素晴らしきかな日本人 by 小早川俊一

御覧戴いてありがとうございます。2010年3月著名人・CM以外のブロガーを締め出した”イザ・ブログ”からあちこちテスト投稿後、過去のイザ・ブログ原稿と一緒にライブドア・ブログに移行しました。名も無きブロガーの悲哀ですね(笑)2013年は20年毎に行われる、お伊勢さまの第62回式年遷宮!これからの20年は弱者優先だった”米の座”から"働かない者食うべからず"の”金の座”に”ご遷移”されましたので[才覚次第で大金持ちになれる]チャンスに溢れる激動の弱肉強食の時代となる筈です! 人類史上[誰でも何でも平等]なんて国家が繁栄した事はなく、官庁.学校.企業も解雇も出来ず努力もしない低レベルの輩が大手を振ってのさばってる日本に明るい未来はあるのでしょうか?もっと競争原理を容認し”ジャパン・ドリーム”が実現する社会にしてほしいものです!

ホンダPU

④ホンダRA619H【ナンバー3=本来のスペック2】投入3戦目!崖っぷちのガスリーがP1でトップタイム、決勝でも4位入賞!フェルスタッペン・ベッテルに追突され表彰台を逸す!

Internet Explorerでは動画が観れない事も!その場合はCromeやFirefoxで御覧下さい!
フェルスタッペンが投入2戦目のオーストリアGPで、ホンダとしては13年ぶりとなるよもやの今季初優勝!

第3戦目となるイギリスGPは1007戦目!レッドブルはスポンサーのアストンマーチンが映画”007”シリーズでDBシリーズを使っていた関係で

007仕様に!(笑)
2019イギリスGP007仕様



P1(フリー走行1)で、解雇予告を受けていたガスリーが終了間際の最終ラップで
P1最速となる【1分27秒173】のトップタイムを叩き出しました!

レッドブルのフリー走行は確か【スペック2】の筈なのに・・・【スペック3】よりドライビリティが良かったりして?

ワオ!と言いたいのですが・・・・メルセデスもフェラーリも安全第一とピットから無理するなと指示が出ていた中で、しかもクリアーラップでのタイム!
アゼルバイジャンでもフリー走行で幻のトップタイム出してますが・・・・
ガスリーに自信を持たせようと勝手に走らせたんでしょうね!金曜日なので【スペック2】!
フェルスタッペンは、1分28秒009で3位!こちらもチェック済みの【スペック2】!
そんな訳で残念ながら今回のガスリーが出したP1タイムは参考程度にしかならない!(苦笑)
トロロッソ勢は、アルボンが1分29秒003で9位、クビアトは1分29秒500で13位!

晴れたP2から本番! ホンダPUは、アルボンを除いて3人が【スペック2】なので本番は土曜日から!
順位                                  P1⇒P2タイム増減
1.ボッタス(メルセデス・メルセデスPU)    1分26秒732    0.897秒↑
2.ハミルトン(メルセデス・メルセデスPU) 1分26秒801    1.321秒↑
3.ルクレール(フェラーリ・フェラーリPU)  1分26秒929     1.324秒↑
4.ベッテル(フェラーリ・フェラーリPU)     1分27秒180    1.124秒↑

5.ピエール・ガスリー(ホンダPU) ただ一人P2でタイム伸ばせず1分27秒249 0.076秒↓
6.ノリス(マクラーレン・ルノーPU)      1分27秒546   1.624秒↑
7.フェルスタッペン(ホンダPU) - 1分27秒562(0.016秒差  0.447秒↑
****ミッド・フィールドは0.3秒以内に9台と大激戦*****!
8.サインツ(マクラーレン・ルノーPU)          1分27秒987           1.324秒↑
9.アルボン(トロロッソ・ホンダPU)  1分27秒997(0.01秒差)    1.096.秒↑
10.ペレス(レーシングポイント・メルセデスPU)    1分28秒002(0.005秒差)   1.143秒↑
11.クビアト(トロロッソ・ホンダPU)  1分28秒008(0.006秒差)   1.492秒↑
12.ケビン・マグヌッセン(ハース・フェラーリPU)    1分28秒059(0.002秒差)   2.546秒↑
13.ライコネン(アルファロメオ・フェラーリPU)      1分28秒126(0.067秒差)   2.619秒↑
14.リカルド(ルノー・ルノーPU)             1分28秒128(0.002秒差)   0.903秒↑
15.ヒュルケンベルグ(ルノー・ルノーPU)       1分28秒217(0.089秒差)   0.586秒↑
16.ストロール(レーシングポイント・メルセデスPU)1分28秒240(0.023秒差)   1.417秒↑
17.ジョビナッツィ(アルファロメオ・フェラーリPU)   1分28秒294(0.054秒差)   1.805秒↑
18.グロージャン(ハース・フェラーリPU)  1分28秒794                  2.017秒↑       
19.クビサ(メルセデスPU)  1分29秒935                           2.186秒↑
20.ラッセル(メルセデスPU)  1分30秒514                          0.217秒↑

