ノロ・ウイルスは、上水道で使われている塩素殺菌じゃ死滅せず、アルコール消毒も役に立たない性悪ウィルス!

なぜか人類以外には無害だって?ホンマかいな?雑菌に触れる機会が激減したからなのかもね?

 

夏場のO157が一段落したと思ったら、冬は冬でノロ・ウイルスが猛威を振るい始めました!

乾燥する時期に大発症すると思ってたけど、 バルト海や熱帯のカリブ海のクルーズ船でも大量感染者が出てるとか?

ホンマかいな?単なる食あたりだと思うけど・・・

 

症状が軽かった保菌者も大勢いるみたいだから一旦収まってもゾンビみたいに、3月頃までは、うようよいると思った方が間違いないでしょう!

使い捨てのお洒落な手袋でも売り出せば一商売出来まっせ!

 

なにせ症状が回復したって、感染者は2~4週間も糞と一緒に増殖した菌を垂れ流すんだってから、旅先で野糞なんて絶対しちゃ駄目でっせ!

 

水洗トイレといっても、まだまだ和式の水洗トイレも多く、特に地方の病院じゃ、まだまだ洋式のウォシュレットに改装出来てない病院も多いのでは?サービスエリアでもまだあるよね!

 

和式の水洗トイレの欠点は、保水量も少ないし側面に飛び散った糞が流れない事です!

特に下痢気味で和式をつかったら完全に流れる筈も無いからね!(苦笑)

一旦保菌者がトイレを綺麗にしなかったら、次の利用者から芋づる式に感染しちゃうよね!

年末年始の大移動と重なったから、田舎でも大量発生する可能性も!

 

ましてそんなところは自動栓にもなってないから、蛇口に触れば即保菌者・・・・あっというまにノロウイルスが病院全体に拡散しますぜ!

 新しいサービスエリアじゃ洗面も自動栓になってるのがせめてもの救いですが!

 

”とにかく治療法が無いんだから、病院に行っても拡散する危険性が増えるだけなのに、市販の試験体も無ければ、素人判断じゃ症状を特定する決めても事欠く厄介なウイルスに対して、あまりにお粗末な医療体制なんですから、運任せしか無い!”なんて気楽に考えちゃ他人に迷惑を掛けるだけ!

 幼児や高齢者以外健康だった人なら3日程度で快方に向かうので別に怖がる必要なんて無い!

 

そうは言っても、問題は、下痢や嘔吐の症状がノロ・ウイルスだとは限らない事!

せめてインフルエンザかどうかの簡単な試験体でも家庭に常備されていれば、ノロウイルス患者が病院に行かなくて済むんだが!

 家庭でウイルス・チェックが簡単に出来るような方法が開発されれば、莫大な医療費削減にもなるので、国家プロジェクトとして開発すべきですよ!どうせ3割診療なんだし!

とにかく病院に行かせることは改めるられるしね!でも生活保護者は無料なので効果なしか!(大苦笑)

 

とにかくもしノロ・ウイルスの感染したと自己判断出来たなら、自分の排泄物はきちんと始末することですね!

 

水道水も100%安全じゃないので、完璧に防御するなら飲み水用としてジャーポットに煮沸後90度保温状態で、いつでも飲めるようにしておきましょう!

 

感染しても治療方法なんてまだ無いんだから、スポーツドリンクか生理食塩水を飲んでやりすごすしか無い!

水分補給の為・スポーツドリンク数本は手元に!

 

しかし、アルコール消毒じゃ殺菌も減菌も出来ないから手洗いしろって言ってるけど、水道水がノロ・ウイルス対策も出来てないじゃどうすりゃ善いんでしょうね!(怖)

どうせマスコミは、放射能飛散同様、パニックになるからって警告なんて発しないから自力で守るしかありませんね!

 

水道水で満たした風呂に入って感染したんじゃ笑い話にもならんぜよ!なんちゃって!

 感染する確立は一等の宝くじに当たるより低いだろうけどね!

 

一旦感染すれば、来年までは大丈夫らしいので、正月休みに感染するのが一番かもね!

スポーツドリンクだけの寝正月なら金も掛からんし・・・・・・ 

 

 

 

次亜塩素酸ナトリウムの漂白剤を薄めて消毒液を作る方法がネットで流れてますが、次亜塩素酸ナトリウムは発癌性のあるトリハロメタンなどの有機塩素化合物を生成する事もお忘れなく

潔癖すぎる人は、発癌性物質を作るだけになるかもよ!

 

そんな訳で”酸素系漂白剤”が主流になってるんだけど・・・酸素系と酸素系漂白剤を混ぜると猛毒の塩素ガスが出て危険なので

取り扱いにご注意!ご注意!

でも効果があるからって間違っても次亜塩素酸ナトリウム原液は購入しないでね!

次亜塩素酸ナトリウムは不均化(同種の2個以上の分子反応で2種以上の分子に変化する)で塩素酸ナトリウムになり、万が一付着した衣類が乾燥すると爆発しちゃうらしいよ!