素晴らしきかな日本人 by 小早川俊一

御覧戴いてありがとうございます。2010年3月著名人・CM以外のブロガーを締め出した”イザ・ブログ”からあちこちテスト投稿後、過去のイザ・ブログ原稿と一緒にライブドア・ブログに移行しました。名も無きブロガーの悲哀ですね(笑)2013年は20年毎に行われる、お伊勢さまの第62回式年遷宮!これからの20年は弱者優先だった”米の座”から"働かない者食うべからず"の”金の座”に”ご遷移”されましたので[才覚次第で大金持ちになれる]チャンスに溢れる激動の弱肉強食の時代となる筈です! 人類史上[誰でも何でも平等]なんて国家が繁栄した事はなく、官庁.学校.企業も解雇も出来ず努力もしない低レベルの輩が大手を振ってのさばってる日本に明るい未来はあるのでしょうか?もっと競争原理を容認し”ジャパン・ドリーム”が実現する社会にしてほしいものです!

アルファタウリ

③ホンダRA620H 5戦目70周年記念GP メルセデス独走でつまらないF1の筈が・・・暑さとタイアマネジメントでフェルスタッペン今期初優勝!

第5戦も予選ではメルセデス2台と大差のレッドブル・ホンダ!

Q2でフェルスタッペンだけハードタイアでチャレンジ!
Q3ではレッドブル・フェルスタッペンはレーシングポイントのヒュルケンベルクの後塵を拝し4位!
アルボンは縁石に乗り上げてガスリーに負ける9位!・クビアトも突風でコースアウトしてQ1敗退の16位!
アルファタウリはガスリー7位と大健闘!このまま上位だったらアルボンと交代も有りえましたが・・・・・


この調子じゃ「メルセデス2台がリタイアでもしない限り今年の優勝なんて無理」と諦めていたら・・
なんと、前回より1ランク柔らかくなったタイアにメルセデスが大苦戦!
メルセデスPUの圧倒的パワーが裏目に!燃料満タンではミデアムタイア(前回のソフトタイア)には厳しく
2台とも前後タイアにブリスターが発生!先週同様のパンクも有り得る状況に!

メルセデス2台共、後続のハードタイア(前回のミデアム)を履くフェルタっペンを引き離せません!

タイヤのマネージメントが勝敗を分けちゃっいました!
8位スタートでミデアムタイアのフェラーリ・ルクレールは1ストップで走り抜き4位入賞!
ハードタイアのルノー・オコンも1ストップで8位に!

タイアに優しいドライビングと柔らかめのサスペンションと相まって4位スタートのフェルスタッペン今期初優勝!

2位メルセデス・ハミルトンを11秒離して完勝!3位ボッタス!4位フェラーリ・ルクレール
9位スタートのアルボンはレーシングポイントの2台を抜いて5位・
16位スタートのクビアトはハードタイア⇨ミデアムと繋いで10位入賞!
ミデアムタイアのガスリーは、1回目のタイア交換が早々の7周目で後方グループに沈み11位!8位ルノー・オコン、9位マクラーレン・ノリス!
3位・5位と予選では際立ったレーシングポイントでしたが・・・メルセデス同様タイアに苦しみストロール6位・初の表彰台を狙えたヒュルケンベルクは残念ながら7位に!
ミデアムタイアのガスリーは、1回目のタイア交換が早々の7周目となり後方グループ中に沈み残念な11位!
予選では、まだまだメルセデスPUやルノーPUに追いつけないRA620Hですが・・・

本来のレッドブルが戻って来た様で、タイアに厳しいサーキットでは勝てる可能性が出て来ましたね!(笑)

②ホンダRA620H 3戦目ハンガリーGP・アルボンQ1進めず12位!フェルスタッペン7位!ガスリー10位もPUトラブル!ホンダパワー失速もなんと奇跡の表彰台!

第3戦ハンガリーGP レッドブル、アルファタウリ共々精彩を欠いてタイムも中断グループ!

メルセデスPUのレーシングポイントが予選3・4位!同PUのウイリアムズも初の2台揃ってQ2進出!
フェラーリが3列目!フェラーリPUのパース・アルファロメオ勢はQ3で敗退!フェラーリもやっとこすっとこ!

