素晴らしきかな日本人 by 小早川俊一

御覧戴いてありがとうございます。2010年3月著名人・CM以外のブロガーを締め出した”イザ・ブログ”からあちこちテスト投稿後、過去のイザ・ブログ原稿と一緒にライブドア・ブログに移行しました。名も無きブロガーの悲哀ですね(笑)2013年は20年毎に行われる、お伊勢さまの第62回式年遷宮!これからの20年は弱者優先だった”米の座”から"働かない者食うべからず"の”金の座”に”ご遷移”されましたので[才覚次第で大金持ちになれる]チャンスに溢れる激動の弱肉強食の時代となる筈です! 人類史上[誰でも何でも平等]なんて国家が繁栄した事はなく、官庁.学校.企業も解雇も出来ず努力もしない低レベルの輩が大手を振ってのさばってる日本に明るい未来はあるのでしょうか?もっと競争原理を容認し”ジャパン・ドリーム”が実現する社会にしてほしいものです!

リコール

マツダ、スカイアクテブ(SkyActive)-Dエンジンリコール、対象外でも6万kmで性能低下?吸気ポート洗浄で新車時の性能に!煤(すす)払いは効果絶大!(ワオ)!

大阪府堺市北区百舌鳥赤畑町3-145の【ミナト自動車】の見解では、スカイアクテブ(SkyActive)-D低圧縮比を達成したが故に、より煤(すす)が多く出る筈でEGR排気再循環)内の煤ブローバイガス還元装置で完全分離出来ないブローバイガスのオイルミストが混ざり吸気系の抵抗部に多量の煤が付のでは・・・・と

EGR3
ガソリンエンジンでは、問題にならないEGRですが、ディーゼルエンジンでは吸気系への煤(すす)の付着問題が発生します!
より煤の発生しやすい低圧縮比のスカイアクテブ(SkyActive)-DではEGRにも何らかの煤取り装置が必要なのかもね!

吸気系のポートに吸着した煤(すす)は硬化して吸気量を少なくするので・・・コンピューターも想定外に?
以下の写真はミナト自動車ブログから抜萃
マツダアクセラD15
吸気ポートにもこびり付いてますね
マツダアクセラD1
マツダアクセラD1-2
ワオ!これだけ付着したらそりゃ性能は落ちるわな!ちなみに掲載写真はリコール対象車種ではありません!
マツダアクセラD2
さらにDSC (ドライアイス・ショット・カーボンクリーニング)で煤(すす)払いすると・・・・
ドライアイス戦場
新品みたいに!
マツダアクセラD16
s-IMG_5064
付着した煤(すす)が保護膜になってたんじゃ新品になって当然か?(笑)
マツダアクセラD5
ディーラーで直せなかったエンジン不調が嘘みたいに直っちゃった!

CX-5 クリーンディーゼルエンジン。  インテークに溜まるカーボン除去。  ドライアイス洗浄で再生します。(前編)
http://minato-motors.com/blog/?p=11611
CX-5 クリーンディーゼルエンジン。  インテークに溜まるカーボン除去。 固まる原因も洗浄を。 (後編)
http://minato-motors.com/blog/?p=10344
なるほど、なるほどEGRが原因で煤が付着し本来の性能を発揮出来なくなるけど、DSC (ドライアイス・ショット・カーボンクリーニング)で洗浄すれば新車時の性能を取り戻せるらしい!

『マツダCX-5 DSC 特大号』  ATF圧送式交換 と 煤除去作業。  NUTEC最高峰ATF 『NC-65』
http://minato-motors.com/blog/?p=11611

マツダ アテンザ インテーク煤除去作業。   sky-DにはDSCでリフレッシュ。
http://minato-motors.com/blog/?p=11419

スカイアクテブ(SkyActive)-Dは低圧縮比なので、燃焼温度が低い=NOXがないけど煤(すす・カーボン)が出やすい

マツダも実験室で長期間エンジンテストして煤(すす・カーボン)問題はクリアした筈なのに・・・・
どうしてなんでしょうね~
今年9月1日に、コンピュータの不具合で排気バルブに煤が溜まり排気バルブが正常に動かず圧縮比が下がりエンジンが停止する恐れがあるとして「デミオ」「CX-3」「アクセラ」のディーゼルエンジン車をリコールしたマツダですが、【ミナト自動車】のブログを読んだら・・・・コンピュターだけが原因じゃないと思えるのですが・・・・

スカイアクテブ(SkyActive)-Dの煤(すす)問題は、多湿の所為もあるんでしょうかね?
気化熱は温度を下げますから・・・・・
実験室は湿度90%じゃないからね!雨の日は湿気でブーローバイガス(=排ガス)温度も低いので吸気系に煤が付着やすいんじゃないのかな~!
ターボ無しの車種がリコール対象になったのも、吸気温度が低く湿気を飛ばせないからなんでしょうか?

