素晴らしきかな日本人 by 小早川俊一

御覧戴いてありがとうございます。2010年3月著名人・CM以外のブロガーを締め出した”イザ・ブログ”からあちこちテスト投稿後、過去のイザ・ブログ原稿と一緒にライブドア・ブログに移行しました。名も無きブロガーの悲哀ですね(笑)2013年は20年毎に行われる、お伊勢さまの第62回式年遷宮!これからの20年は弱者優先だった”米の座”から"働かない者食うべからず"の”金の座”に”ご遷移”されましたので[才覚次第で大金持ちになれる]チャンスに溢れる激動の弱肉強食の時代となる筈です! 人類史上[誰でも何でも平等]なんて国家が繁栄した事はなく、官庁.学校.企業も解雇も出来ず努力もしない低レベルの輩が大手を振ってのさばってる日本に明るい未来はあるのでしょうか?もっと競争原理を容認し”ジャパン・ドリーム”が実現する社会にしてほしいものです!

トロロッソ

【祝】ホンダPU、ブラジルGPで28年ぶりに1・2フィニッシュ!フェルスタッペンPole to Win!フェラーリ同士討ち&ボッタスのエンジントラブルでガスリー棚から牡丹餅の2位を死守!

よもやの幕切れ!ボッタスがエンジントラブルでリタイア!お陰でセフィテーカーが入りトップを快走中のフェルスタッペンとハミルトンのギャップが縮小!これがドラマの幕開け!
幻となったフェルスタッペンのポールもボッタスのクラッシュが原因でしたし・・・嫌~な予感が・・・
でも今回はフェラーリが先に餌食に!

残り10周でレース再開!直後にアルボンがベッテルをオーバーテイク!
第二幕のフェラーリ同士討ちを呼びました!



第三幕ではやはり案の定レッドブルのアルボンが餌食に!
同じくペースカー後の再開時に2位走行中のアルボンに最終ラップでメキシコGPでペナルテイを受けたクビアトの様にハミルトンが強引にインを突いて接触!アルボンをコース外に押し出しました!



でもアルボンは競ってるのにインを空け過ぎ!(苦笑)本来ならインシデントだけど・・・・・
これでノーペナだったら同じクビアトと異なる裁定となって来年からスチュワードは同一にしろって事に!
ハミルトンには5秒のペナルテイとペナルテイポイント2点が!
ボッタスが何か起こすと何かが起きる!ボッタスも罪な事するもんだ!
マクラーレン・サインツがなんと最後尾スタートから3位ゲット!クビアトだったら・・・・1・2・3だった!(苦笑)



ペースカーが入ると周回遅れのギャップが解消されるのでアルボンはコースにコース復帰が遅れドン尻まで落ちちゃいました!
ペースカーが入っていなければ・・・ミドルグループとは1ラップギャップがあったんだから悪くても5位だった!
ハミルトンも5秒ペナルテイでも楽勝で3位でしたが!
同一周回に出来ないバーチャル・セーフィテーカーの方が良くね?

しかし、何の因果かアルトン・セナ没後25年目の母国ブラジルGP、本田宗一郎誕生日前日という節目に・・・
ホンダPUを搭載した2チームが1・2フィニッシュなんて出来過ぎ!

RA619H・スペック4が新型ターボの効果でメキシコに続き高地での実力を発揮しました!
フェルスタッペン、ポール・トゥ・ウィンで3勝目!
今期目標の5勝とは行きませんでしたが、来期に繋がる期待出来る成果を上げました!

トロロッソ・ガスリーが接触で3位に落ちたハミルトンの猛追を何とか振り切って嬉しい2位表彰台!
一時はクビアトの様にスランプになるかと心配されましたが・・・・見事復活!
来期、今年同様シーズン途中のレッドブル昇格もあるかも?
クビアトだけがセッテングが決まらず蚊帳の外でしたが、それでも10位入賞!
ホンダPUが3台入賞!なかなか4台揃い踏みまでは行きませんね~!
次回は低地なので”最終戦も期待出来る様になって来た”とはまだ言えませんが・・・・・
最終戦で4台がQ3に行ければ本物!
ジェットエンジンテクノロジーで改良された新ターボはメルセデス・フェラーリに脅威を与えていますね!
まだ高地でのレースだけですが・・・

5戦と持たないRA619Hから来年の【RA620H】では如何に7戦以上の耐久性に上げられるか?
そうしないとフェルスタッペンがワールド・チャンピオンになれませんから!

来年からは【アルファ・タウリ】にチーム名が変わる今年で最後となる【トロロッソ】は初の2位表彰台ゲット!
(1位は2008年雨のイタリアGPベッテル!)!
コンストラクターランキングもレーシングポイントに大差の6位浮上!
5位のルノーに9点差だけど最終戦で上位で2台ルノー超えの入賞なら5位も視野に!