P3ではフェラーリが1-2!                   P2⇒P3タイム増減
1.ルクレール(フェラーリ・フェラーリPU)  1分25秒905     1.024秒↑

2.ベッテル(フェラーリ・フェラーリPU)     1分25秒931    1.249秒↑
3.ハミルトン(メルセデス・メルセデスPU) 1分25秒954    0.847秒↑
4.ピエール・ガスリー(ホンダPU)    1分26秒118     1.131秒↑
5.フェルスタッペン(ホンダPU) - 1分26秒456(0.338秒差  1.106秒↑
6.ボッタス(メルセデス・メルセデスPU)    1分26秒456     0.276秒↑
****ミッド・フィールドは1秒以内に12台と大激戦*****!
7.ノリス(マクラーレン・ルノーPU)          1分26秒689            0.857秒↑
8.ヒュルケンベルグ(ルノー・ルノーPU)       1分26秒945(0.256秒差)   1.272秒↑
9.リカルド(ルノー・ルノーPU)             1分26秒965(0.020秒差)   1.163秒↑
10.アルボン(トロロッソ・ホンダPU)  1分26秒976(0.011秒差)    1.021.秒↑
11.ジョビナッツィ(アルファロメオ・フェラーリPU)  1分27秒036(0.025秒差)    1.258秒↑
12.サインツ(マクラーレン・ルノーPU)        1分27秒106(0.070秒差)    0.881秒↑
13.クビアト(トロロッソ・ホンダPU)  1分27秒108(0.002秒差)   0.900秒↑
14.グロージャン(ハース・フェラーリPU)       1分27秒110(0.002秒差)     1.684秒↑ 
15.ケビン・マグヌッセン(ハース・フェラーリPU)  1分27秒275(0.165秒差)     0.784秒↑
16.ライコネン(アルファロメオ・フェラーリPU)     1分27秒424(0.149秒差)    0.702秒↑
17.ストロール(レーシングポイント・メルセデスPU)1分27秒544(0.120秒差)   0.696秒↑
18.ペレス(レーシングポイント・メルセデスPU)    1分27秒598(0.054秒差)    0.404秒↑      
19.ラッセル(メルセデスPU)  1分29秒065                          1.449秒↑
20.クビサ(メルセデスPU)  1分29秒450                           0.485秒↑
トロロッソ勢は強力な予選モードのルノーPU勢にどこまで太刀打ち出来るのでしょう?
メルセデス>フェラーリ>レッドブル>マクラーレン>ルノー>アルファロメオ>トロロッソ>レーシングポイント
ハース勢はタイアで苦しみウィリアムズは圏外なので、予選モードの弱いトロロッソ勢は13~16位か?
フェルスタッペンは1分26秒台でしょうから5位以内には入るでしょうけど・・・・

果たしクリアラップでしか好タイムを出せないガスリーは・・・・・覚醒するのか?

