素晴らしきかな日本人 by 小早川俊一

御覧戴いてありがとうございます。2010年3月著名人・CM以外のブロガーを締め出した”イザ・ブログ”からあちこちテスト投稿後、過去のイザ・ブログ原稿と一緒にライブドア・ブログに移行しました。名も無きブロガーの悲哀ですね(笑)2013年は20年毎に行われる、お伊勢さまの第62回式年遷宮!これからの20年は弱者優先だった”米の座”から"働かない者食うべからず"の”金の座”に”ご遷移”されましたので[才覚次第で大金持ちになれる]チャンスに溢れる激動の弱肉強食の時代となる筈です! 人類史上[誰でも何でも平等]なんて国家が繁栄した事はなく、官庁.学校.企業も解雇も出来ず努力もしない低レベルの輩が大手を振ってのさばってる日本に明るい未来はあるのでしょうか?もっと競争原理を容認し”ジャパン・ドリーム”が実現する社会にしてほしいものです!

ブレイドン・ハートレー

②2019年F1ドライバー!1名(アロンソ)引退・元・新人(クビアト・ジョビナッツィ・ノリス・ラッセル・クビサ・アルボン)6人加入で20シート中12シートが換わる大激変!

2019年F1ドライバー予想=2018.11.27  青=確定済
                   2019年の成績予想順です!(笑)
①【メルセデス】確定
メルセデスW09
ルイス・ハミルトンメルセデスAMGルイス・ハミルトン34 & バルテリ・ボッタスメルセデスAMGバルテリ・ボッタス29
車体良し、PU良し、ドライバー良し!ハミルトンが在籍中はトップ維持!

②【レッドブル】
(ホンダPU)確定
レッドブルRB141名変更
マックス・フェルスタッペンレッドブル(タグ・ホイヤー)マックス・フェルスタッペン21ピエール・ガスリートロロッソ(ホンダ)ピエール・ガスリー23
                                     (トロロッソー⇒)
ホンダRA619Hが完成すれば・・・・・ですが・・・・・
                                                                              

③【フェラーリ】確定
フェラーリSF71H1名変更
セバスチャン・ベッテルフェラーリセバスチャン・ベッテル30 &シャルル・ルクレールザウバー(フェラーリ)シャルル・ルクレール21
                                   (ザウバー⇒)
今期は後半失速しましたが・・・・・空力が良くなれば・・・・・

④【ザウバー】(フェラーリPU)確定        超ベテランと遅咲き新人のベストマッチング!
ザウバーC372名変更 当り
キミ・ライコネンフェラーリ
キム・ライコネン39 &アントニオ・ジョビナッツィアントニオ・ジョビナッツィ25(新)
   (フェラーリ⇒)
最後の3戦で20ポイント獲得!戦闘力が上がりライコネンの加入で上位進出!

⑤【フォースインデイア】(メルセデスPU)    財政改善でメルセデスの影響低下!
フォースインデアVJM11
1名変更
ランス・ストロール
ランス・ストロール23 & セルジオ・ペレスフォース・インディア(メルセデス)セルジオ・ペレス29
  (ウイリアムズ⇒)
⑥【ハース】(フェラーリPU)確定    少数精鋭チーム!小松礼雄デレクターがいる内は独自路線!
ハースVF18予想通りで大当たり!
ケビン・マグヌッセンハース(フェラーリ)
ケビン・マグヌッセン26ロマン・グロージャンハース(フェラーリ)ロマン・グロージャン32
狂人グロージャンがポカミスしなければ・・・フェラーリパワーで上位常連!


⑦【ウィリアムズ】(メルセデスPU)確定 財政難でペイドライバー最優先!
ウイリアムズFW412名変更
 ロバート・クビサロバート・クビサ33(元)ジョージ・ラッセルジョージ・ラッセル20(新)
なんとペイドライバーじゃないメルセデス翼下の新人のジョージ・ラッセルの採用を決定!
メルセデスが、ペイに見合う【PUデスカウント】したとしか思えませんが・・・・
ペイドライバーとして11億円以上のスポンサーが見つけたアロンソの親友ロバート・クビサがF1復帰!
クビサは市街地コースじゃ滅法強いし、マシンセッテング能力もあるし、来年は名門復活かも!
クビサのF1復帰を一番喜んでいるのは、F1を休止した親友アロンソなんでしょうね!

