素晴らしきかな日本人 by 小早川俊一

御覧戴いてありがとうございます。2010年3月著名人・CM以外のブロガーを締め出した”イザ・ブログ”からあちこちテスト投稿後、過去のイザ・ブログ原稿と一緒にライブドア・ブログに移行しました。名も無きブロガーの悲哀ですね(笑)2013年は20年毎に行われる、お伊勢さまの第62回式年遷宮!これからの20年は弱者優先だった”米の座”から"働かない者食うべからず"の”金の座”に”ご遷移”されましたので[才覚次第で大金持ちになれる]チャンスに溢れる激動の弱肉強食の時代となる筈です! 人類史上[誰でも何でも平等]なんて国家が繁栄した事はなく、官庁.学校.企業も解雇も出来ず努力もしない低レベルの輩が大手を振ってのさばってる日本に明るい未来はあるのでしょうか?もっと競争原理を容認し”ジャパン・ドリーム”が実現する社会にしてほしいものです!

フェルスタッペン

③ホンダRA620H 5戦目70周年記念GP メルセデス独走でつまらないF1の筈が・・・暑さとタイアマネジメントでフェルスタッペン今期初優勝!

第5戦も予選ではメルセデス2台と大差のレッドブル・ホンダ!

Q2でフェルスタッペンだけハードタイアでチャレンジ!
Q3ではレッドブル・フェルスタッペンはレーシングポイントのヒュルケンベルクの後塵を拝し4位!
アルボンは縁石に乗り上げてガスリーに負ける9位!・クビアトも突風でコースアウトしてQ1敗退の16位!
アルファタウリはガスリー7位と大健闘!このまま上位だったらアルボンと交代も有りえましたが・・・・・


この調子じゃ「メルセデス2台がリタイアでもしない限り今年の優勝なんて無理」と諦めていたら・・
なんと、前回より1ランク柔らかくなったタイアにメルセデスが大苦戦!
メルセデスPUの圧倒的パワーが裏目に!燃料満タンではミデアムタイア(前回のソフトタイア)には厳しく
2台とも前後タイアにブリスターが発生!先週同様のパンクも有り得る状況に!

メルセデス2台共、後続のハードタイア(前回のミデアム)を履くフェルタっペンを引き離せません!

タイヤのマネージメントが勝敗を分けちゃっいました!
8位スタートでミデアムタイアのフェラーリ・ルクレールは1ストップで走り抜き4位入賞!
ハードタイアのルノー・オコンも1ストップで8位に!

タイアに優しいドライビングと柔らかめのサスペンションと相まって4位スタートのフェルスタッペン今期初優勝!

2位メルセデス・ハミルトンを11秒離して完勝!3位ボッタス!4位フェラーリ・ルクレール
9位スタートのアルボンはレーシングポイントの2台を抜いて5位・
16位スタートのクビアトはハードタイア⇨ミデアムと繋いで10位入賞!
ミデアムタイアのガスリーは、1回目のタイア交換が早々の7周目で後方グループに沈み11位!8位ルノー・オコン、9位マクラーレン・ノリス!
3位・5位と予選では際立ったレーシングポイントでしたが・・・メルセデス同様タイアに苦しみストロール6位・初の表彰台を狙えたヒュルケンベルクは残念ながら7位に!
ミデアムタイアのガスリーは、1回目のタイア交換が早々の7周目となり後方グループ中に沈み残念な11位!
予選では、まだまだメルセデスPUやルノーPUに追いつけないRA620Hですが・・・

本来のレッドブルが戻って来た様で、タイアに厳しいサーキットでは勝てる可能性が出て来ましたね!(笑)

③ホンダRA620H 4戦目イギリスGP 圧倒的メルセデスとの差は詰まらず・・・つまらないF1に!

ロックダウンで進化させられなかったフェラーリPUの凋落!
アルファータウリもイタリアでは仕事が出来ずホンダPUの信頼性低下と相まって中団に沈んでいます!
もはやメルセデスPUの独壇場!
万年最下位だったウィイアムズがQ2、レーシングポイントがQ3に進める様になったメルセデスPUに対し
フェラーリPU搭載のアルファロメオ&ハースはQ1止まり!
予選で3位レッドブル・フェルスタッペンと1秒!10位フェラーリ・ベッテルを2秒も引き離したメルセデス!

メルセデスは予選で1022馬力も出てたとか!予選ではホンダPUとの差は50馬力?
ルノーPUも出力アップに成功した様で・・・

3位以下が周回遅れになったらレースじゃないよね!(苦笑)
セーフテイカーが入れば周回遅れは解消されるけど毎回起きるわけじゃなし・・・・

PUも開発凍結なんて言ってないで今からでも解禁すべきでしょう!
じゃないと2020年度はメルセデスの全勝だぜよ!

ホンダはPUのハーネス(電気配線)に欠陥があったとか言ってるけどマジ?
アルファータウリは、ギャボックにトラブル抱えちゃってるし・・・アルボンはガスリーの後塵を拝する始末!
アホらしくてブログ書く気にもなりませんね!

