素晴らしきかな日本人 by 小早川俊一

御覧戴いてありがとうございます。2010年3月著名人・CM以外のブロガーを締め出した”イザ・ブログ”からあちこちテスト投稿後、過去のイザ・ブログ原稿と一緒にライブドア・ブログに移行しました。名も無きブロガーの悲哀ですね(笑)2013年は20年毎に行われる、お伊勢さまの第62回式年遷宮!これからの20年は弱者優先だった”米の座”から"働かない者食うべからず"の”金の座”に”ご遷移”されましたので[才覚次第で大金持ちになれる]チャンスに溢れる激動の弱肉強食の時代となる筈です! 人類史上[誰でも何でも平等]なんて国家が繁栄した事はなく、官庁.学校.企業も解雇も出来ず努力もしない低レベルの輩が大手を振ってのさばってる日本に明るい未来はあるのでしょうか?もっと競争原理を容認し”ジャパン・ドリーム”が実現する社会にしてほしいものです!

アルボン

RA619Hスペック4、デビュー戦でアルボン5位!クビアト7位!ガスリー9位もフェルスタッペン&ノリスのリタイアが無かったら・・・・

スペック4のパフォーマンスは前評判程ではない様ですね~!(苦笑)
グリッド降格が決まっているのでフリー走行では燃料積んでロングラン専門だったし・・・・
予選もおざなり!
結果は17位スタートのアルボンが5位!19位スタートのグビアトが7位と大健闘と言いたいのですが・・・
フェルスタッペンがライコネンと接触して1周目でリタイアしちゃうし、衝突したライコネンも完走がやっと!
後続に大差の5番手を走っていたルノーPUのノリスが最終ラップでリタイアしなかったらもっと順位は下位だった!
アルボンも燃料が少なくなるまでDRS使ってもオーバーテイクも簡単に出来なかったので・・・
4位フェラーリ・ベッテルとの差は40秒もあった!
”スペック4”は未だトルク不足で、燃料満タンの重い車の時は残念ながらオーバーテイクは難しい用です!

13番手スタートのガスリーは9位!果敢にオーバーテイクを試みていましたが・・運も味方しての入賞!
来週のイタリアGPでは最後尾スタートですが、今回のクビアトみたいな上位進出は無理でしょう!

前座のF2レースで大クラッシュが発生!

アンソニー・ユベールがジュリアーノ・アレジのスピンに巻き込まれ側面にぶつかってコースに戻される時に
後続のファン・マヌエル・コレアが200km以上で突っ込み真っ二つになる大クラッシュ!
真横に超高速で激突されたんじゃ助かりませんよね! ご冥福を祈ります!

RA619H”スペック4”、ベルギーGPとイタリアGPで投入決定!トロロッソで最終戦まで7戦使用か?レッドブルには2基投入し日本GPで新PUに換装と思ってたら・・・中間策だった!

やっと、本格的にパワーアップしたRA619Hが投入される事になりました!
どんな魔法を使ったのやら・・・25KwUP?

本来ならもっと早く投入したかったんでしょうけど・・・スペック1”が意外と脆かったので遅れたんじゃない?
開発に1年近く掛かるなんて耐久性を上げるのに相当苦労してたんでしょうね!
RA619H”スペック1”は、RA618Hでのオシレーション対策を施した耐久性向上版だったけど3戦使用でお払い箱!
”スペック2”は”スペック1”のバク取り版だろうし、スペック3から航空機部門が協力した新しいターボを搭載!

扱いやすくなって、おっかなビックリパワーアップモードを試したら優勝しちゃった!
ダメージも想定してたより少なかったんでしょうね!

F1では、10kwUPで約0.2秒速くなると云われているので、25kwUPなら0.5秒以上速くなる
イタリアGPで投入すると残り8戦!メキシコGPを昨年みたいに旧スペックを使うと7戦!
来年、レッドブルがコンストラクチャーチャンプを狙う為にはグリッド降格を最小限にする1基で7戦戦えるPUは必須!
今迄みたいにストックしたPUを金曜日に使う事も出来ない!

イタリアGPで投入すると、日本GPはシンガポールGP・ロシアGPに続いて4戦目になります!
直前のロシアGPで新燃料を投入し更にパワーアップして日本GPでの優勝を夢観ているんでしょうけど
ちょっとしたら、レッドブルとトロロッソでは異なった搭載方法を取るかも?

