素晴らしきかな日本人 by 小早川俊一

御覧戴いてありがとうございます。2010年3月著名人・CM以外のブロガーを締め出した”イザ・ブログ”からあちこちテスト投稿後、過去のイザ・ブログ原稿と一緒にライブドア・ブログに移行しました。名も無きブロガーの悲哀ですね(笑)2013年は20年毎に行われる、お伊勢さまの第62回式年遷宮!これからの20年は弱者優先だった”米の座”から"働かない者食うべからず"の”金の座”に”ご遷移”されましたので[才覚次第で大金持ちになれる]チャンスに溢れる激動の弱肉強食の時代となる筈です! 人類史上[誰でも何でも平等]なんて国家が繁栄した事はなく、官庁.学校.企業も解雇も出来ず努力もしない低レベルの輩が大手を振ってのさばってる日本に明るい未来はあるのでしょうか?もっと競争原理を容認し”ジャパン・ドリーム”が実現する社会にしてほしいものです!

ルマン24時間

トヨタ、初参戦から33年目で悲願のルマン制覇!ライバル不在でもノントラブルでワンツーフィニッシュ!アロンソ、インディ500勝てば至上2人目のグランドスラム

フェルナンド・アロンソ/セバスチャン・ブエミ/中嶋一貴組8号車トヨタTS050ハイブリッド388周をポール・ツウ・ウインで走りきってルマン初制覇!
トヨタルマン初制覇
一昨年の最終ラップ直前のリタイアから2年!中島一貴もようやく鬱憤を払拭出来ましたね!
昨年も優勝候補で途中まで独走態勢したが、2台とも想定外のリタイア!
今回は。3
位以下を10ラップ以上離す完全勝利!

しかし、今年は【ルマンに来ると勝てない】ジンクスとなったモリゾウこと豊田章男社長の姿はなく、初制覇の瞬間を味わう事が出来なかったのは、トヨタ・チームとしては心残りでしょうね!

トヨタTS050ハイブリッドがルマン連続優勝する可能性は、来年2019年だけ!
(2020年からルマン24時間が最終戦になるので今シーズンのルマンは2018・2019の2度開催)
今のLMP1最終戦となる2019年ルマン24時間はモリゾウも一緒に表彰台で美酒を味わってほしいですね!

優勝したアロンソは、世界3大レース中モナコGPとルマン24時間を制覇し、残すはインディ500!
マクラーレンが来年からインディ参戦したいのも、アロンソを繋ぎ止める為なんでしょうね!
それはさておき・・・・・
いまのLMP1・LMP2は特殊過ぎて市販車と比較になりませんからフードバックも出来ません!
レースタイヤも特殊になり過ぎて剥離し過ぎ!コースも汚れるし、一般のハイパーカーにも使えるようなもっと耐久性のあるタイヤにすべきでしょう!
もっともそんなことになったらスピンが多発してレースにならないかもね!(大苦笑)

2019年7月からは今までのLMP1に代わって、トップカテゴリーがより多くのワークスを呼び込む為にハイパーカー(最高速度400km以上)のレースになるそうで・・・・
2019ルマンコンセプト2
2019ルマンコンセプト3
ハイブリッドも残されますが・・・・
2019コンセプトマン
より市販スーパーカーに近いレース車両になるようです。

トヨタも早々とコンセプトを発表しましたが、まだレースカー!
トヨタハイパーカー2
ハイパーカーといえば、元祖ブッガティ・ヴェイロン!

より乗りやすくなった第2世代ブガッティ・シロン!

といって高価な市販ハイパーカーのレース仕様参戦が可能になりそうもありませんが・・・・・
昔と違ってルマンカーのロードカーが出れば100台なんてあっという間に売り切れる時代になりました!
昔みたいに、市販50台以上の車限定のトップカテゴリーも面白くなるんじゃないの?

トヨタ、今年も悲願のルマン24時間総合優勝は出来なかった!3台体制が裏目に?ルマンの女神はポルシェに!

昨年、まさかの最終ラップでのリタイアで99.9%手中にしていた総合優勝を逃がしたトヨタ!
今日は”トヨタ、悲願のルマン優勝”シーンが観られるとを楽しみしてたんですが・・・・・・
今年は3台体制でルマンを戦う事になったのですが、なんと予算は昨年並み!
大丈夫なの?と危惧していたら・・・・やはりね~!(大苦笑)
FIAが自動車メーカーのワークス参加を促すため、費用の大幅カットを言い出してる背景もあるし、トヨタとしてもレース費用を大幅に増す訳にはいかないんでしょうけど!