最終戦は11月29日から・・・・フェルスタッペンの連勝なるか?トロロッソの2台入賞は?


ホンダRA619H,アメリカGPでメキシコ同様予選Q3に3台!

予選結果フェルスタッペン3位、アルボン6位、ガスリー10位、クビアト13位!




マクラーレンの2台が7位・8位!来年メルセデスPU積んだらヤバイぜよ!
バンビーな路面はサスの硬いメルセデスには不利かと思ってましたが・・・
ボッタスがコースレコード更新のポール!レース後半までPU温存してるってのに!
Q1では1位のマクラーレンノリス=1分33秒353 から17位のライコネン=1分34秒369まで僅か1秒016差と大接戦!

ウイリアムズも各コーナーで0.05秒速くなれば戦える所まで来てます!
来年からグリッドの最下位争いは苛烈になるかもよ!

マックス・フェルスタッペンの表彰台はオープニング・ラップ次第!
何事も起きないことを祈るのみ!予選Q3は1位のボッタスから0.067秒遅れ!
スピードトラップ1位はなんとガスリーで328.2
km!クビアトが3位の327.9km!
ベストセクタースピード
2019 セクタースピード
ベストセクタータイム
2019ベストセクタータイム
いくらスピードトラップが速くてもタイムは出ませんが、セクタースピードが遅くては予選上位にいけない!
トロロッソはコーナーで3km速くなればマクラーレンにを追い越せる!
来年はRB15のお下がりなので4台揃ってのQ3が常態化するでしょ!(笑)
決勝レースではバンビーな路面のショックでトラブル続出かも?
さてさてどのPUが餌食になるのやら・・・・

フェラーリのベッテルが縁石でリアサスを破損!ウィリアムズ・クビサが油圧で、ハース・マグネッセンがブレーキと餌食になってのリタイアは想定外の3台だけでした!

各チームもアンダーフロアを損傷するマシンも多数有りましたがリタイアには至らず・・・
フェルスタッペンもフロア損傷しながら3位!
アルボンはオープニングでサインツに追突され最下位になるも驚異の追い上げで5位!
ガスリーはペレスと接触しフロントサスを損傷しリタイア!
クビアトは、インに飛び込むもペレスに閉められ2戦連続のペナルテイで12位に!もったいない!
でももっと上手にオーバーテイクしないと・・・・魚雷復活と言われちゃうよ!(大苦笑)

RA619H【スペック4】新ターボ、メキシコの高地で効果発揮!フェルスタッペン一人だけ1分14秒台を叩き出し幻のポールポジション獲得!しかし・・・・

ボッタスのクラッシュで減速しなかったと3グリッド降格になって幻のポールポジションとなったフェルスタッペン!
1分14秒758はトラックレコード!フェラーリの圧倒的直線スピードに諦めていたのが嘘みたいなタイムを叩き出しました!
減速しても1分14秒910でポールだったのに・・・・・

決勝では4位スタート1ハミルトンの後塵を拝することに!
アルボンは初めてのコースでフェルスタッペンに0.5秒遅れの5位!
クビアト9位、ガスリー10位とRA619H【スペック4】搭載4台がモナコGP以来久々にQ3に進出!
ホンダジェットの技術陣と開発した新ターボが高地でのパワーダウンを最小限に抑えたんでしょうね!

問題はオーバーヒート!クビアトのPUで実際に起きてるのでトロロッソの2台はちょっと心配!
マクラーレンの後ろだし・・・・

予選でクラッシュしたボッタスがなんと降格無しでグリッドに!(ワオ)
さすがメルセデスというべきか?運が良かったと言うべきか!他のチームじゃ有り得ませんぜ!(大苦笑)
ボッタスがピットスタートだったらフェルスタッペンのパンクも起きなかったんだから!

フェルスタッペン、又も第1コーナーで逃げ場を失い9番手に後退!
追い上げるもペナルティ無しで修理出来たボッタスと接触し右リアタイアがパンクし、最後尾まで後退!
6位が精一杯でした!
アルボンは3位を維持するも2ストップで5位に後退!
トロロッソも2ストップ戦略で9位・10位だったのに、クビアトが最終コーナーでヒュルケンブルクを押し出し10秒ペナルティを受け11位に!
ガスリーが棚ボタの9位に!クビアトはDRSを使えるストレートで追い抜けば良かったのに・・・・
モナコ以来のホンダPU4台入賞を逃しました!
1ストップで逃げ切ったハミルトンが優勝!表彰台全員が1ストップ戦略でした!
運も実力の内というけど・・・・まだRA619Hには風が吹きませんね!(苦笑)

メルセデスが優勝出来た最大功労者は、予選でクラッシュしてフェルスタッペンを降格させたボッタスでしょう!
レースでもフェルスタッペンをパンクさせたし!何が功するか判らないけどメルセデスの運は良過ぎる!(笑)
運が回復する来期に期待しましょう!

