素晴らしきかな日本人 by 小早川俊一

御覧戴いてありがとうございます。2010年3月著名人・CM以外のブロガーを締め出した”イザ・ブログ”からあちこちテスト投稿後、過去のイザ・ブログ原稿と一緒にライブドア・ブログに移行しました。名も無きブロガーの悲哀ですね(笑)2013年は20年毎に行われる、お伊勢さまの第62回式年遷宮!これからの20年は弱者優先だった”米の座”から"働かない者食うべからず"の”金の座”に”ご遷移”されましたので[才覚次第で大金持ちになれる]チャンスに溢れる激動の弱肉強食の時代となる筈です! 人類史上[誰でも何でも平等]なんて国家が繁栄した事はなく、官庁.学校.企業も解雇も出来ず努力もしない低レベルの輩が大手を振ってのさばってる日本に明るい未来はあるのでしょうか?もっと競争原理を容認し”ジャパン・ドリーム”が実現する社会にしてほしいものです!

クビアト

成績不振を他の所為にしてたガスリー、夏休み明けを待たずに【レッドブル】から【トロロッソ】に降格!アルボンを大抜擢!

ま~トロロッソの方が相性がいいなんて頓珍漢な負け惜しみ言ってたカスリーピエール・ガスリートロロッソ(ホンダ)
にとって降格は本望なのかもよ!(笑)
2018年度後半戦は慣れてきたハートレーブレンドン・ハートレートロロッソ(ホンダ)
に負けてたんだから、降格は当然と言えば当然!(爆笑)

ガスリーが速いのはクリアーラップだけだってやっとホーナーも分かったみたい!(苦笑)
ハンガリーGP後、”土曜日から急に遅くなった”なんて言い訳にさすがのレッドブルも堪忍袋の緒を切った!
チームオーダーも無視もするし、成績が悪いと全部他に責任転嫁する自分勝手な性格だし・・いい薬!

昇格した新人アルボンアレクサンダー・アルボン1
ガスリーみたいに文句も言わず・・・・うまくSTR14を乗りこなしていましたからね!
クビアトダニール・クビアト2が選ばれなかったのは、単純に新人のアルボンに大差をつけられなかったからでしょ!雨の3位は考慮されなかった様です!(苦笑)
【伸び代】を考えると、”アルボンにチャンスを”って事になるんでしょうね~!
でも、選考から洩れたクビアトは、次戦から今までとは一味違ったアグレッシブルな走りになるんじゃない?
闘志に火が点き、レッドブルのアルボンに追い着き追い越せとばかりに・・・・・・
アルボンが結果を残せなければ、クビアトが来期レッドブルに昇格する可能性もあるにはある訳で・・・
降格して来たガスリーには負けられません!クビアトの上位入賞も期待しましょう!

アルボンとクビアトはタイムが殆ど同じなので、RB15に乗ったアルボンがどんなタイムを刻むのか興味津々!
0.5秒速くなるのか・・・もっと速いタイムを刻むのか・・・・トロロッソとレッドブルの差を測れますね!
勿論、ガスリーがどの位遅くなるのかも!(大爆笑)
RB15でもマクラーレン・サインツに負けていたガスリーじゃ、トロロッソに乗ったら当面勝負になりませんが!

トロロッソに戻って自分の遅さに愕然とするんじゃないの!ウィリアムズのラッセルに負けたりしてね!
で、又、自分には合って無いなんて言い出すんじゃないのかな~!(大苦笑)
もはや他に責任転嫁しないで、常にクビアトに勝ち中団トップを堅持しないと来年のF1シートも危うい!
でも、他に責任転嫁してる中は、勝利の女神もソッポ向いてるんだわさ!(大爆笑)
運の良い事に・・・・・
イタリアGPで大幅にパワーアップしたRA619Hの【スペック4】が入るとトロロッソも中団トップに躍り出ます!
ロシアGPからは新燃料で更にパワーアップ!
そうなればトロロッソとマクラーレンの戦いは熾烈さを増し、プレッシャーから開放されたガスリーも息を吹き返すかも!

8月30日からのベルギーGPはもっと面白くなりそう!

祝 フェルスタッペン初ポール・ポジション!RA619H【スペック3】5戦目でホンダPU16年ぶりのポール!

レッドブル・フェルスタッペンが、93戦目にしてコースレコード1分14秒572を叩き出し初のポールポジション!