ガスリーはQ1進出もPUトラブル!どうにもこうにも・・・・・ホンダPUの信頼性に陰りが・・・・
原因不明なんじゃエイドリアン・ニューウェイのお手並み拝見とは当分行けそうもありませんね!
パワー・コントロールが難しいマシンになってる様で・・・・
明日の決勝は果たして・・・・



7位スタートのフェルスタッペン、決勝前のレコノサンスラップでクラッシュ!修理時間は17分しかありません!
アルボンの不調と相まってレッドブルのハンガリーGPの表彰台もなくなったと誰もが思いましたが・・・
なんと奇跡が!
フォーメーションラップ開始寸前にグリッド上で修理を終え・・・・終わってみればフェルスタッペン2位表彰台!
アルボン、フェラーリを抜き5位と出来過ぎの結果に!クビアト12位!
ガスリーは、万全を期して新品のPU交換したのにギヤボックストラブルで唯一リタイア!全取替してれば・・・・

しかし今年のRA620Hはどうしちゃったんでしょうね!コーナーでパワー出せないから直線でも遅い!
ホンダが昨年より良くしようと考えるとしたら、パワーはそこそこに上がったのでよりNA並みのレスポンス?
ターボエンジンはタイムラグが有ります!RA620Hはこのタイムラグを極小にしようとしたのか?
アクセルのエンコーダー分解能を上げたり、燃料噴射装置の反応時間短縮
・ウエストゲートの開閉速度短縮フライホイールを軽くし過ぎたり等等RA619Hよりピーキー(過敏)なICEになったんじゃねーのかな~?
微妙なアクセルワークに、ICEの回転が直追随したら・・・

コーナーで、パワーがバラつけばアンダーとオーバーが交互に出て来る!逆に反応遅れでもそうなるけど!
人間のアクセルワークはコンピューターじゃね~んだぜ!
シーケンスのプログラムを組む場合、入力の異常値を排除する人と排除出来ない人も!
第一戦でのフェルスタッペンのPUストールが全てを物語っているみたい!
センサーの問題じゃなくて何でも速く処理すれば良しとしたプログラムの問題なのかもよ!(大苦笑)
反応は少し鈍でもパワーを優先した【ICE】にすべきじゃなかったの?
まさか鈍にし過ぎたんじゃね~だろうけど・・・・・
いずれにしても今年はPUのアップデートは凍結されて出来ないのでメルセデスの全勝でしょう!
実につまらん!メルセデスPUだけのF1にしたら!
2022年からPU開発が凍結されたら勝てないフェラーリ・ホンダは撤退でしょう!(笑)

F1 プレシーズンテスト2回目(2月26日~28日) アルファロメオのリザーブドライバーとなったクビカが1分16秒942のトップタイム

初日(4日目)
アルファロメオのリザーブドライバーとなったクビカが午前中1分16秒942のトップタイム!ソフトタイアですが!
周回も50周と順調!
アルボンは午前中・1分18秒822で10位!→ハードタイアで1分17秒550にタイムアップし2位⇒現在3位!
ガスリーは午前中・1分18秒408の8位!→ソフトタイア1分17秒540にタイムアップし現在2位
しかし、午前中の2人ともアルボン29周ガスリー25周と少なく・ホンダPUのマイナートラブル
フェラーリ・ヴェッテル午前中1分18秒113の8位→1分18秒054 84周走行
メルセデス・ハミルトン午前中1分17秒562の2位、89周走行
二人ともハードタイアでタイムアッタクもせずテスト周回ですが、差は歴然?フェラーリ苦戦か?
午後は・・・・・
ヴェルスタッペン登場!ミデアムタイアで軽く1分17秒374!本日の2位へ!84周走行!
アルファタウリはクビアトへ!ハードタイアで1分18秒593!
ミデアムで1分17秒706で7位!
ガスリーとガチ勝負!最後に1分17秒456でガスリーを抜いて本日の4位に!

