでしょう!
RA619Hの暑さ対策は万全でしょうから、トロロッソも期待して良いと思いますね!

ガスリーは、11位まで挽回したといっても実質追い抜いたのは2周目のジョヴィナッティー1台だけ!(苦笑)
2019-オーストラリアGPラップチャート
昨年後半戦では、ハートレーに実質負けてましたから・・・私はこれだけ速いマシンならビックパワーを乗りこなしたハートレーの方が良かったと思いますね!
ハートレーが今年からトロロッソに加わっていたら評価は全く違っていたでしょう!

【ガスリー】 対ハートレー 予選勝敗  10勝8敗3引分  決勝勝敗 10勝9敗2引分  入賞5回
    ポイント12+6+8+2+1=26  Q2=14回 Q3=5回 (青字は入賞 赤字はリタイア頭のH・Gはテスト順

H①オーストラリアGP    予選最下位!縁石ヒットして13周でリタイア!
G②1)バーレンGP    〇予選Q3進出=6位 グリッド5位⇒4位入賞〇  2基目PU・交換       
H③(2)中国GP           ●予選17位⇒18位●
G④(3)アゼルバイジャンGP  予選17位⇒12位●
H⑤(4)スペインGP      ▲予選Q2=12位 グロージャンのスピンに巻き込まれオープニングラップでリタイア
G⑥(5)モナコGP      〇予選Q3進出10位 6位入賞〇
H⑦カナダGPスペック2】   予選16位 グリッド19位⇒11位3基目スペック2⇒旧PU⇒新PU4基目となり降格
G⑧2)フランスGP     予選14位Q2    オープニングラップでオコンと衝突しリタイア
H⑨(3)オーストリアGP   予選Q2=12位⇒11位
G⑩(4)イギリスGP      予選Q2=14位⇒13位(10位ペレスと接触で5秒ペナルティ3ポジション降格!
H⑪(1)ドイツGP       〇予選17位⇒14位●戦略的5基目PU交換で最後尾スタート
G⑫(2)ハンガリーGP     ●予選Q3進出=6位 グリッド6位⇒6位入賞〇     
H⑬(3)ベルギーGP      ●予選Q2=11位 グリッド10位⇒9位入賞〇
G⑭(4)イタリアGP       予選Q3進出=9位⇒14位
H⑮(5)シンガポールGP    予選Q2=15位 13位(14位) グロージャンのペナルティで1ランクアップ
G⑯ロシアGPスペック3】   予選Q2=13位 6基目投入ブレーキ故障でリタイア▲
H⑰(2)日本GP         ●予選Q1=10Q2=9位Q3=7位 11位
G⑱アメリカGPスペック3改】 予選Q1=14位Q2= グリッド19位12位●(14位)7基目2名失格で繰上げ
H⑲メキシコGP【スペック2再】 予選Q1=15位⇒Q2= グリッド20位⇒10位〇 
G⑳(2)ブラジルGP     予選Q1=14位Q2=10位Q3進出=10位 ⇒13位●
H最終戦(2)アブダビGP  予選Q117位⇒リタイア

【ハートレー】  対ガスリーQ1勝敗 8勝10敗3引き分け 決勝勝敗 9勝10敗2引分  入賞3回 
      ポイント1+1+2=4 Q2=8回Q3=2回 ()はガスリーとのタイム差

H①オーストラリアGP   予選Q1=16位(+2.473)⇒15位最下位完走
G②(1)バーレンGP     ●予選Q10.291)Q20.269)11位17位最下位完走 2基目投入バードストライク
H③(2)中国GP        予選Q1(+0.088)Q2⇒15位 ガスリーと交錯して51周でリタイア(連絡ミス)バードストライク

