素晴らしきかな日本人 by 小早川俊一

御覧戴いてありがとうございます。2010年3月著名人・CM以外のブロガーを締め出した”イザ・ブログ”からあちこちテスト投稿後、過去のイザ・ブログ原稿と一緒にライブドア・ブログに移行しました。名も無きブロガーの悲哀ですね(笑)2013年は20年毎に行われる、お伊勢さまの第62回式年遷宮!これからの20年は弱者優先だった”米の座”から"働かない者食うべからず"の”金の座”に”ご遷移”されましたので[才覚次第で大金持ちになれる]チャンスに溢れる激動の弱肉強食の時代となる筈です! 人類史上[誰でも何でも平等]なんて国家が繁栄した事はなく、官庁.学校.企業も解雇も出来ず努力もしない低レベルの輩が大手を振ってのさばってる日本に明るい未来はあるのでしょうか?もっと競争原理を容認し”ジャパン・ドリーム”が実現する社会にしてほしいものです!

ホンダPU

RA619H”スペック4”、ベルギーGPとイタリアGPで投入決定!トロロッソで最終戦まで7戦使用か?レッドブルには2基投入し日本GPで新PUに換装と思ってたら・・・中間策だった!

やっと、本格的にパワーアップしたRA619Hが投入される事になりました!
どんな魔法を使ったのやら・・・25KwUP?

本来ならもっと早く投入したかったんでしょうけど・・・スペック1”が意外と脆かったので遅れたんじゃない?
開発に1年近く掛かるなんて耐久性を上げるのに相当苦労してたんでしょうね!
RA619H”スペック1”は、RA618Hでのオシレーション対策を施した耐久性向上版だったけど3戦使用でお払い箱!
”スペック2”は”スペック1”のバク取り版だろうし、スペック3から航空機部門が協力した新しいターボを搭載!

扱いやすくなって、おっかなビックリパワーアップモードを試したら優勝しちゃった!
ダメージも想定してたより少なかったんでしょうね!

F1では、10kwUPで約0.2秒速くなると云われているので、25kwUPなら0.5秒以上速くなる
イタリアGPで投入すると残り8戦!メキシコGPを昨年みたいに旧スペックを使うと7戦!
来年、レッドブルがコンストラクチャーチャンプを狙う為にはグリッド降格を最小限にする1基で7戦戦えるPUは必須!
今迄みたいにストックしたPUを金曜日に使う事も出来ない!

イタリアGPで投入すると、日本GPはシンガポールGP・ロシアGPに続いて4戦目になります!
直前のロシアGPで新燃料を投入し更にパワーアップして日本GPでの優勝を夢観ているんでしょうけど
ちょっとしたら、レッドブルとトロロッソでは異なった搭載方法を取るかも?

(1)トロロッソは、”スペック4”を2基投入もメキシコを除く7戦で1基のみを使用し耐久性のチェック!
  今年のトロロッソは、PUの同時投入でテスト用としての役目を余り果たしていませんからね~!
  後半戦は、来年用にトロロッソを上手く利用しないと・・・・・
(2)レッドブルは、一度に各2基づつ交換して日本GPでは新品のPUに換装して走らせる!
  後半戦のグリッド降格を防ぎ優勝回数を増やすには一石2鳥ですから!
  7戦使わないので間に合うなら、レッドブルだけ先行してベルギーGPで”スペック4”を投入したりして!


さて3位表彰台のクビアトを差し置いてレッドブルに昇格したアルボンですが、両者を比較すると・・・・
                    Q1      Q2     Q3              決勝
オーストラリアGP     クビアト  1:22.511⇒1:22.774       (15位)      10位入賞
”スペック1”       アルボン 1:22.757⇒1:22.636       (13位)      14位

バーレンGP       クビアト  1:29.876⇒1:29.854       (15位)      12位
              アルボン 1:29.5141:29.513       (12位)       9位入賞

中国GP         クビアト  1:33.783⇒1:33.236       (11位)      NC 接触でマイレージ節約
              アルボン クラッシュで走行出来ず               10位入賞