アルボンはヒュンケンベルクとの接触で5秒ペナルティ!オーバーテイクするのになんか慎重さ不足というか相手の動きを予測する能力が欠けているのかも!このままオーバーテイクの失敗が続いたら魚雷だった若きクビアトの二の舞でしょ!

クビアトは何の因果か高速クラッシュ・・・・
イギリスGPでの高速クラッシュといえば、トロロッソ時代のハートレーがサスの破損で


今回はリアタイアのパンクだったらしいけど・・・・同じGPで同じ様な高速クラッシュとは!


しかし残り2周で大波乱!レースは最後まで判りませんね!
2位ボッタス・5位サインツのパンクでフェルスタッペンは2位表彰台ガスリー7位、最下位から追い上げたアルボンが8位入賞!
フェルスタッペンはアルボンにファステッド譲って最終ラップのファステッドラップを狙わなければ優勝だった!(苦笑)


来週のタイア選択でも又波乱が起きれば面白いのですが・・・・
他力本願じゃね~

【祝】ホンダPU、ブラジルGPで28年ぶりに1・2フィニッシュ!フェルスタッペンPole to Win!フェラーリ同士討ち&ボッタスのエンジントラブルでガスリー棚から牡丹餅の2位を死守!

よもやの幕切れ!ボッタスがエンジントラブルでリタイア!お陰でセフィテーカーが入りトップを快走中のフェルスタッペンとハミルトンのギャップが縮小!これがドラマの幕開け!
幻となったフェルスタッペンのポールもボッタスのクラッシュが原因でしたし・・・嫌~な予感が・・・
でも今回はフェラーリが先に餌食に!

残り10周でレース再開!直後にアルボンがベッテルをオーバーテイク!
第二幕のフェラーリ同士討ちを呼びました!



第三幕ではやはり案の定レッドブルのアルボンが餌食に!
同じくペースカー後の再開時に2位走行中のアルボンに最終ラップでメキシコGPでペナルテイを受けたクビアトの様にハミルトンが強引にインを突いて接触!アルボンをコース外に押し出しました!



でもアルボンは競ってるのにインを空け過ぎ!(苦笑)本来ならインシデントだけど・・・・・
これでノーペナだったら同じクビアトと異なる裁定となって来年からスチュワードは同一にしろって事に!
ハミルトンには5秒のペナルテイとペナルテイポイント2点が!
ボッタスが何か起こすと何かが起きる!ボッタスも罪な事するもんだ!
マクラーレン・サインツがなんと最後尾スタートから3位ゲット!クビアトだったら・・・・1・2・3だった!(苦笑)



ペースカーが入ると周回遅れのギャップが解消されるのでアルボンはコースにコース復帰が遅れドン尻まで落ちちゃいました!
ペースカーが入っていなければ・・・ミドルグループとは1ラップギャップがあったんだから悪くても5位だった!
ハミルトンも5秒ペナルテイでも楽勝で3位でしたが!
同一周回に出来ないバーチャル・セーフィテーカーの方が良くね?

しかし、何の因果かアルトン・セナ没後25年目の母国ブラジルGP、本田宗一郎誕生日前日という節目に・・・
ホンダPUを搭載した2チームが1・2フィニッシュなんて出来過ぎ!

RA619H・スペック4が新型ターボの効果でメキシコに続き高地での実力を発揮しました!
フェルスタッペン、ポール・トゥ・ウィンで3勝目!
今期目標の5勝とは行きませんでしたが、来期に繋がる期待出来る成果を上げました!

トロロッソ・ガスリーが接触で3位に落ちたハミルトンの猛追を何とか振り切って嬉しい2位表彰台!
一時はクビアトの様にスランプになるかと心配されましたが・・・・見事復活!
来期、今年同様シーズン途中のレッドブル昇格もあるかも?
クビアトだけがセッテングが決まらず蚊帳の外でしたが、それでも10位入賞!
ホンダPUが3台入賞!なかなか4台揃い踏みまでは行きませんね~!
次回は低地なので”最終戦も期待出来る様になって来た”とはまだ言えませんが・・・・・
最終戦で4台がQ3に行ければ本物!
ジェットエンジンテクノロジーで改良された新ターボはメルセデス・フェラーリに脅威を与えていますね!
まだ高地でのレースだけですが・・・

5戦と持たないRA619Hから来年の【RA620H】では如何に7戦以上の耐久性に上げられるか?
そうしないとフェルスタッペンがワールド・チャンピオンになれませんから!

来年からは【アルファ・タウリ】にチーム名が変わる今年で最後となる【トロロッソ】は初の2位表彰台ゲット!
(1位は2008年雨のイタリアGPベッテル!)!
コンストラクターランキングもレーシングポイントに大差の6位浮上!
5位のルノーに9点差だけど最終戦で上位で2台ルノー超えの入賞なら5位も視野に!

最終戦は11月29日から・・・・フェルスタッペンの連勝なるか?トロロッソの2台入賞は?