今年は、第一戦シルバーストン6時間レース、第2戦スパ・フランコルシャン6時間レースを優勝、初の3台体制で臨んだルマンでは予選トップタイムを叩き出し、

絶好調!

今年こそと思わせましたが・・・・
第1戦、第2戦は6時間ですからね!
いくら30時間の連続走行テストやったって、実践じゃタイヤカスや事故った車のデブリや砂利砂も影響するのでノントラブルで走るのは幸運にも恵まれないと!


6時間までは順調そのもの!しかし7時間過ぎ8号車がバッテリとモーターの不具合で3時間ものピットインで優勝戦線から脱落、9時間後には7号車がクラッチ・トラブルでコース上で動かなくなり、9号車も追突されタイヤバーストで共にリタイヤ!

7号車・9号車ともにピットを過ぎた時点で起きたってんだから、不運を通り越して悪夢だわね!
なにせ16kmも走るんだから!1km手前だったら・・・・
昨年中島が最終ラップでゴールライン過ぎて止まったのと同じパターン!
あの時からルマンの悪魔がトヨタに憑依してるのとちゃう?来年は御祓いしてからじゃ!

ポルシェも序盤に2号車が長時間のピットイン、残り3時間で2位を12周も離してノントラブルで順調にトップ走行していた1号車がエンジントラブルでリタイヤ!

しかし、ポルシェ2号車は修理復帰後、全力で走り続けて残り1時間で総合トップを奪取!
諦めてたらLMP2が総合優勝だったんだから・・・・・
一方、トヨタの8号車は修理後、完走重視の安全走行!
この差が女神がトヨタに優勝をくれないんじゃないの?
やはり全力で戦う者に、幸運を与えるんだよね!
この姿勢は見習わないと!

完走目的に徹して、別の意味で優勝を狙っていた9号車に、7号車リタイア後ベースアップを指示したのも追突されリタイアの原因になったと思うよ!
最初の予定通りだったら、9号車が楽に優勝出来たんだから!
ま~章男社長が初めてルマンに来てたので、ペースアップ指示したんだろうけど初志貫徹だよ!

3台体制にした事で、チェックが甘くなったとは思いたく有りませんが、昨年と同じ予算じゃ無理だよ!

しかし、WECは面白くないよね!様々な車が出た方がやはり観る方は楽しいもんね!
LMP(ルマンプロトタイプ)2はワンメークレースだし・・・・LMP(ルマンプロトタイプ)1のワークスチームもアウディがWECを撤退して現在はポルシェとトヨタの2社だけ
だもの・・・・・
LMP1もLMP2も廃止して、昔みたいに今の【LM-GTE】のみのレースにした方が余程楽しいと思いません?
馬鹿デカのリアスポイラーも廃止!市販車の空力特性も上がるし・・・・

【LM-GTE】では、2位のアストンマーチンが1時間の激闘後、最終ラップでシボレー・コルベットを抜く劇的なドラマがありました!
来年は、章男社長も本気でサポートするみたいだから、トヨタが優勝するでしょう!

②トヨタ、ルマン24時間レースを土壇場【最後の1周】で無念のリタイア!パワーレスはスタート直後にも!

ルマンサーキット

悲劇となったゴールラインを越えて止まってしまったトヨタ5号車ですが、
トヨタストップ
実はスタート直後にも同じようなパワーダウン現象が起きていたんですね!

その後、息を吹き返したので・・・・ピットストップして徹底的な点検はしなかったようです!
どうやらハーネスのセットミスコネクターの接触不良かも知れませんね!
今のレースカーは完全に電子化されているので、信号が途絶えると自動的にセーフモ―ドになっちゃうからね!
ダブルハーネスにしてマニュアルモードも用意しとけば良いんだろうけど・・・・

日本人ドライバーはパッシングライトを余り使っていませんでしたね!
ポルシェチームは手前からバンバン使ってたのに・・・
あれじゃ、進路を塞がれちゃうよ!
幸い大事故にはならんかったけど、観ててハラハラしどうしでした!