アゼルバイジャンGP クビアト  1:42.324⇒1:42.2211:41.6816位)        NC リカルドが激突
”スペック2”       アルボン 1:42.1541:42.494       (12位)      11位

スペインGP        クビアト  1:17.9141:17.2431:17.5739位       9位入賞
              アルボン 1:17.7961:17.445       (12位)      11位

モナコGP        クビアト  1:11.6021:11.4121:11.271(8位)       7位入賞
              アルボン 1:12.007⇒1:11.429⇒1:11.653(10位)      8位入賞

カナダGP        クビアト  1:11.9651:11.921       (12位)      10位入賞
              アルボン 1:12.020⇒1:12.193       (14位)      NC 接触でマイレージ節約

フランスGP       クビアト  1:31.564               (16位)      14位”スペック3”先に搭載
1基”スペック3”     アルボン 1:31.4451:30.461       (11位)      15位

オーストリアGP     クビアト  1:05.324               (18位)      17位
2基”スペック3”に    アルボン 1:04.7081:04.665       (13位)      15位”スペック3”搭載

イギリスGP       クビアト  1:26.721               (17位)       9位入賞
              アルボン 1:26.482⇒1:26.403⇒1:26.345(9位)       12位

ドイツGP         クビアト  1:13.278⇒1:13.135        (14位)      3位(雨天)表彰台
              アルボン 1:13.461              (17位)       6(雨天)入賞

ハンガリーGP     クビアト  1:16.750⇒1:16.692          (13位)    15位
              アルボン 1:16.9121:16.687          (12位)    10位入賞 FR2クラッシュ

入賞はクビアト6回アルボン5回 Q1・Q2は6勝6敗で互角!Q3進出はクビアト4回アルボン2回 
レースではクワビトの7勝5敗です。
”スペック2”まではクビアトが断然優位でしたが、”スペック3”になってからクビアトが冴えないのが良く判ります!
クビアトがレッドブルに昇格出来なかった最大の要因は”スペック3”になってQ1敗退が3戦続いた所為かも?
運も実力の内ですからね!

アルボンがQ2進出来なかったのは、予選を走れなかった中国GPとノリスに邪魔されたドイツGPのみ!
新人でQ1敗退が実質1戦ですから、レッドブルが伸び代を期待して抜擢するのも当然ですね!
ガスリーみたいに文句タラタラで他の所為に責任転嫁もしないで、与えられた車で文句も言わず安定した成果出してるんですから・・レッドブルのピットスタッフに可愛がられるでしょう!

ピットの雰囲気が良くなれば士気も上がるし、相乗効果でアルボンは好成績上げちゃうかもね!

”スペック3”と相性の悪かったクビアトは、”スペック4”搭載で生き返るでしょうか?
ローパワーPUのレッドブルに慣れてるとしたら、更にパワーアップした”スペック4”に手古摺るかも!
トロロッソはハイパワーPUへの対応が迷走中!レッドブルみたいに収まる事を期待しましょう!

チームとして2人揃ってグリッド降格を免れる為ですが、トロロッソ・クビアトとレッドブル・アルボンに先行してベルギーGPで”スペック4”を投入!

ベルギーGPからじゃ最終戦まで持たないので、ロシアGPで”スペック5”を投入するって事になるけど・・・・
”スペック4”がベルギーGPとイタリアGP+シンガポールGPの3戦だけって通常は有り得ませんよね~!
金曜の夜まで判りませんけどベルギーGPでそれぞれに各2基投入しなければ・・・・
2~3戦で”スペック4”の問題点を潰した”スペック5”投入を本気で考えているのかも?(大苦笑)

クビアト・ガスリー対決はイタリアGPまでお預けとなるのか?
圧倒的に早くなってベルギーGPで4台投入となるのか?土曜日の予選が待ちきれませんね!

RA619H”スペック4”、イタリアGP投入するのは”メキシコGPを旧スペック”で最終戦までに7戦使用の為か?

