素晴らしきかな日本人 by 小早川俊一

御覧戴いてありがとうございます。2010年3月著名人・CM以外のブロガーを締め出した”イザ・ブログ”からあちこちテスト投稿後、過去のイザ・ブログ原稿と一緒にライブドア・ブログに移行しました。名も無きブロガーの悲哀ですね(笑)2013年は20年毎に行われる、お伊勢さまの第62回式年遷宮!これからの20年は弱者優先だった”米の座”から"働かない者食うべからず"の”金の座”に”ご遷移”されましたので[才覚次第で大金持ちになれる]チャンスに溢れる激動の弱肉強食の時代となる筈です! 人類史上[誰でも何でも平等]なんて国家が繁栄した事はなく、官庁.学校.企業も解雇も出来ず努力もしない低レベルの輩が大手を振ってのさばってる日本に明るい未来はあるのでしょうか?もっと競争原理を容認し”ジャパン・ドリーム”が実現する社会にしてほしいものです!

スペック5

RA619H”スペック4”2基目投入は、金曜日から同じPUで調整する為?ホンダもやっと旧スペック使う【愚】に気が付くとは!遅過ぎ!(大苦笑) 残念ながら”スペック4”は失敗作か?

前から言ってた様に、金曜日のP1・P2を旧スペックで走らせ、土曜日から最新スペックで走らせるなんて金曜日のセッテングが全てパーになるので愚の骨頂!
要するにRA619Hの耐久性は初日に予備のPU使ってさえ5戦も使えない代物なんだわさ!
良くもま~レッドブルがこんな馬鹿なホンダのイメージアップ戦略を容認していたものです!
タッグ初年度ですから大目に診たんでしょうか?PUは無償だし本番は2020年からとして!(苦笑)

しかし、レッドブルも日本GPを勝つ為には、”こんな中途半端なPU延命策やっていられない!”って言い出したんでしょう!(笑)
これなら、マシンセッテングも十分に出来ますからね~!


スペック違いのPU次第ではセッテングを1からやり直しですから土曜日のP3だけの微調整で済む筈もありません!
パワーアップしたPUに換装したら、リアが滑ったりアクセルの反応も微妙に異なる!
金曜のP1・P2が良くてもP3や予選でタイムが伸びないのは、ホンダは金曜日に旧スペックを使いあたかも耐久性がある様に見せかける擬似耐久性誇示欺瞞の所為で新スペックのマッピングやセッテングが不十分だったから!(嘲笑)
要するに3日間同じPUで走らせるとホンダの【RA619H】は実質3~4戦程度しか持たないって事です!

つまり、【RA619H】も昨年同様年間6基が必要な耐久性には程遠いPUなんですわな!
マクラーレンのサイズゼロを後生大事に継続してるんじゃ~7戦も走れる耐久性が失われて当然!
しかし、新らしい【スペック4】を金曜日から使い出したら良いのは初日だけ!(大苦笑)
”スペック4”になってクビアトのPUは3戦続けてオイル漏れのトラブル!P2ではアルボンのPUにも発生!
新品でですよ!ハイパワーを目指した”スペック4”ですが、パワー増大で【ICE】の剛性不足が顕著に!

これじゃ~昨年の【スペック3】同様出力を絞るしかありません!
スペック3までは、こんな事一度も無かったんだから・・・・・
残念ながら【スペック4】は昨年の【スペック3】同様失敗作!
幾らベンチでハイパワー出したって、レースで絞ったら今年の【スペック3】以下でしょ!

オシレーション対策を講じたSAKURAはさぞや落胆してるでしょうね!まさか何もしなかったりして?

クビアトの【スペック4】はP3早々にお釈迦様!なんと3基目の”スペック4”を投入!(大呆れ)
予選も出走せずロシアのクビアトファンは肩透かし!