2位には0.018秒差で、3基目のPUに交換したメルセデスのボッタスが!
開幕戦から圧倒的な強さを見せ付けてきたメルセデスですが・・・・

ポールポジションは、12戦でメルセデスPU8回、フェラーリPU3回、ホンダPU1回となりました!

それにしても、フェルスタッペンは凄過ぎ!
たとえ低速のサーキットとはいえ、RA619H【スペック4】搭載までポール取るのは絶対無理だと思っていましたからね!
金曜日は旧【スペック2】で走ってるんだし、エンジンの最適マッピングが出来る筈も無い!
トロロッソは、金曜日もSTR14に【スペック3】のスペア載せて走ってるからそのデーターを流用してるんだろうけど・・・
トラクションはRB15とは違うし・・・同じPUでFP1から走らせない内はポールなんて無理・・の筈が!(大苦笑)
明日はスタート次第!RA519Hに【ロッケット・スタートモード】はないのかね?

ガスリーは、Q1・10位、Q2・9位と精彩を欠き、Q3もフェルスタッペンから0.878秒遅れのやっと6位!
マクラーレンのサインツ・新人ノリスにQ1.Q2も遅れ、Q3でもやっとこさノリスに0.35秒差!
ガスリーはスタートも下手だし、レースではスタートでノリス・サインツに抜かれて終わるのかも!


トロロッソも相変わらず今一歩!小所帯なので大所帯のマクラーレンみたいな向上は無理なのは仕方有りませんが・・・
クビアトQ1・ガスリーに0.044秒差の1分16秒750で11位!アルボンも1分16秒912で0.162秒差の14位!
8位ライコネンの1分16秒506から15位グロージャンの1分16秒978まで0.5秒以内の大接戦となってます!
クビアトQ2は1分16秒692とタイムを伸ばせず13位!アルボンも1分16秒687で12位に終わりました!
10位ライコネンは1分16秒518ですから、あと0.3秒速くなれば楽にQ3に行ける!

ウィリアムズのラッセルが、1分17秒031とタイムを向上!16位でQ2進出は逃しましたが、ミッドフィールドに追いつきました!
サマーブレーク明けにはもっと速くなるから、ミッドフィールドは更に大混戦になるでしょうね!

クビカは1分18秒324とただ1人1分18秒台で最下位!前回1ポイント取って無かったらサマーブレーク明けにやはり”首か”だったんだけど・・・・
果たしてレースの結果は・・・・


【祝】トロロッソ・ホンダ初表彰台!クビアト早めのスリックタイア交換で3位ゲット!フェルスタッペン2勝目!ガスリー自滅!

雨天レースとなったドイツGP!なんとダウンフォースの良いメルセデスがコースアウトでゼロ・ポイント!

ホッケンハイム・リンク
スピン・コースアウトが相次ぎ、完走13台と言う荒れたレースと成りました!

母国グランプリとなったメルセデス、序盤はフェルスタッペンのスタート失敗でハミルトン・ボッタスの1-2!このまま又もメルセデスの圧勝かと思われましたが・・・・

ハミルトンは最終コーナーでコースアウトしフロントウィングを損傷するも復帰後コースを横切ってピットに!

フロントウィング交換で5位に順位を下げ更に5秒ペナルティで脱落!

その後もコースアウトやピットストップで終わってみれば11位!

57週目ボッタス・ルクレール共に最終コーナーでコースアウトしてリアイア!

メルセデスは母国GPでノーポイントに終わる屈辱を味わう事に!
アルファロメオは2台入賞も、スタート前のクラッチ接続タイムラグで入賞取り消し!
ハミルトンは9位に繰り上がり2ポイント獲得して連続ポイント獲得が続く事になったけど、釈然としませんね!


残り10週でフェルスタッペン1位、クビアト2位!
残り2周でベッテルにDRSを使われ惜しくも3位に終わったけど、14位スタートのクビアト(15ポイント)が念願の表彰台に!(笑)

ボッタスのクラッシュでセフティーカーが入らなければホンダPUの1-2フニッシュだった!

(SCが入ると折角築いたタイム差が無くなる!)

でもレッドブルのフェルスタッペンがトップを守りきって7秒差で余裕の優勝!
15643288401966

2位はセフティーカーに助けられた最後尾スタートのNewフェラーリPUに換装したベッテル!

17位スタートのアルボンも6位入賞(8ポイント)!

トロロッソは2台で23ポイントを稼ぎコンストラクター8位(19)から5位(42)に急浮上!

でも、タイア戦略で上位になっただけなので、常時Q3はスペック4待ち!

