素晴らしきかな日本人 by 小早川俊一

御覧戴いてありがとうございます。2010年3月著名人・CM以外のブロガーを締め出した”イザ・ブログ”からあちこちテスト投稿後、過去のイザ・ブログ原稿と一緒にライブドア・ブログに移行しました。名も無きブロガーの悲哀ですね(笑)2013年は20年毎に行われる、お伊勢さまの第62回式年遷宮!これからの20年は弱者優先だった”米の座”から"働かない者食うべからず"の”金の座”に”ご遷移”されましたので[才覚次第で大金持ちになれる]チャンスに溢れる激動の弱肉強食の時代となる筈です! 人類史上[誰でも何でも平等]なんて国家が繁栄した事はなく、官庁.学校.企業も解雇も出来ず努力もしない低レベルの輩が大手を振ってのさばってる日本に明るい未来はあるのでしょうか?もっと競争原理を容認し”ジャパン・ドリーム”が実現する社会にしてほしいものです!

ホンダ

⑥ホンダRA619H【スペック2?】を投入!バルセロナ・イン-シーズンテスト始まる!

5月14日(火) 1日目テストドライバー
 タイム    周回数                                 プレシーズンテスト時のフロント
AM 1:16.525 69 メルセデス=バルテリ・ボッタスfinland
PM 1:15.511 131 新シャーシーと新PUは驚異的なタイムを叩き出しもはや敵なし!更に一歩前に!
メルセデス2019051420190225-mercedes-w10
  Fウィングは洗練されて如何にもバランスが良さそう!1台だけ16秒台を⇒なんと15秒台へ!

AM 1:17.322
 66 フェラーリ=シャルル・ルクレールmonaco
PM 1:16.933 131 
フェラーリ2019051420190225-ferrari-sf90
      Fウィングは立って来た様に見えます!

AM 1:18.284 77 レッドブル=ピエール・ガスリーfrance
PM 1:18.140 118  軽く17秒台が出せない上にスタートライン上でストップ!リタイア!駄目だこりゃ!
レッドブルRB15-2019051420190225-redbull-rb15
  Fウィングは外側が若干高くなった様に見えます!

AM 1:18.597 57 トロロッソ=ダニール・クビアトロシア
PM 1:17.679 121 ガスリーのタイムを上回り3位!安定感と存在感をレッドブルにアピール!
トロロッソ2019051420190225-toorosso-str14
  Fウィングは余り変わってない様ですが 

AM 1:18.263 64 マクラーレン=カルロス・サインツspain
PM 1:18.567 44           ランド・ノリスUnited_Kingdom
マクラーレン2019051420190225-mclaren-mcl34
 Fウィングはスッキリしちゃいましたが・・それにしてもエアインテークは冷却優先で大きくなりましたね~!

AM
1:21.065 26 ルノー=ニコ・ヒュルケンベルグGermany
PM 1:18.051 68
ルノー2019051420190225-renault-rs19
 Fウィングはかなり立ってる様に見えますが中途半端!

若手
AM 1:18.917 57 ハース=ピエトロ・フィッチパルディBrazil(F1チャンプ・エマーソン・フィッチパルディの孫)
PM 1:18.326 98
ハース2019051420190225-haas-vf19
      ルノー以上にFウィングの羽の角度が起きた様に見えます

AM 1:20.638 31アルファロメオ=カラム・アイロットUnited_Kingdom(F2参戦中)
PM 1:19.819  41  ターン3で壁に衝突!リタイア!赤旗!
アルファロメオ2019051420190225-alfaromeo-c38
  Fウィングはメルセデスと逆にサイドエンドで細くさせてますが、どちらが正解かは結果が出ちゃった!

AM 1:20.609 55 レーシングポイント=ニック・イェロリー28United_Kingdom(シミュレータードライバー)
PM 1:18.361 111
レーシングポイント2019051420190225-racingpoint-rp19
 Fウィングは羽の間隔が拡がった様な

AM 1:21.008 66 ウィリアムズ=ニコラス・ラティフィ23Canada(リザーブ・ドライバー・2018F2=9位)
PM 1:20.670 133 タイムは遅くても最多周回数!後半ポイント満たしてクビカと後退なるか?
ウィリアムズ2019051420190225-williams-fw42
Fウィングの羽の間隔が拡がった様にみえるけど微調整程度かも・・・
アッパーアームが上向いてるんじゃフロントの押さえが利かないからパワー掛けられないと思うけど!
フロントサス換えなきゃ追い付くのは無理みたい!