レッドブルの昨年マシンRB15のパーツを使うアルファタウリAT01の仕上がりは順調のようです!
メルセデスはボッタスに!1分18秒100の9位!90周走行
フェラーリ・ルクレール1分18秒244の13位とタイムは伸びず!80周走行
両強共に、ミデアムタイアだったのにハミルトン・ベッテルに及ばず!
レーシングポイントのペレスが1分17秒428で3位に!午前中のストロールも1分17秒787と

2日目(5日目)
アルファータウリ・ガスリーが1分17秒台(1分17秒006)でしたが2位に!(笑)
1位はフェラーリのベッテル(1分16秒846)!レーキ角を大きくしたので、最高速は犠牲なったけどコーナーじゃ速い!
3位はコピーポイントと蔑まされたレーシングポイント・ストロール(1分17秒118)!
4位にはなんとウィリアムズのラティフィが!タイムも1分17秒313で万年最下位からは脱却出来そう!

レッドブルはハードタイアでフェルスタッペン(1分17秒738)31周アルボン(1分18秒393)61周とパーツテスト!
メルセデスもミデアムタイアでボッタス(1分17秒985)49周ハミルトン(1分22秒425)はPUトラブルで僅か14周!
まだまだ腹の探り合い状態ですね!

最終日
いろいろ問題を抱えながら1位はメルセデス・ボッタス(1分16秒196)79周!
2位にフェルスタッッペン(1分16秒269)45周!
3位にルノーのリカルド(1分16秒276)が65周!PUが持てば上位争い出来るかも・・・・
4位にフェラーリのルクレール(1分16秒360)が!
5位はメルセデス・ハミルトン(1分16秒410)90周!
6位にルノーのオコン(1分16秒433)73周
7位にレーシングポイントのペレス(1分16秒634)153周!
8位にマクラーレンのサインツ(1分16秒820)161周!
9位にウィリアムズのラッセル(1分16秒871)144周!
10位にアルファータウリのクビアト(1分16秒914)156周!
11位にハースのグロージャン(1分17秒034)86周!
12位にアルファーロメオのライコネン(1分17秒415)115周!
13位にハースのマグネッセン(1分17秒496)27周!
14位にレッドブルのアルボン(1分17秒803)59周!

6日間のプレシーズンテストが終わり・・・・
メルセデスはPUに一抹の不安が!
フェラーリは最高速が落ち・・・・高速サーキットに不安が
ルノーはマシーンの性能も上がってPUの耐久性次第!
ウイリアムズはまだ速くなりそう!
レーシングポイントはメルセデスから0.5秒落ちか?表彰台も有り得るかも?
アルファーロメオ・ハースは直線番長!高速サーキットに活路?
マクラーレンはまだ手の内を見せていません!

アルファータウリは、仕上がり順調!
しかし、フェラーリとアルファータウリは感染症危険情報レベル1に指定されたイタリア・エミリア=ロマーニャ州
が本拠地!

スタッフが多数感染すれば全員2週間の隔離と成り棄権せざるを得ない状況にも!

レッドブルは、まだ未完成の様で開幕戦に間に合うかどうか微妙でしょう!
フェルタッペンならなんとか出来るけど、アルボンにはトリッキーなマシンになってる様ですね!
アルボンも昨年のガスリーみたいなクラッシュは避けたいので安全運転!
今年も幕が上がらないと3強の実力不明!

3月13日からの開幕戦オーストラリアGPも行われるかどうか微妙!
治療方法が確立しないと・・・・5月のスペインGPまで開幕が延期になっちゃうかも!

F1中国GP延期!プレシーズンテスト1回目2月19日~21日 2回目2月26日~28日!今シーズンの1回目はメルセデスが珍しく本気で・・・・・

今年も早いもので2月19日からスペインバルセロナでプレシーズンテストが始まります!
4月19日の中国GPは新型コロナウイルス流行で延期!
4月5日のベトナムGPも、ウイルス流行が収束するまで延期の可能性も!
ソチ開催のロシアGPを早めて、日本GPに合わせて”アジアシリーズ”となるのでしょうか?