トップテンは、フェラーリPUが5台!ホンダPUが3台!ルノーPU1台、メルセデスPU1台!

4位スタートのガスリーは精彩を欠き、アルボンにも追い抜かれ、終盤追い返そうとしてアルボンの右後部に接触し左前輪を損傷してリタイア!下手糞!
ガスリーがコケなきゃホンダPUは4台入賞だったのに!

危うくアルボンも巻き添えにする自己中の危険なドライビング!降格決定!

これには、さすがにホーナーも庇いきれないでしょう!

クビアトは表彰台ゲットでレッドブル昇格第一候補に浮上しました!
レース終了後、アルファロメオ2台にペナルテイが課せられ、クビアトドはライバーポイントも8位に急上昇!
前日父親になり連日のお祝い!競技じゃ~運も実力ですから!
(笑)
germany-day3-tororosso-honda-2019-3
今年のドライバー交代は無いとレッドブルのマルコは言ってますが・・・果たして、イタリアGPで昇格なるか?

⑤ホンダRA619H【ナンバー3=本来のスペック2】投入4戦目!崖っぷちのガスリー3度目のクラッシュ!予選フェラーリのPUトラブルでフェルスタッペン2位!ガスリー4位!

第11戦ドイツGPがホッケンハイムで始まりました!
相変わらずRA619Hはレッドブルは、金曜日用のスペック2PUでセッテングに専念!
本気のアッタクは土曜日からなのでタイムは伸びませんがガスリーがロングラン中にイージーミスでクラッシュ!
気を入れて走って無かったんでしょうね!右コーナーで一旦左にハンドルを切る悪い癖が出ちゃった!

【スペック2】で空力とドライビングセットが中心の周回でアッタクしてた訳でも無し・・・・
これで今期テストから3回目のクラッシュ!懲りない奴だよ全く!
折角イギリスGPで地位を確保したのに振り出しに・・・・もう一回やったら降格でしょ!

トロロッソは、【スペック3】をクビアトにフランスGPで2基投入、アルボンにもオーストリアGPで2基投入!
金曜日も【スペック3】を使ってPUセッテングを行っているのに残念ながらタイムが伸びていません!
最適値を探してるんでしょうけど・・・・中団を抜け出す程のパワーが無いのは明らか!
レッドブル用はパワー重視!トロロッソ用は耐久性重視なのかもね?

FR-P1 フェラーリが1・2 ベッテルが1分14秒013 ルクレール1分14秒268
【スペック2】のフェルスタッペン0.317秒差で4位、ガスリー0.8秒差で6位!
クビアト14位1分15秒776 アルボン15位1分15秒777と1/1000秒差!正に拮抗


FR-P2もフェラーリが1・2 ルクレールが1分13秒449 ベッテルが1分13秒573
【スペック2】のフェルスタッペン0.662秒差で4位ガスリー1.64秒差1分15秒089で15位!
トロロッソは、クビアト12位1分14秒8 アルボン14位1分15秒062!


FR-P3もフェラーリが1・3 ルクレールが1分12秒380 ベッテルが1分12秒644

【スペック3】のフェルスタッペン0.168秒差の1分12秒548で2位ガスリー0.944秒差1分13秒324で8位!
トロロッソは、アルボン13位1分13秒544!クビアト17位1分13秒787でトップテン入りは遠そう!


予選は、

好調だったフェラーリにまさかのPUトラブル!
母国GPのベッテルは、Q3ノータイムで最下位!ルクレールもQ1ノータイムで10位スタート!
運が無いと言うかチェックが甘いと言うか・・・・チャンピオンチームじゃないわな!

ポールポジションはハミルトン!2番グリッド・フェルスタッペン!3番グリッド・ボッタス 4番グリッド・ガスリー!
クビアト14位!アルボン、ノリスに邪魔されるも実質最下位の17位!
トロロッソのRA619HはPUのマッピングが違ってるんじゃないの? 
田辺ちゃんがレッドブルばかり診てるからか・・・・・・
ホンダPUの進化はトロロッソでの比較ですから・・・・昨年から一歩もアップしてないのと同じだよ!(大苦笑)
せめて1台は常時トップテンに入らねば・・・・
でもそうなったらレッドブルのフェルスタッペンが勝ちっぱなしに!(大爆笑)

④ホンダRA619H【ナンバー3=本来のスペック2】投入3戦目!崖っぷちのガスリーがP1でトップタイム、決勝でも4位入賞!フェルスタッペン・ベッテルに追突され表彰台を逸す!