ピレリ・タイテスト
AM 1:18.425 58 フェラーリ=セバスチャン・ベッテルGermany
PM       132
AM 1:19.719 66 レーシングポイント=セルジオ・ペレスMexico
PM       118

初日は、メルセデス以外、フロントウィング等の新パーツを開発する為に試行錯誤している様です。
レッドブルのガスリーがコース上でストップした原因はミッショントラブルだったけど・・・・
タイムも速くないし・・・新スペックのPUテストしなくちゃ!メルセデスを見習ったら!
ガスリーストップd
なにもコース上に停める事はないでしょ!ドジ!
実は【スペック1改改】のパーテイモード試したらオシレーション発生でミッション壊れた・・なんちゃって・・・

5月15日(水)2日目テストドライバー
 タイム   周回数
AM 1:18.263 42 トロロッソ=アレクサンダー・アルボン
PM 1:17.079 110
AM 1:18.578 47 アルファロメオ=キミ・ライコネン
PM 1:17.349 110
AM 1:18.101 46 ハース=ケビン・マグネッセン

PM       106
若手
AM 1:19.146 82 メルセデス=ニキータ・マゼピン(F2参戦中)
PM 1:15.775 128 
AM 1:18.182 60 フェラーリ=アントニオ・フォコ22(2018F2-7位)
PM 1:17.284 120
AM 1:20.883 45 レッドブル=ダニエル・ティクム(SF参戦中)
PM 1:19.458 79
AM 1:21.565 19 マクラーレン=セルジオ・セッテ・カマラ(2018F2-6位)
PM 1:20.712 52          オリバー・ターべりー32 
AM 1:20.648 42 ルノー=ジャック・エイトケン23(2018F2-11位)
PM 1:17.612 75
AM 1:21.196 53 レーシングポイント=ニック・イェロリー(シミュレータードライバー)
PM 1:20.712 83
AM 1:18.915 51 ウィリアムズ=ニコラス・ラティフィ23(リザーブ・ドライバー)
PM 1:18.573 88


ピレリ・タイアテスト
AM 1:18.666 73 フェラーリ=シャルル・ルクレール
PM 1:17.349 127
AM 1:21.224 20 レーシングポイント=ランス・ストロール
PM 1:20.745 119

メルセデスは誰が乗っても必ず速い訳じゃなかった!と思ったらなんと新人が15秒台を!(苦笑)
これじゃ連続1-2がいつまで続くやら・・・・・・
ウイリアムズのラティフィが昨日のタイムを1.7秒短縮してなんと6位の1:18.915!
いや~クレアさんも大喜びでしょう!
ラティフィが入るとウィリアムズが台風の目になるかも!
実戦から離れていたクビカにはやはりF1は無理ですよ!モナコ終わって首か?
クレアさんも非情にならなきゃ!

インシーズンテスト5.14~15
使用タイアも絡んでいるので、MFは何とも言えませんけど・・メルセデスの強さは圧倒的過ぎます!

③ホンダRA619H【スペック2?】を第4戦アゼルバイジャンGPで投入?崖っぷちのガスリーがQ1トップタイム!

    P3でトトロッソのクビアト・アルボンにも負け、おまけに計量を告げる電光掲示板も見落としピットレーンスタートとされた大チョンボを犯し、レッドブル降格寸前だったピエール・ガスリーでしが・・・・

なんとQ1で起死回生のトップタイムを叩き出しました!アンビリーバビル!
ず~とフェルスタッペンに負けているので今期は全敗かと思いましたが・・・・Q2棄権したので今も全敗ですが
Q1でも勝てば自信になるでしょう・・・・これでフランスGPまで首は繋がった様です!
さてピットレーンスタートで、アルボン並みに怒涛の追い上げが出来たら当分安泰となりますが果たして!
と思ってたら・・・なんとガスリーのトップタイムは燃料制限を超えていたので予選失格!
だよね~P3でクビアトやアルボンの後塵を拝していたのに。急に速くなる訳ないし・・・・

どうせ最後尾なんだし・・・間違った事にして・・・・降格崖っぷちのガスリーへのホーナーの温情ですかね!

トロロッソ・グビアトは嬉しい初のQ3進出!
アルボンは、ルクレールのクラッシュの修復作業が長引き、路面が冷えて皆タイム更新が出来ない状況となって無念のQ2敗退!13位ですがジョビナッティの降格で12位スタート!
中国GPの再現してガスリーの上位に成れば・・・後半レッドブル昇格も!

フェラーリは裏目・裏目で勝てるレースを失ってますね!
終わってみれば、走る度に速くなるメルセデスが1位・2位ですからね!
フェラーリはメルセデスの褒め殺しで自信過剰になっちゃうのかね~?(苦笑)
メルセデスにトラブルでもなけりゃ勝てませんね!