縁石に乗り上げてタイアが空転するとオーバレブしそうになった話も眉唾!
サーボ・モーターじゃあるまいし、0.03秒以内で【ICE】にダメージを与える程回転が上がる筈がありません!

フェルタッペンのスタート失敗を受けて、急激なトルク低下が起きた場合燃料カットして回転数もさる事ながら
トルクを下げるプログラムなんでしょう!
今のCPUはミリセック(1/1000秒)じゃなくナノセック(10~40/1,000,000秒)で1スキャンするほど速い!
でも入力・演算速度は速くなっても出力はミリセックのまま!どうしても出力タイムラグが発生します!
出力結果が出るまで指令は出っ放しにする馬鹿も!そうなると当然動作中に中止指令が!
中止指令が出た途端又動作指令が・・・
縁石が凸凹してるとチャタリングみたいなチグハグな挙動を生んでしまいます!
速いから全て最良とは言えないんですが・・・ホンダは【ICE】の電気的レスポンスを上げ過ぎてるんじゃないのかな~?(苦笑)

コーナーで適正なトルク配分するトラクションコントロールとは異なるので、オーバーレブ同様トルクカットしても大丈夫だと過信してた可能性が大ですね!
でも広義のトラクション・コントロールに含まれてしまうのは中学生でも判るよね!(大苦笑)

やっとレースウイーク中を同一スペックのPUで戦う事を決意したホンダですが・・・・前途多難!
パワーの増大が振動も増大させ各機器の接合部に負担増大!
計算上の締め付けトルクじゃ2時間持たないんでしょう!ベルギーGPのクビアトの様に!

接合ボルトは締め過ぎると破断しちゃいますし・・・・・
ベンチマークでいくらパワーアップしたって実際のレースの衝撃に耐えるとは限らない!


そんな訳で、剛性に不安が発生し開発中だった【鈴鹿スペシャル=スペック5】投入は見送り!
金曜日の旧スペック搭載という愚の戦力放棄で、同一スペックを交互に使用する事で新PU開発期間の確保
同時に万が一のオイル漏れやクラッシュでのグリッド降格対策の為に投入したってのが真相でしょう!

SAKURAは、もっと硬性を上げた2020年用RA620Hを新規開発を開始してるんじゃ?
全く同じ仕様の”欠陥のある【スペック4】”を投入する馬鹿もいないでしょうから、今回投入されたICEは”スペック4改”なんでしょうね!それでもオイル漏れが止まらない!

それでも、”スペック4改”のフェルスタッペンがP2でトップタイム、ガスリーも嬉しい6番手タイム!
金曜日に旧スペックを使った今までとは違い、セッテングは完璧になるので予選も全車Q3の可能性も!
しかし、”スペック4”の耐久性には”?マーク”が!日本GPでは、完走は1台かもね!
その1台が
フェルスタッペンなら3台リアイアでも表彰台?・・・・それも危うくなっちゃった!
もっと頑丈な耐久性を上げたオシレーションの少ない【ICE】にしないと・・・・・

ホンダRA619H"スペック5=鈴鹿バージョン”日本GPに間に合わず、ロシアGPは”スペック4”新品投入に!新燃料でのパワーアップ次第!

前評判の高かった”スペック4”のパワーアップは残念ながらまだ実績を残せません!
フェラーリPUは言うに及ばず、ルノーPUにも明確なアドバンテージを示せていません!
どうせ”スペック4”は日本GP用”鈴鹿スペシャル””スペック5”のテストPUだと思ってたら・・・
なんと、ロシアGPでは、ストック用に新品の”スペック4”をレッドブル・トロロッソ4台に投入だってさ!
こんなことなら、最初に2基投入すべきでしょ!母国GPを最後尾スタートのクビアトが可哀想!
同時に2基投入しなかったのは、”鈴鹿スペシャル”を投入する手筈だったからに相違ない!
しかし”スペック4”がベンチテストでのパワーを出せず・・・・
オーバーレブ回避システムの見直しが間に合わず・・・・クビアト用PUもなんか怪しそうだし・・・
予選モードも暗中模索中?