ホンダRA619H"スペック5=鈴鹿バージョン”日本GPに間に合わず、ロシアGPは”スペック4”新品投入に!新燃料でのパワーアップ次第!

前評判の高かった”スペック4”のパワーアップは残念ながらまだ実績を残せません!
フェラーリPUは言うに及ばず、ルノーPUにも明確なアドバンテージを示せていません!
どうせ”スペック4”は日本GP用”鈴鹿スペシャル””スペック5”のテストPUだと思ってたら・・・
なんと、ロシアGPでは、ストック用に新品の”スペック4”をレッドブル・トロロッソ4台に投入だってさ!
こんなことなら、最初に2基投入すべきでしょ!母国GPを最後尾スタートのクビアトが可哀想!
同時に2基投入しなかったのは、”鈴鹿スペシャル”を投入する手筈だったからに相違ない!
しかし”スペック4”がベンチテストでのパワーを出せず・・・・
オーバーレブ回避システムの見直しが間に合わず・・・・クビアト用PUもなんか怪しそうだし・・・
予選モードも暗中模索中?

結局マイナーチェンジも無く・・・・”スペック4”のまま残り6戦を戦うとはこれ如何に!
余程、新燃料が効果を発揮しないと優勝は無理でしょ!

”スペック5”投入は見送られ・・・・ガックリ!
要するに”スペック4”が本来のパワーを発揮出来ない原因を解明するまで更にパワーアップした”鈴鹿スペシャル”は怖くて投入できなかったんじゃないの?
日本GPで”スペック5”を投入して・・・・コケたら目も当てられませんからね~!
で・・・日本GPはハイパワーモードで”スペック4”を酷使してでも勝ちに行く戦略となったのか?

いずれにしても、新品とはいえアンダーパワーの”スペック4”で臨む日本GPは優勝なんて期待出来ませんね!
しかし・・・・
もし新燃料でPUのレスポンスが大幅に向上すれば・・・・各コーナーで0.05秒速くなったりして?
ロシアGPの行われるソチ市街地コースは19のコーナー!
19x0.05秒=0.95秒速くなる
・・・訳無いか・・・・

ホンダは、”スペック4”の高出力モードに余程自信が有るのでしょうか?
マッピングが最適じゃないので、まだ高出力モードは動かしていないようで・・・日本GPまで封印?
それともフェラーリの圧倒的速さの前に、もう今年は諦めて来年3月のプレシーズン・テストまでにフェラーリ並みの2020年用新PU開発一本に絞ったのか?


”鈴鹿バージョン”には期待してたのに・・・・

RA619H”スペック4”、ベルギーGPとイタリアGPで投入決定!トロロッソで最終戦まで7戦使用か?レッドブルには2基投入し日本GPで新PUに換装と思ってたら・・・中間策だった!

やっと、本格的にパワーアップしたRA619Hが投入される事になりました!
どんな魔法を使ったのやら・・・25KwUP?

本来ならもっと早く投入したかったんでしょうけど・・・スペック1”が意外と脆かったので遅れたんじゃない?
開発に1年近く掛かるなんて耐久性を上げるのに相当苦労してたんでしょうね!
RA619H”スペック1”は、RA618Hでのオシレーション対策を施した耐久性向上版だったけど3戦使用でお払い箱!
”スペック2”は”スペック1”のバク取り版だろうし、スペック3から航空機部門が協力した新しいターボを搭載!

扱いやすくなって、おっかなビックリパワーアップモードを試したら優勝しちゃった!
ダメージも想定してたより少なかったんでしょうね!

F1では、10kwUPで約0.2秒速くなると云われているので、25kwUPなら0.5秒以上速くなる
イタリアGPで投入すると残り8戦!メキシコGPを昨年みたいに旧スペックを使うと7戦!
来年、レッドブルがコンストラクチャーチャンプを狙う為にはグリッド降格を最小限にする1基で7戦戦えるPUは必須!
今迄みたいにストックしたPUを金曜日に使う事も出来ない!

イタリアGPで投入すると、日本GPはシンガポールGP・ロシアGPに続いて4戦目になります!
直前のロシアGPで新燃料を投入し更にパワーアップして日本GPでの優勝を夢観ているんでしょうけど
ちょっとしたら、レッドブルとトロロッソでは異なった搭載方法を取るかも?

(1)トロロッソは、”スペック4”を2基投入もメキシコを除く7戦で1基のみを使用し耐久性のチェック!
  今年のトロロッソは、PUの同時投入でテスト用としての役目を余り果たしていませんからね~!
  後半戦は、来年用にトロロッソを上手く利用しないと・・・・・
(2)レッドブルは、一度に各2基づつ交換して日本GPでは新品のPUに換装して走らせる!
  後半戦のグリッド降格を防ぎ優勝回数を増やすには一石2鳥ですから!
  7戦使わないので間に合うなら、レッドブルだけ先行してベルギーGPで”スペック4”を投入したりして!


