棋聖戦2次予選決勝では、終盤評価値+1000の優位から、詰めを読み切れず逆転負け!(苦笑)
しかし、飛車成り込まれてるし、AIでも後手優勢と成る手が見出せない程の難解な場面となってたので持ち時間が残ってれば成り込まれる前に一旦受けてから攻めてたかもね!
でも中飛車得意の元タイトル保持者に飛車渡して2枚飛車とさせたら負けるよね~!大失敗!(大苦笑)
8敗目を喫して歴代最高勝率更新が絶望に!
でも、前期は1次予選決勝敗退ですから、間違いなくステップアップはしてます!来期は本戦へ!

8大タイトル戦状況!予選敗退通算5対局(菅井・横歩取りでの大橋x2大逆転負けの井上先手で負けた山崎)のみ!
名人戦(4月~6月)=⑥第77期C級1組 順位戦9勝1敗       78期もC級1組3位で残留!6月~
竜王戦(10月~12月)=⑤第32期4組ランキン戦3回戦へ       3月27日中田宏樹八段と    NEW 
叡王戦(3月~5月)
第4期予選優勝挑戦者決定トーナメント進出!  来期8月から七段戦
王位戦(7月~8月)=④第60期予選2回戦(初戦)敗退で今期終了!  来期8月から予選
王座戦(9月~10月)=⑤第67期本戦準決勝敗退もベスト4    シードで4月~本線1回戦
棋王戦(2月~3月)=④第45期予選準決勝へ                   4月~牧野五段・大石七段の勝者  
王将戦(1月~3月)=③第69期予選2回戦へ                             4月~森内俊之九段
棋聖戦(6月~7月)=①予選優勝2次予選決勝敗退!         来期8月から1次予選
一般棋戦状況!
朝日杯前回優勝で本戦シード       第12回優勝!至上2人目の連覇!
NHK杯=本戦2回戦(初戦)敗退今期終了!朝日杯優勝での予選免除で来期4月の本戦から
銀河戦=本戦7回戦・8回戦連勝、                             4月行方九段と9回戦!
新人王戦=③見事優勝!【6段以下の参加資格】消失となって僅か2年で卒業!


報道では棋聖戦予選以後、最大3対局!
3月22日の棋聖戦本戦を含んでいたので最大残り2戦です!
棋聖戦本戦からは高勝率の4時間対局だったのでまっこと残念ですが・・・・・

残り勝っても、今期54戦46勝8敗=勝率85.19%!更新はなりませんが歴代勝率2位となります!
振り駒運が悪過ぎの今期に歴代最高勝率を更新しなかったで関係者はほっとしてるんじゃないでしょうか!
今期の振り駒は先手10回後手29回=後手率74.36%で後手番が圧倒的に多いのに・・・・・・
今期勝率84%なんですからね~!(新人王戦2回戦、順位戦各5回は振り駒なし、未放映の銀河戦は放映まで不明の為除外)
振り駒自体の歩の出目確率は50%に近いので、【上座と下座が逆だったら】先手番が圧倒的に多かった!
上座に成ると成り歩が多いと先手!下座は成り歩が少ないと先手!
つまり四段か五段のままだったら先手番が多かったって事です!
それでも負けた対局で先手番になるのは今泉・増田戦だけなんですね!
要は勝利の女神が速過ぎた昇段へ試練を与えてくれているんでしょう!(笑)

先手有利とされる将棋で藤井聡太七段の先手番が増えたら一体どんな勝率になるのか戦々恐々でしょう!
先手・後手が5分と成ったら勝率90%越えも!(爆笑)

長考の末【聡太流疑問手】で惜しい敗戦を喫っしていますが、評価値を下げる【聡太流疑問手】の後、AIソフトを超える手で圧勝してる対局も多い!
本人は定石に拘らず新たな最善手を模索中の様で、考え過ぎとは思ってないでしょうね!
しかし単純な手を読み抜けてるのは問題とも言えますが、天才の天才たる故に大ポカをするんでしょう!
意外と思われた長考は一番単純な手が最善手な場面だったりして?
素人でも判る手が最善なのに、攻守とも単純過ぎると潜在意識が無視してる所為なのかもよ!

最善手を読み抜けしたら幾ら考えたって最善手にはなりませんから長考になっちゃう!(苦笑)
逆に言えば直観力での短時間棋戦(公式戦13連勝中)では、これから無敵無双の絶対王者になるかも!
朝日杯決勝では中盤まで自然の手を指してました!脱皮したのか?短時間棋戦用なのか?