排気された煤(すす)はDPF(Diesel particulate filter)で補足、定期的に再燃焼させる筈が短距離のチョン乗りばかりしてると排気温度が上がらす再燃焼出来ないのでDPFが詰まって更に性能が落ちる!
DPFは再燃焼させれば済むけど・・・・細かいPMが積み重なった吸気系を細めた煤(すす)は分解しないと取れない!
入り口が狭くなって出口が詰まったらエンジンも止まるぜ!
CX03y

CX03-1
CX03
ここまで整備されるると、誰だってミナト自動車に遠距離でも頼みたくなりますよね!
ディーラーじゃここまでしないもんね!(苦笑)
ディーゼルエンジンのインテーク清掃依頼はhttp://minato-motors.com/contact/
欧州じゃレビルトの専門ショップも多く商売になってるのに・・・日本じゃエンジンばらして再組み立てするより、新車買っちゃう!消耗品じゃないのに!

ディーゼルエンジンは20万km位楽に持つけど、スカイアクテブ(SkyActive)-D は買い換える前に定期的に吸気系の煤(すす)払いすると新車並みに戻るので10年は乗れちゃうね!経費掛けても結果的には安くつくって事ですね!
多かれ少なかれディーゼルエンジンには煤が付着するのでスカイアクテブ(SkyActive)-Dだけの問題じゃないけれど・・・マツダには、EGCを使うなら煤(すす)よけの新技術を開発してもらいたいものです!
煤(すす)が回らないEGCに代わる新技術なら正にクリーンエンジンなのですが・・・・・・・

欠陥エアーバックのタカタが社長解任?高田会長が社長兼務に!社長時代後手後手の対応しか出来なかったのに大丈夫なのかいな・・・・・・

http://shukan.bunshun.jp/articles/-/4591

僕ちゃんの所為じゃないもん!ってか・・・・・・お坊っちゃん育ちなのに社長も兼務して危機を乗り越えられるのでしょうかね?
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/41391?page=3

繊維産業から自動車部品メーカーに転身して高田重久会長は3代目!

ボッシュしゃから招聘したスイス出身のステファン・ストッカー氏を社長から降格して、高田重久会長が社長を兼務だってさ!
このままじゃ没っちゃうってか?
リコールも後手後手の対応しか出来なかった会長に秘策でもあるんでしょうか?
諸行無常の鐘が鳴らなければ良いのですが・・・・・

親が『やり手』だと3代目は・・・・・・・

ホンダ・フィット3度目のプログラムリコール!何回やってもダメなんで、やっとミッション交換!

10月24日の一回目リコールの対象台数はわずか4,883台!自動変速機制御コンピューターのプログラム不具合!
12月20日の二回目リコールの対象台数は36,100台!自動変速機制御コンピューターのプログラム不具合に加えてトランスミッションドライバーユニットとハイドロスタテックアクチュエーターのプログラムも修正に!
今年の2月10日の三回目リコールの対象台数は81,353台に!プログラム書き換えで何とかなると思ったのに残念でした!結局自動変速機(7速DCT)自体を交換する羽目に!
変速機一機10万円として80億円以上か~!ワォ~!
今年はワォ~が続きますね!

オートバイ用6速平行軸式DCT(ダブルクラッチトランスミッション)の概念図
pic01
上の図から7速変速機をイメージ出来た人は凄い!ホンダが思いついたのは・・・・・
7速DCTの説明はhttp://www.honda.co.jp/factbook/auto/fit/201309/p25.pdf
7速DCT
7速DCT説明
下の図は今回リコールの原因となった平行軸受式じゃない変則な1速部!
7速DCT1速
2速以上の平行軸受式ミッション自体に不具合はさすがに無かった!?!

ホンダは次世代のCVTを完成させ本来ならフィットには次世代CVTを載せたかったんでしょうが・・・・
既存設備の再利用もと7速変速機を開発し二兎を追ったんですが、ちょっと無理し過ぎたんじゃ!
4速までは実にシンプルで堅牢な平行軸式変速システム・・・偶数ならですが・・・・7速は奇数!
単純に1速が独立させたので大クレームになっちゃった!
要は1速をモーターを使ったデフ機構(プラネタリュウム式)にして軽いトルクでスタートさせる様にしたんでしょうね!ホンダらしい、ハイブリッドならではの素晴らしいアイデアなんだけど・・・しかし1速の噛み合い不安定が起きちゃった!いくら待ってても1速にならないんじゃプログラムいくら直したってどうしようも無かったって事なんでしょう!想定外だったのか?それとも量産部品の耐久性が無く磨耗や変形で動きが渋くなるのか
”シンプル・イズ・ベスト”なんですが、材質を落とし過ぎたのかも!
ちょっと位延びたって、いっそ単純に8速にすれば良かったんじゃないのかな~!(大苦笑)
新型フィットハイブリッドの人は全員ミッション交換した方が良いんじゃない!症状出ていない人も遅かれ早かれ起きる可能性大!無理してでも交換してもらった方が良いと思いますよ!
CVTで良かったんじゃない!なんて言っちゃ設計部に可哀想だけど、コスト優先も行き過ぎるとこういう結果にもなるわな~!
今までのクラッチを繋いだままのホンダ式簡易型ハイブリッドと違って、新型フィット・ハイブリッドではクラッチを頻繁に開閉しなくちゃならないし、7速変速機ともなればその分アクチュエーターの停止精度も要求されてるのに安く造らなきゃ採用されませんし・・・・止まる度に一番負荷が掛かる1速に不具合が出たのもま~単純な初期トラブルだって事にしときましょう!発想は悪くないんだから熟成すればノントラブルになるでしょう!
新機軸採用が裏目に出ちゃいましたが、これに懲りずに、より新しい技術に本田らしく果敢に挑戦し続けてほしいですね!