(1)トロロッソは、”スペック4”を2基投入もメキシコを除く7戦で1基のみを使用し耐久性のチェック!
  今年のトロロッソは、PUの同時投入でテスト用としての役目を余り果たしていませんからね~!
  後半戦は、来年用にトロロッソを上手く利用しないと・・・・・
(2)レッドブルは、一度に各2基づつ交換して日本GPでは新品のPUに換装して走らせる!
  後半戦のグリッド降格を防ぎ優勝回数を増やすには一石2鳥ですから!
  7戦使わないので間に合うなら、レッドブルだけ先行してベルギーGPで”スペック4”を投入したりして!


さて3位表彰台のクビアトを差し置いてレッドブルに昇格したアルボンですが、両者を比較すると・・・・
                    Q1      Q2     Q3              決勝
オーストラリアGP     クビアト  1:22.511⇒1:22.774       (15位)      10位入賞
”スペック1”       アルボン 1:22.757⇒1:22.636       (13位)      14位

バーレンGP       クビアト  1:29.876⇒1:29.854       (15位)      12位
              アルボン 1:29.5141:29.513       (12位)       9位入賞

中国GP         クビアト  1:33.783⇒1:33.236       (11位)      NC 接触でマイレージ節約
              アルボン クラッシュで走行出来ず               10位入賞

アゼルバイジャンGP クビアト  1:42.324⇒1:42.2211:41.6816位)        NC リカルドが激突
”スペック2”       アルボン 1:42.1541:42.494       (12位)      11位

スペインGP        クビアト  1:17.9141:17.2431:17.5739位       9位入賞
              アルボン 1:17.7961:17.445       (12位)      11位

モナコGP        クビアト  1:11.6021:11.4121:11.271(8位)       7位入賞
              アルボン 1:12.007⇒1:11.429⇒1:11.653(10位)      8位入賞

カナダGP        クビアト  1:11.9651:11.921       (12位)      10位入賞
              アルボン 1:12.020⇒1:12.193       (14位)      NC 接触でマイレージ節約

フランスGP       クビアト  1:31.564               (16位)      14位”スペック3”先に搭載
1基”スペック3”     アルボン 1:31.4451:30.461       (11位)      15位

オーストリアGP     クビアト  1:05.324               (18位)      17位
2基”スペック3”に    アルボン 1:04.7081:04.665       (13位)      15位”スペック3”搭載

イギリスGP       クビアト  1:26.721               (17位)       9位入賞
              アルボン 1:26.482⇒1:26.403⇒1:26.345(9位)       12位

ドイツGP         クビアト  1:13.278⇒1:13.135        (14位)      3位(雨天)表彰台
              アルボン 1:13.461              (17位)       6(雨天)入賞

ハンガリーGP     クビアト  1:16.750⇒1:16.692          (13位)    15位
              アルボン 1:16.9121:16.687          (12位)    10位入賞 FR2クラッシュ

入賞はクビアト6回アルボン5回 Q1・Q2は6勝6敗で互角!Q3進出はクビアト4回アルボン2回 
レースではクワビトの7勝5敗です。
”スペック2”まではクビアトが断然優位でしたが、”スペック3”になってからクビアトが冴えないのが良く判ります!
クビアトがレッドブルに昇格出来なかった最大の要因は”スペック3”になってQ1敗退が3戦続いた所為かも?
運も実力の内ですからね!

アルボンがQ2進出来なかったのは、予選を走れなかった中国GPとノリスに邪魔されたドイツGPのみ!
新人でQ1敗退が実質1戦ですから、レッドブルが伸び代を期待して抜擢するのも当然ですね!
ガスリーみたいに文句タラタラで他の所為に責任転嫁もしないで、与えられた車で文句も言わず安定した成果出してるんですから・・レッドブルのピットスタッフに可愛がられるでしょう!

ピットの雰囲気が良くなれば士気も上がるし、相乗効果でアルボンは好成績上げちゃうかもね!

”スペック3”と相性の悪かったクビアトは、”スペック4”搭載で生き返るでしょうか?
ローパワーPUのレッドブルに慣れてるとしたら、更にパワーアップした”スペック4”に手古摺るかも!
トロロッソはハイパワーPUへの対応が迷走中!レッドブルみたいに収まる事を期待しましょう!

チームとして2人揃ってグリッド降格を免れる為ですが、トロロッソ・クビアトとレッドブル・アルボンに先行してベルギーGPで”スペック4”を投入!

ベルギーGPからじゃ最終戦まで持たないので、ロシアGPで”スペック5”を投入するって事になるけど・・・・
”スペック4”がベルギーGPとイタリアGP+シンガポールGPの3戦だけって通常は有り得ませんよね~!
金曜の夜まで判りませんけどベルギーGPでそれぞれに各2基投入しなければ・・・・
2~3戦で”スペック4”の問題点を潰した”スペック5”投入を本気で考えているのかも?(大苦笑)

クビアト・ガスリー対決はイタリアGPまでお預けとなるのか?
圧倒的に早くなってベルギーGPで4台投入となるのか?土曜日の予選が待ちきれませんね!