F1サーカスも残り9戦!
RA619Hハイパワー”スペック4”も本来ならハンガリーGPで、遅くともスパで投入したかったんでしょうね!
ハンガリーGPで”スペック4”を投入すれば5戦目のロシアGPで”スペック5”の投入も有り得たと思うのですが・・
でもロシアGP投入では残り6戦、来期7戦持たせる為に必要な耐久性の実戦テストが出来ません!
来期コンストラクチャーチャンプを獲得する為にはPU使用数オーバーでのグリッド降格は避けなければ!

しかしベルギーGPで投入すると残り9戦!同一PUで最後まで戦うには長過ぎます!
で、
(1)残り8戦となるイタリアGPでの投入!になったのかもね!
昨年同様、メキシコGPは旧スペックの”スペック3”を使えば残り7戦ですから!
日本GPは4戦目となりますが、”スペック3”が4戦目でポール・ポジションを取った事で熟成したPUで戦う事にしたのでは?
直前のロシアGPで新燃料も投入されますし・・・・
(2)各人2基”スペック4”を投入!っ手も有ります!
開発が間に合うならベルギーGPで、間に合わなければイタリアGPですが・・・・・・・
この戦術ならグリッド降格は1回で済みますし・・・・日本GPでも新品のPUを使えますし・・・・

しかし、”二兎を追うもの一兎も得ず”!来年の事を考えればイタリアGPでの投入(1)ですが・・・・
幸いな事にレッドブルは2チーム!役割分担で・・・・・
既に4基以上を使ったトロロッソは(1)で次年度に向けて残り1基で耐久性のデーター取り!
3基使用のレッドブルは(2)を選択して残り2基でポイント獲得と競争力のデーター取り!
なんて事になったりして?
いずれにしても、余程の不具合でも無ければロシアGPでの新”スペック5”投入は無いかもしれませんね!
来年用RA620Hの開発に全力を注ぐ筈ですから・・・・・
RA619H"スッペク2”は修正版!”スペック3”も修正版”!
”二兎を追うもの二兎を得る”=7戦戦えるPUを目標にしていないと、これほど開発が長期間になりません!
その意味でも”スッペク4”は期待出来そう!

当るのも八卦ですけど、今期はトロロッソがRA619Hの開発にあまり寄与していません!
一戦早く搭載してデーター収集するとか・・・パーテーモードのテストするとか・・・・2戦長く使うとか・・・・
終盤戦では、トロロッソを上手く来年用に利用すると思うのですが・・・・果たして?
F1では10kwアップで平均0.2秒速くなる!高速サーキットでは2倍以上!
20kw以上パワーアップならイタリアGPモンツアでの
ゲインは0.8秒にも達します!(ワォ)
最下位スタートからの優勝も夢じゃない!(笑)オーバーテークが速やかに出来れば
ですが・・・・
ガスリが降格になった原因は、オーバーテークが余裕を持ってスパッと出来ないからなんでしょうね!
アルボンは意外とフェルスタッペンから離されないかも!
                   Q1         Q2          Q3          決勝
オーストラリアGP   クビアト 1:22.511⇒1:22.774                 
10位入賞
               アルボン1:22.757⇒1:22.636                 14位 
バーレンGP       クビアト 1:29.876⇒1:29.854                 12位

               アルボン1:29.514⇒1:29.513                  9位入賞
 中国GP        クビアト 1:33.783⇒1:33.236                 19RT
               アルボン クラッシュ棄権                     
10位入賞
アゼルバイジャンGP クビアト 1:42.324⇒1:42.2211:41.681(6位)      19RT
               アルボン1:42.154
1:42.494                  11位
スペインGP       クビアト 1:17.914⇒1:17.2431:17.573(6位)       9位入賞
               アルボン1:17.796⇒1:17.445                  11位
モナコGP        クビアト 1:11.602⇒1:11.412⇒1:11.271(8位)       
7位入賞
               アルボン1:12.007⇒1:11.429⇒1:11.653(10位)      8位入賞
カナダGP        クビアト 1:11.965⇒1:11.921                  10位入賞
               アルボン1:12.020⇒1:12.193                  19RT
フランスGP       クビアト 1:31.564                         14位