当然ですがエコモードのプログラムは、スポーツモードより複雑怪奇になってるんでしょうね!
回生充電は目一杯しにゃならんし、電池の消費も極力抑えにゃならんし・・・ETC・・・・・

広報では、リコール前のフィットを運転する場合は、スポーツモードで2速発進しろだってさ!
マニュアルモードって事?発進したら停止時に1速に入る自動モードに出来る筈はないから、スポーツモードで走れって!燃費は2~3割落ちちゃうぜ!(苦笑)
”燃費の悪化分はどうしてくれるんだ!”ってユーザーも出てくるでしょうね!週末しか乗らなきゃ悪化分といっても月千円~2千円程度だろうけど!
三度目の正直になるのか・・・・それとももう一回プログラムの不具合でリコールを起こすのか?

しかしお粗末!とど松!ジュウシマツ!コンピュータ上で設計するのは良いけれど耐久テストはやってんの?
これじゃトヨタのアクアが独走態勢に!

消費税前の駆け込み納車の稼ぎ時に何たる不祥事!3月末納車に生産が間に合うのかいな!
最初のリコール時に徹底してメカ部も再チェックしてればこんな事には成らなかったのにね~!
設計でメカ部と電気部の仲が良くないと起きがちな事例ですが、ホンダは仲が良いのかな?
まさか根幹の制御プログラムを外注に出しちゃいね~よね!

②iPhoneのアンテナ不具合初のリコールか?パート2

ジョブスによると握り方による電波の減衰は、他社の機種も似たり寄ったりだったそうな!だから非難には当たらないとの発想はジョブスらしからぬ!(苦笑)当然・アメリカのマスコミもやり玉に上げて非難轟々ですね(爆笑)

 

ジョブス自身、これほどまで大問題になるとは思ってなかった様ですね(苦笑)

配信された説明会のビデオみても、どこか異様な雰囲気が漂ってますから・・・・・社内は大変だろうな~より完璧さを求められて!(大爆笑)

 

 で、結局、アップルは16日全iPhone4ユーザーに、iPhone 4 Bumpers(色を選択出来る”バンパー)”を無償提供することで事態の収拾を図ることになりました。

 既にBumperを買った人には払い戻しするんだそうでよ!

  

私も3S・3GS用の裏側全体を守るプラスチックの保護カバーを傷防止のために常に使っています!今度の対応は、保護カバー等を利用するユーザーは得した事になりますね!

 

10月と予想されてる抜本的対策が施された新型iPhone4には、当然このサービスは無くなるだろうから、今買った方がお得になるような?バンパーをダサいと使いたくないので新型を待つべきか?いやーハムレットにさせましたね!

 

これでアップル初のリコールが無くなっっちゃたかな~!?!

 でも、完全主義のジョブスにとって、この騒動は屈辱ですよね!

いずれ、アンテナも他者を凌駕する感度に上げたiPhone 4完璧に仕上げて登場させるでしょう!

 

設計から部品調達まで最低で3カ月!はたして最短の10月?はたまたクリスマス商戦それとも、じっくり練りに練るとすれば来年6月かも!

 

 

***********************************************************************

********* 小早川俊一 提唱 3度目の正直キャンペーン*********

【何も出来ない”貧乏神”イラ菅逃げ菅頭の中はスッカラ菅のトンチン菅更迭!9月民主党代表選まで掲載】

***********************************************************************

 

日本が享受可能な”2011年からの大繁栄”時代に相応しい総理総裁として 

2005年に落選し苦杯をなめる経験した海江田万里氏なんて好いよね!

凛として的確な判断で危機を克服した主人公”海江田四郎”と重なるイメージも対外的には援護射撃になりますし(笑)民主党創立メンバーで落選しなければ中核で活躍した人です!

自惚れてるキャミソール大臣より戦略もよっぽどマシですぜ!

ごちゃごちゃ民主党挙党態勢を組めるのは品格に優れた  しかいないでしょう

 日本はに囲まれ、貿易で富を成す国だし、万里は世界中と商売する日本にはうってつけの名前です!

明るいし、今の民主党の暗い左派役員連中を一掃すれば民主党の支持率もイメージも急上昇!(爆笑)

なにせ経済問題では”万事が音痴な左派トロイカ(菅・仙谷・枝野)”合わせったって海江田君の足元に及びませんから(大爆笑)

QRコード
QRコード
プロフィール

kobayakawashunichi

「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
カテゴリー
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