しかし、マクラーレンのMCL34は速くなりましたね!
マクラーレンMCL34
エアインテークは大きくして冷却能力は上げたし、ボデイ形状も高くなったリアウイングに上手く気流が当ってますし・・・
マクラーレン2018~2019
フロア下も大幅に改善してダウンフォースも見るからにバランスが良さそうですよね!
最初からこれだったらホンダPUももう少し評価が良かったでしょうに・・・・・

波乱の幕開けから波乱が続くアゼルバイジャンGP!
レースでも大波乱が起きるのか・・・・・と思ったら・・・・大きなアクシデントも無く・・・
メルセデスがボッタス・ハミルトンの順でワンツーフィニッシュ!
フェラーリはベッテル3位・ルクレール5位
レッドブルはフェルスタッペンの3位、スペック2を積んだ残り3台は・・・・
ガスリーがドライブシャフト・トラブルでリタイア!
10番手を走っていたクビアトは、リカルドのバックアッタックでリタイア!
アルボンもライコネンを捕らえられず11位と入賞出来ず!
ホンダPUにとっては2台だけの完走と最悪の結果に!
予選からCPUセッテングは変更出来ませんから、ガスリーの燃料超過でピットスタートでソフトを変更出来たガスリー以外の他の3台は燃料流量超過の可能性があるオーバーテークボタン等の高出力モードを使えなかった可能性が!
レースでガスリーが易々とオーバーテイク出来たマクラーレンをクビアトは抜けませんでしたし、アルボンも直線での追い抜きに苦労してたようですし・・・自信満々のホンダの責任ですわな!(苦笑)
ギリギリの燃料流量コントロールに自信があったホンダが、想定外のタイムラグにビビっちゃった!(大苦笑)
そんな訳で、今回投入した【スペック2】はガスリー以外【スペック1】よりレースでは実質的には若干パワーダウンせざるを得なかったのかもよ!(大々苦笑)
次戦までには、もっとシビアに燃料流量をコントロール出来るソフトにするだろうけど・・・・もっとパワーを上げて余裕のあるPUに・・・・・なんて言っても・・・・・いつに成るやら(大苦笑)
しかしマクラーレンのMCL34は、良くなったよね~!7位8位ゲットでコンストラクター4位に浮上!

レッドブル・トロロッソ・ホンダ バーレンGP予選でフェルスタッペンだけQ3に!ガスリー13位でアルボンにも負け降格は時間の問題か?

レッドブルのST15はホンダPUのパワーを生かせず未だ暗中模索!
それでも予選5位になったフェルスタッペンは凄いレーシングドライバーですね!
トロロッソから昇格したガスリーは今回も13位と低迷!昨年のバーレンGP4位が強烈な印象を与え過ぎていた様で・・・・
何回も書いてるけど昨年の後半戦はハートレーに負けてた!
ガスリーは、マシンのポテンシャルを引き出せるドライバーじゃないと思いますね!

昨年の予選と比較すると
フェルスタッペン 1分29秒374(Q1クラッシュ)
          ⇒1分29秒579(Q1)1分29秒017(Q2)1分28秒752(Q3)予選5位 昨年のリカルドより遅い
ガスリー      1分30秒121(Q1)1分29秒836(Q2)1分29秒329(Q3)予選6位
          ⇒1分29秒900(Q1)1分29秒526(Q2)  -0.310      予選13位
クビアト     ⇒1分29秒876(Q1)1分29秒854(Q2) ピットミスで2回目アッタク中止 予選15位
アルボン     ⇒1分29秒571(Q1)1分29秒513(Q2)            予選12位
(ハートレー)   
1分30秒412(Q1)1分30秒105(Q2)               予選11位
ルクレール     1分31秒503(Q1)                        予選19位
          ⇒1分28秒495(Q1)1分28秒046(Q2)1分27秒866(Q3)予選1位
ベッテル      1分29秒060(Q1)1分28秒341(Q2)1分27秒958(Q3)予選1位
          ⇒1分28秒733(Q1)1分28秒356(Q2)1分28秒160(Q3)予選2位
ハミルトン     1分29秒396(Q1)1分28秒458(Q2)1分28秒220(Q3)予選4位
          ⇒1分29秒262(Q1)1分28秒578(Q2)1分28秒190(Q3)予選3位
ボッタス       1分29秒275(Q1)1分28秒794(Q2)1分28秒124(Q3)予選3位
          ⇒1分29秒498(Q1)1分28秒830(Q2)1分28秒256(Q3)予選4位
マグネッセン    1分29秒594(Q1)1分29秒623(Q2)1分29秒358(Q3)予選7位
          ⇒1分29秒532(Q1)1分29秒017(Q2)1分28秒757(Q3)予選6位
サインツ      1分29秒893(Q1)1分29秒802(Q2)1分29秒986(Q3)予選10位
          ⇒1分29秒528(Q1)1分29秒055(Q2)1分28秒813(Q3)予選7位
グロージャン    1分30秒530(Q1)                        予選16位
          ⇒1分29秒688(Q1)1分29秒249(Q2)1分29秒015(Q3 予選8位
ライコネン     1分28秒951(Q1)1分28秒515(Q2)1分28秒101(Q3)予選2位
          ⇒1分29秒959(Q1)1分29秒471(Q2)1分29秒022(Q3予選9位 +0.921
(アロンソ)     1分30秒530(Q1)1分30秒212(Q2)           予選13位
ノリス       ⇒1分29秒381(Q1)1分29秒258(Q2)1分29秒043(Q3 予選10位 昨年のアロンソより速い