               アルボン1:31.445⇒1:30.461                  15位
オーストリアGP     クビアト 1:05.324                         17位
               アルボン1:04.708⇒1:04.665                  15位
イギリスGP       クビアト 1:26.721                          9位入賞

               アルボン1:26.482⇒1:26.403⇒1:26.345(9位)       12位
ドイツGP         クビアト 1:13.278⇒1:13.135                  雨の決勝3位表彰台
               アルボン1:13.461                         
雨の決勝6位入賞
ハンガリーGP     クビアト 1:16.750⇒1:16.692                  15位
               アルボン1:16.912⇒1:16.687                  10位入賞
モナコGPまでの6戦はクビアトが5勝1敗と貫禄を見せていましたが・・・
ハンガリーGPまでの6戦ではアルボンの4勝2敗と完全にクビアトに勝ってる!
アルボンのQ1敗退はノリスに邪魔されたドイツGPだけですからね!安定感抜群!
クビアトは雨のドイツGPで3位にはなったけど、3戦連続のQ1落ちが評価を落としたんでしょ!
運も実力の世界ですから・・・・・・

【祝】トロロッソ・ホンダ初表彰台!クビアト早めのスリックタイア交換で3位ゲット!フェルスタッペン2勝目!ガスリー自滅!

雨天レースとなったドイツGP!なんとダウンフォースの良いメルセデスがコースアウトでゼロ・ポイント!

ホッケンハイム・リンク
スピン・コースアウトが相次ぎ、完走13台と言う荒れたレースと成りました!

母国グランプリとなったメルセデス、序盤はフェルスタッペンのスタート失敗でハミルトン・ボッタスの1-2!このまま又もメルセデスの圧勝かと思われましたが・・・・

ハミルトンは最終コーナーでコースアウトしフロントウィングを損傷するも復帰後コースを横切ってピットに!

フロントウィング交換で5位に順位を下げ更に5秒ペナルティで脱落!

その後もコースアウトやピットストップで終わってみれば11位!

57週目ボッタス・ルクレール共に最終コーナーでコースアウトしてリアイア!

メルセデスは母国GPでノーポイントに終わる屈辱を味わう事に!
アルファロメオは2台入賞も、スタート前のクラッチ接続タイムラグで入賞取り消し!
ハミルトンは9位に繰り上がり2ポイント獲得して連続ポイント獲得が続く事になったけど、釈然としませんね!


残り10週でフェルスタッペン1位、クビアト2位!
残り2周でベッテルにDRSを使われ惜しくも3位に終わったけど、14位スタートのクビアト(15ポイント)が念願の表彰台に!(笑)

ボッタスのクラッシュでセフティーカーが入らなければホンダPUの1-2フニッシュだった!

(SCが入ると折角築いたタイム差が無くなる!)

でもレッドブルのフェルスタッペンがトップを守りきって7秒差で余裕の優勝!
15643288401966

2位はセフティーカーに助けられた最後尾スタートのNewフェラーリPUに換装したベッテル!

17位スタートのアルボンも6位入賞(8ポイント)!

トロロッソは2台で23ポイントを稼ぎコンストラクター8位(19)から5位(42)に急浮上!

でも、タイア戦略で上位になっただけなので、常時Q3はスペック4待ち!

トップテンは、フェラーリPUが5台!ホンダPUが3台!ルノーPU1台、メルセデスPU1台!

4位スタートのガスリーは精彩を欠き、アルボンにも追い抜かれ、終盤追い返そうとしてアルボンの右後部に接触し左前輪を損傷してリタイア!下手糞!
ガスリーがコケなきゃホンダPUは4台入賞だったのに!

危うくアルボンも巻き添えにする自己中の危険なドライビング!降格決定!

これには、さすがにホーナーも庇いきれないでしょう!