祝 フェルスタッペン初ポール・ポジション!RA619H【スペック3】5戦目でホンダPU16年ぶりのポール!

レッドブル・フェルスタッペンが、93戦目にしてコースレコード1分14秒572を叩き出し初のポールポジション!

2位には0.018秒差で、3基目のPUに交換したメルセデスのボッタスが!
開幕戦から圧倒的な強さを見せ付けてきたメルセデスですが・・・・

ポールポジションは、12戦でメルセデスPU8回、フェラーリPU3回、ホンダPU1回となりました!

それにしても、フェルスタッペンは凄過ぎ!
たとえ低速のサーキットとはいえ、RA619H【スペック4】搭載までポール取るのは絶対無理だと思っていましたからね!
金曜日は旧【スペック2】で走ってるんだし、エンジンの最適マッピングが出来る筈も無い!
トロロッソは、金曜日もSTR14に【スペック3】のスペア載せて走ってるからそのデーターを流用してるんだろうけど・・・
トラクションはRB15とは違うし・・・同じPUでFP1から走らせない内はポールなんて無理・・の筈が!(大苦笑)
明日はスタート次第!RA519Hに【ロッケット・スタートモード】はないのかね?

ガスリーは、Q1・10位、Q2・9位と精彩を欠き、Q3もフェルスタッペンから0.878秒遅れのやっと6位!
マクラーレンのサインツ・新人ノリスにQ1.Q2も遅れ、Q3でもやっとこさノリスに0.35秒差!
ガスリーはスタートも下手だし、レースではスタートでノリス・サインツに抜かれて終わるのかも!


トロロッソも相変わらず今一歩!小所帯なので大所帯のマクラーレンみたいな向上は無理なのは仕方有りませんが・・・
クビアトQ1・ガスリーに0.044秒差の1分16秒750で11位!アルボンも1分16秒912で0.162秒差の14位!
8位ライコネンの1分16秒506から15位グロージャンの1分16秒978まで0.5秒以内の大接戦となってます!
クビアトQ2は1分16秒692とタイムを伸ばせず13位!アルボンも1分16秒687で12位に終わりました!
10位ライコネンは1分16秒518ですから、あと0.3秒速くなれば楽にQ3に行ける!

ウィリアムズのラッセルが、1分17秒031とタイムを向上!16位でQ2進出は逃しましたが、ミッドフィールドに追いつきました!
サマーブレーク明けにはもっと速くなるから、ミッドフィールドは更に大混戦になるでしょうね!

クビカは1分18秒324とただ1人1分18秒台で最下位!前回1ポイント取って無かったらサマーブレーク明けにやはり”首か”だったんだけど・・・・
果たしてレースの結果は・・・・


【祝】トロロッソ・ホンダ初表彰台!クビアト早めのスリックタイア交換で3位ゲット!フェルスタッペン2勝目!ガスリー自滅!

雨天レースとなったドイツGP!なんとダウンフォースの良いメルセデスがコースアウトでゼロ・ポイント!

ホッケンハイム・リンク
スピン・コースアウトが相次ぎ、完走13台と言う荒れたレースと成りました!

母国グランプリとなったメルセデス、序盤はフェルスタッペンのスタート失敗でハミルトン・ボッタスの1-2!このまま又もメルセデスの圧勝かと思われましたが・・・・

ハミルトンは最終コーナーでコースアウトしフロントウィングを損傷するも復帰後コースを横切ってピットに!

フロントウィング交換で5位に順位を下げ更に5秒ペナルティで脱落!

その後もコースアウトやピットストップで終わってみれば11位!

57週目ボッタス・ルクレール共に最終コーナーでコースアウトしてリアイア!

メルセデスは母国GPでノーポイントに終わる屈辱を味わう事に!
アルファロメオは2台入賞も、スタート前のクラッチ接続タイムラグで入賞取り消し!
ハミルトンは9位に繰り上がり2ポイント獲得して連続ポイント獲得が続く事になったけど、釈然としませんね!


残り10週でフェルスタッペン1位、クビアト2位!
残り2周でベッテルにDRSを使われ惜しくも3位に終わったけど、14位スタートのクビアト(15ポイント)が念願の表彰台に!(笑)

ボッタスのクラッシュでセフティーカーが入らなければホンダPUの1-2フニッシュだった!

(SCが入ると折角築いたタイム差が無くなる!)

でもレッドブルのフェルスタッペンがトップを守りきって7秒差で余裕の優勝!
15643288401966

2位はセフティーカーに助けられた最後尾スタートのNewフェラーリPUに換装したベッテル!