結局マイナーチェンジも無く・・・・”スペック4”のまま残り6戦を戦うとはこれ如何に!
余程、新燃料が効果を発揮しないと優勝は無理でしょ!

”スペック5”投入は見送られ・・・・ガックリ!
要するに”スペック4”が本来のパワーを発揮出来ない原因を解明するまで更にパワーアップした”鈴鹿スペシャル”は怖くて投入できなかったんじゃないの?
日本GPで”スペック5”を投入して・・・・コケたら目も当てられませんからね~!
で・・・日本GPはハイパワーモードで”スペック4”を酷使してでも勝ちに行く戦略となったのか?

いずれにしても、新品とはいえアンダーパワーの”スペック4”で臨む日本GPは優勝なんて期待出来ませんね!
しかし・・・・
もし新燃料でPUのレスポンスが大幅に向上すれば・・・・各コーナーで0.05秒速くなったりして?
ロシアGPの行われるソチ市街地コースは19のコーナー!
19x0.05秒=0.95秒速くなる
・・・訳無いか・・・・

ホンダは、”スペック4”の高出力モードに余程自信が有るのでしょうか?
マッピングが最適じゃないので、まだ高出力モードは動かしていないようで・・・日本GPまで封印?
それともフェラーリの圧倒的速さの前に、もう今年は諦めて来年3月のプレシーズン・テストまでにフェラーリ並みの2020年用新PU開発一本に絞ったのか?


”鈴鹿バージョン”には期待してたのに・・・・

RA619H”スペック4”、ベルギーGPとイタリアGPで投入決定!トロロッソで最終戦まで7戦使用か?レッドブルには2基投入し日本GPで新PUに換装と思ってたら・・・中間策だった!

やっと、本格的にパワーアップしたRA619Hが投入される事になりました!
どんな魔法を使ったのやら・・・25KwUP?

本来ならもっと早く投入したかったんでしょうけど・・・スペック1”が意外と脆かったので遅れたんじゃない?
開発に1年近く掛かるなんて耐久性を上げるのに相当苦労してたんでしょうね!
RA619H”スペック1”は、RA618Hでのオシレーション対策を施した耐久性向上版だったけど3戦使用でお払い箱!
”スペック2”は”スペック1”のバク取り版だろうし、スペック3から航空機部門が協力した新しいターボを搭載!

扱いやすくなって、おっかなビックリパワーアップモードを試したら優勝しちゃった!
ダメージも想定してたより少なかったんでしょうね!

F1では、10kwUPで約0.2秒速くなると云われているので、25kwUPなら0.5秒以上速くなる
イタリアGPで投入すると残り8戦!メキシコGPを昨年みたいに旧スペックを使うと7戦!
来年、レッドブルがコンストラクチャーチャンプを狙う為にはグリッド降格を最小限にする1基で7戦戦えるPUは必須!
今迄みたいにストックしたPUを金曜日に使う事も出来ない!

イタリアGPで投入すると、日本GPはシンガポールGP・ロシアGPに続いて4戦目になります!
直前のロシアGPで新燃料を投入し更にパワーアップして日本GPでの優勝を夢観ているんでしょうけど
ちょっとしたら、レッドブルとトロロッソでは異なった搭載方法を取るかも?

(1)トロロッソは、”スペック4”を2基投入もメキシコを除く7戦で1基のみを使用し耐久性のチェック!
  今年のトロロッソは、PUの同時投入でテスト用としての役目を余り果たしていませんからね~!
  後半戦は、来年用にトロロッソを上手く利用しないと・・・・・
(2)レッドブルは、一度に各2基づつ交換して日本GPでは新品のPUに換装して走らせる!
  後半戦のグリッド降格を防ぎ優勝回数を増やすには一石2鳥ですから!
  7戦使わないので間に合うなら、レッドブルだけ先行してベルギーGPで”スペック4”を投入したりして!