クビアトは表彰台ゲットでレッドブル昇格第一候補に浮上しました!
レース終了後、アルファロメオ2台にペナルテイが課せられ、クビアトドはライバーポイントも8位に急上昇!
前日父親になり連日のお祝い!競技じゃ~運も実力ですから!
(笑)
germany-day3-tororosso-honda-2019-3
今年のドライバー交代は無いとレッドブルのマルコは言ってますが・・・果たして、イタリアGPで昇格なるか?

④ホンダRA619H【ナンバー3=本来のスペック2】投入3戦目!崖っぷちのガスリーがP1でトップタイム、決勝でも4位入賞!フェルスタッペン・ベッテルに追突され表彰台を逸す!

Internet Explorerでは動画が観れない事も!その場合はCromeやFirefoxで御覧下さい!
フェルスタッペンが投入2戦目のオーストリアGPで、ホンダとしては13年ぶりとなるよもやの今季初優勝!

第3戦目となるイギリスGPは1007戦目!レッドブルはスポンサーのアストンマーチンが映画”007”シリーズでDBシリーズを使っていた関係で

007仕様に!(笑)
2019イギリスGP007仕様



P1(フリー走行1)で、解雇予告を受けていたガスリーが終了間際の最終ラップで
P1最速となる【1分27秒173】のトップタイムを叩き出しました!

レッドブルのフリー走行は確か【スペック2】の筈なのに・・・【スペック3】よりドライビリティが良かったりして?

ワオ!と言いたいのですが・・・・メルセデスもフェラーリも安全第一とピットから無理するなと指示が出ていた中で、しかもクリアーラップでのタイム!
アゼルバイジャンでもフリー走行で幻のトップタイム出してますが・・・・
ガスリーに自信を持たせようと勝手に走らせたんでしょうね!金曜日なので【スペック2】!
フェルスタッペンは、1分28秒009で3位!こちらもチェック済みの【スペック2】!
そんな訳で残念ながら今回のガスリーが出したP1タイムは参考程度にしかならない!(苦笑)
トロロッソ勢は、アルボンが1分29秒003で9位、クビアトは1分29秒500で13位!

晴れたP2から本番! ホンダPUは、アルボンを除いて3人が【スペック2】なので本番は土曜日から!
順位                                  P1⇒P2タイム増減
1.ボッタス(メルセデス・メルセデスPU)    1分26秒732    0.897秒↑
2.ハミルトン(メルセデス・メルセデスPU) 1分26秒801    1.321秒↑
3.ルクレール(フェラーリ・フェラーリPU)  1分26秒929     1.324秒↑
4.ベッテル(フェラーリ・フェラーリPU)     1分27秒180    1.124秒↑

5.ピエール・ガスリー(ホンダPU) ただ一人P2でタイム伸ばせず1分27秒249 0.076秒↓
6.ノリス(マクラーレン・ルノーPU)      1分27秒546   1.624秒↑
7.フェルスタッペン(ホンダPU) - 1分27秒562(0.016秒差  0.447秒↑
****ミッド・フィールドは0.3秒以内に9台と大激戦*****!
8.サインツ(マクラーレン・ルノーPU)          1分27秒987           1.324秒↑
9.アルボン(トロロッソ・ホンダPU)  1分27秒997(0.01秒差)    1.096.秒↑
10.ペレス(レーシングポイント・メルセデスPU)    1分28秒002(0.005秒差)   1.143秒↑
11.クビアト(トロロッソ・ホンダPU)  1分28秒008(0.006秒差)   1.492秒↑
12.ケビン・マグヌッセン(ハース・フェラーリPU)    1分28秒059(0.002秒差)   2.546秒↑
13.ライコネン(アルファロメオ・フェラーリPU)      1分28秒126(0.067秒差)   2.619秒↑
14.リカルド(ルノー・ルノーPU)             1分28秒128(0.002秒差)   0.903秒↑
15.ヒュルケンベルグ(ルノー・ルノーPU)       1分28秒217(0.089秒差)   0.586秒↑
16.ストロール(レーシングポイント・メルセデスPU)1分28秒240(0.023秒差)   1.417秒↑
17.ジョビナッツィ(アルファロメオ・フェラーリPU)   1分28秒294(0.054秒差)   1.805秒↑
18.グロージャン(ハース・フェラーリPU)  1分28秒794                  2.017秒↑       
19.クビサ(メルセデスPU)  1分29秒935                           2.186秒↑
20.ラッセル(メルセデスPU)  1分30秒514                          0.217秒↑