予選は上位3強が25秒台!                                     P3⇒Q1タイム増減
1.ボッタス(メルセデス・メルセデスPU)    1分25秒750⇒1分25秒672⇒1分25秒093 1.363秒↑
2.ハミルトン(メルセデス・メルセデスPU) 1分25秒513⇒1分25秒840⇒1分25秒099 0.855秒↑
3.ルクレール(フェラーリ・フェラーリPU)   1分25秒533⇒1分25秒646⇒1分25秒172 0.372秒↑
4.フェルスタッペン(ホンダPU)    1分25秒700⇒1分25秒848⇒1分25秒276(0.104秒差) 0.740秒↑
5.ピエール・ガスリー(ホンダPU)  1分26秒273⇒1分26秒038⇒1分25秒590(0.314秒差)
-0.155秒↑
6.ベッテル(フェラーリ・フェラーリPU)      1分25秒898⇒1分26秒023⇒1分25秒787 0.033秒↑
****ミッド・フィールドは0.3秒以内に9台と大激戦*****!
7.リカルド(ルノー・ルノーPU)        1分26秒428⇒1分26秒283⇒1分26秒182  0.537秒↑
8.ノリス(マクラーレン・ルノーPU)       1分26秒079⇒1分26秒385⇒1分26秒224  0.610秒↑
9.アルボン(トロロッソ・ホンダPU)   1分26秒482⇒1分26秒403⇒1分26秒345(0.121秒差) 0.494.秒↑
10.ヒュルケンベグ(ルノー・ルノーPU)    1分26秒568⇒1分26秒397⇒1分26秒386  0.377秒↑
11.ジョビナッツィ(アルファロメオ・フェラーリPU)1分26秒449⇒1分26秒519  0.587秒↑
12.ライコネン(アルファロメオ・フェラーリPU)   1分26秒558⇒1分26秒546  0.866秒↑
13.サインツ(マクラーレン・ルノーPU)       1分26秒203⇒1分26秒578  0.903秒↑
14.グロージャン(ハース・フェラーリPU)      1分26秒347⇒1分26秒757   0.763秒↑  
15.ペレス(レーシングポイント・メルセデスPU)  1分26秒649⇒1分26秒928  0.949秒↑    
16  マグヌッセン(ハース・フェラーリPU)    1分26秒662(0.002秒差)       0.613秒↑
17.クビアト(トロロッソ・ホンダPU)  1分26秒721(0.006秒差)      0.387秒↑

18.ストロール(レーシングポイント・メルセデスPU)1分26秒762(0.023秒差)   0.782秒↑
19.ラッセル(メルセデスPU)  1分27秒789                          1.276秒↑
20.クビサ(メルセデスPU)  1分28秒257                           1.193秒↑
 
メルセデスのボッタスが1分25秒093で1位、2位が0.006秒差でハミルトン!
P3でトップだったルクレールは3位!4位フェルスタッペンに遅れること0.314秒差でガスリーが5位に!
Q2をソフトで走ったベッテルは1分25秒787と伸ばせず6位!
フェラーリのタイア戦略には皆唖然!2ストップ作戦にしたけど・・・・・吉と出るか凶と出るか?

ミッドフィールドは、6位1分26秒079から18位1分26秒762まで26秒台という大混戦(0.683秒以内)!
強力な予選モードのルノーPUはリカルド7位・ヒュルケンベルク10位したけど決勝じゃ・・・
マクラレンのノリスは8位と評判は上がる一方!
トロロッソ勢は、アルボンが自己最高の9位!ポイントを取らなきゃね~!
ホンダPUも3台Q3入りを果たしましたが、
クビアトは折角のチャンスを活かせず17位に沈みました!
クビアトは【スペック3】になってから、フランスGP16位・オーストリアGP18位と3戦連続Q1止まり!
0.5秒速く走ればQ3になれるのに・・・・クビアトの【スペック3】はターボラグが大きいのかも?
アルボンの金曜日用は【スペック3】で、クビアトは【スペック2】を使ってるのでアルボンの方が【スペック3】を使いこなしているんだろうね!
クビアトがこれじゃ~今期ガスリーの降格は無くなったわな!

それにしても、高速サーキットなのにハースは冴えませんね!
スポンサーのリッチ・エナジーが盗用問題でスポンサーを降りる等ゴタゴタの所為じゃないんだろうけど・・・
リッチエネジーロゴ盗用
それにしても、ここまでのソックリなロゴで大金をせしめたデザイナーは誰なんでしょうね!
まさか、盗用専門の日本人デザイナ~じゃないんだろうな~?
今や膨大な資料が簡単に観れる時代なので、1度観た図案も記憶が薄れ創作だと勘違いした事にしちゃうんだろうけど・・・・どう観たって盗作でしょ!

