独特のハイ・フィニッシュはフック防止?ヘッドアップが課題の人は必見!

ジャック・二クラウスとゲーリー・プレーヤーの3人で一世を風靡しました!
3人に共通してるのは、ショートアイアン使用時は手と体の隙間が極端に近い事!
とっくに忘れてて、いつの間にか、離れ気味になってました!なるほどこれじゃ正確さにかける訳だわさ!


私は小柄なのに一歩も引かないゲーリー・プレーヤの大ファンで、彼のスイングを手本にしましたし、多かった黒のゴルフウエアも真似て夏でも上下黒でラウンドしてました!(汗)

老いてからの軽快なスイングは、小柄で高齢者には大いに参考になるでしょう!

今でも昔の片鱗が残ってますが・・・・全盛期のスイングはもっと強烈でした!

最初はゲーリープレーヤーのスイングを真似て小柄ながらロング・ドライブを打てていたのですがいたのですが40歳を契機に、飛行距離より正確さをと考えて・・・・・数々のアマチュアタイトルを取った中部銀次郎氏のスイング(べた足打法)に変えたのですが、歳取って飛行距離もめっきり落ちのでこれを機会に元のゲーリープレーヤースタイルに変えたるつもり!(笑)

帝王・ジャック二クラウスの全盛期のダイナミック・スイング!

上半身が動くので、とても普通のゴルファーには真似出来ませんね!

クラブ軌道は、パーマーが一番アップライトでゲーリープレーヤーが一番フラット!
並みの体格の日本人には、ゲーリープレーヤーのスイングが最適だと思いますが・・・
こんな貴重な映像も参考に・・・・・・

貴方に一番合う基本となる名手のスイングを見出せればクラブ・チャンピオンも夢じゃないかもね!

アーノルド・パーマーの訃報を聞いて、改めて3人のゴルフスイングを見直すとテーアップは高くした方が飛びそう!
長い間に、基本から逸脱してました!反省!
アーノルド・パーマーの訃報のお陰です。気付かせてくれたアーノルド・パーマーに感謝!
彼の冥福を祈ります!アーメン!