P3ではフェラーリが1-2!                   P2⇒P3タイム増減
1.ルクレール(フェラーリ・フェラーリPU)  1分25秒905     1.024秒↑

2.ベッテル(フェラーリ・フェラーリPU)     1分25秒931    1.249秒↑
3.ハミルトン(メルセデス・メルセデスPU) 1分25秒954    0.847秒↑
4.ピエール・ガスリー(ホンダPU)    1分26秒118     1.131秒↑
5.フェルスタッペン(ホンダPU) - 1分26秒456(0.338秒差  1.106秒↑
6.ボッタス(メルセデス・メルセデスPU)    1分26秒456     0.276秒↑
****ミッド・フィールドは1秒以内に12台と大激戦*****!
7.ノリス(マクラーレン・ルノーPU)          1分26秒689            0.857秒↑
8.ヒュルケンベルグ(ルノー・ルノーPU)       1分26秒945(0.256秒差)   1.272秒↑
9.リカルド(ルノー・ルノーPU)             1分26秒965(0.020秒差)   1.163秒↑
10.アルボン(トロロッソ・ホンダPU)  1分26秒976(0.011秒差)    1.021.秒↑
11.ジョビナッツィ(アルファロメオ・フェラーリPU)  1分27秒036(0.025秒差)    1.258秒↑
12.サインツ(マクラーレン・ルノーPU)        1分27秒106(0.070秒差)    0.881秒↑
13.クビアト(トロロッソ・ホンダPU)  1分27秒108(0.002秒差)   0.900秒↑
14.グロージャン(ハース・フェラーリPU)       1分27秒110(0.002秒差)     1.684秒↑ 
15.ケビン・マグヌッセン(ハース・フェラーリPU)  1分27秒275(0.165秒差)     0.784秒↑
16.ライコネン(アルファロメオ・フェラーリPU)     1分27秒424(0.149秒差)    0.702秒↑
17.ストロール(レーシングポイント・メルセデスPU)1分27秒544(0.120秒差)   0.696秒↑
18.ペレス(レーシングポイント・メルセデスPU)    1分27秒598(0.054秒差)    0.404秒↑      
19.ラッセル(メルセデスPU)  1分29秒065                          1.449秒↑
20.クビサ(メルセデスPU)  1分29秒450                           0.485秒↑
トロロッソ勢は強力な予選モードのルノーPU勢にどこまで太刀打ち出来るのでしょう?
メルセデス>フェラーリ>レッドブル>マクラーレン>ルノー>アルファロメオ>トロロッソ>レーシングポイント
ハース勢はタイアで苦しみウィリアムズは圏外なので、予選モードの弱いトロロッソ勢は13~16位か?
フェルスタッペンは1分26秒台でしょうから5位以内には入るでしょうけど・・・・

果たしクリアラップでしか好タイムを出せないガスリーは・・・・・覚醒するのか?