リカルド
       1分29秒552(Q1)1分28秒962(Q2)1分28秒398(Q3)予選5位 
          ⇒1分29秒859(Q1)1分29秒488(Q2)  +0.526      予選11位
ヒュンケンヴェルク1分30秒260(Q1)1分29秒187(Q2)1分29秒570(Q3)予選8位
          ⇒1分30秒034(Q1)   -0.224                予選17位
ストロール     1分31秒503(Q1)                       予選19位
          ⇒1分30秒217(Q1)     +1.286              予選18位
Q1突破タイムは昨年の1分30秒530⇒1分29秒854へ
Q2突破タイムは昨年の1分30秒009⇒1分29秒471へ

ガスリーは昨年以上のタイムですがQ2ノックアウト!

トップ3は新レギュレーションに苦慮している様で予選タイムは大幅に伸びていません!
一方、ミッドクラスは・・・・・・
上の表からはマクラーレン>トロロッソ>ハース>ルノーの順で性能向上してるのが一目瞭然!
ウィリアムズは当分の間蚊帳の外ですが・・・いずれ追い付いて来るでしょう!
アルファロメオ・レーシングポイントもタイム向上し現在は6チームによる大混戦模様に!
さて誰が抜け出すんでしょう!トロロッソだと嬉しいですけど・・・・・
レースは終盤に大波乱が!

幕開けは2位を走行中のベッテルがスピン!オマケにフロントウィングも吹っ飛ばし9位に後退!
さすがにベッテル、5位まで挽回はしましたが・・・・・
2位を20秒以上離して独走中のルクレールが
PUの故障で1周4~5秒もラップタイムを落とし・・・・
あれよあれよとハミルトンに抜かれバッタスにも抜かれ、いずれ4位のフェルセタッペンにも抜かれて表彰台も消えた筈が・・・・
なんと残り3周で6位ヒュンケンベルク8位リカルドのルーノー勢が電気系統のトラブルでストップした所為で
撤去の為セーフティーカーが入って最後まで追い越し禁止に!
確実だったレッドブル・フェルスタッペンの連続表彰台を台無しにしちゃいました!
ルクレールにとっては棚から牡丹餅の嬉しい初表彰台!

10位走行中のガスリーにとってはラッキーな出来事で8位入賞!アルボンも2戦目で初の入賞と成りました!
クビアトはライコネンとのバトルで痛恨のスピン!入賞を逃しちゃいました!
功を焦って昔の悪い癖が出たのか、当てられたといえ1レースで2回のスピンとは・・・・・折角
評価が上がっていたのに元の木阿弥!(大苦笑)
終わってみてば、入賞圏内はメルセデスPU・フェラーリPU・ホンダPUが各3台+ルノーPUの結果に!
しかし信頼性は未だ未だですがルノーPUは侮れませんね!あと数周で
入賞圏内に3台だったんですから!
マクラーレンの新人ノリスも嬉しい6位初入賞!
2019パーレンGP スピードトラップ
レッドブル・フェルスタッペンのストレートスピードが遅過ぎ!
リアウイングを立てたけどハンドリングが改善されず・・・・リアタイア滑り捲くってオーバーヒート!

加速もいまいちなのは、ソフトに振ったリアサスが裏目に出た様で、柔らかいタイアと全く合わない様です!
良くこれで4位になれたものです!RB15のリアサス&リアウィングの早期アップデートが待たれます!

最高速ではトップのトロロッソも15kmも遅いアルファーロメオを抜けずに苦戦してたしね!
昨年からの課題ですがマッピングがまだ完璧じゃないようで・・・・
コーナー出口の立ち上がりで中速トルクがフェラーリPUに負けてるんでしょうね!
今年のフェラーリPUは強力ですね!
それにしてはハースのトップスピードがなぜか遅過ぎですが・・・コーナリングを優先し過ぎ?
各チームまだ新しいレギュレーション対応に苦労してるようで・・・・どこがいち早く最適化出来るのでしょう?
いずれにしてもホンダPU(RA618H)の更なるパワーアップがないと、Q3にホンダPU4台は無理かも!
レッドブルの次回表彰台はシーズンインテストが行われるスペインGP後になっちゃうのかな~?

しかし、ガスリーの”トロロッソの方が僕には合ってた”発言はないよね!(大苦笑)
マックスのマシンの方がまだマシ”とは言語道断!自分を
何様だと思ってるんでしょう!
自分の非を絶対認めない国民性ですかね~?そんな事言ってると女神が怒ってまたクラッシュするぜよ!