ミュンサンヌ・ストレートで、荒れた路肩を使っての追い抜きが目立った中嶋一貴やトヨタチーム!
もっとパッシングライト使わなきゃ!(苦笑)
砂埃が舞う映像をみて、テレビのゲスト出演してたレーシングカーデザイナーの由良拓也君がボデイにダメージがあるのでヤバいと言ってましたが、私も無理な追抜きが原因じゃないにしても不安のある車なのでパッシングライトを多用してもっと安全で丁寧な運転をしてほしかったですね!
なにせF1じゃパッシング・ライトが付いてないからどうしてもF1ドライバーの方が使い方が下手なんでしょう!

最初と最後にパワーダウンに見舞われた5号車!勝つ資格が女神に与えられなかったのかも知れません!
来年はより完璧な信頼性を高めた車に仕上げて再挑戦してもらいたいものです!

アウディ新型ターボが本調子ではなく、早々に優勝戦線から脱落しましたが、来年のルマンまでには完璧に仕上げて来るでしょうし・・・・・
ポルシェ
も今年のトヨタを後半見習っった様に、より省エネに徹してピットストップ回数を減らして来るでしょうから来年のルマンは今年以上の白熱した戦いになるでしょう!

パニックってゴールラインを越えて停止しちゃった中嶋一貴君も、これで勉強したからこんどトラブルが発生したら、冷静にゴールライン手前で止めるでしょう!(苦笑)
なにせ1位がゴールラインを通過してから6分以内に到達しないと失格になっちゃうんだから!(大苦笑)
トヨタの教訓をいかして、今後のハイブリッドレーシングカーは最低10km程度走行できる予備電源を積む様になったりして!

それにしても悲劇じゃった!

トヨタルマンの悲劇
電子コントロールはノイズにも弱い!たった1個のICがヘタっても正常に動かなくなるし・・・・
ルマン24時間の実行中継観てたら、レポータとの交信不能も結構あったけど
強力な電磁波を放射したら・・・・・エンジンコントロールを不能に出来ちゃうのかも・・・・・
昔に比べたらとんでもなく怖い時代にもなってるんですよ!

***************************************************************************************
!警告!
 2016年元旦~大暴落が起きた時点まで(最長2017年1月27日まで)
***************************************************************************************
主要企業101社の9割は今年の景気は拡大するって言ってますがね!(苦笑)
週刊誌も「今年は好景気に成る」と一本調子です!株を買えって?
(大苦笑)
売り抜けて円高にし為替で更に儲ける誰かさんの手先になるとは・・・・
情報を操作し、【株を乱上下させて売り抜ける】のは彼らの常套手段!ジョーカーを掴まされない様に!
暴落前は短期勝負以外買っちゃだめですよ!じっと我慢!
1万3千円以下になれば、意志決定が速く、財務内容が良い優良企業の株に資金の半分を!
暴落率の高い株を1/4!残りは勘で!
消費税が10%になる17年4月から不況になるのは当たり前!ですが、それ以前の2016年内に不況へ突入すると思って対策を講じて下さい!高利回りに釣られて投資しないで下さい!

安倍ちゃんが、内需拡大の政策(=消費税増税3年間凍結等)を速やかに行えれば大不景気も短くて済むのですが・・・・
なにせ2020年には、日本大繁栄が約束されているのですから
、一過性の不景気に落ち込まないで下さい。
財務省や洗脳された政治家が余計な事しなければですけど・・・・・
************************************************************************************************************
私の警告が外れる事を私が一番祈っております!

トヨタ、ルマン24時間レースを土壇場【最後の1周】で無念のリタイア!悲願の勝利を99.9%手中にしながら逸す!

ピット・インの度に、目まぐるしくトップが入れ替わるデッドヒートが繰り返された2016年ルマン24時間!
燃費の良さでポルシェに挑んだトヨタが、最後の一周を残して突然のパワーダウン!

順調に周回を重ねていた5号車トヨタTS050ハイブリッドが独走態勢、ポルシェも諦めて最後のピット・イン!
1分以上の差を付けて苦節30年の努力が結ばれようとして残り一周で・・・・・・・

ゴールラインでストップした6号車の脇を、ポルシェの2号車が最後の一周に向けて抜けて行くルマン24時間史上最大のドラステイック過ぎる幕切れとなりました。
せめて、ゴールライン直前で止めていれば、リタイア扱いにはならなかったのに・・・・・2位も吹っ飛んじゃった!(大苦笑)

中嶋一貴がチェッカーフラグを受け日本の自動車メーカー&日本人ドライバーが乗った勝利目前の悲劇でした!
しかし、さすがポルシェですね、トヨタの燃費作戦にたいして、プロゴラムを変更し13周後のピットインを14周毎に変更!
それでも最後まで差は28~35秒に保ってたんですからね!

