素晴らしきかな日本人 by 小早川俊一

御覧戴いてありがとうございます。2010年3月著名人・CM以外のブロガーを締め出した”イザ・ブログ”からあちこちテスト投稿後、過去のイザ・ブログ原稿と一緒にライブドア・ブログに移行しました。名も無きブロガーの悲哀ですね(笑)2013年は20年毎に行われる、お伊勢さまの第62回式年遷宮!これからの20年は弱者優先だった”米の座”から"働かない者食うべからず"の”金の座”に”ご遷移”されましたので[才覚次第で大金持ちになれる]チャンスに溢れる激動の弱肉強食の時代となる筈です! 人類史上[誰でも何でも平等]なんて国家が繁栄した事はなく、官庁.学校.企業も解雇も出来ず努力もしない低レベルの輩が大手を振ってのさばってる日本に明るい未来はあるのでしょうか?もっと競争原理を容認し”ジャパン・ドリーム”が実現する社会にしてほしいものです!

エクソン・モービル

エクソン・モービル、日本GPでRA619H【スペック4】用新燃料投入!オーバーヒート解消と相まってラップタイムを0.5秒アップ?

シンガポールGPで新オイルをホンダPUに投入したエクソンモービルでしたが、なぜか新燃料は延期!
本来なら【スペック4】投入と同時に筈なのに・・・・1ヶ月以上も遅れちゃった!
金曜日のフリー走行での旧スペックでは、問題にならなかったに、土曜日からスペック4のPUに換装してもタイムが伸びない原因は・・・・・・・・
どうやら【スペック3】と違い、全開が続くと【スペック4】の【ICE】がオーバーヒートしちゃうみたい!
で、イタリアGP・シンガポールGP・ロシアGPパワーを絞らざるを得なかったってのが優勝争い出来なかった真相みたい!


日本GPで気温も低下すれば、オーバーヒートの心配も無くなり、新燃料投入でノッキングが減少!
高出力モードが使えてオーバーテイクも楽になり予選モードじゃ一周最大0.5秒速くなる!

そうなれば2強に肉薄出来る事になるのですが・・・・・
新燃料を日本GPでぶっつけ本番投入なんて本当に大丈夫なんでしょうか?
開発が終わっていればトロロッソに使ってロシアGPでテストしてる訳で・・・・・

なにせRA619H【スペック4】は各パーツの取り付け部が緩む程のオシレーションが発生してるのに新燃料待ちでパワーをセーブする以外成す術もありません!
他のPUみたいに予選で本来の高出力モードが使えないんじゃ~フェラーリやメルセデスに敵いませんよね!
新燃料プロトタイプの実戦テストさえ未だしてないとは・・・・・どうもチグハグな印象ですね

【ICE】のオーバーヒート対策が、根本的な問題なのでホンダだけに委ねられているからなのでしょうか?
だから【スペック5】の投入は出来なかったのでは?
新投入PUは、やはり日本GPスペシャルの可能性が大ですね!1,500kmも持たないでしょうけど!


高出力となった【スペック4】の耐久性を上げるノッキング対策で開発したした新燃料ですが、ベルギーGPでトロロッソのクビアトでテストしたら想定以上にオーバーヒートが酷いので、イタリアGPでの投入を諦め日本GPまでに新たな対策を講じる事になっちゃのか?
燃料の気化速度を上げれば【ICE】を冷却出来ますからね!
昨年の日本GP予選では、トロロッソのハートレー6位、ガスリー7位でしたが・・・レース終わってみればガスリー11位ハートレー13位とロングランでの走りは今一でした!


果たしてエクソン・モービルの新燃料で【スペック4】が本来の実力を発揮出来る様になるのか?
それとも効果限定で、トロロッソは予選下位に沈むのか?

レッドブルよりトロロッソの予選結果にご注目!

ホンダRA619H"スペック5=鈴鹿バージョン”日本GPに間に合わず、ロシアGPは”スペック4”新品投入に!新燃料でのパワーアップ次第!

前評判の高かった”スペック4”のパワーアップは残念ながらまだ実績を残せません!
フェラーリPUは言うに及ばず、ルノーPUにも明確なアドバンテージを示せていません!
どうせ”スペック4”は日本GP用”鈴鹿スペシャル””スペック5”のテストPUだと思ってたら・・・
なんと、ロシアGPでは、ストック用に新品の”スペック4”をレッドブル・トロロッソ4台に投入だってさ!
こんなことなら、最初に2基投入すべきでしょ!母国GPを最後尾スタートのクビアトが可哀想!
同時に2基投入しなかったのは、”鈴鹿スペシャル”を投入する手筈だったからに相違ない!
しかし”スペック4”がベンチテストでのパワーを出せず・・・・
オーバーレブ回避システムの見直しが間に合わず・・・・クビアト用PUもなんか怪しそうだし・・・
予選モードも暗中模索中?

結局マイナーチェンジも無く・・・・”スペック4”のまま残り6戦を戦うとはこれ如何に!
余程、新燃料が効果を発揮しないと優勝は無理でしょ!

”スペック5”投入は見送られ・・・・ガックリ!
要するに”スペック4”が本来のパワーを発揮出来ない原因を解明するまで更にパワーアップした”鈴鹿スペシャル”は怖くて投入できなかったんじゃないの?
日本GPで”スペック5”を投入して・・・・コケたら目も当てられませんからね~!
で・・・日本GPはハイパワーモードで”スペック4”を酷使してでも勝ちに行く戦略となったのか?

いずれにしても、新品とはいえアンダーパワーの”スペック4”で臨む日本GPは優勝なんて期待出来ませんね!
しかし・・・・
もし新燃料でPUのレスポンスが大幅に向上すれば・・・・各コーナーで0.05秒速くなったりして?
ロシアGPの行われるソチ市街地コースは19のコーナー!
19x0.05秒=0.95秒速くなる
・・・訳無いか・・・・

ホンダは、”スペック4”の高出力モードに余程自信が有るのでしょうか?
マッピングが最適じゃないので、まだ高出力モードは動かしていないようで・・・日本GPまで封印?
それともフェラーリの圧倒的速さの前に、もう今年は諦めて来年3月のプレシーズン・テストまでにフェラーリ並みの2020年用新PU開発一本に絞ったのか?


”鈴鹿バージョン”には期待してたのに・・・・
QRコード
QRコード
プロフィール

kobayakawashunichi

「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
カテゴリー
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