ホンダ、メキシコGPで新RA618H【スペック3.2】を使用出来ず【スペック2】に!ブラジルGPでもFP1・FP2に【スペック2】を使う情けなさ!呆れ果てて・・もう勝手にしろ!

ロシアGPでオシレーション!日本GPでは、ガスリーのICEに損傷の疑いが発生し、アメリカGPでハートレー・ガスリー両名に【スペック3改(3.1)】を投入!
HDR SakuraのベンチテストでガスリーのPUに組み立て不良の可能性が発見され、メキシコGPでは8基目となる【スペック3改(3.2)】が投入されるも”どうせ入賞も望めないんだから・・・・”とFP1開始早々にガスリーは【スペック2】に換装し保険兼ストック用として温存するんだってさ!(呆れ!)
ハートレーは最初から【スペック2】!アンビリーバブル!
ハートレーとガスリーのPUは製造工程が異なるそうですが
、今回投入されたPUがハートレー用PU工程製なのかも不明!(大苦笑)

メキシコGPといえば、ホンダF1が初勝利した記念すべきGPです!
当時の中村良夫が、高地ならチャンスがあると高地対策をして果敢に挑んで優勝を捥ぎ取った
ホンダはどこに行っちゃたんでしょう!
最初から安全策!チャレンジ精神より旧PUで完走第一!馬っ鹿じゃね~の!


メキシコGPで【スペック2】に戻すって事は、結局がすりーの【スペック3.2】でもマクラーレン時代同様想定外・想定外の欠陥品だって事です!
Sakuraは、昨年のトラブル続出で何を学んだんでしょう!(大苦笑)
【スペック2】を使う理由が使い慣れているからだとさ!呆れて何も言えませんよね!

アメリカGPで壊れていないハートレーも新PU載せた理由について・・田辺は「アメリカGPも含めて残り4戦を最適な状態で戦うためです」と答えたんだぜ!誰だって今後は全て【スペック3】で戦うと思うでしょ!
なのに、メキシコGPで競争力の無いお払い箱のPUを最初から使う事になっていたとの言い訳には、とてもついていけません!
メキシコGPで使わなかったんだから、残り2戦で2PUって事じゃん!
ザウバーもフォースインデアもパワー上がってるし【スペック2】じゃ到底太刀打ち出来ないんだぜ!
結果は走る前からスペック2】じゃ15位争い!良くてQ2止まり!
メルセデス2+フェラーリ2+レッドブル2+フォース・インデア2+ザウバー2=10 ルノーもアメリカGPでは上位入賞してるし・・・・ハースも・・・・・
一歩間違えば14位いかなんだから・・・・馬鹿馬鹿しいくて開いた口が塞げませんね!雨頼みかよ!

V型多気筒エンジンには、最適のバンク角があります!

V6なら60°、V8なら90°、V10なら72°!それ以外では振動が起きます!
RA618HのICEはV型6気筒のVバンク中にMGU-Kを入れるので理想形じゃない90°!
もっとも他のPUも同じですが!
当然、オフセットやバランサーを使って振動を押さえ込む訳ですが・・・・・・・・
F1では、MGU-Kからクランクシャフトにアシスト&ストレスが加わるので、ICE単体では正常でもMGU-K使用時にバランスが崩れる!
【スペック3】ではもともと起きてい振動がパワーアップで計算通りには振動防止が機能せず顕在化したんでしょうね!
こうなるとコンピュータ頼りの対策ではお手上げ!
メルセデスやフェラーリみたいな実車シュミレータも無いんだろうしGP本番でテストするしか有りません!

しかし、目処が立ってるならメキシコGPでも、【スペック3】使うのが筋!リタイアしても善いじゃんね!

操作性と称して【スペック2】を使うメリットはなんなの?単に時間稼ぎする為だよ!
【スペック2】は昨年後半のアップグレード版なので、前回のメキシコGP用に不眠不休で作ったRA617H対策を流用可能ですから凡人なら安易な選択として取りたくなるけど・・・
来年もメキシコGPをスペック2で戦う訳でもないんだし、前年高地対策の修正ポイントも判っているので【スペック3】で走らせるのは十分に可能の筈!
なにせ2300mの高地なので23%も出力ダウンすると言われていますから、初優勝同様に上位入賞の大チャンス!
本気で狙うなら今年も不眠不休でRA618H用スペック3改用に昨年同様徹夜で対策したんでしょうね!

【スペック2】に戻すって事は、【スペック3】使用を躊躇うだけの【小さな問題】が多々あるって事でしょ!
確かに一つ一つ小さな問題を解決して行けば、いずれは壊れないPUにはなるでしょうよ!(呆)
そんな【出たとこ勝負】みたいな事やってるから開発のスピードが遅いんだよ!