Internet Explorerでは動画が観れない事も!その場合はCromeやFirefoxで御覧下さい!
フェルスタッペンが投入2戦目のオーストリアGPで、ホンダとしては13年ぶりとなるよもやの今季初優勝!

第3戦目となるイギリスGPは1007戦目!レッドブルはスポンサーのアストンマーチンが映画”007”シリーズでDBシリーズを使っていた関係で

007仕様に!(笑)
2019イギリスGP007仕様



P1(フリー走行1)で、解雇予告を受けていたガスリーが終了間際の最終ラップで
P1最速となる【1分27秒173】のトップタイムを叩き出しました!

レッドブルのフリー走行は確か【スペック2】の筈なのに・・・【スペック3】よりドライビリティが良かったりして?

ワオ!と言いたいのですが・・・・メルセデスもフェラーリも安全第一とピットから無理するなと指示が出ていた中で、しかもクリアーラップでのタイム!
アゼルバイジャンでもフリー走行で幻のトップタイム出してますが・・・・
ガスリーに自信を持たせようと勝手に走らせたんでしょうね!金曜日なので【スペック2】!
フェルスタッペンは、1分28秒009で3位!こちらもチェック済みの【スペック2】!
そんな訳で残念ながら今回のガスリーが出したP1タイムは参考程度にしかならない!(苦笑)
トロロッソ勢は、アルボンが1分29秒003で9位、クビアトは1分29秒500で13位!

晴れたP2から本番! ホンダPUは、アルボンを除いて3人が【スペック2】なので本番は土曜日から!
順位                                  P1⇒P2タイム増減
1.ボッタス(メルセデス・メルセデスPU)    1分26秒732    0.897秒↑
2.ハミルトン(メルセデス・メルセデスPU) 1分26秒801    1.321秒↑
3.ルクレール(フェラーリ・フェラーリPU)  1分26秒929     1.324秒↑
4.ベッテル(フェラーリ・フェラーリPU)     1分27秒180    1.124秒↑

5.ピエール・ガスリー(ホンダPU) ただ一人P2でタイム伸ばせず1分27秒249 0.076秒↓
6.ノリス(マクラーレン・ルノーPU)      1分27秒546   1.624秒↑
7.フェルスタッペン(ホンダPU) - 1分27秒562(0.016秒差  0.447秒↑
****ミッド・フィールドは0.3秒以内に9台と大激戦*****!
8.サインツ(マクラーレン・ルノーPU)          1分27秒987           1.324秒↑
9.アルボン(トロロッソ・ホンダPU)  1分27秒997(0.01秒差)    1.096.秒↑
10.ペレス(レーシングポイント・メルセデスPU)    1分28秒002(0.005秒差)   1.143秒↑
11.クビアト(トロロッソ・ホンダPU)  1分28秒008(0.006秒差)   1.492秒↑
12.ケビン・マグヌッセン(ハース・フェラーリPU)    1分28秒059(0.002秒差)   2.546秒↑
13.ライコネン(アルファロメオ・フェラーリPU)      1分28秒126(0.067秒差)   2.619秒↑
14.リカルド(ルノー・ルノーPU)             1分28秒128(0.002秒差)   0.903秒↑
15.ヒュルケンベルグ(ルノー・ルノーPU)       1分28秒217(0.089秒差)   0.586秒↑
16.ストロール(レーシングポイント・メルセデスPU)1分28秒240(0.023秒差)   1.417秒↑
17.ジョビナッツィ(アルファロメオ・フェラーリPU)   1分28秒294(0.054秒差)   1.805秒↑
18.グロージャン(ハース・フェラーリPU)  1分28秒794                  2.017秒↑       
19.クビサ(メルセデスPU)  1分29秒935                           2.186秒↑
20.ラッセル(メルセデスPU)  1分30秒514                          0.217秒↑

P3ではフェラーリが1-2!                   P2⇒P3タイム増減
1.ルクレール(フェラーリ・フェラーリPU)  1分25秒905     1.024秒↑

