素晴らしきかな日本人 by 小早川俊一

御覧戴いてありがとうございます。2010年3月著名人・CM以外のブロガーを締め出した”イザ・ブログ”からあちこちテスト投稿後、過去のイザ・ブログ原稿と一緒にライブドア・ブログに移行しました。名も無きブロガーの悲哀ですね(笑)2013年は20年毎に行われる、お伊勢さまの第62回式年遷宮!これからの20年は弱者優先だった”米の座”から"働かない者食うべからず"の”金の座”に”ご遷移”されましたので[才覚次第で大金持ちになれる]チャンスに溢れる激動の弱肉強食の時代となる筈です! 人類史上[誰でも何でも平等]なんて国家が繁栄した事はなく、官庁.学校.企業も解雇も出来ず努力もしない低レベルの輩が大手を振ってのさばってる日本に明るい未来はあるのでしょうか?もっと競争原理を容認し”ジャパン・ドリーム”が実現する社会にしてほしいものです!

フィット

フィットHVの大ヒットでインサイトの運命は?あとわずか・・・・・

2009年2月打倒プリウスを引っさげて189万円(消費税込み)

で登場した”ホンダ・インサイト”って車がありました!

5ナンバーサイズで、三日天下ならぬ三ヶ月天下を取り、月1万台以上販売した月も有りましたが、プリウスの新型発表で以後販売打数は半減!

 

同じシステムを使ったフィットHVが追加されてからはあんな狭い車買う人いる訳ないでしょ!(爆笑)

 

販売台数は減りに減って、2013年5月には月間販売台数203台の大記録達成!(大爆笑)

 

インサイト発表時に書いたけど、そもそも、あんなに天井を下げ、しかも後部窓が狭すぎて圧迫感がある車なんて売れっこないって!徹底した軽量化だなんて言ってたけど車重は約1.2トン!

だからって後部窓ガラスを小さくしたんじゃないだろうけど・・・試乗に行ってびっくり仰天!狭すぎる!

 

デーラーも泣いてたのに・・・・・評論家諸氏も貶(けな)すどころか2009年グッド・デザイン賞や2010年RJCカー・オブ・ザ・イヤーを与える始末!(大々苦笑)

どうかしてるんですよ日本の車で飯食う業界は!

堂々と批判すれば良いのに!

でもそんなことしたら・・・どこかの車雑誌じゃないけど、GT-Rのスクープ記事載せたらデモカーも貸してもらえなくなっちゃった!

これってメーカーの圧力?と言うより開発責任者の狭い了見だけだったらしいけど!(爆笑)ゴーンさんも忙しいからね(苦笑)

欠点もきちんと指摘しなきゃ良くなりませんぜ!

 

カタログ見て又びっくり!HV専用車とは名ばかりで、えせHVじゃん!良くこんな車を売るよと思いましたね!

モーター容量が小さいのでブレーキを回生エネルギーに出来なかった!これが燃料カットしたエンジンも一緒に回す”1クラッチ”にした最大の理由なんでしょうね!(大爆笑)

本田宗一郎が健在だったら絶対に出さなかったでしょう!

 

それはさておき・・・・・

 

いくらプリウス以下で売る為のコストダウンだからって、モーターを小さくして搭載バッテリーを減らしたんじゃ本末転倒!

あと3cmでも天井を高くしてたら後方視界も良くなったし・・・・・2クラッチのHVシステムにしてたら、もっと燃費も上がったのに・・・・後部座席に座ったことも無い余程小柄のやつがデザインしたんじゃね~の!余りの酷評にマイナーチェンジで後部座席を改良して無理矢理対応!小手先で済ませたのが運の尽き!(大爆笑)

 

デザイン優先し過ぎた割りに、今市どころか鹿沼だもんね!とても日光までたどり着けていなかった車を良くOK出したよね!

 

発表当時の社長がボンクラだった事に尽きるんだけど・・・・・最初にデザイン有りきのデザイナーもデザイナー!もっと大きく見せなきゃ!(大爆笑)

  

今度のフィットのフロントデザインはもベンツじゃあるまいし・・・”金の座”に相応しい存在感優先ってか!(笑)

 

でも個性的新型フィットの受注台数は4万台を超えたんだってね!HV車が7割以上だって?

新型フィットHVの売れ筋はインサイトとほぼ同じ189万円!諸経費入れると200万円を超えます!

 

ホンダのHP観たら、まだインサイト売ってるんだね!(大爆笑)

 

もっとも、本気でインサイト売る気なら今年5月ののマイナーチェンジで、今度のフィットに搭載されたHVシステムにしてたでしょうけど・・・どうせ廃盤にするなら一踏ん張りすれば良かったのにね!

 

インサイトに新型フィットと同じシステムを積んだら、CD値が良いからもう少し燃費が上がって世界最高の燃費として、天井を上げてれば奇跡の大復活しただろうに!(苦笑)

 

インサイトは発売以来もう直ぐ5年目!来年2月新型インサイトを発表して、初のリッター40kmを達成したらホンダも見直すんだけど・・・・・余りの販売低迷で自信喪失!次期インサイトは開発中止!

販売が低迷した原因は簡単・明快な事なのに!(大苦笑)

 

1年目のマイナーチェンジで天井を高くして窓を大きくしていたら・・毎年惜しみなく新技術を投入してたら・・こんなことには成らなかったでしょうね!