昨年はフェラーリが圧倒的速さを見せ付けたプレシーズンテストでしたが・・蓋を開けたらメルスデスの圧勝!
メルセデスはドイツらしく開幕戦に向けて決して焦らず着実にテストをこなす駆け引き上手ですからね~!
2020年もライバルを無視して淡々とテストするんじゃないのかな~!
レッドブルがコースレコード連発でダントツの速さを見せれば少しは焦るでしょうけど・・・・・
20200214-rb16-022020年型【RB16】

トロロッソからに変更になったアルファ・タウリの新マシン【AT01】がお披露目!
AT01-1
AT01-4
【あと1つ】って名前じゃ今年も表彰台は遠いかも!でも4位をクビアトとガスリーで争うならおもろい!(笑)

昨年プレシーズンテストに間に合わなかったウィリアムズですが、2020年型【FW43】も2月17日に画像だけ!
2月19日に走れるのでしょうか?

フェラーリは、SF1000をコーナリングを改善するためレッドブルみたいに大レーキ角をつけたマシンに変身!
フェラーリSF1000-2
フェラーリSF1000
吉と出るか?凶と出るか?直線番長の汚名返上しても直線じゃホンダPUに負けたりして?
フェラーリのコーナリングが本当に良くなると・・・・メルセデスもPUパワーを上げて来るかも!

メルセデスの弱点はオーバーヒートだけ!冷却が改善されてたら前期PUでもパワー出せたんだろうし・・・
メルセデスw11-01
メルセデスw11-022020年型【W11】
レッドブル・フェラーリが王者ハミルトンを凌駕出来るマシンに仕上げられるか?

テスト初日トップはハミルトン!早くもただ1人16秒台の1分16秒987!
2位もボッタス1分17秒313とメルセデスの初日としては異例の速さを発揮!
3位はレーシングポイントのペレスで1分17秒375!昨年のメルセデスの足回りを使った効果?
4位にフェルスタッペンが1分17秒516!2回もスピンし完成度はまだまだ!
5位にクビアト・1分17秒698!新しいAT01は初日から本当に【あと1】歩でした!(爆笑)
昨年マシンが間に合わなかったウイリアムは1分18秒168をラッセルが叩き出し復調しそうです!
未だ初日なのに・・・・メルセデスは本気度を見せ付けました!

2日目のトップはアルファロメオのライコネン!1分17秒091!
2位はレーシングポイントのペレスで1分17秒347!3位にルノーのリカルドが1分17秒749!
4位はレッドブルのアルボンで1分17秒912!
5位には、前日に続きアルファタウリのガスリー1分18秒121!

メルセデスは前日とは打って変りハミルトン1分18秒387の9番手、ボッタスは電気系トラブルで1分19秒307の最下位!不安を感じさせる2日目でした!
ウィイアムズは2日目も7番手をキープ!やっと最下位脱出か?


1回目の最終日
メルセデスのボッタスが1分15秒732を叩き出して他を圧倒!昨年のフェラーリみたいですがPUに不安も!
2位はハミルトンで1分16秒516!今年もメルセデスか!
3位にはルノー初登場のオコンが!1分17秒012!
4位には、レーシングポイントのストロールが!1分17秒338!レーシングポイントは台風の目に!
3日間連続で5位はアルファタウリ!クビアトの運転で1分17秒427!ガスリーは10位でした!
レッドブルはハードタイア履いて調整に終始しタイムアッタクせず・・・・昨年のメルセデスみたい!
それでもフェルスタッペン8位アルボン9位!

ウイリアムズはメルセデスPUにトラブル発生でブービー!

フェラーリは3日間タイムが上がらず苦戦!SF1000の設計変更は未知数のまま!

メルセデスPUも・・・フェラーリPUも・・・・ルノーPUも・・・・トラブルに見舞われたのを尻目に・・・
ホンダPUはレッドブル。アルファタウリ共に1回目3日間をノントラブルで乗り切りました!

26日からの2回目テストでは各チームがどれだけ煮詰めて来るのか?
今年のミッドフィールドは昨年以上の激戦になりそう!

QRコード
QRコード
プロフィール

kobayakawashunichi

「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
カテゴリー
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