17位スタートのアルボンも6位入賞(8ポイント)!

トロロッソは2台で23ポイントを稼ぎコンストラクター8位(19)から5位(42)に急浮上!

でも、タイア戦略で上位になっただけなので、常時Q3はスペック4待ち!

トップテンは、フェラーリPUが5台!ホンダPUが3台!ルノーPU1台、メルセデスPU1台!

4位スタートのガスリーは精彩を欠き、アルボンにも追い抜かれ、終盤追い返そうとしてアルボンの右後部に接触し左前輪を損傷してリタイア!下手糞!
ガスリーがコケなきゃホンダPUは4台入賞だったのに!

危うくアルボンも巻き添えにする自己中の危険なドライビング!降格決定!

これには、さすがにホーナーも庇いきれないでしょう!

クビアトは表彰台ゲットでレッドブル昇格第一候補に浮上しました!
レース終了後、アルファロメオ2台にペナルテイが課せられ、クビアトドはライバーポイントも8位に急上昇!
前日父親になり連日のお祝い!競技じゃ~運も実力ですから!
(笑)
germany-day3-tororosso-honda-2019-3
今年のドライバー交代は無いとレッドブルのマルコは言ってますが・・・果たして、イタリアGPで昇格なるか?

⑤ホンダRA619H【ナンバー3=本来のスペック2】投入4戦目!崖っぷちのガスリー3度目のクラッシュ!予選フェラーリのPUトラブルでフェルスタッペン2位!ガスリー4位!

第11戦ドイツGPがホッケンハイムで始まりました!
相変わらずRA619Hはレッドブルは、金曜日用のスペック2PUでセッテングに専念!
本気のアッタクは土曜日からなのでタイムは伸びませんがガスリーがロングラン中にイージーミスでクラッシュ!
気を入れて走って無かったんでしょうね!右コーナーで一旦左にハンドルを切る悪い癖が出ちゃった!

【スペック2】で空力とドライビングセットが中心の周回でアッタクしてた訳でも無し・・・・
これで今期テストから3回目のクラッシュ!懲りない奴だよ全く!
折角イギリスGPで地位を確保したのに振り出しに・・・・もう一回やったら降格でしょ!

トロロッソは、【スペック3】をクビアトにフランスGPで2基投入、アルボンにもオーストリアGPで2基投入!
金曜日も【スペック3】を使ってPUセッテングを行っているのに残念ながらタイムが伸びていません!
最適値を探してるんでしょうけど・・・・中団を抜け出す程のパワーが無いのは明らか!
レッドブル用はパワー重視!トロロッソ用は耐久性重視なのかもね?

FR-P1 フェラーリが1・2 ベッテルが1分14秒013 ルクレール1分14秒268
【スペック2】のフェルスタッペン0.317秒差で4位、ガスリー0.8秒差で6位!
クビアト14位1分15秒776 アルボン15位1分15秒777と1/1000秒差!正に拮抗


FR-P2もフェラーリが1・2 ルクレールが1分13秒449 ベッテルが1分13秒573
【スペック2】のフェルスタッペン0.662秒差で4位ガスリー1.64秒差1分15秒089で15位!
トロロッソは、クビアト12位1分14秒8 アルボン14位1分15秒062!


FR-P3もフェラーリが1・3 ルクレールが1分12秒380 ベッテルが1分12秒644

【スペック3】のフェルスタッペン0.168秒差の1分12秒548で2位ガスリー0.944秒差1分13秒324で8位!
トロロッソは、アルボン13位1分13秒544!クビアト17位1分13秒787でトップテン入りは遠そう!


予選は、

好調だったフェラーリにまさかのPUトラブル!
母国GPのベッテルは、Q3ノータイムで最下位!ルクレールもQ1ノータイムで10位スタート!
運が無いと言うかチェックが甘いと言うか・・・・チャンピオンチームじゃないわな!

ポールポジションはハミルトン!2番グリッド・フェルスタッペン!3番グリッド・ボッタス 4番グリッド・ガスリー!
クビアト14位!アルボン、ノリスに邪魔されるも実質最下位の17位!
トロロッソのRA619HはPUのマッピングが違ってるんじゃないの? 
田辺ちゃんがレッドブルばかり診てるからか・・・・・・
ホンダPUの進化はトロロッソでの比較ですから・・・・昨年から一歩もアップしてないのと同じだよ!(大苦笑)
せめて1台は常時トップテンに入らねば・・・・
でもそうなったらレッドブルのフェルスタッペンが勝ちっぱなしに!(大爆笑)

QRコード
QRコード
プロフィール

kobayakawashunichi

「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
カテゴリー
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