⑧【トロロッソ】(ホンダPU)確定        
トロロッソSTR132名変更!
ダニール・クビアト1ダニ-ル・クビアト(元)アレクサンダー・アルボンアレクサンダー・アルボン(新=F2-3位)
RA619HとSTR14の出来次第でもっと上に行けそうですが・・・元・新人(F2-3位)じゃ・・・・・

⑨【ルノー】
確定
ルノーRS.18
1名変更
ダニエル・リカルドレッドブル(タグ・ホイヤー)
ダニエル・リカルド28 ニコ・ヒュルケンベルグルノーニコ・ヒュルケンベルグ31
   (レッドブル⇒)
パワーで劣るルノーPUじゃ・・・・・

⑩【マクラーレン】(ルノーPU)確定      ドライバーに高額報酬を出せるほどの金は無い!
マクラーレンMLC332名変更
カルロス・サインツカルロス・サインツ24
 & ランドノリスランド・ノリス19(新=F2-2位)
    (ルノー⇒)
ジェームスキーは後半から・・・・車体開発が間に合わずアロンソが去って最下位争いでしょう!

【引退】
フェルナンド・アロンソマクラーレン(ルノー)フェルナンド・アロンソ37
チームを批判過ぎたのと報酬が高額過ぎて世界中のファンに惜しまれつつ一旦引退!


【シート喪失
確定 

ストフェル・バンドーンマクラーレン(ルノー)
ストフェル・バンドーン26
最下位争いの成績で700万$じゃ高過ぎてどこのチームも雇えない、雇わない!
1/10に報酬をデスカウントしても無理でしょ!
実力以上の高額な報酬を払ったマクラーレンが潰したようなもんだよ!
ま~2年間で20年分稼いだから、F1から離れて残りの人生は遊びでしょ!

マーカス・エリクソンザウバー(フェラーリ) マーカス・エリクソン28
ウィリアムズ移籍と予想したエリクソンは、ザウバーのリザーブドライバーとしてF1パドックには残留が決定!
ライコネン引退後はサウバーに復帰確実?

エステバン・オコンフォース・インディア(メルセデス)エステバン・オコン2
2019年にバルテリ・ボッタスの後釜?安定感に欠けるのでメルセデスには乗せないでしょ!

スポンサーが見つかれば・・・・・2020年はフォースインデアか?
セルゲイ・シロトキンウィリアムズ(メルセデス)セルゲイ・シロトキン23
スポンサー料では負けてなかったのに,切られて,マシンが悪いから自分から降りたって?
ウィリアムズは後半戦闘力を上げて来ていたんだから・・・・単に負け惜しみでしょ!
ブレンドン・ハートレートロロッソ(ホンダ)ブレイドン・ハートレー29
運が無かったに尽きますね!バードストライク3回!サスが壊れて大クラッシュに見舞われるし・・・
逃げ場を失う運の無さと言うか判断の甘さ!・・・最後のレースでもデブリ拾っちゃうし・・・
慣れてないパスのされ方や耐久レースでの同じラップを維持する能力はあってもF1じゃいつもバトル!
耐久レースはローリングスタートなので、最後まで好スタートダッシュは出来ず、積極果敢に攻めるドライビングも出来ないのではF1のシートを失っても仕方ないでしょう!
インデイシリーズなら、ローリングスタートなので好成績上げるかもよ!
耐久レースに復帰すれば、間違いなく好成績!
スペック3になってからガスリー並みのタイムを出していたのに遅過ぎた!

①F1・トロロッソ・ホンダ、ロシアGPで【RA618H】スペック3投入!30KWアップの新PU搭載で・・・ハートレー大変身・・・・残留?

【RA618H】スペック3をロシアGPで投入!決定?
ソチ・オートドローム2
”何とか秋には間に合った”って事になってほしいですね!
一時アメリカGPでスペック3を投入なんて報道がされていましたが、日本のファンに耐久性を誇示したい訳?
そんなの誰も期待してないちゅーの!一戦でも早く新スペックを出すのを期待してるちゅーにね~!
カナダGPのスペック2投入時も、昨年までと大違いで直前まで明確にしない方針らしく・・・・・・
しかし、開発チーフが日本人ならファンへの思いやりで、必ず次戦・ロシアGPで投入する!

年3~4回のアップデートと思っていたのに2回目のアップデートとは遅過ぎた感は否めませんが
バーレーンでの実質アップデートを加えれば開幕戦から4基目!

アメリカGPでのアップデートの噂は、ドイツGP・ハンガリーGP・ベルギーGPと連続3戦入賞したので、昨年の【二の舞】を恐れてマジで信頼性を証明したスペック2の予備PUで日本GPを戦うつもりだったのかも!
しかし、有利とされたシンガポールGPで惨敗!
スペック2となったPUも5戦目ですし、ベルギーGP・イタリアGPと連続で高速サーキットを全開で走ったので微妙にパワーダウンしていたんじゃないのかな~?
交換したくても・・・
シンガポールGP市街地コースは殆どオーバーテイクが出来ないコースなので新PU交換したら最後尾!
いくらなんでも新PU投入して最下位になる可能性もあるんじゃ新スペックを投入出来る筈も無く・・・予備と交換するにはドライバーが初コースなので習熟のF3終わってからじゃ時間が足りなかったし・・・・
でも、こんな成績で日本GPを終えたら日本のファンから非難轟々!ファンも離れちゃうもんね!
こうなると、ロシアGPで明らかに上位を狙える新スペックを前倒しで出さなきゃ、日本GPに久しぶりに行く日本のファンが納得しません!(大爆笑)

ロシアGPで、万が一【RA618H】のスペック3が投入されなかったら・・・
日本のファンを無視したホンダのプライド優先の姿勢に呆れかえって
ホンダ関係のブログは永遠に書かない!