Sakuraには、経験と勘でPUの故障を予見するベテランのイマジネーターがいないんでしょうね!
トップも昔のエンジン屋だし今のPUじゃ無理かもね~!

【スペック3】になってオシレーションが発生しました!オシレーションは=脈動です!
共鳴で起きるとされていますが・・・・・単気筒では素晴らしいエンジンでもV6に組み立てると酷いオシレーションが起きると昨年長谷川氏が公表してます!

つまりV6に組み上げるとクランクシャフトの捩れや排気干渉で燃焼が不安定になる領域が発生し特定回転数でのトルクの落ち込みや急激なトルクアップを起してるんじゃないのかな~!
要するにある回転領域で息付き状態になるんだわさ!
特に排気管が短く不均等なら起きて当然!ここは修正したらしいけど・・・・今度はICE内部!
まさかシンリンダー内でバックファイア起してるとは思いたくありませんが・・・・・
長時間のベンチテストが意味を成さないとは・・・・・
おまけに挙動が安定しないSTR13にハイパワーじゃタイアが持たないし、新ICEが問題児となった【スペック3改】で下位に沈んだら信用丸潰れですから怖くて怖くて【スペック2】!
これじゃ、まるで安全策第一主義の官僚組織でしょ!(大苦笑)

結局、【スペック3(3.1&3.2)】のメキシコGPだけのスペシャルセッテングに時間取っても好成績が期待出来ないからと最初から決め付けてHRD Sakuraのリソースをすべて投入して【スペック3】のバグによるムラ取りを優先したって事なんでしょうね!
しかし新パーツを取り付ければ又グリッド降格だよ!(大呆笑)

開発は開発専任!レースはレース専任!それぞれが現在の最適解で判断するって事なんだろうけど・・・
一体この場当たり策しか取れない新体制って何なのさ!

要は、【スペック3改】の高地対策が間に合わなかったって事じゃなくて・・・・・
アメリカGPで試した新空力パッケージもガスリーには不満だったのでSTR13のアップデートも期待出来ないし、新ICEも持たない可能性もあるのでメキシコGPは最初から捨てレースにしちゃった!(大苦笑)


皮肉な事に、前回ガスリーで試した新空力パッケージがハートレーにはドンピシャ!
ハートレーは新空力パッケージで好タイム!
FP2で、【スペック2】なのにメルセデス・フェラーリを上回る6位と大健闘!
スペック3】積んでたら0.4秒アップで間違いなく3位でした!まっこと残念な事に!
HRD Sakuraが浅木新体制になって決断が迅速だからって・・・・諦めるのが早過ぎ
例え、【スペック2】の使用が最適解だとしても、来年の役に立つのかよ!
長谷川体制だったら何としても【スペック3】で戦ったでしょうね!

旧スペックじゃどうせ入賞出来ないのが判っていながら、石橋を叩いてても渡ろうとしない(リタイアを恐れて新スペックを使わない)ホンダには呆れるよね!
メキシコGPで表彰台も大いにあったのに!あほくさ!

予選はレッドブルが驚異の1分14秒台!フロントローを独占!
ハートレーはQ1で1分16秒682を叩き出し10位!
どうせハートレーじゃ【スペック2】ではQ2に進めないからとFPでハイパータイヤを使い過ぎて・・・
なんとハートレーはQ2では1セットしか残っていなかった!(大苦笑)
最初のアッタクを中古タイヤで走らせる羽目に(1分17秒184)!!しかしいつも通りに路面が良くなる最後の最後で新品を履かせるのはアタック失敗したらジ・エンドなんだぜ!
最終アタックはタイムを伸ばせず結局14位!ハートレーのレース・エンジニアが糞なんだわさ!
トロロッソのタイア戦略も糞!タイアのプロを雇えばいいのに!


Q1タイムからあと0.050秒伸ばせれば9位で残留確定だったのに・・・【スペック3】なら余裕だった!
実際、ハートレーのタイムは、去年予選3位のハミルトンより速かった訳で目論見通りだったんでしょうが・・・
残念ながら各チームも昨年より大幅に速くなってた・・は想定外だったってか!
多分昨年のメキシコGPでは、各PUが苦労していたので【スペック2】でも大丈夫だと甘く考えてたんだよね!