フェルスタッペン、1ストップでポール・トウ・ウィンを逸す!ハミルトンが2ストップで大逆転優勝!

惜しいレースでしたね~!心配したスタートも上々で、他車を引き離し必死に追いすがるハミルトンとのバトルに!
ハミルトンが常にプレッシャーを掛け続けた事が、終盤の大逆転劇に繋がっちゃいました!

残り20周でメルセデス・ハミルトンがミデアムタイアに換える2ストップ作戦の賭けに!

3位とは30秒以上離れてますから一騎打ち!
ハミルトンはピットストップでその差22秒!レッドブルも逃げ切れると思ってたんでしょうけど・・・・
そこからのハミルトンの追撃は圧巻の一言!

あっという間に、ハードタイアのフェルスタッペンの差を一周0.5秒・0.7秒、0.9秒、1.2秒と詰め残り3周でトップに!
タイアの終わってたフェルスタッペンはなす術もありませんでした!
フェルスタッペンもタイアを換えてファストラップ狙うのが精一杯でした!
ま~今回は賭けに勝ったメルセデスとハミルトンを讃えましょう!
ガスリーは、マクラーレンのサインツを追い抜けず周回遅れにされる6位!
フェルスタッペンに15秒遅れで頑張って走っていたら、ハミルトンの2ストップ作戦は出来なかった!
NO2ドライバーの役目を全く果たせません!

お陰でポイント加算もフェルスタッペンのファステッド・ポイントを入れてもフェラーリと同じ27点止まり!
ガスリーはだめだこりゃ!自己中で全て他人の所為にする奴ですから!だめだこりゃ!
ホーナーもガスリー庇うのもいい加減にしないと・・・・・

アルボンはクビアトとのバトルを制し10位入賞!
クビアトは残念ながらハードタイアへの交換が早過ぎ、終盤タイアが終わって失速し15位フィニッシュ!
トロロッソ同士でバトルを楽しみ過ぎた!もっとタイアを労わって走っていれば・・・・

ウィリアムズ・ラッセルは、予選と同じ16位とステップアップ!後半戦の台風の目になりそう!

次戦は8月30日(金)!ま~ポール・トウ・ウィンは次のRA619Hの【スペック4】に期待しましょう!(笑)


祝 フェルスタッペン初ポール・ポジション!RA619H【スペック3】5戦目でホンダPU16年ぶりのポール!

レッドブル・フェルスタッペンが、93戦目にしてコースレコード1分14秒572を叩き出し初のポールポジション!

2位には0.018秒差で、3基目のPUに交換したメルセデスのボッタスが!
開幕戦から圧倒的な強さを見せ付けてきたメルセデスですが・・・・

ポールポジションは、12戦でメルセデスPU8回、フェラーリPU3回、ホンダPU1回となりました!

それにしても、フェルスタッペンは凄過ぎ!
たとえ低速のサーキットとはいえ、RA619H【スペック4】搭載までポール取るのは絶対無理だと思っていましたからね!
金曜日は旧【スペック2】で走ってるんだし、エンジンの最適マッピングが出来る筈も無い!
トロロッソは、金曜日もSTR14に【スペック3】のスペア載せて走ってるからそのデーターを流用してるんだろうけど・・・
トラクションはRB15とは違うし・・・同じPUでFP1から走らせない内はポールなんて無理・・の筈が!(大苦笑)
明日はスタート次第!RA519Hに【ロッケット・スタートモード】はないのかね?

ガスリーは、Q1・10位、Q2・9位と精彩を欠き、Q3もフェルスタッペンから0.878秒遅れのやっと6位!
マクラーレンのサインツ・新人ノリスにQ1.Q2も遅れ、Q3でもやっとこさノリスに0.35秒差!
ガスリーはスタートも下手だし、レースではスタートでノリス・サインツに抜かれて終わるのかも!


トロロッソも相変わらず今一歩!小所帯なので大所帯のマクラーレンみたいな向上は無理なのは仕方有りませんが・・・
クビアトQ1・ガスリーに0.044秒差の1分16秒750で11位!アルボンも1分16秒912で0.162秒差の14位!
8位ライコネンの1分16秒506から15位グロージャンの1分16秒978まで0.5秒以内の大接戦となってます!
クビアトQ2は1分16秒692とタイムを伸ばせず13位!アルボンも1分16秒687で12位に終わりました!
10位ライコネンは1分16秒518ですから、あと0.3秒速くなれば楽にQ3に行ける!

ウィリアムズのラッセルが、1分17秒031とタイムを向上!16位でQ2進出は逃しましたが、ミッドフィールドに追いつきました!
サマーブレーク明けにはもっと速くなるから、ミッドフィールドは更に大混戦になるでしょうね!

クビカは1分18秒324とただ1人1分18秒台で最下位!前回1ポイント取って無かったらサマーブレーク明けにやはり”首か”だったんだけど・・・・
果たしてレースの結果は・・・・


QRコード
QRコード
プロフィール

kobayakawashunichi

「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
カテゴリー
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