今年度、市街地コースでの惨敗は、ジェームス・キーのリアサスが失敗作だったからなんでしょうね!

1_F1_2018_Toro_Rosso_52018年
頑丈に作り過ぎ?路面追従性がいかにも悪そう!
路面が凸凹多くて波うってるバンビーな市街地コースでは、跳ねてトラクション不足になってるのかも!
カタロニア・サーキットみたいに新しく舗装したフラットな路面なら良いんだろうけどね!
2_F1_2018_Toro_Rosso_5
まだ昨年の後退翼型の方がマシだった?
発表時のカーボン製フロントサスペンション!
上海フロント
STR13-6
下はイギリスGPでクラッシュしたフロント・サスペンション!
上部がV型2点支持から⇒ワンロッドの1点支持に変更されてます!アンビリーバブル!

o0640036014224984443
このクラッシュが移籍の引き金になったとは思いたくありませんが・・・・・
イギリスGPは、何としてもホンダだけには負けられ無いマクラーレンの地元だし・・・
発表時と全く違ってますね!こんな設計をするなんてジェームズキーは精神的に追い込まれていたのかも?
フロント・リアサスとも失敗作なのが、【ハンドリングが安定しない】最大の原因でしょう!
フロントサスもアップデートで失敗作となったサスペンション全体がジェームズ・キー最大の悪しき置き土産
ま~マクラーレンの引き抜きで”わざと”じゃ無いんだろうけど・・・トリックサスを試したのか?
この危険過ぎるFサス改悪はちょっと異常!
中国グランプリでのトロロッソとレッドブルと比較すると・・・
レッドブルトロロッソ比較
レッドブルはフロントサスをシンプルなトラスでしっかり作ってますし、アームも、円形・水平なので風の影響も受けにくいわな~!ドライバーに安定したハンドリングを齎(もたら)しているんでしょう!
片やトロロッソは薄型のウイング型カーボンで押さえつけるハの字!こりゃ格好は良いけど路面の反応も遅れるし風の影響も受けやすい!
そもそも、常に変化するサスパーツを風洞実験で空力化したら実際は不安定になるだけでしょ!(苦笑)
レッドブルみたいに、最初から多少の乱流を計算に入れて設計するべきなのでは!

ホンダとレッドブルとの連携が発表され、来年はザウバーみたいにサスペンションもレッドブルのニューウエイ型が基本にさせられちゃうだろうし・・・・どうせ辞めるんだからって試してみたかったんでしょうか?
しかし安全性を無視した設計思想はレッドブルオーナーに愛想を尽かされても仕方ないよ!
私はジェームズ・キーが辞めて本当に良かったと思いますね!
ジェームズキーが離れて、現在は2点支持に戻されています!
角度も良くなった様ですが旧型同様ウイング型のままなので風に弱そう!

STR132019イタリアFサス・アッパーは大き過ぎ!
イタリアGPでの壊れ方をみても今だフロントサス取り付け強度不足なのは明らか!
サスペンションは来年シンプルなレッドブル方式にすればハンドリングも一気に向上するでしょう!

さてさて、噂の45馬力~50馬力アップが本当なら33kwアップ!
10Kwのパワーアップで1周0.2~0.3秒タイムアップするとされているので、単純計算で0.6秒から0.9秒も速くなる!33kwなら最大1秒速くなる計算!
0.9秒ならイタリアGP予選Q1でガスリー4位・ハートレー5位!
苦しんだシンガポールGPでも、ガスリー4位・ハートレー8位!
ホンマに33kwアップなら・・・・日本GPで、一気に表彰台も夢じゃない!
ま~それは夢物語だとして・・・・
ロシアGPでのパワーアップは最低でも20kw~25kw程度でしょう!
しかし20kwアップじゃまだQ3常連は無理!だからスペック3の最低目標値は25kwアップなんでしょうね!
35馬力アップの噂とも合致しますし、車体のアップデートと相まって共に0.75秒短縮可能でしょう!
そうなればガスリーQ3常連・ハートレー余裕のQ2へ!(大笑い)
入賞確実となれば、来年は表彰台を期待するファンが押し寄せて日本GPも観客動員数が激増する・・筈!
来年は、ぜひ決勝だけでも地上波かBSで放送してほしいですね!