さて3位表彰台のクビアトを差し置いてレッドブルに昇格したアルボンですが、両者を比較すると・・・・
                    Q1      Q2     Q3              決勝
オーストラリアGP     クビアト  1:22.511⇒1:22.774       (15位)      10位入賞
”スペック1”       アルボン 1:22.757⇒1:22.636       (13位)      14位

バーレンGP       クビアト  1:29.876⇒1:29.854       (15位)      12位
              アルボン 1:29.5141:29.513       (12位)       9位入賞

中国GP         クビアト  1:33.783⇒1:33.236       (11位)      NC 接触でマイレージ節約
              アルボン クラッシュで走行出来ず               10位入賞

アゼルバイジャンGP クビアト  1:42.324⇒1:42.2211:41.6816位)        NC リカルドが激突
”スペック2”       アルボン 1:42.1541:42.494       (12位)      11位

スペインGP        クビアト  1:17.9141:17.2431:17.5739位       9位入賞
              アルボン 1:17.7961:17.445       (12位)      11位

モナコGP        クビアト  1:11.6021:11.4121:11.271(8位)       7位入賞
              アルボン 1:12.007⇒1:11.429⇒1:11.653(10位)      8位入賞

カナダGP        クビアト  1:11.9651:11.921       (12位)      10位入賞
              アルボン 1:12.020⇒1:12.193       (14位)      NC 接触でマイレージ節約

フランスGP       クビアト  1:31.564               (16位)      14位”スペック3”先に搭載
1基”スペック3”     アルボン 1:31.4451:30.461       (11位)      15位

オーストリアGP     クビアト  1:05.324               (18位)      17位
2基”スペック3”に    アルボン 1:04.7081:04.665       (13位)      15位”スペック3”搭載

イギリスGP       クビアト  1:26.721               (17位)       9位入賞
              アルボン 1:26.482⇒1:26.403⇒1:26.345(9位)       12位

ドイツGP         クビアト  1:13.278⇒1:13.135        (14位)      3位(雨天)表彰台
              アルボン 1:13.461              (17位)       6(雨天)入賞

ハンガリーGP     クビアト  1:16.750⇒1:16.692          (13位)    15位
              アルボン 1:16.9121:16.687          (12位)    10位入賞 FR2クラッシュ

入賞はクビアト6回アルボン5回 Q1・Q2は6勝6敗で互角!Q3進出はクビアト4回アルボン2回 
レースではクワビトの7勝5敗です。
”スペック2”まではクビアトが断然優位でしたが、”スペック3”になってからクビアトが冴えないのが良く判ります!
クビアトがレッドブルに昇格出来なかった最大の要因は”スペック3”になってQ1敗退が3戦続いた所為かも?
運も実力の内ですからね!

アルボンがQ2進出来なかったのは、予選を走れなかった中国GPとノリスに邪魔されたドイツGPのみ!
新人でQ1敗退が実質1戦ですから、レッドブルが伸び代を期待して抜擢するのも当然ですね!
ガスリーみたいに文句タラタラで他の所為に責任転嫁もしないで、与えられた車で文句も言わず安定した成果出してるんですから・・レッドブルのピットスタッフに可愛がられるでしょう!

ピットの雰囲気が良くなれば士気も上がるし、相乗効果でアルボンは好成績上げちゃうかもね!

”スペック3”と相性の悪かったクビアトは、”スペック4”搭載で生き返るでしょうか?
ローパワーPUのレッドブルに慣れてるとしたら、更にパワーアップした”スペック4”に手古摺るかも!
トロロッソはハイパワーPUへの対応が迷走中!レッドブルみたいに収まる事を期待しましょう!

チームとして2人揃ってグリッド降格を免れる為ですが、トロロッソ・クビアトとレッドブル・アルボンに先行してベルギーGPで”スペック4”を投入!