予選は上位3強が25秒台!                                     P3⇒Q1タイム増減
1.ボッタス(メルセデス・メルセデスPU)    1分25秒750⇒1分25秒672⇒1分25秒093 1.363秒↑
2.ハミルトン(メルセデス・メルセデスPU) 1分25秒513⇒1分25秒840⇒1分25秒099 0.855秒↑
3.ルクレール(フェラーリ・フェラーリPU)   1分25秒533⇒1分25秒646⇒1分25秒172 0.372秒↑
4.フェルスタッペン(ホンダPU)    1分25秒700⇒1分25秒848⇒1分25秒276(0.104秒差) 0.740秒↑
5.ピエール・ガスリー(ホンダPU)  1分26秒273⇒1分26秒038⇒1分25秒590(0.314秒差)
-0.155秒↑
6.ベッテル(フェラーリ・フェラーリPU)      1分25秒898⇒1分26秒023⇒1分25秒787 0.033秒↑
****ミッド・フィールドは0.3秒以内に9台と大激戦*****!
7.リカルド(ルノー・ルノーPU)        1分26秒428⇒1分26秒283⇒1分26秒182  0.537秒↑
8.ノリス(マクラーレン・ルノーPU)       1分26秒079⇒1分26秒385⇒1分26秒224  0.610秒↑
9.アルボン(トロロッソ・ホンダPU)   1分26秒482⇒1分26秒403⇒1分26秒345(0.121秒差) 0.494.秒↑
10.ヒュルケンベグ(ルノー・ルノーPU)    1分26秒568⇒1分26秒397⇒1分26秒386  0.377秒↑
11.ジョビナッツィ(アルファロメオ・フェラーリPU)1分26秒449⇒1分26秒519  0.587秒↑
12.ライコネン(アルファロメオ・フェラーリPU)   1分26秒558⇒1分26秒546  0.866秒↑
13.サインツ(マクラーレン・ルノーPU)       1分26秒203⇒1分26秒578  0.903秒↑
14.グロージャン(ハース・フェラーリPU)      1分26秒347⇒1分26秒757   0.763秒↑  
15.ペレス(レーシングポイント・メルセデスPU)  1分26秒649⇒1分26秒928  0.949秒↑    
16  マグヌッセン(ハース・フェラーリPU)    1分26秒662(0.002秒差)       0.613秒↑
17.クビアト(トロロッソ・ホンダPU)  1分26秒721(0.006秒差)      0.387秒↑

18.ストロール(レーシングポイント・メルセデスPU)1分26秒762(0.023秒差)   0.782秒↑
19.ラッセル(メルセデスPU)  1分27秒789                          1.276秒↑
20.クビサ(メルセデスPU)  1分28秒257                           1.193秒↑
 
メルセデスのボッタスが1分25秒093で1位、2位が0.006秒差でハミルトン!
P3でトップだったルクレールは3位!4位フェルスタッペンに遅れること0.314秒差でガスリーが5位に!
Q2をソフトで走ったベッテルは1分25秒787と伸ばせず6位!
フェラーリのタイア戦略には皆唖然!2ストップ作戦にしたけど・・・・・吉と出るか凶と出るか?

ミッドフィールドは、6位1分26秒079から18位1分26秒762まで26秒台という大混戦(0.683秒以内)!
強力な予選モードのルノーPUはリカルド7位・ヒュルケンベルク10位したけど決勝じゃ・・・
マクラレンのノリスは8位と評判は上がる一方!
トロロッソ勢は、アルボンが自己最高の9位!ポイントを取らなきゃね~!
ホンダPUも3台Q3入りを果たしましたが、
クビアトは折角のチャンスを活かせず17位に沈みました!
クビアトは【スペック3】になってから、フランスGP16位・オーストリアGP18位と3戦連続Q1止まり!
0.5秒速く走ればQ3になれるのに・・・・クビアトの【スペック3】はターボラグが大きいのかも?
アルボンの金曜日用は【スペック3】で、クビアトは【スペック2】を使ってるのでアルボンの方が【スペック3】を使いこなしているんだろうね!
クビアトがこれじゃ~今期ガスリーの降格は無くなったわな!

それにしても、高速サーキットなのにハースは冴えませんね!
スポンサーのリッチ・エナジーが盗用問題でスポンサーを降りる等ゴタゴタの所為じゃないんだろうけど・・・
リッチエネジーロゴ盗用
それにしても、ここまでのソックリなロゴで大金をせしめたデザイナーは誰なんでしょうね!
まさか、盗用専門の日本人デザイナ~じゃないんだろうな~?
今や膨大な資料が簡単に観れる時代なので、1度観た図案も記憶が薄れ創作だと勘違いした事にしちゃうんだろうけど・・・・どう観たって盗作でしょ!

決勝では、タイアが厳しくなってるボッタスを追ってフェルスタッペンがベッテルを追い抜くも・・・
直後にベッテルに追突されコース外のグラベルに弾き飛ばされるアクシデント!
良くもま~リタイアせずに済んだよね~!