さて3位表彰台のクビアトを差し置いてレッドブルに昇格したアルボンですが、両者を比較すると・・・・
                    Q1      Q2     Q3              決勝
オーストラリアGP     クビアト  1:22.511⇒1:22.774       (15位)      10位入賞
”スペック1”       アルボン 1:22.757⇒1:22.636       (13位)      14位

バーレンGP       クビアト  1:29.876⇒1:29.854       (15位)      12位
              アルボン 1:29.5141:29.513       (12位)       9位入賞

中国GP         クビアト  1:33.783⇒1:33.236       (11位)      NC 接触でマイレージ節約
              アルボン クラッシュで走行出来ず               10位入賞

アゼルバイジャンGP クビアト  1:42.324⇒1:42.2211:41.6816位)        NC リカルドが激突
”スペック2”       アルボン 1:42.1541:42.494       (12位)      11位

スペインGP        クビアト  1:17.9141:17.2431:17.5739位       9位入賞
              アルボン 1:17.7961:17.445       (12位)      11位

モナコGP        クビアト  1:11.6021:11.4121:11.271(8位)       7位入賞
              アルボン 1:12.007⇒1:11.429⇒1:11.653(10位)      8位入賞

カナダGP        クビアト  1:11.9651:11.921       (12位)      10位入賞
              アルボン 1:12.020⇒1:12.193       (14位)      NC 接触でマイレージ節約

フランスGP       クビアト  1:31.564               (16位)      14位”スペック3”先に搭載
1基”スペック3”     アルボン 1:31.4451:30.461       (11位)      15位

オーストリアGP     クビアト  1:05.324               (18位)      17位
2基”スペック3”に    アルボン 1:04.7081:04.665       (13位)      15位”スペック3”搭載

イギリスGP       クビアト  1:26.721               (17位)       9位入賞
              アルボン 1:26.482⇒1:26.403⇒1:26.345(9位)       12位

ドイツGP         クビアト  1:13.278⇒1:13.135        (14位)      3位(雨天)表彰台
              アルボン 1:13.461              (17位)       6(雨天)入賞

ハンガリーGP     クビアト  1:16.750⇒1:16.692          (13位)    15位
              アルボン 1:16.9121:16.687          (12位)    10位入賞 FR2クラッシュ

入賞はクビアト6回アルボン5回 Q1・Q2は6勝6敗で互角!Q3進出はクビアト4回アルボン2回 
レースではクワビトの7勝5敗です。
”スペック2”まではクビアトが断然優位でしたが、”スペック3”になってからクビアトが冴えないのが良く判ります!
クビアトがレッドブルに昇格出来なかった最大の要因は”スペック3”になってQ1敗退が3戦続いた所為かも?
運も実力の内ですからね!

アルボンがQ2進出来なかったのは、予選を走れなかった中国GPとノリスに邪魔されたドイツGPのみ!
新人でQ1敗退が実質1戦ですから、レッドブルが伸び代を期待して抜擢するのも当然ですね!
ガスリーみたいに文句タラタラで他の所為に責任転嫁もしないで、与えられた車で文句も言わず安定した成果出してるんですから・・レッドブルのピットスタッフに可愛がられるでしょう!

ピットの雰囲気が良くなれば士気も上がるし、相乗効果でアルボンは好成績上げちゃうかもね!

”スペック3”と相性の悪かったクビアトは、”スペック4”搭載で生き返るでしょうか?
ローパワーPUのレッドブルに慣れてるとしたら、更にパワーアップした”スペック4”に手古摺るかも!
トロロッソはハイパワーPUへの対応が迷走中!レッドブルみたいに収まる事を期待しましょう!

チームとして2人揃ってグリッド降格を免れる為ですが、トロロッソ・クビアトとレッドブル・アルボンに先行してベルギーGPで”スペック4”を投入!

ベルギーGPからじゃ最終戦まで持たないので、ロシアGPで”スペック5”を投入するって事になるけど・・・・
”スペック4”がベルギーGPとイタリアGP+シンガポールGPの3戦だけって通常は有り得ませんよね~!
金曜の夜まで判りませんけどベルギーGPでそれぞれに各2基投入しなければ・・・・
2~3戦で”スペック4”の問題点を潰した”スペック5”投入を本気で考えているのかも?(大苦笑)

クビアト・ガスリー対決はイタリアGPまでお預けとなるのか?
圧倒的に早くなってベルギーGPで4台投入となるのか?土曜日の予選が待ちきれませんね!

QRコード
QRコード
プロフィール

kobayakawashunichi

「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
カテゴリー
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