1月=順位戦8回戦+朝日杯本戦1回戦+2回戦+竜王戦4組1回戦+棋王戦予選3回戦を5戦全勝で10連勝!
2月=順位戦9回戦+王将戦予選2回戦+朝日杯準決勝+決勝+銀河戦7回戦+8回戦なら6戦(確定4)
残念な順位戦初敗退も他対局が連勝なら・・・・5勝1敗!→現在銀河戦は放映まで不明の為3勝1敗
3月=順位戦10回戦+竜王戦4組2回戦+棋聖戦予選決勝+竜王戦4組3回戦+王将戦予選3回戦なら5戦(確定4)
三月は花粉症?なんでしょうか3月の対局は切れがありません!暖冬だから?

しかし、負ける度に脱皮して来た藤井聡太七段ですから棋聖戦のの敗戦も来期生かして来るでしょう!
棋聖戦は勝ってれば三浦九段とでした!次期対戦者を解説に呼ぶのはどうなんでしょうね!(大苦笑)

銀河戦9回戦10回戦が前倒しになれば56戦48勝8敗=85.71%で、まだ中原名人の記録47勝8敗=85.45%51年ぶりに更新する可能性は僅かに残っていますが・・・・
今期55~56戦は期待薄!残り対局を全て勝っても85.19%で歴代2位の更新となります!
ま~今年更新出来なくても、来期以降時間切れのポカミス負けが減るので記録更新は時間の問題でしょう!

3月31日(日)は詰将棋解答選手権!5連覇なるか?異次元の解答スピードで今年も圧勝でしょうけど・・・・
2位にどの位差を付けるのか・・・・こちらも興味津々ですね!


藤井聡太七段の対局が終わると、どこかの新聞社が必ず次の対局日を載せていたのに、今回はゼロ!
載せないって事は次の対局は99%放映日発表まで収録日を公表しない銀河戦だからでしょ!
杉本師匠がG組で22日でしたからもっと前?22日(金)は近藤五段が王座戦の2次予選なので前後2日空けると銀河戦収録は朝日杯から3日後の火曜日だったかも!
3月8日AmebTVが竜王戦中継中に、竜王戦前の通算戦歴をなんと【3月5日現在】でミステロップ!
AmebaTVミステロップu順位戦までで131戦112勝!
2対局2勝多い=銀河戦7・8回戦分を加えた様で、どうやら銀河戦は勝ち残ってるみたいですね!(笑)
以下勝ってるとして・・・・・・
51(48)・2月19日(火)、近藤誠也五段21(C級1組6位)と4月放映の第27期銀河戦本戦E組7回戦

銀河線Eブロック2近藤誠也五段21
同じ月に順位戦と2回対局とは!4度目!今度は長考したくても出来なかったので大丈夫でしょう!(笑)
勝ってれば、4連勝(棋聖戦前で6連勝)で今期51戦43勝8敗勝率84.31%(暫定歴代勝率単独3位)!
八段昇段まで152勝!持ち時間1時間以内対局14連勝!
同日続けて52(49)・畠山鎮七段49(B級1組13位)と5月放映分の第27期銀河戦本戦E組8回戦◎

畠山鎮七段
藤井七段に負けてショックからか2位で昇級した順位戦B級1組で5連敗しましたが・・・・
現在は復調して斉藤慎太郎・行方・菅井に勝って4連勝で4勝6敗!リベンジに燃えてますから激戦か!
勝ってれば銀河戦4連勝!9回戦以後負けてもE組最多勝ち抜き者で決勝トーナメント進出決定!(笑)
5連勝(棋聖戦前で7連勝に)!今期52戦44勝8敗=勝率84.62%(まだ歴代勝率3位のまま)!
八段昇段まで151勝!持ち時間1時間以内対局15連勝!

9回戦は6月放映なので通常なら収録は4月ですが、棋聖戦に負けたので最高勝率再チャレンジの為に9~10回戦を組んだりして?


53・2019年03月27日  中田宏樹八段54(B級2組5位)                    ⑤27第32期4組ランキング戦3回戦
竜王戦21090322中田宏樹八段54 173
ようやく対局が決定!AmebaTVの放送予定で判明!今期最終対局となるのでしょうか?
勝てば、今期53戦45勝
8敗勝率84.91%(歴代勝率単独3位)!八段昇段まで150勝!