決勝では、タイアが厳しくなってるボッタスを追ってフェルスタッペンがベッテルを追い抜くも・・・
直後にベッテルに追突されコース外のグラベルに弾き飛ばされるアクシデント!
良くもま~リタイアせずに済んだよね~!

何とか復帰して5位にはなりましたが・・・2位も狙えた状況だったので残念!
モード11にしていれば、もう少し早くパス出来てたので事故にならなかったでしょうけど・・・・・・
ベッテルはフロントウィングを壊し最下位に!フェラーリは3戦連続のインシデント!
ルクレールは棚から牡丹餅の3位表彰台!ガスリー4位!首は繋がりました!(笑)
ハミルトンはセフティカーに助けられタイア交換を済ませて独走態勢でシルバーストーン6度目の優勝!
運も味方して、ポイントでも独走態勢になっちゃった!
2位となったボッタスはセフティカーでタイムギャップを失う不運に泣きました!
クビアトは粘りの走りで、9位入賞!何とか昇格レースに踏みとどまりました!
10位入賞目前のアルボンはミデアム・タイアが持たず最終ラップでヒュルケンベルク・ノリスに抜かれ12位!

それにしても、上位3チームも、ミッドフィールドも大接戦になってきました!
大差だったウィリアムズも18位にあと1秒と迫ってきましたし・・・・・
こうなると、RA619Hの【スペック4】への期待が高まりますね~!
0.3秒速くなれば、フェルスタッペンもポール狙えるし、トロロッソもミッド・フィールド上位に行ける!
F1のスタッフには2週間の夏休みが義務化されてますが、PU開発のSAKURAは対象外!
頑張ってベルギーGPに間に合わせる事が出来れば、残り2戦をハイパワーモードを使って戦えるし・・・
14戦目からは連続表彰台も狙えるかもね!


⑤ホンダRA619H【スペック2?】を投入!2戦目で「トラブルの無いフェラーリ」に勝ってフェルタッペン2度目の3位表彰台へ!

  アンビリーバブル!フェルスタッペン3位

抜き難いカタロニア・サーキットとは言え、フェラーリを全く寄せ付けず3位入賞はご立派!
次は、いよいよメルセデス!と言いたいところですが・・・・ガスリーがフェラーリを超えればの話!
ガスリーもなんとかミッドフィールドを離して定位置の6位!でもまだフェラーリとバトルは無理!
3位入賞は卓越したフェルスタッペンのお陰ですからね!

トロロッソは惜しい事になりました!
タイア交換前まで、クビアト7位、アルボン9位をプッシュしてたんだから!
なんとクビアトのタイア交換時に、ピット連絡ミスでアルボンが先と伝わりアルボン用にセット!

クビアトは入って来てから間違いに気が付き慌てて奥にクビアト用タイアを取りに行き大幅なタイムロス!
使用タイアは、各ドライバー毎に決まっているので、誤装着防止の為に離して置いていたのが仇に!
クビアトのピット内前方に用意してあればまだタイムロスは少なかったでしょうに

クビアトはなんとか9位入賞になりましたが・・・アルボンは待ち時間もあって一分もロス!
パニくって最悪のドタバタ劇を演じてしまいました!順序を再確認すれば済んだ話!
7位+9位なら8点ですからね~!8位+10位でも5点!
なんとも初歩的なミスでポイントを失うとは・・・・・レースデレクターは更迭すべきでしょ!
今までもタイアで順位落としてるし・・・・・実にもったいない話でした!
クビアトが7位入賞していれば、レッドブルの椅子取りゲームも面白くなったのに・・・・
残念ながらトロロッソはスターテング・グリッドと同じ順位で終わりました!

その点じゃレッドブルは一流!モナコもフェルスタッペンは入賞出来そう!
ガスリーはしばらく6位が定位置になりそう!
【スペック1改】でフェラーリとも戦えるんだから、早く本物の【スペック2】を!
レッドブルが3~4位、トロロッソが安定して7~8位にならなくちゃ!
そうなりゃ今は圧倒的なメルセデスもミスする可能性が出て優勝も視野に入ってくる!