 

インサイトは、在庫が無くなった時点でご臨終だそうな!

悲劇と言うより自業自得で自滅した”インサイト”に合掌!(大爆笑)

ケバイ顔に変身したフィットでは当然でしょ!

アメリカ市場優先の国産車メーカーの中で、このジャンルが唯一の小型車枠になりそうな日本市場!

ちょうどシルビアと同じで丸みを帯びた端正なバランスの好いデザインから、ケバク成ったフィット!ケバク成ったシルビアは生産中止の運命に!
シルビアみたいなジャンルとは違うので、生産中止にはなりませんが、ポルシェやワーゲンみたいに、当分同じ外観でも良かったんじゃないかなー?熟成すれば名車の誉れ高い車になる前型でしたが!新型の高速での直進安定性には、?が!
ハンドリングの基本は直進安定性!ベンツ!BMW等ドイツ車は超高速で走りますから基本が出来てて運転が楽です。

前型の方が、今でも、サイズも外観のデザインも、全然良いと思ってますが、新しいコンセプトも無く初心者には改悪同然のハンドリングなのに何故かカーオブザイヤーに!

でかくして広くして燃費良くして価格据え置き!確かに悪くないでしょう!が、ハンドルの切れが良くても直進安定性に?が付く車が、なんで選ばれたのか不思議だとは思いませんか?
日本の国情にジャストフィットが、コンセプトだったんじゃないの?

私なら大きくしただけで””です。たかが2-3センチですがまだまだ狭い路地が多い日本では、重要なファクターなのが!アメリカばかり気にする本田さんには理解出来ないらしい。高速走らないセカンドタウンカー向けならでか過ぎ!

一生懸命軽量化し、ダウンサイジングしたマツダのデミオを選ぶのが本筋ですよね!

一般論では、前輪駆動車は、カーブでブレーキ踏む(駆動力を失う)と内側に切れ込み易く(タックイン)思った以上にハンドルが切れるので、オーバースピードでカーブに入り、ブレーキ踏みながらハンドル切りすぎて中央分離帯にぶつかる事故が後を絶ちません!逆に後輪駆動はブレーキ踏む(駆動力を失う)と外側に出ようとするので、ブレーキのタイミング間違うと外側のガードレールに!今では、サスが進歩したので、極端に癖のある車はありませんが。
中型トラック運転してるベテランさんが、前輪駆動車で事故るって結構多いらしいけど、駆動輪によって運転は若干違うのを、咄嗟のときに忘れちゃう所為かも!
シトロエンみたいに半世紀も前輪駆動こなしていれば、絶妙なハンドリングになるけどね(苦笑)
新型はプロ好みでハンドリング切れが良くなったけど、素人さんにはヤバクないかなー(心配!)

アメリカ市場優先で、国内市場を無視してアメリカ向けに合わせるべく!車を大きく!大排気量化して!高価格で!売りたがってる国内メーカのお手伝いをしてるのはいったい誰なの!コンパクトが売りだった国産メーカーのアドバンテージを捨てさせてるんですよ!

GT-Rの批評だって、辛らつな事言ってる自動車ジャーナリストはほんの僅か!
メーカーさんに睨まれたく無いのは判るけど、サーキットでレースやるんじゃないグランツーリスモとしては、まだまだ未完成ですよ!長距離運転が快適じゃなければGTとは言えないのにね!
大体、日本市場相手にしていたら、オイルクーラーを国内販売の運転席側!右側なんて付けません!
アメリカ向け左ハンドルが基本になってるから右側に付けてる事位判ってるのに誰も言わずに絶賛中!こんな評論家達が本当にカーオブザイヤーの審査出来るのか、大いに疑問持ちませんか?

スペックVの足回り(オイルクーラーも右だったっら左に移して)いじくれば、究極のロードカーになるから、買うならこちらのイギリス仕様(右ハンドルなら)だね!リミッターも無いし!もっとも買える金も無いけど(大笑い)

ニッサンさんも面倒くさがらずにGT-Rのオイルクーラー国内仕様にして頂戴!それとも左ハンドルは左側にオイルクーラー移すの?だったら謝ります!
GT-Rのボンネットのステーも大衆車並みの立てかける手動の安物!しかも締りが悪くボンネットの精度がいまいち!ジャッキも貧弱で、同じく大衆車並み!軽量化の為だなんて詭弁だよ!盗難防止に何十万取るのに!今のGT-Rなんて手抜きした安普請の成金趣味でしょうが!
この次のGT-Rは、ボンネットステーもちゃんと成って、もっとしなやかな足回りになるだろうから、マイナーチェンジ後に、カーオブザイヤー取っても不思議とは思いませんが!

新型フィットの高速での直進安定性はあまり良くないのに、本当に試乗して採点したんだろうか?ちょっと乗ってスタイルや内装だけで採点したんじゃ、車に詳しい人達には笑われちゃうよねー(大笑い、大苦笑)
フィット買った人は悔やんでるんだろうね!高速道の試乗なんてやらずに評論家を信用して買った人多いだろうから!
フィットに批判的記事が載って、本当に良かった!自動車ジャーナリスト諸君には鉄拳に値する記事です!

日本のマスコミも、まだまだ捨てたもんじゃないな!(うれし涙!)
QRコード
QRコード
プロフィール

kobayakawashunichi

カテゴリー
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