54・2019年03月~ 行方尚史八段44(B級1組2位)           53第28期銀河戦本戦E組9回戦〇
3月11日~3月27日まで2週間以上も銀河戦・NHKの非公開棋戦を除いて藤井聡太七段の対局が組まれていません!同じく間隔が空いた行方九段との銀河戦が既に行われた可能性も!              
勝敗結果が放映日まで非公開んなので藤井聡太ファンから批判されてる銀河戦ですが、勝ったら歴代勝率1位になった棋戦として存在感も出せるし・・・俄然注目が集まりますからからね!(笑)
銀河戦9回戦が行われて勝ってれば今期54戦46勝8敗勝率85.18%で歴代勝率2位
銀河戦10回戦も行われて連勝なら今期55戦47勝8敗勝率85.45%で歴代勝率1位タイ
大どんでん返しになったりして?可能性ゼロじゃないので一応掲載!

                  ㊟は4月の可能性有り

3月12日現在     通算133戦113勝20敗=勝率84.96%!      今期50戦42勝8敗=勝率84.00%!

持ち時間5時間以上の対局の通算勝率46戦42勝4敗=91.30%! 今期20戦17勝3敗=85.00%
 持ち時間6時間の対局の通算勝率20戦19勝1敗(近藤)=95.00%!                       今期10戦9勝1敗=90.00%
  持ち時間5時間の対局の通算勝率26戦23勝3敗(佐々木・増田・斉藤=88.46%!               今期10戦82敗=80.00%!
持ち時間4時間以上の対局の通算勝率62戦55勝7敗=88.71%!  今期27戦22勝5敗=81.48%
 
持ち時間4時間の対局の通算勝率16戦13勝3敗(大橋・菅井・山崎=81.25%!             今期7戦5勝2敗=71.43%!
  (千日手で持ち時間3時間となった④棋王戦の豊島対局を除く、入れると76.47%)      

持ち時間3時間の対局の通算勝率23戦16勝7敗佐々木大・菅井・豊島・深浦・井上・斉藤・久保
=69.56%!
          (千日手で持ち時間3時間となった④棋王戦の豊島対局を算入、除くと75.00%)            今期9戦7勝2敗=77.77%                                            
  勝率を80%台に上げるには王将戦予選・棋聖戦2次予選・叡王戦本戦でこれから19連勝が必要!3時間の勝率上げるのは大変な事態に!
持ち時間1時間以内の対局の通算勝率48戦42勝6敗三枚堂・井出・上村・稲葉・大橋・今泉=86.96%!
                                                      今期14戦13勝1=92.86%
先手番=通算54戦48勝6敗(横歩取り4敗・逆転負け1敗)=勝率88.89%!       今期16戦14勝2敗=87.50%!
後手番=通算79戦65勝14敗=勝率82.28%!                     今期34戦286敗=82.35%!
  (先手番で千日手なった三枚堂・豊島戦は後手番にカウントしてます!銀河戦は放映まで不明の為除外
横歩取りは佐藤名人に勝って克服!
読み過ぎて(今年も竜王戦・王座戦・順位戦・棋王戦)持ち時間を先に使い切ってるのが相変わらず課題ですね!

僅か10分されど10分!長考の時間が半分になれば・・・・・・・

【来期・棋戦別対局予定】   
名人戦除外(6月から順位戦10対局) 青字は進行中棋戦

竜王戦叡王戦・王位戦・王座戦本戦・棋王戦・王将戦・棋聖戦・NHK杯・朝日杯本戦・銀河戦で10棋戦!
                 全対局戦歴・予定一覧は下記案内の別ページに掲載
【第32期竜王戦】 広瀬竜王 (ランキング戦12月~6月・タイトル戦10月~12月)
第31期竜王戦は増田六段との挑戦者決定トーナメント2回戦で敗退!
第30期31期と2期連続昇級!ですが、5期連続昇級は4人(佐藤康光・鈴木大介・橋本崇載・佐藤天彦)!
でも、3期連続優勝は2人(木村一基・永瀬拓矢)の2名だけ!
4期連続優勝なら新記録、いや5期連続優勝の偉業を期待しましょう!

2019年04月~  島・高見・佐々木慎               ⑤28第32期4組ランキング戦準決勝
タイトル戦まで勝てなかったら
1・2019年12月~ 未定                          ⑤第33期3組ランキング戦1回戦


【第5期叡王戦】高見叡王⇒ (段位別予選6月~10月・本戦T11月~タイトル戦3月~5月)
第5期叡王戦七段戦は来期8月から!
2・2019年07月~  未定                           51第5期七段戦1回戦
第4期叡王戦本戦トーナメント1回戦で斎藤慎太郎七段に敗退!第5期叡王戦七段戦は来期8月から!
段位別予選は1時間棋戦!本戦は勝率最弱の3時間棋戦なのであと1~2年掛かるかも!