G④(3)アゼルバイジャンGP 予選19位(12.858)⇒10位入賞〇
H⑤(4)スペインGP     ▲P3でクラッシュ予選間に合わず最下位スタート 12位3基目PU・ギャボックス交換
G⑥(5)モナコGP         予選Q1(0.238)16位 15位スタート ルクレールに追突され70周でリタイア
H⑦カナダGP【スペック2】   〇予選(+0.460)12位Q2 4基目ストロールに追い出され1周目でリタイア
G⑧(1)フランスGP     ●予選Q1(0.578)17位⇒決勝14位
H⑨(1)オーストリアGP   予選Q1(0.311)19位 戦略的?5基目のPU全交換車体トラブルの為54周でリタイア
G⑩(0)イギリスGP      Fサス破損でクラッシュ・6基目全ユニット交換ピットスタートも配線ミスで走れず
H⑪(1)ドイツGP         予選Q1(0.304)18位⇒16位グリッド 10位入賞〇 PU実質1戦目
G⑫(2)ハンガリーGP     予選Q1(+0.148)Q2(1.704)Q3(0.537)8位⇒11位●
H⑬(3)ベルギーGP       予選Q1(+0.068)Q2(0.011)12位⇒14位●
G⑭(4)イタリアGP        予選18位Q1(0.100) 16位グリッド スタートでエリクソンに追突されリタイア!
H⑮(5)シンガポールGP     ●予選17位Q1(0.195) 17位⇒17位● 
G⑯ロシアGP【スペック3】     ●予選16位Q1(0.654) 20位グリッド 7基目ブレーキ故障でリタイア
H⑰(2)日本GP       
予選Q1(0.111)Q2(0.038)Q3(+0.070)6位⇒13位●
G⑱アメリカGP【スペック3改】 予選15位Q1(0.444)Q2= G20位⇒9位〇(11位)8基目オコン・マグ2名失格で入賞
H⑲(旧)メキシコGP           予選Q1(+0.134)14位⇒Q2=14位⇒14位●

G⑳(2)ブラジルGP      予選17位Q1(0.234)グリッド16位11位
H最終戦(3)アブダビGP  予選Q1(+0.072)16位⇒12位〇
ポイントでは29vs4と圧倒的に差を付けられたハートレーですが、後半スペック3改でのレース3勝1敗でした!
今期みたいなハイパワーPUだったら結構な成績を残せたでしょうに・・・・・・


ガスリーは折角タイア持たせて順位上げたのにピットインを遅らせ過ぎて自滅!
いくらチームの戦略ミスで17番手になって抜き辛いコースだからって上位2台リアイアでこれじゃ~ね~!
ガスリーはあれだけの速いマシンを乗りこなせずオーバーテイクも出来ず・・・・
このデーターで好成績を挙げられなかったら徐々に追い詰められてしまうでしょう!
なにせあと2回クラッシュしたら降格か解雇でしょうし・・・・・無理は禁物ですが熱くなってやっちゃうかも!
昨年のハートレーみたいにバーレーンでバードストライクに遭ったりして運にも見放され・・・・!

運も実力なのがレースに限らず勝負の世界ですから、ここ以上クビアトに負けたらシーズン途中の交替も!
思い起こせば昨年の中国GPから”だろう”運転で事故るF1ドライバーだしね!

もっともオーストラリアGPは、オープニングラップを除くと実質のオーバーテークは7回だけ!
アルバート・パーク・サーキットは
もう少しオーバーテイク可能になる様にコースを大改修する必要があるのでは!全く面白くありませんものね!(大苦笑)
観客動員数(チケット売上)を伸ばす為に人口が4倍のメルボルンにしたんだろうけど、改修が無理ならもっと人口が多いシドニーのシドニーモータースポーツパークを整備して移すべきでは!
大観衆を収容する為のアクセスや駐車場に問題が有るのかな~?
リバテイメデアは売上最優先で観客を集めやすい公道レースにしたがるのからね~!(大苦笑)
ま~フォーミュラEも同じだけど・・・・・・走らせりゃいいってもんじゃないと思うけど・・・・・・(涙)
QRコード
QRコード
プロフィール

kobayakawashunichi

Amazonライブリンク
カテゴリー
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