何とか復帰して5位にはなりましたが・・・2位も狙えた状況だったので残念!
モード11にしていれば、もう少し早くパス出来てたので事故にならなかったでしょうけど・・・・・・
ベッテルはフロントウィングを壊し最下位に!フェラーリは3戦連続のインシデント!
ルクレールは棚から牡丹餅の3位表彰台!ガスリー4位!首は繋がりました!(笑)
ハミルトンはセフティカーに助けられタイア交換を済ませて独走態勢でシルバーストーン6度目の優勝!
運も味方して、ポイントでも独走態勢になっちゃった!
2位となったボッタスはセフティカーでタイムギャップを失う不運に泣きました!
クビアトは粘りの走りで、9位入賞!何とか昇格レースに踏みとどまりました!
10位入賞目前のアルボンはミデアム・タイアが持たず最終ラップでヒュルケンベルク・ノリスに抜かれ12位!

それにしても、上位3チームも、ミッドフィールドも大接戦になってきました!
大差だったウィリアムズも18位にあと1秒と迫ってきましたし・・・・・
こうなると、RA619Hの【スペック4】への期待が高まりますね~!
0.3秒速くなれば、フェルスタッペンもポール狙えるし、トロロッソもミッド・フィールド上位に行ける!
F1のスタッフには2週間の夏休みが義務化されてますが、PU開発のSAKURAは対象外!
頑張ってベルギーGPに間に合わせる事が出来れば、残り2戦をハイパワーモードを使って戦えるし・・・
14戦目からは連続表彰台も狙えるかもね!


⑤ホンダRA619H【スペック2?】を投入!2戦目で「トラブルの無いフェラーリ」に勝ってフェルタッペン2度目の3位表彰台へ!

  アンビリーバブル!フェルスタッペン3位

抜き難いカタロニア・サーキットとは言え、フェラーリを全く寄せ付けず3位入賞はご立派!
次は、いよいよメルセデス!と言いたいところですが・・・・ガスリーがフェラーリを超えればの話!
ガスリーもなんとかミッドフィールドを離して定位置の6位!でもまだフェラーリとバトルは無理!
3位入賞は卓越したフェルスタッペンのお陰ですからね!

トロロッソは惜しい事になりました!
タイア交換前まで、クビアト7位、アルボン9位をプッシュしてたんだから!
なんとクビアトのタイア交換時に、ピット連絡ミスでアルボンが先と伝わりアルボン用にセット!

クビアトは入って来てから間違いに気が付き慌てて奥にクビアト用タイアを取りに行き大幅なタイムロス!
使用タイアは、各ドライバー毎に決まっているので、誤装着防止の為に離して置いていたのが仇に!
クビアトのピット内前方に用意してあればまだタイムロスは少なかったでしょうに

クビアトはなんとか9位入賞になりましたが・・・アルボンは待ち時間もあって一分もロス!
パニくって最悪のドタバタ劇を演じてしまいました!順序を再確認すれば済んだ話!
7位+9位なら8点ですからね~!8位+10位でも5点!
なんとも初歩的なミスでポイントを失うとは・・・・・レースデレクターは更迭すべきでしょ!
今までもタイアで順位落としてるし・・・・・実にもったいない話でした!
クビアトが7位入賞していれば、レッドブルの椅子取りゲームも面白くなったのに・・・・
残念ながらトロロッソはスターテング・グリッドと同じ順位で終わりました!

その点じゃレッドブルは一流!モナコもフェルスタッペンは入賞出来そう!
ガスリーはしばらく6位が定位置になりそう!
【スペック1改】でフェラーリとも戦えるんだから、早く本物の【スペック2】を!
レッドブルが3~4位、トロロッソが安定して7~8位にならなくちゃ!
そうなりゃ今は圧倒的なメルセデスもミスする可能性が出て優勝も視野に入ってくる!
QRコード
QRコード
プロフィール

kobayakawashunichi

Amazonライブリンク
カテゴリー
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