【第61期王位戦】
 豊島王位  (予選戦8月~12月・決勝リーグ1月~5月・タイトル戦7月~8月)  
3・2019年08月~  未定                          ④20第61期予選1回戦
第60期は予選7組2回戦(初戦)で山崎隆之八段に敗れる!


【第67期王座戦】斉藤王座
 (予選戦8月~3月・本戦T4月~7月・タイトル戦9月~10月)
4・2019年04月~  未定                   ⑤29第67期挑戦者王座戦決定トーナメント1回戦

第66期は、挑戦者決定トーナメント準決勝(ベスト4)で斉藤七段に敗れるもベスト4本戦シード!
今年もベスト4なら本戦出場!B級2級になってれば負けても2次予選からだったのですが!

【第45期棋王戦】 渡辺棋王 ⇒
 
 (予選戦1月~5月・本戦T6月~1月・タイトル戦2月~3月)
第44期棋王戦は挑戦者決定本戦トーナメント2回戦で菅井王位に敗れる!
B級1組になると挑戦者決定トーナメントシードになります!
5・4月~、牧野光則五段30vs大石直嗣七段の勝者と④第45期棋王戦第一次予選準決勝◎が?
第45期棋王戦8組20190325
持ち時間4時間!全対局3時間の新人王を取ったので次は棋王戦の順ですが・・・・
1時間以下のNHK杯と銀河戦を制した後になるのか?
3回戦の牧野光則五段vs
大石直嗣六段は、3月26日に!
3月20日で2回戦が8局、3回戦も24局残ってるので順決勝は4月以降です!残念!
6月からの挑戦者決定トーナメントを経て来年2月からタイトル戦!先は長~い!
勝てば予選9組決勝戦!
2019年05月~  増田裕・豊川・都成                  ④21第45期棋王戦第一次予選決勝
決勝戦は、またも都成五段との対局になるのか?なったら6度目!
さすがに藤井聡太七段が又勝ったら都成五段が可哀想になりますね!

予選は5月まで!6月から本戦T!挑戦者決定戦を経て来年2月からタイトル戦!

【第70期王将戦】
 渡辺王将   (予選戦1月~9月・挑決T10月~11月・タイトル戦1月~3月)
第69期王将戦は予選7組3回戦で井上慶太九段に大逆転負け!3時間棋戦だけがなぜか取りこぼす!
6.54・2019年03月29日? 森内俊之九段48(Fクラス)      ③24第70期王将戦第1次予選4組3回戦
王将戦予選20190322森内俊之九段
勝てば今期54戦46勝8敗勝率85.19%で歴代勝率2位へ!八段昇段まで149勝!
持ち時間10分+10分切れたら1手30秒未満のNHK杯では1年半前に勝ちましたが・・・・・・・
苦手の3時間対局なので苦戦しそう!3時間だった棋聖戦3次予選決勝での敗戦を生かせるか?
勝てば・・・・・
※・2019年05月xx日  北浜・大橋                                   ③24第70期王将戦第1次予選4組準決勝

北浜健介8段or大橋貴洸四段
大橋戦と成ったらリベンジ戦!今度は横歩取りの術中には嵌りますまい!
完膚なきまでの圧勝でリベンジするのを期待しましょう!
賞金額が最低になって格下扱いの王将戦ですが、新スポンサー大阪王将が現れたのでもう少し上位になっても良いのでは!
新聞社が主催する時代じゃ無くなったし・・・・任天堂とかSONYとかエンターテイメント企業が後援してくれませんかね~!

【第90期ヒューリック杯棋聖戦】 豊島棋聖 (予選戦6月~1月・挑決T2月~5月・タイトル戦6月~7月
7・2019年07月~ 未定                         第91期hulic杯棋聖戦1次予選1回戦


【第13期朝日杯オープン戦】
 前期優勝者・藤井聡太七段(予選免除・本戦シード)
ベスト4になって第13期も本戦シードです!優勝すれば3連覇!
8・2020年01月xx日  未定                               52第13期朝日杯本戦1回戦 

【第27期銀河戦】 佐藤天彦銀河  (予選7月・本戦8月~7月・決T8月~9月)  

8・2019年04月~ 行方尚史八段44(B級1組2位)           53第28期銀河戦本戦E組9回戦〇
AmebaTVのリークで7回戦・8回戦での勝利は確定!決勝トーナメント進出も決まっています!
6月放映なので翌期四月収録でしょう!