新しい空力パッケージは嬉しい誤算だったんだろうけど、

それにしても、最初から【スペック3】だったら、予選用にハイパータイア残していたでしょうね!
Q2では仕方なく最初のアッタクは中古!Q2最終アタックもブレーキロックさせコースアウトしちゃったてタイム更新が出来なかったけど、これもレースデレクターがQ3を考えていなかった戦略ミスが遠因なんだわな!
Q2でアタック失敗したハートレーは、Q3進出してもアタックするタイアが残っていなかった!
これでハートレーのF1も終わっちゃいましたね!可哀想に、浅木体制には情けってもんがないのか!(怒)
対策の出来た【スペック3.3】を載せていたら、タイヤをロックさせることもオコンとの衝突も無かった!
来年は、”ブルーフラッグでの追い越させるのが苦手”のハートレーも表彰台に乗れたでしょうに!(大苦笑)
ハートレーって、チャンスを活かせないから解雇されても自業自得だけど、本当に運に見放されていますね!
ハートレーに同情する訳じゃないけど、解雇されたらホンダの責任!
ていうより、トロロッソとしてはハートレーの解雇は決まってるからどうでもいいのかも・・
来年、【スペック4】になれば、誰がSTR14に乗っても速くなるんだから、採用が噂されるアレクサンダー・アルボンがポイント取るのは確実!(苦笑)

ブラジルGPでも、FP1・FP2ともに【スペック3】のマイレージを稼ぐ為に【スペック2】を使用する愚作戦に
【スペック2】の時も、同じ馬鹿な真似してチャンスを棒に振ったし・・・・・・・
残り2戦だぜ!田辺のマイレージなんて詭弁だよ!スペック3の耐久性が不安なだけ!(大嘲笑)
要するに、【スペック3】は1000km走れ無い程、糞PUなんだわな!
長谷川体制だったらFP1から【スペック3】を使ってたでしょう!
FP3から【スペック3()3.1&3.2】に換えても、ロングランでのセッテングやマシンバランスを完璧にするには時間が足りません!
エンジン・メカニックとしては優秀なんだろうけど、根本的に戦略が間違ってるよ!
同じ仕様のエンジンを、FP用と予選・レース用に別けて使うのはスペアとして残すのも同じだけど、違うスペックをFPと予選・レース用に別けるのは愚策でしかない
!(嘲笑)
今回は前戦の教訓を活かして予選用タイアだけは残したけどハートレーはQ1敗退!(大苦笑)

ザウバーの後塵を拝し、コンストラクター9位決定!
マシン性能が皆拮抗してるんだから、FP1からセッテングしなきゃザウバーを上回るのは無理だよ!

新しいPUのガスリー(10位)と交換しなかったハートレー(18位)とで大きな差が出たのはハートレーのミスの所為だけじゃない!ハートレーのPUは1戦分劣化してるんでしょう!

しかし1年かけてまともに走れないPUしか開発出来なかった山本・浅木・田辺体制には愛想が尽きた!
いくらSAKURAのダイナモで長期テストやっても意味が無いのはマクラーレン時代に判っているのに、今期も実戦投入でトラブル続き!(呆)
甘い見通しでチャレンジもせず完走最優先の馬鹿集団に成り下がったホンダ!
SAKURAに【タイアを付けてレースシュミレーションが出来る新ダイナモ】いれなきゃ、来年も新PUは同じ轍を踏むでしょう!
ガスリーの”ハートレーを前に出すチームオーダー”を拒否した態度にも呆れたね!(嘲笑)

チーム同士でバトルしてどうするっての!ガスリーには失望したね!(大嘲笑)
周回遅れでフェルスタッペンとバトしたオコン同様馬鹿丸出し!(呆)
トロロッソもハートレーも可哀相に!昨年以下の予選10位に満足するホンダ!

あまりに馬鹿馬鹿しいので、今回を
もってトロロッソ・ホンダのブログは終わりにします!
勝手にしろ!

最終戦で表彰台に上ったら、再開するかも!
今のホンダ体制じゃ、99.99999999%有り得ないけど!(爆笑)

しかし、2戦も走れないRA618Hのニュー【ICE】ってどんな燃焼室のエンジンなんでしょうね!
予選のパワーをレースで発揮出来ないのは、高回転での出力を絞っているから!
本田宗一郎が泣いてるぜ!(大々苦笑)
来年からF1用ターボを【IHI(16戦15勝時にターボを供給)】と共同開発する事を発表!
ターボと直結する【MGU-H】もどこかと共同開発しなくちゃダメなんじゃないの!

【F1・Japan】マクラーレン・ホンダ、鈴鹿GPでアロンソ11位とバンドーン14位に終わる!幸運の女神は”そっぽ”!

チーフ・ドライバーのアロンソはフリー走行での油圧系のトラブルでパワーユニット交換する羽目になって35グリッド降格で最後尾スタート!

バンドーンスタート直後の第2カーブで5グリッド降格となったライコネンと接触して弾き出され最後尾に以後、完走目指して走るだけに!

ハミルトンが15年ぶりにコースレコードを更新しましたが、原因は今年からタイヤ幅が広がったから!
昨年と比較してトラクションも増大するので今年はギャボックスに掛かる負荷が大幅に増えてるんですね!