さてさて、結果を残せず、来年の去就が危ぶまれているブレイドン・ハートレーですが・・・・
Brendon Hartley has chosen a name for his car! "Akabeko"

確かに、Q2進出ガースリ10回・ハートレー5回!Q3進出ガースリ4回・ハートレー1回と圧倒的にガスリー!
なにせ久久振りのフォーミュラですからガスリーと差が付くのも無理ない訳で・・・・
しかし・・・・・ガスリーとの【予選Q1】のタイム差を比較すると・・・意外と結構頑張ってるんですね!(笑)
(2)
ガスリー     対ハートレーQ1勝敗  8勝5敗2引分
①オーストラリアGP    予選最下位!縁石ヒットして13周でリタイア!
1)バーレンGP    〇予選Q3進出=6位 グリッド5位⇒4位入賞  PU・交換       
③(2)中国GP           ●予選17位⇒18位
④(3)アゼルバイジャンGP  予選17位⇒12位
(4)スペインGP    ▽予選Q2=12位 グロージャンのスピンに巻き込まれオープニングラップでリタイア
⑥(5)モナコGP      〇予選Q3進出10位 6位入賞
カナダGPスペック2】●予選16位 グリッド19位 11位 スペック2不調でPU再再交換!4基目となり降格
2)フランスGP     予選14位Q2    オープニングラップでオコンと衝突しリタイア
⑨(3)オーストリアGP   予選Q2=12位⇒11位
⑩(4)イギリスGP      ▽予選Q2=14位⇒13位(10位)ペレスと接触で5秒ペナルティ3ポジション降格!
(1ドイツGP       〇予選17位⇒14位戦略的5基目のPU交換で最後尾スタート
⑫(2)ハンガリーGP    ● 予選Q3進出=6位 グリッド6位 6位入賞     
⑬(3)ベルギーGP     ● 予選Q2=11位 グリッド10位 9位入賞
⑭(4)イタリアGP-     予選Q3進出=9位 14位
⑮(5)シンガポールGP    予選Q2=15位 13位(14位) グロージャンのペナルティで1ランクアップ
⑯ロシアGP【スペック3】
⑰日本GP
⑱アメリカGP
⑲メキシコGP
⑳ブラジルGP
最終戦アブダビGP

【ハートレー】  対ガスリーQ1勝敗 5勝8敗2引き分け ()はガスリーとのタイム差
①オーストラリアGP   予選16位 15位最下位完走
②(1)バーレンGP     ●予選Q10.291)Q20.269)11位17位最下位完走 2基目投入
(2)中国GP       予選Q1(+0.088)Q2 15位 ガスリーと交錯して51周でリタイア
④(3)アゼルバイジャンGP 予選19位(12.858)⇒10位入賞
⑤(4)スペインGP ▲P3でクラッシュ予選間に合わず最下位スタート 12位3基目PU・ギャボックス交換
⑥(5)モナコGP        予選Q1(0.238)16位 15位スタート ルクレールに追突され70周でリタイア
⑦カナダGP【スペック2】 〇予選(+0.460)12位Q2 4基目ストロールに追い出され1周目でリタイア
⑧(1)フランスGP     ●予選Q1(0.578)17位⇒決勝14位
⑨(1)オーストリアGP  予選Q1(0.311)19位 戦略的?5基目のPU全交換も54周でリタイア
⑩(0)イギリスGP    Fサス破損でクラッシュ・6基目全ユニット交換ピットスタートも配線ミスで走れず
⑪(1)ドイツGP       予選Q1(0.304)18位⇒16位グリッド 10位入賞 PU実質1戦目
⑫(2)ハンガリーGP  予選Q1(+0.148)Q2(1.704)Q3(0.537)8位⇒11位
⑬(3)ベルギーGP    予選Q1(+0.068)Q2(0.011)12位⇒14位
⑭(4)イタリアGP     予選18位Q1(0.100) 16位グリッド スタートでエリクソンに追突されリタイア!
⑮(5)シンガポールGP  ●予選17位Q1(0.195) 17位⇒17位 
⑯ロシアGP【スペック3】
⑰(2)日本GP
⑱(3)アメリカGP
⑲(4)メキシコGP
⑳(5)ブラジルGP
最終戦(6)アブダビGP
ご覧の通り、ガスリーとハートレーの【予選Q1でのタイム差】は、意外と小さく、特に直近の4戦では【0.2秒】以内と大幅に縮まって来て2勝2敗になっているんですね!
混戦状態や追い越されるのには弱いハートレーですが、パワー差があれば攻める別人に変身するかもよ!
兎と亀の話じゃ有りませんが、遅咲きのハートレーは、新スペック投入後にガスリーを超える可能性も!

ハートレーの残留可能性は大きくなってます!

QRコード
QRコード
プロフィール

kobayakawashunichi

Amazonライブリンク
カテゴリー
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