④ホンダRA619H【スペック2?】を投入も、金曜日フリー走行でスペック1を使用!懲りないよね~(苦笑)

マイレージを節約する為に、旧スペックの【スペック1】を使用するホンダ!
昨年、トロロッソがセッテングに苦労したのに、レッドブルでもやってるなんて・・・・
【スペック1】も【スペック2】も、パワーに大した差が無いって事かいな!(大苦笑)
耐久性に問題が有る【スペック1】を使うなんて意味無いと思うのですが・・・・
万が一問題が出たら今回みたいに積み替えれば善いってか!馬っ鹿じゃなかろか!

それとも【スペック2】のデーター収集はトロロッソに任せるってか?

昨年から書いてるけど・・・・シャーシが決まっていればマイレージの節約は戦略的に正しいと思うけどマシンとしてのセッテングに苦労してるのに旧スペックを使うのは開発を遅らせるだけでしょ!

0.1秒違っても、順位が上下する今のF1で、どうせシャーシのセッテングだからって微妙なPUフィーリングを無視しマイレージ優先で旧スペックを使わせるホンダって阿呆じゃないの!
アゼルバイジャンGPのバクー市街地コースと全く違うサーキットなのに・・・・・
【スペック1】のデーターで、土曜日の【スペック2】をセッテングするってか!

金曜日に【スペック2】を使わず、負荷テストのデーターを取らないのに、土曜日の短いP3だけで予選用の完璧なマッチングなんて出来っこないものね!
来週のシーズンインテストでRA619Hの【スペック3】テストするならマイレージ節約する必然性はないからね!
当分【スペック2】のままだって事だわさ!ダメだこりゃ!
スペック1=オーストラリアGP+バーレンGP+中国GP+スペインGP・P1P2(レッドブル)
スペック2=アゼルバイジャンGP+スペインGP+モナコGP+カナダGP+フランスGP
スペック3=オーストリアGP+イギリスGP+ドイツGP+ハンガリーGP+ベルギーGP+イタリアGP+シンガポールGP
スペック4=ロシアGP+日本GP+アメリカGP+メキシコGP+ブラジルGP+アブダビGP

【スペック3(本来のスペック2)】は早くても6月30日のレッドブル本拠地オーストラリアGPが最短なのかもね!
明日の予選もレッドブルのトップ3入りは期待出来ませんね!
想定通りの結果に!


1位・メルセデス・ボッタスはほとんど縁石に乗らない異次元の走り!凄い!
2019予選
Q2では、Q3進出へ8位から11位まで0.1秒以内!まさに熾烈!
レッドブルはパーティモードでフェルスタッペン4位ガスリー6位!
メルセデスとは差が有り過ぎてレース結果もグリット順かもね!
トロロッソはハースが速過ぎたのでクビアトの9位止まりでした!
なんとか2台入賞してコンストラクターポイント9位から浮上してもらいたいものです!

バルセロナ・カタロニアサーキット
カタロニアサーキットは、セクター1=高速、セクター2=中高速・セクター3=低中速!
セクタースピード
セクタータイム
フェラーリが高速では速くても中速以下ではパワーを活かし切れてないのが良く判りますね!
迷走中のウィリアムズは、少しづづ速くなっている様で各セクターでMF下位に0.5秒以内まで来ました!
来週のシーズンインテストで追い付けると更に面白くなりますが・・・
メルセデスは全てで速い!速過ぎ!一日も早いパワーアップしたRA619H新PUの投入を!(苦笑)

セクター3は、次戦モナコGPを予測する格好の材料!
RB15もやっとがコーナーが速いレッドブルらしいマシンに仕上がって来たようですね!
RB15のの新しいフロントサスとレッドブルフロントサスペンション
柔らかいリアサス、バンビーな路面では効果を発揮する筈で、アゼルバイジャンGPのQ1でガスリーですらトップタイムを叩き出した位ですら・・・
レッドブル・フェルタッペンが市街地コースのモナコGPでの表彰台は十二分に有り得るかもね!
QRコード
QRコード
プロフィール

kobayakawashunichi

Amazonライブリンク
カテゴリー
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