2.ベッテル(フェラーリ・フェラーリPU)     1分25秒931    1.249秒↑
3.ハミルトン(メルセデス・メルセデスPU) 1分25秒954    0.847秒↑
4.ピエール・ガスリー(ホンダPU)    1分26秒118     1.131秒↑
5.フェルスタッペン(ホンダPU) - 1分26秒456(0.338秒差  1.106秒↑
6.ボッタス(メルセデス・メルセデスPU)    1分26秒456     0.276秒↑
****ミッド・フィールドは1秒以内に12台と大激戦*****!
7.ノリス(マクラーレン・ルノーPU)          1分26秒689            0.857秒↑
8.ヒュルケンベルグ(ルノー・ルノーPU)       1分26秒945(0.256秒差)   1.272秒↑
9.リカルド(ルノー・ルノーPU)             1分26秒965(0.020秒差)   1.163秒↑
10.アルボン(トロロッソ・ホンダPU)  1分26秒976(0.011秒差)    1.021.秒↑
11.ジョビナッツィ(アルファロメオ・フェラーリPU)  1分27秒036(0.025秒差)    1.258秒↑
12.サインツ(マクラーレン・ルノーPU)        1分27秒106(0.070秒差)    0.881秒↑
13.クビアト(トロロッソ・ホンダPU)  1分27秒108(0.002秒差)   0.900秒↑
14.グロージャン(ハース・フェラーリPU)       1分27秒110(0.002秒差)     1.684秒↑ 
15.ケビン・マグヌッセン(ハース・フェラーリPU)  1分27秒275(0.165秒差)     0.784秒↑
16.ライコネン(アルファロメオ・フェラーリPU)     1分27秒424(0.149秒差)    0.702秒↑
17.ストロール(レーシングポイント・メルセデスPU)1分27秒544(0.120秒差)   0.696秒↑
18.ペレス(レーシングポイント・メルセデスPU)    1分27秒598(0.054秒差)    0.404秒↑      
19.ラッセル(メルセデスPU)  1分29秒065                          1.449秒↑
20.クビサ(メルセデスPU)  1分29秒450                           0.485秒↑
トロロッソ勢は強力な予選モードのルノーPU勢にどこまで太刀打ち出来るのでしょう?
メルセデス>フェラーリ>レッドブル>マクラーレン>ルノー>アルファロメオ>トロロッソ>レーシングポイント
ハース勢はタイアで苦しみウィリアムズは圏外なので、予選モードの弱いトロロッソ勢は13~16位か?
フェルスタッペンは1分26秒台でしょうから5位以内には入るでしょうけど・・・・

果たしクリアラップでしか好タイムを出せないガスリーは・・・・・覚醒するのか?

予選は上位3強が25秒台!                                     P3⇒Q1タイム増減
1.ボッタス(メルセデス・メルセデスPU)    1分25秒750⇒1分25秒672⇒1分25秒093 1.363秒↑
2.ハミルトン(メルセデス・メルセデスPU) 1分25秒513⇒1分25秒840⇒1分25秒099 0.855秒↑
3.ルクレール(フェラーリ・フェラーリPU)   1分25秒533⇒1分25秒646⇒1分25秒172 0.372秒↑
4.フェルスタッペン(ホンダPU)    1分25秒700⇒1分25秒848⇒1分25秒276(0.104秒差) 0.740秒↑
5.ピエール・ガスリー(ホンダPU)  1分26秒273⇒1分26秒038⇒1分25秒590(0.314秒差)
-0.155秒↑
6.ベッテル(フェラーリ・フェラーリPU)      1分25秒898⇒1分26秒023⇒1分25秒787 0.033秒↑
****ミッド・フィールドは0.3秒以内に9台と大激戦*****!
7.リカルド(ルノー・ルノーPU)        1分26秒428⇒1分26秒283⇒1分26秒182  0.537秒↑
8.ノリス(マクラーレン・ルノーPU)       1分26秒079⇒1分26秒385⇒1分26秒224  0.610秒↑
9.アルボン(トロロッソ・ホンダPU)   1分26秒482⇒1分26秒403⇒1分26秒345(0.121秒差) 0.494.秒↑
10.ヒュルケンベグ(ルノー・ルノーPU)    1分26秒568⇒1分26秒397⇒1分26秒386  0.377秒↑
11.ジョビナッツィ(アルファロメオ・フェラーリPU)1分26秒449⇒1分26秒519  0.587秒↑
12.ライコネン(アルファロメオ・フェラーリPU)   1分26秒558⇒1分26秒546  0.866秒↑
13.サインツ(マクラーレン・ルノーPU)       1分26秒203⇒1分26秒578  0.903秒↑
14.グロージャン(ハース・フェラーリPU)      1分26秒347⇒1分26秒757   0.763秒↑  
15.ペレス(レーシングポイント・メルセデスPU)  1分26秒649⇒1分26秒928  0.949秒↑    
16  マグヌッセン(ハース・フェラーリPU)    1分26秒662(0.002秒差)       0.613秒↑
17.クビアト(トロロッソ・ホンダPU)  1分26秒721(0.006秒差)      0.387秒↑