ベルギーGPからじゃ最終戦まで持たないので、ロシアGPで”スペック5”を投入するって事になるけど・・・・
”スペック4”がベルギーGPとイタリアGP+シンガポールGPの3戦だけって通常は有り得ませんよね~!
金曜の夜まで判りませんけどベルギーGPでそれぞれに各2基投入しなければ・・・・
2~3戦で”スペック4”の問題点を潰した”スペック5”投入を本気で考えているのかも?(大苦笑)

クビアト・ガスリー対決はイタリアGPまでお預けとなるのか?
圧倒的に早くなってベルギーGPで4台投入となるのか?土曜日の予選が待ちきれませんね!

⑫トロロッソ・ホンダ始動!バーレンでガスリー車に【スペック4B改=スペック4C】を投入か?

オーストラリアGPの⑫コーナーでピエール・ガスリーが
アルバート・パークサーキット
ちょっと膨らんで縁石にモロヒットし、MGU-Hが壊れリタイアの憂き目にあったトロロッソ・ホンダですが・・
SAKURAでの解析の結果、バーレンGPにはMGU-HだけじゃなくターボもICE(エンジン)も2基目を投入する事に!
田辺豊治テクニカルデレクター曰く・・・・”MGU-Hトラブルの影響でICEもダメージを受けた”って?

おいおい、MGU-HとICEは完全に分離されているのでICEがMGU-Hで影響を受ける筈がありません!
ガスリーの車は、コーナーを回ってフル加速中に煙を出して一気にスローダウンしてます!
ホンダPUは排気ターボと吸気ターボの間にあるMGU-Hが動かなくなったらターボも使えない!
ターボが動かなくなったら排気も出来ず、ICEのシリンダー外で異常爆発してダメージを与えた可能性が?
他にICEにダメージを与えたと考えられるのは・・・・MGU-Hの電力でアシストする筈のMGU-Kが電力切れで急停止した影響でコンロッドが変形したりと、MGU-H自体とは別にターボが動かなくなったが故の原因でしょう!
それとも縁石の衝撃でICEの休止システムなどICEのハイテク部品が壊れた?
あんな衝撃程度でICEが壊れたなんて口が裂けても言えないだろうし・・・・全てMGU-Hの所為に?(大苦笑)

私には、今更ガスリー車にオーストラリアGPと同じスペックのPUを投入するとは思えませんね!
2基目を投入するなら誰が考えたって進化型でしょ!
バーレンGPは4つの直線がある高速型サーキットだし・・・・・
バーレーン国際サーキット
田辺豊治テクニカルデレクターがバルセロナテスト時に言ってたように、ホンダPUには信頼性重視タイプのPU(ステップ4A)と、信頼性は?マークですがパワーを上げたタイプのPU(ステップ4B)を用意していた!
オーストラリアGPで使ったのは信頼性重視のステップ4Aだったんじゃないの?
最高速も伸びずコーナーの立ち上がりも遅すぎたし・・・・・明らかにパワーダウンしてた!
何が何でも完走させて頑丈さをアピールしたかったんだろうよ!(大苦笑)
どうせステップアップするんだから安全策取る方が大間違い!
誰も完走するだけのホンダPUなんて期待してない!

オーストラリアGP予選1
しかし、上の表ではハートレーの方が若干速い!本来ならガスリーが上に行く筈なのに・・・・・・
ひょっとしてハートレー車がスペック4Bで、ガスリー車がスペック4Aだったのかも?
信頼性がいまいちの方を耐久王者ハートレイに託し安全運転で、信頼性重視のスペック4Aをガスリーに思いっきり使わせる作戦だった?だからハートレイの方が速かった!(苦笑)
ガスリー・ハートレーとも同じ高性能ICEにするだけの肝っ玉なんてSAKURAには無かったんだろうし・・・・・
サラリーマン根性で、どん尻でも取り合えず完走させたい馬鹿がいるんだろうな~!(大苦笑)
その結果、パワーに劣るPUを載せたガスリー車がタイムを伸ばせず無理をして最下位になった・・・・・?
新しいスペック5のICE載せたくても、未だ完成してないだろうし・・・・・・