おまけに最後尾から11位まで順位を上げていたアロンソには。ポイントを獲得する為10位のマッサを激しく攻め立てていて、追いついた1位のハミルトンにコースを譲り遅れたとして青旗無視のペナルテイ2ポイントが課される始末!まさに踏んだり蹴ったり!まったく幸運の女神が微笑んでくれません!
全てホンダのパワーユニットの所為にするマクラーレンの自業自得ですが・・・・・

有終の美を飾ることなく、パワーユニットを無視した自分勝手な【サイズ・ゼロ】なんて阿呆なF1マシーン【マクラーレン・ホンダ】は終わりました!
ホンダもチャレンジ魂でマクラーレン・マシンに合わせてコンパクトなパワーユニット[RA615H]を開発しようとしましたが・・・誰が考えたってパワーが出せない設計でした!(苦笑)
マクラーレン・ホンダエンジン
F1-2015-エンジン比較
エンジンを過信し過ぎてMGU-Hが小さくし過ぎ!熱対策も出来ず電動アシスト不足に!
マクラーレン・ホンダエンジン5排気系も複雑怪奇?
来年ルノーと組むマクラーレンは、マシーンをエンジンに合わせるしかありません!(大苦笑)
当然【サイズ・ゼロ】コンセプトも見直しせざるを得ないでしょう!(大爆笑)

来年、ホンダエンジンは戦闘力を取り戻すと思いますね!
なぜって?
マクラーレンは過去の栄光!レース車体は2013年のMP4-28、2014年のMP4-29と戦闘力の低いマシンしか作れない状態でした!
そんなコンストラクチャーがいきなり凄いマシンを作れる筈が無いよね!


往々にして日本人以外は他人の所為にして自分の非を絶対的に認めないから、マクラーレンは勝てないのはホンダの所為にしてると思いますよ!

MP4-30 サイズゼロに合わせてパワーユニットをコンパクトに!無理な設計で完全に裏目に!
MP4-30
マクラーレン・MP4-30 成績
MP4-31 ホンダの涙苦しい努力でRA616Hに着実に信頼性は上がるもパワー不足!
Mp4-31
マクラーレン・MP4-31 成績
RA616Hスペック2RA616H

MCL-32 (サイズゼロ)を諦めMGU-Hを大型化する新しいコンセプトでパワーユニット一新(RA617H)するも不具合続出!
メルセデス方式となってエンジン前方に移動した吸気側タービンやMGU-Hの取り付け位置に制約の問題がある様で・・・・・RA617Hを大々的にプレス発表しなかったのも自身の無さの裏返し!(苦笑)
MLC-32
マクラーレン・MCL-32 成績

マクラーレンのギャボックスはホンダのパワーユニットと相性が悪いんじゃないのかな~?
前回の黄金期は3軸ギアにして重心を下げ連戦連勝に寄与しましたが・・・・

ホンダだけじゃなく、マクラーレンが2013年から勝てない原因もここにあるんじゃないの?
多分、耐久性を重視し過ぎてラフに造ってんで、晴天の場合場所によってタイヤのグリップ力が強すぎてギャボックスに負荷が掛かりすぎるとどこかの回転数=周波数で振動が発生してるのかも・・
マクラーレン・ホンダが雨の日にそこそこのラップタイムを刻めるのもタイヤからの負荷がが少ないから振動も発生しないんでしょう!

来年トロロッソトと組む上で、マクラーレンのギャボックス使うなんて報道があって心配してましたが、トロロッソが自前でギャボックス造るって事になって安心したと同時に”やっぱり”と思いましたね!
問題がなかったら実績のあるマクラーレン製ギャボックスを使うからね!(大苦笑)

多分来年マクラーレンは、今のままルノーエンジン積んでもパワーユニットのリタイア続出って事になるんじゃ!

そんな訳で、次年度自由度が増すトロロッソとの連携はとんでもない結果になる筈!
マフラーの自由度が増すだけで数十馬力アップするでしょうし・・・・・ターボの回転もスムースになるし・・・・
アロンソの契約金もホンダが出してるんだし、もっとマシンに精通した口出し出来る技術者も育てないと!

しかし、実車テストを制限するFIAもFIAだよ!
開発コスト削減の為なんて言ってるけど、こんな事やってたらパワーユニット供給するメーカーが無くなるぜよ!
一方で、高額な開催料を要求しマレーシアは降りちゃったし・・・・
高額の入場料の所為で世界中で観客動員数が減っている!
F1日本グランプリの入場者数も、8000人減って13万7000人と史上最低!
これじゃ赤字!
テレビの実況中継もなくなっちゃし(急遽10月9日PM5:00からBSフジで録画放映される事に)自分で自分の首を絞めてる!

儲けばかり考えてるんだから・・・・・そううち開催場所も無くなるでしょうよ!(大嘲笑)
はたして、来年トロロッソ・ホンダの活躍でF1日本グランプリの人気が復活するのか?
期待しましょう!間違いなく今年より良い成績上げるからね!(大爆笑)
QRコード
QRコード
プロフィール

kobayakawashunichi

Amazonライブリンク
カテゴリー
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