18.ストロール(レーシングポイント・メルセデスPU)1分26秒762(0.023秒差)   0.782秒↑
19.ラッセル(メルセデスPU)  1分27秒789                          1.276秒↑
20.クビサ(メルセデスPU)  1分28秒257                           1.193秒↑
 
メルセデスのボッタスが1分25秒093で1位、2位が0.006秒差でハミルトン!
P3でトップだったルクレールは3位!4位フェルスタッペンに遅れること0.314秒差でガスリーが5位に!
Q2をソフトで走ったベッテルは1分25秒787と伸ばせず6位!
フェラーリのタイア戦略には皆唖然!2ストップ作戦にしたけど・・・・・吉と出るか凶と出るか?

ミッドフィールドは、6位1分26秒079から18位1分26秒762まで26秒台という大混戦(0.683秒以内)!
強力な予選モードのルノーPUはリカルド7位・ヒュルケンベルク10位したけど決勝じゃ・・・
マクラレンのノリスは8位と評判は上がる一方!
トロロッソ勢は、アルボンが自己最高の9位!ポイントを取らなきゃね~!
ホンダPUも3台Q3入りを果たしましたが、
クビアトは折角のチャンスを活かせず17位に沈みました!
クビアトは【スペック3】になってから、フランスGP16位・オーストリアGP18位と3戦連続Q1止まり!
0.5秒速く走ればQ3になれるのに・・・・クビアトの【スペック3】はターボラグが大きいのかも?
アルボンの金曜日用は【スペック3】で、クビアトは【スペック2】を使ってるのでアルボンの方が【スペック3】を使いこなしているんだろうね!
クビアトがこれじゃ~今期ガスリーの降格は無くなったわな!

それにしても、高速サーキットなのにハースは冴えませんね!
スポンサーのリッチ・エナジーが盗用問題でスポンサーを降りる等ゴタゴタの所為じゃないんだろうけど・・・
リッチエネジーロゴ盗用
それにしても、ここまでのソックリなロゴで大金をせしめたデザイナーは誰なんでしょうね!
まさか、盗用専門の日本人デザイナ~じゃないんだろうな~?
今や膨大な資料が簡単に観れる時代なので、1度観た図案も記憶が薄れ創作だと勘違いした事にしちゃうんだろうけど・・・・どう観たって盗作でしょ!

決勝では、タイアが厳しくなってるボッタスを追ってフェルスタッペンがベッテルを追い抜くも・・・
直後にベッテルに追突されコース外のグラベルに弾き飛ばされるアクシデント!
良くもま~リタイアせずに済んだよね~!

何とか復帰して5位にはなりましたが・・・2位も狙えた状況だったので残念!
モード11にしていれば、もう少し早くパス出来てたので事故にならなかったでしょうけど・・・・・・
ベッテルはフロントウィングを壊し最下位に!フェラーリは3戦連続のインシデント!
ルクレールは棚から牡丹餅の3位表彰台!ガスリー4位!首は繋がりました!(笑)
ハミルトンはセフティカーに助けられタイア交換を済ませて独走態勢でシルバーストーン6度目の優勝!
運も味方して、ポイントでも独走態勢になっちゃった!
2位となったボッタスはセフティカーでタイムギャップを失う不運に泣きました!
クビアトは粘りの走りで、9位入賞!何とか昇格レースに踏みとどまりました!
10位入賞目前のアルボンはミデアム・タイアが持たず最終ラップでヒュルケンベルク・ノリスに抜かれ12位!

それにしても、上位3チームも、ミッドフィールドも大接戦になってきました!
大差だったウィリアムズも18位にあと1秒と迫ってきましたし・・・・・
こうなると、RA619Hの【スペック4】への期待が高まりますね~!
0.3秒速くなれば、フェルスタッペンもポール狙えるし、トロロッソもミッド・フィールド上位に行ける!
F1のスタッフには2週間の夏休みが義務化されてますが、PU開発のSAKURAは対象外!
頑張ってベルギーGPに間に合わせる事が出来れば、残り2戦をハイパワーモードを使って戦えるし・・・
14戦目からは連続表彰台も狙えるかもね!


QRコード
QRコード
プロフィール

kobayakawashunichi

Amazonライブリンク
カテゴリー
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