そんな訳で、ガスリー車に今度載せるのはハートレイが耐久性を証明したステップ4Bを改良した【ステップ4B改=スペック4C】じゃないのかな~

何故って、ハートレイ車はMGU-Hとターボは交換するけど【ICE】そのままなんだからね!
そうなると同じスペックならガスリーがハートレーより0.5秒~1秒近く速いタイムを叩き出しちゃうかも
次回バーレーンGPでは期待を裏切らない結果を出す筈!
バーレンでも、万が一ですが従来の信頼性重視のPUで最下位争いしてたら、このブログも新スペックPU登場まで当分お休みです!(笑)
完走しなくてもいいからトップ争い出来るPUを早く載せなきゃ!

どんどん壊せってホンダイズムはどこに行ったんでしょう!前期はパワーも無く壊れ過ぎだけど・・・・・
せめてマクラーレンより速いタイム出せるPUを早く載せてくれよ!

私はアゼルバイジャンGPでの2基目=スペック5を2台に投入すると思ってましたが・・・・
ハートレイ車へ一基(スペック5A)だけ先に載せて、ICE2基目を前倒ししたガスリー車はモナコGP新スペックPU(スペック5B)お披露目の舞台になるのかも!
オーストラリアGPのガスリーリタイアは、怪我の巧妙で2台が別スペックのPUを搭載する事になったのかも!
耐久王者ハートレーは高スペックの新型PUの耐久テストをしながら完走させ、攻めるガスリーには信頼性を上げたPUで上位を狙わせる!結果的にはお互いの長所を引き出せる事に!(笑)
MGU-Hはターボ・タイムラグ解消用にモーターとして使うとMGU-K用の発電が出来ない!
MGU-Hを思い切って発電専用にした方がタイムを向上させられるんじゃないのかな~!

最初のMGU-Hをコンパクトにした【RA615H】の設計は間違いではなかったのかも?
RA615H小型・高回転のターボ!
MGU-Hをコンパクトにすればターボの負荷が少ないので回転が上げ易い!
小型・高回転のターボなら小型のMGU-Hでも発電量も確保出来るし・・・・・・
高回転ターボシステムがもし熟成されていたら軸流式吸気用ターボと相まってレスポンスの良いハイパワーのPUとして好成績を上げていたのかも!
だけど実戦ではターボへの熱対策が十分に出来ず回転を上げられなかったのかもね!
小型ターボに直結したMGU-Hも当然冷却不足で灼熱地獄に耐え切れず・・・・・・・
ターボの回転が上がらなければ小型化の効果ゼロですからね!
通常の倍近い高回転だとベアリングが持たなかったり・・・・おまけにマクラーレンのサイズゼロ・ボディ用にコンパクト化したエグゾーストが排気効率を下げちゃったし・・・・・
様々な要因で思った回転をセーブするしかなかった?
単純にMGU-Hを大型化したけど・・・・負荷が増えるので、ターボの回転が落ちる=出力低下!
トルクを確保したり最高速時を稼ごうとすればMGU-Hの発電は出来ない!
ますます
MGU-Hの発電量が減る悪循環!
MGU-Hをモーターと発電機に切り替えるソフトも経験不足で糞だったのかも!
ソフトは3年間苦労してようやく、最適に近くなって来てるんでしょう!

それにしても、RA615Hの発想はホンダらしいPUでした!
ベンチマークではそれなりのパワーを発揮していたんでしょうけど・・・・・
不運の名パワーユニットと言えるのでは・・・・・

QRコード
QRコード
プロフィール

kobayakawashunichi

「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
カテゴリー
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