行方尚史八段
9回戦で勝てば、同日続けて10回戦収録!
※・2019年05月~ 阿久津主悦八段36(A級10位)           54第28期銀河戦本戦E組10回戦〇

阿久津主税八段7月放映
勝ち上がって、決勝戦で豊島2冠に公式戦でリベンジしてほしいですね!
4連勝してるので、勝敗に関係なく決勝トーナメントに進出決定!次年度は本戦シードです!


【第69回NHK杯】
  68回優勝者 山崎隆之八段
9・2019年04月~ 未定                          55第69回NHK杯本戦1回戦◎
今泉健司四段に、よもやの本戦1回戦敗け!一度勝っただけなのに完全に舐められてましたが・・
棋聖戦で圧勝!実力の違いをまざまざと見せ付けました!
成績優秀者より公式棋戦優勝者が先なので、昨年2月の朝日杯優勝により第69回も本戦シードになります!

敗戦一覧 19敗中・・先手=6敗 後手=13敗 1時間棋戦=6敗・3時間棋戦=6敗 タイトル戦挑戦T=7敗
**********************  2017年度 73戦12敗 負率16.44% **********************
30・2017年07月02日東▽佐々木勇気五段23(C級1組6位)    ⑤8竜王戦
挑戦者決定T2回戦
33・2017年07月21日東▽三枚堂達也四段24(C級2組6位)千日13第2回上州杯Y杯準々決勝

37・2017年08月04日西▽菅井竜也七段25(B級1組11位)     ③7王将戦第一次予選7組決勝
42・2017年08月24日西▽豊島将之八段27(A級10位)  ④千日③8棋王戦本戦T2回戦  A級初対局
43・2017年09月02日東▽井出隼平四段26(C級2組28位)       19第7期加古川青流戦準々決勝
45・2017年09月07日東▽佐々木大地四段22(C級2組48位)   ③9第48期新人王戦・準々決勝
49・2017年09月22日東▲上村  亘四段30(C級2組25位)        22第26期銀河戦本戦H組・2回戦
57・2017年11月13日他▽稲葉 陽八段29(A級1位)              27第67回NHK杯・3回戦
60・2017年11月29日西▲大橋貴洸四段25(C級2組46位)        28第89期棋聖戦1次予選ハ組決勝
64・2017年12月23日東▲深浦康市九段45(A級7位)            ③10第3期叡王戦本戦トーナメント1回戦
66・2018年01月06日西▲大橋貴洸四段25(C級2組46位)      ④8第59期王位戦予選7組準決勝
83・2018年03月28日西▽井上慶太九段54(B級2組13位)      ③14第68期王将戦予選3回戦
**********************  2018年度 50戦8敗 負率16.00% **********************
91・2018年06月11日他▽今泉健司四段44(C級2組5位)         35第68回NHK杯本戦1回戦

94・2018年06月29日東▽増田康宏六段20(C級1組33位)      ⑤23第31期竜王戦挑戦者決定T2回戦
96・2018年07月06日西▽斉藤慎太郎七段25(B級1組10位)  ⑤24第66期王座戦挑戦者決定T準決勝
105・2018年09月03日西▽菅井竜也王位26(B級1組9位)      ④13第44期棋王戦
挑戦者決定T2回戦
106・2018年09月14日西▲山崎隆之八段37(B級1組6位)      ④14第60期王位戦予選7組2回戦
116・2018年11月23日西▽斎藤慎太郎七段25(B級1組10位)  ③20第4期叡王戦本戦トーナメント1回戦
127・2019年02月05日西▲近藤誠也五段21(C級1組6位)     ⑥19第77期名人戦順位戦C級1組第9回戦
135・2019年03月11日西▽久保利明九段43(A級5位)             ③22第90期hulic棋聖戦2次予選6組決勝
1時間以下の棋戦は目下15連勝中で力量大幅アップ!3時間棋戦とタイトル戦本戦が残る課題!
タイトル取らないと確実に毎期7敗(順位戦を除く)その他棋戦は優勝しないと確実に毎期10敗します!
2018年度は朝日杯優勝と銀河戦勝ち上がりでで8敗でしたが、毎期8割の勝率を維持するには40勝以上!シードが多くなると毎期50対局の確保もタイトル戦に出ないと厳しくなります!


            2・藤井聡太七段 戦歴一覧・手番・対局予定 一覧

                      1p2