せめて序盤トップ、後半2位~3位だった同一周回の6号車の小林可夢偉が優勝争いから脱落したポルシェ1号車の挑発に乗せられてスピンしなければ・・・・・・

このスピンを観てて、中嶋一貴がチッカーフラッグ受ける最終ドライバーになった時、ヤバいとは思ってたんだけど・・・・・やはり勝利の女神は日本人ドライバーを見限ってるんでしょうか?
悔やんでも悔やみきれない結果ですね!
あと一周走った後ならば、やっとのことでゴールしての劇的な勝利だったのに!悲劇としか言い様が有りません!

それにしても、アウデイが早々にターボの不具合で脱落し、ポルシェも不具合を抱えていれスピードが上げられなかった絶好のチャンスを逃したのは惜しかった!
来年以降1・2フニッシュを目指し、一台が土壇場で故障しても勝てるように頑張ってください!
でももう、2度とこんな恵まれたチャンスは訪れないでしょうね!
残念!残念!残念!

***************************************************************************************
!警告!
 2016年元旦~大暴落が起きた時点まで(最長2017年1月27日まで)
***************************************************************************************
主要企業101社の9割は今年の景気は拡大するって言ってますがね!(苦笑)
週刊誌も「今年は好景気に成る」と一本調子です!株を買えって?
(大苦笑)
売り抜けて円高にし為替で更に儲ける誰かさんの手先になるとは・・・・
情報を操作し、【株を乱上下させて売り抜ける】のは彼らの常套手段!ジョーカーを掴まされない様に!
暴落前は短期勝負以外買っちゃだめですよ!じっと我慢!
1万3千円以下になれば、意志決定が速く、財務内容が良い優良企業の株に資金の半分を!
暴落率の高い株を1/4!残りは勘で!
消費税が10%になる17年4月から不況になるのは当たり前!ですが、それ以前の2016年内に不況へ突入すると思って対策を講じて下さい!高利回りに釣られて投資しないで下さい!

安倍ちゃんが、内需拡大の政策(=消費税増税3年間凍結等)を速やかに行えれば大不景気も短くて済むのですが・・・・
なにせ2020年には、日本大繁栄が約束されているのですから
、一過性の不景気に落ち込まないで下さい。
財務省や洗脳された政治家が余計な事しなければですけど・・・・・
************************************************************************************************************
私の警告が外れる事を私が一番祈っております!

ルマン24時間!残念ながらトヨタ一歩及ばず!でも明らかに性能負け!来年のリベンジは・・・・

昨年は早々にリタイアしたトヨタ・ハイブリッドですが、今年90周年を迎えたルマンは運も味方して堂々の2位(8号車)と4位(7号車)に食い込みました!

 

残り2時間を切り、トップのアウディに最後のアタックを試みていた2位の7号車は雨で痛恨のスリップ!タイヤバリアに激突!

 

一度は完全にクラッシュかと思われましたが、タイヤバリアのお陰でフロント・カウルを全て壊しても自力でピットに戻り、メカニックの必死の復旧作業で奇跡的にカンバックして4位を確保!

 

アストンマーティンの乗るアラン・シモンセン選手が死亡するという悲しい事故もありましたが、遺族がレース続行を望んだという美談も!

 

来季に期待を持たせてくれました!

 

でも来年のルマンには、何の因果かポルシェ・ワークスが帰ってくる!

 

1964年の日本グランプリで、プリンスのスカイラインGT優勝阻止の為・発売されたばかりのポルシェ904を空輸して式場壮吉に運転させた因果応酬じゃないんだろうけど・・

 

クラッシュした904を徹夜でなんとか走ららせる状態にして・・・・

 

あの懐かしいシーンをもう一度!

 

このお陰で名車トヨタ2000GTが生まれるんだけど・・・・

 

しかし隔世の感がありますね!日本の車の進歩には・・・・

QRコード
QRコード
プロフィール

kobayakawashunichi

Amazonライブリンク
カテゴリー
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